※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


国民栄誉賞の基準

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

松井秀喜にあげて浅田真央ちゃんにはあげないのはナゼ?

もお越しいただきありがとうございます。

羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ 政府が最終調整

http://www.huffingtonpost.jp/2018/03/01/hanyu-eiyo_a_23374869/

政府は平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で優勝し、2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅうゆづる)選手に国民栄誉賞を授与する方向で最終調整に入った。国民栄誉賞の受賞は個人では26人目となり、フィギュア選手では初めて。

男子では66年ぶりの五輪連覇を達成したことなどが理由。有識者の意見を聞いたうえで正式に決定する。

国民栄誉賞は、今年2月に受賞した将棋の羽生善治氏と囲碁の井山裕太氏を含め、これまでに25人の個人と1団体が受賞している。

(朝日新聞デジタル 2018年03月02日 08時19分)

 

羽生君の受賞に別に文句はありませんが、ナゼ、浅田真央ちゃんに国民栄誉賞をあげないのか、理由が知りたいですね。

スターだったとはいえ、ジャイアンツの1選手にすぎず、日本でもメジャーリーグでも何かとてつもない記録を作ったわけでもない、松井秀喜。

この人は、師匠の長嶋監督とともに受賞させたのに。

さんざん、世話になったジャイアンツの監督も辞退した松井秀喜。日本国民に対して、受賞するに値する貢献があったのか意味不明な松井秀喜。

在日であるからという理由で、五輪や国際大会に日本代表としてでるのを拒否したと聞きましたが本当でしょうか。

事実であるなら、国籍の関係上、仕方ないですが。

しかし、この松井秀喜が受賞しているところを見ると、国民栄誉賞の選定基準が、なでしこジャパンや、伊調選手や吉田選手のように、「日の丸を背負ってメダルをとった、結果を出した」という点とは別の選考基準がありそうですね。

ちなみに、イチローが球団から契約を更新されず漂流している原因は、オーナーのジータが「オマエはいらない」といって追い出したから。

そしてジータと松井は親友でビジネスパートナー。イチローの漂流と松井秀喜とは、直接関係ないのかもしれませんが、イラッときますね。

松井秀喜受賞に関しては「なんで、こんな人が??」ってうちの母も怒ってましたね。

 

Sponsored Link



 

そもそも国民栄誉賞ってなんでしょうか。

国籍が日本人でない王貞治さんを表彰するための賞として始まった、と聞いていますが、、、もしかして、ある時期まで在日外国人のための賞だったんでしょうか。

wiki

国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本の内閣総理大臣表彰のひとつ。賞の運用は1977年(昭和52年)に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設された。これまでに25人と1団体が受賞している。

なお、内閣総理大臣や政権による表彰としては、本賞成立以前の1966年(昭和41年)に当時の総理大臣・佐藤栄作が創設した「内閣総理大臣顕彰」がある。

・当時の首相の福田(父)が、ホームラン世界記録を達成した王貞治選手をたたえるために創立した。

・内閣総理大臣顕影が「学術および文化の振興に貢献したもの」として6つの表敬対象を定めていたが、プロ野球選手を顕彰した前例がなかった。さらに王さんは、叙勲には若すぎたため、国民栄養賞を作った。

 

wikiより

「国民栄誉賞」という名称が示す通り、原則として日本人が授与対象であるが、日本人(日本国籍所持者たる日本国民)で初めて受賞したのは古賀正夫である。

前述のように初の受賞者となった王は中華民国国籍であり、日本人以外の受賞者は現在に至るまで王ただ一人である。

 

さらには、

・日本人で初めて存命中の受賞を達成したのは山下である

・山下以前の日本人受賞者は全員没後に受賞となった。。
・日本国籍を持たない日本人が受賞した事例は現在に至るまで存在しない(王は母親は日本人だが父親が外国人なので、この例には当てはまらない。)。

以上

 

前述のように初の受賞者となった王は中華民国国籍であり、日本人以外の受賞者は現在に至るまで王ただ一人である。

あれ?松井秀喜は日本国籍持ってるの?

なのになんで日本代表として出なかったんだろう???

 

過去の受賞者

※太字は没後受賞

・王貞治(野球)

・古賀正男(作曲家)

・長谷川一夫(俳優)

・植村直巳(冒険家)

・山下康裕(柔道)

・衣笠祥雄(野球)

・美空ひばり(加藤和枝・歌手)

・千代の富士(秋元貢・相撲)

・藤山一郎(増永丈夫・歌手)

・長谷川町子(サザエさんの原作者)

・服部良一(作曲家)

・渥美清(田所康雄・俳優)

・吉田正(作曲家)

・黒沢明(映画監督)

・高橋尚子(マラソン)

・遠藤実(作曲家)

・森光子(村上美津)

・森繁久弥(俳優)

・2011年FIFA女子ワールドカップ代表(なでしこジャパン)

・吉田沙保里(レスリング)

・大鵬幸喜(納谷幸喜・相撲)

・長嶋茂雄(野球)と松井秀喜(野球)

・伊調馨(レスリング)

・羽生善治(将棋)と井山裕太(囲碁)

以上

 

