WEF創設者クラウス・シュワブが入院か?

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

WEF創設者クラウス・シュワブが入院か

まだ未確認情報、SNSで話題に

WEF創設者クラウス・シュワブが入院か

Mario Nawfal@MarioNawfal

WEF創設者クラウス・シュワブが入院か

世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス・シュワブ氏(86歳)が入院したと報じられた。現時点では、彼の入院に関する詳細は未確認のままである。

出典:@LeadingReport

以上

 

WEF関係者は、この件に関して比較的沈黙を守っている

Jim Ferguson@JimFergusonUK

世界経済フォーラム創設者クラウス・シュワブが入院

世界経済フォーラム(WEF)の創設者兼会長であるクラウス・シュワブ氏が入院した。このニュースは国際社会に波紋を広げ、各方面から反響が殺到している。

クラウス・シュワブ氏(86歳)は昨夜遅くに入院したと報じられている。入院に関する詳細は公式には明らかにされていないため、WEF関係者の間でも、またそれ以外の人々の間でも憶測と懸念が広がっている。世界の経済界と政治界の著名人であるシュワブ氏の健康状態は常に世間の関心事となっている。

シュワブ氏が 1971 年に創設した世界経済フォーラムは、ビジネス、政治、学界の世界で最も影響力のあるリーダーが毎年集まる会議です。世界、地域、業界の議題形成に重要な役割を果たしてきました。長年にわたり、シュワブ氏は、行動志向の取り組みを通じて世界の状況を改善するという WEF の使命を推進してきました。

シュワブ氏の入院のニュースを聞いて、ソーシャルメディアのプラットフォームは世間の反応で賑わった。心から心配し、早期回復を願う声がある一方で、状況を軽視する人もいて、国際情勢における影響力の大きいシュワブ氏に対する両極端の意見を反映している。

一方、WEF関係者は、この件に関して比較的沈黙を守っている。しかし、シュワブ氏のビジョンとリーダーシップが同組織の成功と影響力に不可欠であったことは明らかだ。たとえ一時的であったとしても、同氏の不在は世界的に大きな影響を与えるだろう。

以上

 

本当だとしたら、続くね。

2023年

2月 大川隆法氏死去

10月 李克強氏死去

11月 池田大作氏死去

同月 キッシンジャー死去

2024年

2月 安倍洋子氏(岸信介の長女)

同月 J・ロスチャイルド死去

英国王太子妃・キャサリン妃入院、その後、消息不明。

シュワブ氏入院?

死去したり入院したりしてる方がたには、共通しているものがありますね。

 

ジョージアガイドストーンの破壊。ここから始まってると思うんだ。

 

明らかに火器で破壊してます。

その後、安倍ちゃんのアンサツがあり、世界が逆回転を始めたと思う。

 

関係ない話

踏めば助かるのに

 

ニセモノが天皇に即位?