ご案内

※閲覧不能の場合は「エキサイトブログ・でれでれ草」へ 。ブックマークをお願いしますm(_ _)m
https://derederegusa.exblog.jp/

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


【保守砲ドカドカ2016年】オウムと余命との相似

Sponsored Link

【保守砲ドカドカ2016年】@余命三年時事日記との抗争⑬オウムと余命との相似

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-03-20

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

520 巷間アラカルト⑦ – 余命三年時事日記

.....余命は非営利の目的ブログであるから予定の目的を達成したら終了する。本来、とっくに終わっていたのだが、なんだかんだで、今の流れでは「日本を取り戻す」まで終了できない状況になっている。幸い、前著による収益で活動におおきな余裕をいただいた。

安倍総理のシナリオも完璧に実現しており、余命の段取りも進みすぎる位進んでいる。
かなり無理気味のカンパ、寄付をいただいての訴訟もとりあえずは必要がなくなっている。あまり、できたて民進党を追い込むと、また、名前を変えるかもしれないから少しは放置しておこう。
民進党と共産党の処理についてはめどがついて、有田や山本のようなテロ発言議員はどうするかという段階で、またもや中東シリアでの安田純平人質事件である。メディアは大騒ぎであるが、不謹慎ながらこれは野党にプラスにはなるまい。

 

余命三年時事日記の読者投稿

りゅうりゅうママ
余命様
私が住む地域に15年前頃から出来始めた、創価学会の無駄にデカイ建物と敷地。今では車で20分圏内に3件も在ります。事が起きるとしたら、私はあの建物に敵が集結すると思ってます。もしかすると武器も隠してあるかもしれない。
 色々と想像しながら、竹刀を2本購入しました。とりあえず何もないよりは良いかなと。まだ覚醒していない友人からは大爆笑されましたが、私は本気であります。

 

.....かなりきな臭くなってきてるから用心するにこしたことはない。

(ここまで)

 

「まだ覚醒していない友人からは大爆笑されましたが、私は本気であります。」

この方が、本心から投稿されているのなら痛々しいわ、、、、。

 

70年代、

オイルショックがきた→輸入が止まりトイレットペーパーがなくなる→今のうちに買いだめしなくちゃ!

という主婦の妄想から被害が出たのを思い出すわ。

全国に波及したこの騒ぎの発端は、大阪吹田の一主婦さんの世間話から始まったときいたわ。本気にした主婦さんが、バッファローの群れのようにスーパーマーケットに押し寄せ、トイレットペーパーをを買いあさったのね。

本来不必要な、社会不安がおこったのは、罪だと思うわ。

 

80年代、

ノストラダムスの予言超怖い→世紀末が来る!世界は滅亡する!!→ハルマゲドンだ、準備しなくちゃ!→自分たちは、弾圧されている→そうだ、サリンをまこう

これ、オウムでしたね。

信者さんの数は、そう多くはなかったのですが、あれだけの被害をもたらしました。

逆説的にとらえると、類のない災厄をもたらすのは、幼稚な妄想に取りつかれた少人数の人間で十分だったということになります。

 

21世紀

余命サイドとしては、

日韓戦争になる→在日がキケン→武装しなくちゃ!→武装衝突→世界のマスコミがおおきくとりあげ、「世界の中で、日本が一番人種差別国家であることを知らしめる」

を狙ったのだろうけど、不発に終わりました。

「ハードランディング」に参加する人間の数が少人数でも、ニュース画像や映像が作成編集できたら、その実態が卑小でも日本の実体として広めることができます。

国内外のマスコミが、都合によって計画的に意図的に申し合わせてウソを真実として垂れ流すというのは、慰安婦問題で痛いほど立証されました。

余命本がベストセラーになった後、豆腐氏など、余命の配下が女性天皇反対しているブロガーへの攻撃がはじまってますので、女性天皇擁立派と余命の根っこは同じかなーとおもうのですが。

 

3月は、余命さんの正体が暴露されました。今年は選挙もあり、ナルちゃんのドボンもあるかもしれない年。

伏見氏をはじめ皆様には、ますますのご活躍を期待しております(合掌)。

 

Sponsored Link

 


 

 

コメ欄より

Hiromiさま おはようございます。

Hiromiさま 伏見さまの解説のお陰で、やっと余命という人たちがどれだけ危なかったのか理解できました。
ありがとうございます。

先日読んだジェフリー・ディーヴァーの小説「スキンコレクター」はアメリカのミリシア(民間武装組織)が関わった犯罪でしたが、つまり日本版のミリシアを扇動によって作らせたかったのですね。

長いですが、抜き書きを貼らせてください。

>組織同士はゆるい協力関係にある。

それぞれの名称は違っても、目指すものは完全に一致していると言っていい。

州、あるいは市や町といった自治体、あるいはーこれが理想だがー家族の権利が連邦のそれより優先される社会を築き、リベラルなメディアの執拗なプロパガンダに終止符を打ち、他国への援助や介入を全面的に停止し、同性愛を禁じ(同性婚の禁止だけでは足りない)、

異人種との結婚を違法とし、人種隔離の原則を推し進め、
キリスト教に基づく政府を打ち立て、
学校を廃止ししてホームスクーリングを原則とする。
非キリスト教団体の活動に制限を加える。

・・・こんな感じだそうです。
アメリカでもキワモノ扱いですが、非常に危険な存在です。

類似組織を日本に作られたら、大変なことになっていたと思います。

(ここまで)

 

ありがとうございました。

伏見氏のサイトは、たしかにコメントが難しくなってきてますね。短めのコメなら反映されるのですが、何度かトライしましたが、長くなるとアウトでした。

皇室では、、、、影子が愛子様に背乗り完了、ついに、影子が愛子様を背乗りしました。

雅子さんとなるちゃんの身長差が、上段、下段と差がないことから、ナルちゃんの上げ底の靴の高さも、雅子さんの靴のヒールがほぼ同じだとわかります。

半年前より背が小さくお成りの愛子様。

 

実子の愛子さまの自閉症を恥じて公表せず「ご優秀説」を垂れ流してごまかし、ついには、偽物の他人の子供と入れかえた皇太子夫妻。狂ってるわ。

 

舞鶴市に御成りの秋篠宮ご夫妻をお迎えする海自さん

いざとなったら、決起してくださるのかなーと期待。

続きます。

 

※余命との長い長い抗争の記録です。

※一条の会との抗争の記録です

※イザー=BB覚醒日記=トドコ、ふぶきの部屋、カナダの我儘親父たちとの抗争の記録です

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link
 好評発売中

→アマゾンへ

関連記事と広告


小室圭と婚約した眞子様はニセモノ

 
皇族の影武者制度、皇室のタブー、など、

皇室記事一覧はこちら


ニセモノが天皇に即位?