※人気ブログランキングに参加しています

皇后美智子の真実⑥-2@22年目の阪神大震災と「雅子さまの涙」

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

本日1月17日は、22年前に阪神大震災があった日でもあります。

関東大震災における皇族・皇室の対応と、朝鮮人を妻とした天皇、皇太子を戴く平成の皇族、皇室との差が歴然としていますね。

※そのまんま転載させていただいてます。読みやすいように、一部太字にしてます。

Dosuko Wiki

死海 | Dosuko Wiki | Fandom powered by Wikia

平成7年(1995年)1月17日 

阪神淡路大震災発生

 

Sponsored Link



 

平成7年(1995年)1月18日 

ご挨拶(皇太子同妃両殿下(中東3か国ご訪問につき))(御所)

『女性セブン1998年6月28日号別冊 皇太子さま雅子さまご結婚5周年記念 素顔のプリンセス』小学館1998年6月発行 p.128より引用

’94年の11月5日から15日までの日程で皇太子さまと雅子さまは、サウジアラビア、オマーン、カタール、バーレーンの中東各国を歴訪された。

・・中略・・

さらに、おふたりは翌95年1月20日か1月30日までの予定でクウェート、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダンの3か国をご訪問。各地で熱烈な歓迎を受けられた。
しかし、ご出発の3日前、全世界が悲しみに暮れた大惨事が起きる。阪神・淡路大震災である。
淡路島付近を震源とするマグニチュード7.2のこの直下型大地震が発生したのは、’95年1月17日午前5時46分ごろ。とくに兵庫県南部や淡路島は、各地で建物の倒壊や火災が相次ぎ、死者約5500人、負傷者約3万7000人、倒壊家屋約21万戸、焼損面積約65万ヘクタール。戦後最大の被害(当時)を受けたのだった。
テレビなどを通じて伝えらえる震災の状況をご覧になるにつけ、このようなときに、日本を離れてもいいものか――おふたりはこの2度目の中東ご訪問を予定通り進めることに、ためらいを見せられたという。

ある皇室記者はこう話す。
「とくに、皇太子さまは、東宮侍従たちに、“スケジュールを変更したほうがいいのでは”と何度も確認されたようです。しかし、クウェートとアラブ首長国連邦への訪問をイラクのクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、イラク情勢の緊迫などによって過去2回延期していることなどを理由に、外務省が予定通りの訪問に固執し、それに宮内庁も押し切られる形で強行されたと聞いています」

大震災の3年後に発行されたムック本で語られている東宮夫妻の「ためらい」は果たして真実だったのか、それは当該訪問光景画像やその後来日したダイアナ妃との対面、現地慰問等々とを総合して考えるべきであろう。

平成7年(1995年)1月20日~28日 皇太子夫妻中東3ヶ国(クウェート・アラブ首長国連邦、ヨルダン)訪問
阪神淡路大震災発生3日後に予定が立てられていたからと外国訪問決行、

ヨルダン側の好意のもと同国での行事日程をキャンセルしてしぶしぶ日程を2日間短縮して28日帰国。

各国首脳主催晩餐会では、阪神大震災へのあたたかい見舞いスピーチが毎回述べられた。

・参考その1:『女性自身』1995年2月7日号表紙

ああ夫よ!母よ子よ!!関西大震災総力特別取材特

別号
雅子様中東へ! 被災者に“後ろ髪”ひかれて

・参考その2:『女性自身』2001年2月6日号カラーグラビア記事
この2回目の中東ご歴訪の旅のご出発日は(’95年)1月20日。ちょうどその3日前に、阪神大震災が発生した。

…中略…

ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。

 

1995/01/21

阪神大震災後4日後、祝福の色紅白に身を包みクェート訪問

 

1995/01/21 

クウェートジャピル首長を表敬訪問

 

1995/01/22

クウェート国立博物館でもてなしの菓子を口にする薄ピンク色スーツの雅子。

グラビア記事末尾に当中東訪問について「ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。」と記載

 

1995/01/22

クウェートサアド皇太子兼首相主催の晩餐会

 

1995/01/23

アラブ首長国連邦訪問ムシュリフ宮殿で移動中

 

1995/01/23

同上アラブ首長国連邦迎賓館にて、

ピンク色ドレス姿でだらしない座り姿

 

1995/01/24

アラブ首長国連邦にて遺跡見学、

鼻の下をみよーんと伸ばした変表情雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から

 

1995/01/24 

遺跡見学中、落ち着きなくカメラをいじりながら鼻の下を伸ばした変顔雅子連結画像

 

1995/01/24

アラブ首長国連邦のアル・アインにてラクダレースを観戦

 

1995/01/24

ラクダレース見物中、

貴賓席で雅子に話しかける徳仁とあまり熱心に相手をする様子のない雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から

 

1995/01/24

同上ラクダレース観戦、

雅子の顔色をずっとうかがっている徳仁と、それを一貫して無視し、下品に笑っている雅子連結画像

 

1995/01/24?

