※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2016年】@余命三年時事日記との抗争12 ダヤンさんと諜報界マトリクス

Sponsored Link

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-03-18

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

ほぼまるまるの転載が続きます。イラスト画像は拙ブログの配置です。

ダヤン氏が、海外で、多忙の中、拙ブログを読み、彼らしい、超鋭い指摘を頂いた。

紹介は、明日以降にするが、朝鮮族は国籍は中国である。朝鮮語は話すが、忠誠心は中国に捧げている。

彼は、「余命一派」は、中国共産党、及び人民解放軍の工作員集団だろうと鋭い分析を披露してくれた。

彼が、「余命三年妄想時事日記」を開設当初から、眼を通したところ、その展開が、

諜報員が、その国を内部分裂させる「教科書通り」のステップを踏んでいるという。

 

ダヤンさん

【モサド(ダヤン氏)①】余命一派、黒幕の正体を暴く、転載フリー – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

結論を言います。この余命ブログの黒幕の正体は、複数の成り済ましの在日朝鮮人でも中国の朝鮮族でも池田大作(ソン・テジャク)亡き後の第二創価学会準備室でもない「中国人民解放軍総参謀第二部」こと『総参謀情報部』がそのシナリオを書いています。

 

伏見氏捕捉説明

中国人民解放軍総参謀部第二部とは、中国人民解放軍総参謀部の軍事情報機関。総参謀部情報部とも称される。
情報参謀系統を通した情報活動の外、HUMINT(ヒューミント=スパイ)、公開資料源の分析、駐在武官の管理を行う。
SIGINT(シギント=ネット空間での謀略工作)については、総参謀部第三部が管掌する。
瀋陽分区 – ロシア、東欧、日本の情報収集。瀋陽は、旧満洲地区、朝鮮族が多数居住する。

理由は、余命ブログが我が国のB層やD層(英語名:SHEEP1 & SHEEP2)に接触するパターンがA層やC層(英語名:PIPER1 & PIPER2)

から出されているからです。これは、諜報界の古典的なアプローチ方法。その筋に長けた者なら、誰でも知っている既存の事実。

ここで、笛吹きことパイパーは、「民衆に対し、巧にシナリオを誘導する者・団体」。

羊ことシープは、「その巧なシナリオを疑いもなく素直に受け入れる大衆・民衆」と、捉えて下さい。

双方とも諜報界の隠語。
なお、マトリクス(メイトリクス)は、複数の意味あり。

 

Sponsored Link

 


 

 

題名:諜報界マトリクス(Espionage Matrix)・四分割

 

※(デレデレ管理人)BとDの、IQ,賃金、収入が同じ条件ですが、社会に対する対応の性質でわかれるようです。

マトリクス 

http://www.nomooo.jp/blog/?p=2886

A層:IQ・知識が高く、構造改革に肯定的な層
B層:IQ・知識が低く、世論・トレンドに流されやすい層
C層:IQ・知識が高いが、改革や変化に批判的な保守層
D層:IQ・知識が低く、構造改革におびえている層 

※私としては、、、ABCDのほかに、スピ系出家系のE層も作ってほしいなと思いますね。

例)

E層:IQ・関係ないと思っている、人数・少ないと思っている、収入・意味ないと思っている。

身体は4次元に、気持ちは宇宙に置き、脳派をα波、θ波に保つ生き方をしている、あるいは、訓練をしている層

とか、、。

 

1. A層は、C層にほんの少しだけ親近感を持っている。

2. C層は、A層に強いあこがれ意識を持っている。

3. B層は、D層を馬鹿にする傾向がある。

4. D層は、世の中の仕組みをよく理解していないと思っている。

5. A層は、自分たちが世の中の上位に属していると思っている。

6. A層は、B層とD層をあまり利口と思っていない。

7. D層は、B層を自分たちの仲間と思っていない。

8. B・C・D層も誰もが、A層の住人になれると思っている。

9. A層の住居は、B・C・D層と違う場合が多い。

10. A・B・C・D層の共通の友人はいない場合が多い。

彼によると、このマトリクス(メイトリクス)は、独裁国家(例えば、北朝鮮やイエメン)でも十二分に
応用できるとか。それで、この原型概念は、第二次世界大戦中にドイツがヒトラーの命令の下、ロンドン市内に落した
V-2ロケットミサイルの報復として、MI-5の前身であるイギリス情報部が考案したとされています。

※つづきはこちらからhttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/7b1c17c91314c2b30802195c02da7453