ざっとみると作曲家の比率が多いですね。

森光子さんや松井秀喜など、あれ?このひとが?と思う人もなかにいて、基準が今一つわかりませんね。

八百長横綱の千代の富士が受賞しています。国民栄誉賞に曇りが生じます。

黒沢監督や、美空ひばりの受賞は文句がないとおもいますが、生前に受賞するべきだったと思います。

さらに、宮崎駿監督、手塚治虫さん、松本霊士さん、鳥山明さんも受賞するべきだと思うんですけどねー。

ほかに、キャプテン翼の高橋陽一さんとか。世界のサッカー少年に影響を与えているし、この人の漫画がJリーグをつくったも同然ですから。

どうしても、メジャーリーガーになった日本人にあげる必要があるなら、ドジャーズに行った野茂さんのほうが納得がいきますね。

野茂さん以前に、村上氏がメジャーリーがになりましたが、あまり話題にならなかったんですね。当時はあまりにアメリカがかけ離れた存在だった事もあったと思います。野茂さんの活躍は、阪神大震災後の日本の世情を明るくした功績もあります。

 

そして、松井秀喜が受賞した理由として、、、、

長嶋茂雄との師弟関係にあり、ひたむきな努力と真摯なプレイにより
日米通じて20年間にわたり常にチームの主軸を担い、
日本人初となるワールドシリーズMVPの獲得など数々の素晴らしい成績を残し、
“ゴジラ”の愛称で日米の国民から愛され、親しまれ、
その活躍は社会に大きな感動と喜びを与え、多くの青少年に夢や希望を与えた。
なお、受賞日をこの日(2013年5月5日)に選んだ理由は、松井の背番号が『55』であるため。

以上

 

「なお、受賞日をこの日(2013年5月5日)に選んだ理由は、松井の背番号が『55』であるため。」

すげええ。受賞の日も師匠の長嶋ではなく松井に合わせるこの優遇。どこの王子様なんでしょうか。この人。

現役時代から、日本のマスコミの、イチロー叩きは酷い反面、この人は大絶賛でしたね。まるで真央ちゃんバッシング、金妍児絶賛の日本の報道の有様とよく似ていました。

もともと朝鮮系に占領されたマスコミ受けのいい国籍のかただったのか、あるいはなにかの結社に入ったか、奥さんのつながりで何かの閨閥(田布施、北朝鮮、総連など)に入ったのかもしれませんね。この人。

 

ちなみに、このデストロイヤーさん、フリーメイソンさんと聞いています。

デストロイヤーさんに叙勲 プロレスで日米交流貢献「これ以上の名誉はない」

http://www.sankei.com/life/news/180204/lif1802040017-n1.html

覆面レスラー「ザ・デストロイヤー」として日本で活躍し、昨年秋の叙勲で旭日双光章を受章したリチャード・ベイヤーさん(87)への叙勲伝達式が3日、米ニューヨーク州北部バファローで行われた。

家族や州議会議員らが参加した式典で、在ニューヨーク総領事館の高橋礼一郎総領事が日本のプロレス振興や日米交流への長年の貢献をたたえると、覆面姿のデストロイヤーさんは「これ以上の名誉はない」と満面の笑みを浮かべた。

その後の記者会見では、2020年の東京五輪での訪日意欲を示し「アマチュアのレスラーを指導したい」と意気込みを語った。「高校の時は、日本は敵だったが、訪日して日本が大好きになった」とも繰り返した。

デストロイヤーさんは初来日した1963年、東京で行われた力道山との対戦で64%というテレビ視聴率を記録。日本に空前のプロレスブームを巻き起こした。

(共同)

以上

 

wiki

ザ・デストロイヤーのマスクは、女性用のガードルから作られている。マスクマンになる時、妻と一緒に女性用下着売り場に行き、変な目で見られたそうである。購入したガードルを使用して、妻が加工し直した物をマスクとして使用していた。

ザ・デストロイヤーはフリーメイソンである。

 

こちらのサイトには、この東久邇さん、西周 、林薫、鳩山一郎 、沢田教一 、津田真道、デストロイヤー、が紹介されています。

七人の有名な日本人メィーソン

http://web.archive.org/web/20090607101047/http://www.freemasonryinjapan.com/J-famous.htm

東久邇稔彦、親王 1887-1990

 

東久邇は帝国軍大将で、唯一の帝国のファミリーの内閣総理大臣だった。内閣はほんの54日続き、1945年8月に昭和天皇の依頼で成形された。彼の行政により、日本軍隊の解体、USSミズーリでの日本の降伏への署名、および戦争犯罪者の逮捕を計画した。

彼は太子、久邇宮朝彦親王の9番目の息子として誕生した。人生にわたって、彼は風変わりな行動のために知られていた。

1923年にフランスで7年間研究する為に日本を出発、その後、息子の葬式への出席を断って戻って来なかった。

後、彼は東京に食料雑貨店を開いたけれども、結局失敗した。

1930年代には、彼は短命の神道宗派、東久邇教を結成、彼自身をその指導者と取り決めている。

彼は、年老いた1990年に、102才で死んだ。

1957年6月、東久邇は東京の友愛ロッジでメイソンになった

以上

 

東久邇さん、秩父宮の実父といわれてますね。後日まとめますが、226は、結局、北朝宮家の東久邇家の血をひく秩父宮を天皇にしようとしたクーデターだったらしいですね。

過去に、東久邇宮が海外にいったきり享楽的な生活に浸りきって帰ってこないのを、秩父宮が説得しにゆき帰国させたことがあったとか。このエピソードなどもあり、鬼塚英昭さんは、東久邇さんが秩父宮の実父だろうと推測しています。

戦中、日本を空爆したアメリカ軍人が、受勲した例もありますね。受勲者=日本に貢献した人ばかり、とは限らない例がいくつもあるようです。

羽生君の国民栄誉賞受賞には文句はありませんが、羽生君、黒い何かに、呑まれてしまわないよう祈るばかりです。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告