アラブ首長国連邦訪問ハリファ皇太子とサッカー観戦

 

1995/01/25 

アラブの伝統的木造船(ダウ船)でドバイ・クリークを見学

 

1995/01/25 

同上ドバイ・クリーク見学での指差し姿 【指差し】

 

1995/01/25

同上アラブ首長国のムハマド皇太子との会食・会談、

果物いっぱいのゴージャスなもてなしを受ける皇太子夫妻。砂漠の国では最上級の歓待

 

1995/01/26

阪神淡路大震災から9日後、ヨルダンで満面の笑みを浮かべる雅子

26 Jan 1995 — JAPANESE PRINCE HEIR APPARENT VISITING JORDAN — Image by © ATTAR MAHER/CORBIS SYGMA

 

1995/01/26

ヨルダン王国訪問、晩餐会前にサルワット妃と談笑

 

1995/01/26-27

ヨルダン王国バスマン宮殿のハッサン皇太子・サルワット妃主催晩餐会にて、

皇太子ヨルダンの援助に感謝の言葉を英語でスピーチ/ヨルダン北部の遺跡「ウンム・ケイス」を見学

 

1995/01/27

ハッサン皇太子ご一家とヨルダン・ペトラ近郊の古代遺跡を見学

「阪神大震災への配慮からヨルダンでの日程は2日間短縮」と説明あり

 

1995/01/27 

ヨルダンからの帰国前、

クイーン・マリア空港にてサルワット妃とムッとした表情の雅子。パンプスから甲の肉がはみだしている【甲の肉】

※無題 Name 名無し 14/12/18(木)15:58 ID:4NmWSn76 No.1204666
そのうえ、「お国が災害で大変な時ですからお帰りになったほうが・・」
と心配し助言して下さったヨルダン王妃に
不貞腐れてブンムクレ顔しちゃうサイテーな女!
一緒にはしゃいでた無能な徳仁も同罪

 

1995/01/31

阪神淡路大震災から2週間後に被災地に向かわれた天皇・皇后両陛下

 

1995/02/08 

ダイアナ妃が単身震災見舞いに来日。

雅子はダイアナ妃とバッティングしている、瓜二つそっくりスーツ姿で出迎える(『女性自身』2/28号「あっ!同じコーディネート!」とキャプションが添えられたグラビア)【雅子のお召し物当たり屋シリーズ】

ダイアナ妃は震災現地視察慰問を希望していたが、この時点で東宮夫妻は未訪問。他国皇太子妃に先を越されるわけにはいかないので彼女の希望を断ることに。

 

ダイアナ妃「阪神淡路大震災被災地か日本赤十字を訪問したい」→近衛が断る。

参考

2012年5月18日 テレビ朝日「やじうまテレビ」にて、阪神大震災直後に来日したダイアナ妃と皇后陛下の秘話として『女性自身』2012/3/20号記事を紹介

阪神淡路大震災被災地か日本赤十字を訪問したいと打診したダイアナ妃側に対して、日赤の近衛社長からは丁重にお断り。

松崎敏哉氏の説明では、日本の皇室からまだ誰も行っていないからなのが理由ではないか。

そのことを知った美智子さまが近衛社長に電話。自分のことは心配せず、ダイアナ妃を迎えてあげて下さいと。

結果、ダイアナ妃の日赤訪問が実現。その様子が世界中に配信された。

雅子の「順序が違うのではありませんか」の対極。

 

※こちらは、東北大震災のときの近衛。3600億の義援金はどこへ消えたのか?

※野盗のように、救援物資をよこどりした辻元とピースボート。消えた義援金は赤十字へ??

【明仁天皇③】天皇家のお金 辻元・民主党・赤十字・美智子・東北震災義援金の謎

 

 

Sponsored Link

 

皇太子「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」

http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005082601003570.html
皇太子さま、万博から帰京 死海の水のプールを見学
皇太子さまは26日、愛知万博(愛・地球博)の長久手会場を訪問、ポルトガルやモロッコなど7つの外国パビリオンを見学、夕方に新幹線で帰京された。  今回の訪問で、各国政府や国際機関、企業などが出展した80以上のパビリオンのすべてを天皇、皇后両陛下と皇族方が訪れたことになる。

万博の名誉総裁を務める皇太子さまは、9月25日の閉会式にも出席する。

午後に訪れたヨルダン館では、塩分濃度が高く人が入っても沈まない「死海」の水のプールを見学。

1995年の同国訪問に触れ、案内役の関係者に

「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」と話した。
2005/08/26 09:55 【共同通信】

(以上)

 

撮影がおわったら、ヘラヘラヘラ

 

平成7年(1995年)1月18日

ご挨拶(皇太子同妃両殿下(中東3か国ご訪問につき))(御所)

この時点で、なぜ、美智子は徳仁夫妻の中東域を止めなかったか、なのよね。

それは、美智子もまた雅子と同種の人間だったから。

続きます。

 

 

異種同居もまた楽し

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。