(ここまで)

 

 

ダヤンさん

【モサド(ダヤン氏)①】余命一派、黒幕の正体を暴く、転載フリー – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

そこで、中国人民解放軍総参謀第二部こと総参謀情報部が直接関与している「証拠」を提示したいと思います。

● 電通社員長田のこと気のふれた老人のぼやき。

「俺は、電通から攻撃を受けている」

これは、彼が属しているC層(PIPER2)がA層(PIPER1)から攻撃を受けている。巧妙なシナリオ。

これによって、B層(SHEEP1)とD層(SHEEP2)は、「何で攻撃を受けているの?」の理由が知りたくなる。

諜報界でいう「初期認知段階」。

「?????????」

 

● B層とC層は、周囲の友人・知人・親類に告げる。

在日朝鮮人と戦っている勇気あるヒトがいる。彼は、在日の正体を暴いて、彼らの特権を無くそうとしている。これは、凄い情報だから皆に知らせてくれ。

諜報界でいう「中期拡散段階」。

「!!!!!!!!!!!!!!」

C層こと余命ブログからB層とD層に様々な協力を要求する。資料の作成でもいいし、カンパでもいいし、デモや集会の要請でもいいし。

そのB層とD層は、自分たちこそがこの変革に参加しているプライドを持ち始める。

諜報界でいう「中期洗脳段階」。

● B層とD層から様々な提案がC層の余命ブログに集中する。

世間にもっと認知させたいとか、在日の自宅を急襲しようとか、 自分たちの主義・主張を本にして世に知らしめるとか。

諜報界でいう「後期認知段階」。現在ここの段階。非常に危険。

私の結論は、中国諜報部によるB層とD層の分断工作で、彼らの目的は以下の二つだけ。

1. 世界の中で、日本が一番人種差別国家であることを知らしめる。
2. 世界第三位の経済国家である日本をランク外に陥れる。

 

従って、このシナリオを描いた・描けた者は、紛れもない中国人民解放軍総参謀第二部と、私は思います。

 

それと、この中国の諜報機関の管理下・影響下であるブログは、以下の通り。

彼らの主義・主張は、悪いのはアメリカCIAとユダヤで、日本人はいつもダマされている。その手口は、黒丸の4つと同じ。

もうちょっと、シナリオを変えて欲しいのですが。共通するのは、中国と韓国(北朝鮮を除く)の非難は、全くなし。

まるで、中国や韓国に諜報機関が存在しないみたい。礼讃のみ。
そして、彼らに共通するのは、すべて成り済ましの在日朝鮮人。

● リチャードコシミズのブログ(richardkoshimizu’s blog)・青学経営出身
● 副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場・早稲田法出身(早稲田の恥部)
● 板垣英憲(いたがきえいけん)マスコミに出ない政治経済の裏話・中央法出身。

なお、この諜報マトリクスの概念が我が国に持ち込まれたのは、意外と新しく2005年。

そのときは、小泉内閣の進める郵政民営化政策に関する宣伝企画でした。

(略)

これをイギリスから持ち込んだ広告会社スリードは、恐らく電通の影響下にあったと思います。この会社がしたことは、PIPER1をA層。SHEEP1をB層。PIPER2をC層。SHEEP2をD層の翻訳作業だけ。私だったら、
もっと斬新な別の翻訳名を考案しましたが。そして、小泉は、B層やC層を巧に誘導しましたネ。
「自民党をぶっ壊す」「国民の皆様に真意を問いたい」「皆様が小泉改革の主役」マスコミは、「小泉劇場の誕生」と揶揄できたぐらい。

※つづきはこちらから

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/7b1c17c91314c2b30802195c02da7453?fm=entry_awc

ダヤンさんでした。

あの方たちの目的は、

1. 世界の中で、日本が一番人種差別国家であることを知らしめる。

2. 世界第三位の経済国家である日本をランク外に陥れる。

ほんとうに、これだけなのかしら??

 

久しぶりにイル美ちゃんのGIF

続きます。

※余命との長い長い抗争の記録です。

※一条の会との抗争の記録です

※イザー=BB覚醒日記=トドコ、ふぶきの部屋、カナダの我儘親父たちとの抗争の記録です

 

野生を忘れたらこうなる

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • でれでれ草様
    私も、E層をぜひ追加してほしいと思います。
    「うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ」
    「焚くほどは 風がもてくる 落葉かな」
    こういうお方ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。