※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2016年】余命三年時事日記との抗争㉟刑法と対策・官邸メール

Sponsored Link

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-04-03

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

余命三年時事日記の官邸メールについて、参加することが刑法に触れる可能性が高いこと。参加してしまった場合の対策についての、伏見氏の記事です。

余命関連の投稿は、これが最後になるもよう。

・官邸メールは刑法に触れる

・官邸メールに参加したことで、訴訟になった場合、余命の共犯者と認定され賠償もありえる。

・参加した方は、自首することで無実になる。

官邸メールは、まだ続行中ですね。

昨日の官邸メール数は17万を越しています。

PVは減っていて、それでも5万はあるのですが、送信数はある一定の数をキープしてます。

案件の数が増えているのか、あるいは、過去に参加した方のメールアドレスを勝手に収集して、無断で送っているのか。どうなでしょうね。

 

Sponsored Link

 


 

【余命一派の罪】  

【県警の判断①】余命ミラーサイトの集団投稿は業務妨害罪が成立する、無限拡散 – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

もう、書くまいと思ったが、余命真理教に騙されている善良な人が可愛そうなので、最後の注意喚起とする。
一昨日、お世話になった県警の担当者に、「余命ミラーサイトの集団投稿」について、刑法上の判断を仰いだ。

集団投稿は、余命爺自身が、100万通送信しろ。500万通送信すれば、「新弁護士会」は成立すると、煽っている。
奴の嘘話が話半分にせよ。50万通が実際に送信されたとする。

 

県警担当官さん

県警担当「あの男達(余命爺、豆腐おかま)そんなことまで、やってるんですか(怒)」

 

伏見氏「もし、50万通のメールが、県警さんのPCに送信されたらどうしますか?」

 

警「先ず、署のコンピューターが、ダウンします。我々の通常業務に支障をきたします。この時点で、業務妨害が成立します。威力でも偽計でもどっちでもいい、内容と犯行動機で決めます。」「そのメールってどんなメールですか?」

 

私は余命ミラーサイトを検索して、担当者に閲覧させた。

リスク①公務執行妨害罪

警「なんだ、分類してあるけど、1テーマ同じ内容、同じ文章、同じ文言じゃないですか?」

 

伏見氏「そうです。これを「官邸メール」と称して、総理官邸にも送らせているのです(笑)」

 

「こいつら、馬鹿じゃないですか(怒)」

 

伏見氏「余命爺と「豆腐おかま」は、件数が何万件もあれば「民意」を形成すると豪語しています。
多くの信者がその言葉を信じて毎日、官邸に何万件とメール送信し続けています。」

 

「あのねえ、「民意」と言うのは、「選挙」の結果や「マスコミのやる世論調査」のことを言うんですよ。
こんな、大量スパムメールが「民意」とは聞いてあきれますよ(怒)

それに、ひな形が決まっていて、文章が全く同じなら、1通で十分ではないですか?

例えば「憲法改正実現」で、50通、官邸にメールが届いたとしましょう。

それも、50人が皆、自分の言葉で、「憲法改正」を支持してそれぞれの人が、皆、違う論点で、述べていたとしましょう。それなら、安倍総理も、官邸スタッフも、50人分の「意見」として歓迎するでしょう。官邸もよく、黙ってますね。

官邸メールは、実は、自分も一度出したことは有りますけど、自分の頭で考えて、自分の言葉で書くものですよ。
文章のうまい下手は関係ないと思います。

私は「警察の身分制度、キャリアとノンキャリア」について、書きましたが、しばらくして、返事が来ましたよ。
「ご意見拝聴いたしました」と。嬉しかったです。

もし、内の署に、全く同じ文書で、3万通メールが来たら、我々は「デマ、嫌がらせ」として処理し、犯人を徹底的に探しますよ。

3万人、事情聴取する必要ない、県内か、隣県の人を、5,6人任意で事情徴収して、「誰にそそのかされてやったのか」徹底的に追及しますよ。

まあ、答えは一つで、「この左翼崩れのいかれた爺さん」と「豆腐おかま」ですね。

それに、「公務執行妨害罪」も視野に入れます。

「公務執行妨害罪」は、基本的に、暴力と脅迫ですが、この場合、3万枚の紙を、頭にぶつけられたのと一緒ですから「裁量」できると思います。

 

