アメリカ|覇権国家から世界の仮想敵へ

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

アメリカ|覇権国家から世界の仮想敵へ

国連総会パレスチナの加盟を支持

時事通信 パレスチナ加盟決議を採択 拘束力なしも世論「象徴」―国連総会

【ニューヨーク時事】国連総会(193カ国)は10日、緊急特別会合を開き、パレスチナの国連加盟を支持し、安全保障理事会に再検討を求める決議を日本など143カ国の賛成多数で採択した。総会決議に法的拘束力はないが、国際世論の支持を示す象徴的な意味を持つ。イスラエルや米国など9カ国が反対し、英国など25カ国が棄権した。

パレスチナは現在、投票権を持たない「オブザーバー国家」として活動。正式な加盟国となるには安保理が勧告を出す必要があるが、イスラエルの後ろ盾である米国が4月18日、加盟を勧告する安保理決議案に拒否権を行使し、廃案に追い込んだ。

今回の総会決議では、「パレスチナは国連憲章の定める資格を有する」として「加盟が認められるべきだ」と明記。安保理に対し「好意的に再検討」するよう勧告した。

以上

 

賛成:日本、中国、フランスを含む143か国、

棄権:英国、ドイツなど25か国

パラグアイ、フィンランド、スウェーデン、イギリス、イタリア、ドイツ、スイス、オランダ、ウクライナ、モルトバ、ブルガリア、ルーマニア、ジョージア、クロアチア、エストニア、ラトビア、カナダ、パプアニューギニア、アルバニア、北マケドニアほか

反対:アメリカ、イスラエルなど9か国

米国、イスラエル、アルゼンチン、チェコ、ハンガリー、ミクロネシア、ナウル、パラオ、パプアニューギニア

 

本当によかった。これで棄権とか、賛成票を入れてたら国際的信用を失ってた。

アメリカさんはまた拒否権発動するんだろうか。

 

そして、ロシア軍はハリキウ州に迫る

いつのまにか当選して、いつのまにか就任していたプーチン大統領

フランスは参加したのに、うちらの国は、就任式をボイコットしたらしい。

ロシアで最高の人材はKGBに集まるらしい。独裁政権にみえてそうではなく、プーチン政権は、KGBの合議制で運営されてる政権だからスキがないしブレがない。

今のプーチンは、初めて大統領になった人と別人だし、その後も何度もプーチンは交代してるけど、裏の評議会は変わらない。プーチン体制は当分続くと思う。

 

ウクライナは敗北しそうやね。

 

中東やアフリカ諸国はアメリカから資産を引き上げを始めてる。

うちらの国の中枢も、キンペーちゃんも、プーチンも、アメリカの亡国を静かに待ってるとおもうよ。

 

ニセモノが天皇に即位?