リスク③業務妨害罪

加えて、内の署のホストコンピューターがダウンしたら、専門業者を呼んで、修理することになりますが、
かかった費用、その間不可能になった「通常業務」も、量刑に含めて、この「余命爺」と「豆腐おかま」、「ミラーサイトの管理人」を、逮捕し、起訴します。

最低でも、「業務妨害罪」成立は固いです。

 

リスク③「偽計」でも「威力」でもどちらも成立

「偽計」でも「威力」でもどちらも、適用できます。
少しでも懲らしめるために、適用できる「刑事罰」は可能な限り盛り付けします。

それに、実行に移されたら、「余命爺」「豆腐おかま」には「教唆罪」も成立しますよ。
相当、長期の有期刑になるでしょう。

先ず、執行猶予はつかないと思います。本まで出してるわけだから。しかも2冊も。
「確信犯」ですよ。相当悪質な。

 

【官邸メールを送った人】

伏見氏「洗脳されて、大量の官邸メールを送り続けた人はどうなりますか?」

 

「官邸の話はちょっとはずして、内の署に大量メールを送られた場合を想定して話します。
少なくとも、何回も警察に呼び出されて、嫌な思いをするでしょう。

リスク④警察署に呼び出し

重要な刑法の原則が有ります。「無知は、免責ならず」と言います。
「知らなかったからでは、済みませんよ」と言う厳しい原則です。

内の署で起きた場合、一番、沢山メールを送った人は、逮捕か起訴猶予かの境目ですね。
まとめますと、わが県警に「集団投稿されたら」逮捕は間違いないです。

 

リスク➄逮捕か起訴猶予

他県の、県警さんも判断は間違いなく同じだと思いますよ。
それに、他の捜査機関、国税さん、公安調査庁さん、内調(内閣調査室)さん、厚労省の麻取(まとり=麻薬取締)さん、検察庁さん、皆激怒して捜査を始めますよ。

強制捜査件持ってますからね(笑)特に、検察さんなんかは、

警察飛び越して、自分で捜査して、逮捕しますよ。

★この「集団投稿」と言う、手法は非常に危険です。「違法すれすれ」ですから。
捜査権を持たない他の中央官庁に送るのも危険です。
例えば、こいつらが大声あげている「在日の生活保護、やめろ」とか、厚労省に、300万通の「集団投稿」したとします。

厚労省も、それが、問題なのは、百も承知だが、「何らかの政治的圧力と配慮」が有って、厚労大臣も、強制廃止できないんだと思います。
よくよくわかっているのに、「集団投稿」されたら、頭に来ますよ。

 

リスク⑥厚労省の怒りを買う

それから、この馬鹿どもが言っている「日韓戦争」、外務省に「日韓断交せよ」
という「集団投稿」を20万通送信したとしましょう。
そんなことしたら、外務省の事務次官が直接、警察庁長官に「被害」を訴えて、
全国の都道府県警に、一斉捜査の号令をかけるでしょう。

ミラーサイト見ましたけど、大した、緊急なテーマは無いですね。

「憲法改正」がテーマにないところが不思議ですね。この左翼崩れの余命爺、「憲法改正」に反対だと思いますよ(笑)

私の感想を言えば、どのテーマも、官邸にメールするような話ではないと思います。

せいぜい、地元選出の国会議員に陳情すれば良い話です。

安倍総理大臣としては、自らの、政治生命を賭けた「憲法改正」が最優先課題ですよ。

次は「共謀罪の成立」、今はTPPでしょう。

「在日の国籍条項の強化」などは、必ず日韓の外交問題になりますから、

「集団投稿」で解決できるようなものではありません。

「在日問題」は、皆一緒だと思います。警察官の中にも帰化した人がいますからね。

★そもそも「集団投稿」と言う発想が、日本人の発想ではありません。

日本人は「根回しする民族」ですから、権力のある人に「直訴」と言う手段は好まれません。

「集団投稿」は、メールの数で、安倍総理に圧力をかけている形となります。

あくまで、私の想像ですが、総理や、官邸スタッフ達は、少なくとも「歓迎はしていない」と思います。

見方によれば、安倍総理をこき使ってもいいよと言うニュアンスにもとれます。礼儀が成っていません。

あなたの、余命爺「中国籍朝鮮族説」が当たりそうな気がしますね(笑)

 

警「大阪で、在日の人が極端に多い地域があるじゃないですか?」

 

伏見氏「鶴橋のある生野区です」

 

警「この馬鹿どもが、大阪市の生野区役所に「在日特権の問題」と言う「集団投稿」したとします。

区長は、迷惑して、市警に相談します。相談を受けた市警さんは、最初から「刑事事件」として、捜査、犯人の逮捕に着手するでしょう。

★警察のスタンスをまとめます。どこの自治体の警察も、「集団投稿」を受けたら、

最初から「刑事事件」として、捜査、犯人逮捕に着手します。

他の、組織、官庁や、自治体の役所から、相談されたら、最初から「刑事事件」として操作します。

 

リスク⑦「刑事事件」として捜査・犯人逮捕

先ほど、「集団投稿」は違法すれすれと言いましたが、酷な言い方をすると「違法行為」だと思います。

例え書いてあることに、一理あっても、一枚だけ、メールすれば済むことです。

全く同じ文章を「何万件単位」で送ることに法的に正当な根拠を見出せません。

率直に言うと「嫌がらせ」ですよ。

これを、煽っている、余命爺と「豆腐おかま」は反論できないでしょう。

一枚の、「要望書」なりに、5万人の署名を集めるなら、未だ筋が通っています。「ネット署名」なら、まだ意味が有る。

ただし、この余命爺と「豆腐おかま」が主催する限り、信用すべきではありません。

私も、先日、あなたに紹介されて、家で「余命関係」を検索しました。
ある人が、書いていました。

「余命爺は「デマの掘り起こし屋」だと。

あなたが言った昨年の「2015年7月9日在日強制送還デマ」は、2007年にも同じデマが流布されたらしいです。

私がよく見る、まとめサイトの「保守速報」も一枚かんでいる気配が有りますね。幻滅しました。

NewsUSってサイトも、余命爺のデマを補完していますね。私はこの2個のまとめサイトは、

もう見ないことにしました(怒)

 

リスク⑧ストーキング行為とみなされる

★加えて、この「集団投稿」を毎日の日課として、継続していれば、「ストーキング行為(つきまとい)」とも言えます。

現在の「ストーカー防止法」は、対象が人間ですが、その要件に、「執拗な電子メール」もあります。

官邸スタッフの、「集団投稿」の処理係が、女性だとしましょう。その方が「集団投稿」の処理に「強い不快感」を抱いてたとしたら、現行の「ストーカー法」では、適用できませんが、問題となります。

まして、その方が「集団投稿」の処理が嫌になって、それを理由に退職されたとしたら大問題です。

 

あくまで、私の想像ですが官邸への「集団投稿」はある種のシステム処理されていると思います。エラーで弾くと角が立つから、受信と同時に、「ゴミ箱」に入れずに

削除するとかね、送信元はミラーサイトで、限定されるから簡単です。

総理大臣であろうが、天皇陛下であろうが、一介の庶民であろうが、全く、一字一句変わらない文章を、3万枚喜んで読む人がいるでしょうか?

もし、やらせたとしたら拷問ですよ(笑)

つくずく、日本人の発想ではないなと痛感しますね。余命爺、中国人説に傾いちゃうな(笑)

 

リスク⑨アメリカの司法組織から訴えられる

日本の歴史、文化では、「直訴」はご法度です。時代劇によくありますが、農民がお殿様に「直訴状」を渡し、受理されたら、その代り死罪です。

 

伏見氏「余命爺は、アメリカのいろんな組織にも「集団投稿」しています」

 

警「馬鹿ですね。アメリカの司法組織や、捜査機関は本当に厳しいですよ。盗聴も普通にやるし。訴訟社会だから「集団投稿」されたら、訴えられるかもしれない。信じた人が訴えられたら、この、余命爺と「豆腐おかま」は、見捨てて、トンヅラするでしょう(笑)」

続きます。

※余命との長い長い抗争の記録です。

※一条の会との抗争の記録です

※イザー=BB覚醒日記=トドコ、ふぶきの部屋、カナダの我儘親父たちとの抗争の記録です

 

もりもりもりもり

corn on the cob eating GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。