※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】コメント欄より、即位日・5月1日の謎

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

何故、5月1日が即位式なのか?は不明なままでしたが、

もしかすると、呪術的な意味があるのかもしれません。

英国、スコットランドのエディンバラで古くから続いているケルト文化の祭りに

『ベルテン』と言うのがあります。

http://fuzita.org/wldculture/scotland/beltane.html

別の資料*3によると、Beltaneはメーデー*4(五月祭)のケルト名であり、やはり太陽神 Belの火という意味となっています。このメーデーと同じようなものとしてドイツのWalpurgisnachtが紹介されています。

中略

そういうわけで、Beltaneではメイクイーンとキングが選ばれます。その二人を祝して人々はメイポールの周りでダンスします。このメイポールというのがくせ者です。

ダンスはポールのてっぺんにリボンを結びつけて、各人、その端をもって、きまったやり方のスクエアダンスを踊ります。資料にはやり方が書いてあるのですが、想像をたくましくしても描ききれません。いつかそういう動画が見つかったら紹介します。*2

このお祭りは本来というか古来の姿とはかなり変わってきています。本来の姿は、破廉恥な性と豊穣の祭典であったということです。

中略

1644年にはメイポールを作ることも禁止しました*8

ピュ-リタン達はまた、緑の森の婚姻の抑圧に躍起でした。若い男女が森に入り、日の出まで過して翌朝、花輪などを作って帰ってきて村を飾るというのがそれです。「ただの一人も処女のままでは帰ってこない。森に入った娘の10人うちの9人までが子供ができて戻ってくる。」などと嘆いていたのです*8
どうやらこの慣わしは古代ローマの花祭り Florialaとも共通するようです。ここでは4月28日から5月1日にかけて無節操な乱行が行われたということです

以上

 

また、5月1日はドルイドの祭日で、子供の生け贄が捧げられるてたそうです。

ベルテンの火祭りのサイト

https://beltane.org/

ここより、祭りのフォトアルバム

Fourth Beltane Fire Festival photo album

以上

 

ありがとうございました。

火祭り、の様子が、なにげに、ボッスの絵ににてませんか。

ボッスという画家さん、「服を着るのをやめよう」「そうすれば平和になる」という、服を着ない運動をしている妙なグループに所属してたそうですね。

今は、父系を中心とした家族制度が社会の基盤となっていますが、それ前文明では、野合による繁殖、子供の父親を問われない母系社会、角の生えた神とそれに使える神の妻たち=女司祭による統治、人口コントロールとしての生贄の儀式、の名残をのこしているのがイルミちゃんなのかな、とは思うんですが。

フリーすぎる男女の関係と行為、これを日常にやると犯罪とされたり、不道徳とされたり、異端視されたりする部分が多いですが、欧州などでは、日常の隙間に、古代が復活してみせるようです。

 

Sponsored Link



 

Beltaneはメーデー*4(五月祭)のケルト名であり、やはり太陽神 Belの火という意味

 

人を生贄としてささげるバール信仰と関係ありそうですね。

象部隊をつれてアルプスを越え、ローマ軍と戦ったカルタゴの英雄ハンニバルとは、バールに祝福された者という意味らしいですが、、。

 

5月1日

メーデーでもあり、水俣病の啓発の日でもありますが、5月1日はイルミちゃんの創立記念日だそうで、イルミ系にとっては重要な日なのかもしれませんね。

Beltaneはメーデー(五月祭)のケルト名であり、やはり太陽神 Belの火という意味となっています。このメーデーと同じようなものとしてドイツのWalpurgisnachtが紹介されています。

ヴァルプルギスの夜

※以下、抜粋して編集しています。

wiki Walpurgisnacht=ヴァルプルギスの夜

1920年頃の写真より

ウプサラ城外で歌を歌い、ヴァルプルギスの夜を祝う群衆。その多くが典型的なスウェーデンの白い学生帽を被っている。

背景にはウプサラ大聖堂のシルエットが浮かび上がる。

 

ヴァルプルギスの夜(独: Walpurgisnacht)は、4月30日か5月1日に中欧や北欧で広く行われる行事である。

 

古代ケルトの祭り

5月1日 

暖季・春の祭り・バルティナあるいはケートハブン

この前夜が、ヴァルプルギスの夜などと呼ばれ魔女たちがサバトを開き跋扈するなどと伝えられていた。

歴史的なヴァルプルギスの夜は、キリスト教到来以前の異教の春の風習にちなんでいる。

ノース人の風習では、ヴァルプルギスの夜は『死者を囲い込むもの』とされていた。

5月を祝う祭りは今も「五月祭」(メイフェア)としてヨーロッパに残っている。

 

11月1日 

寒季・サァオイン=ハロウマスの祭り、ハロウィンとなったらしい

 

ドイツ

※耳の尖った方が、自殺したのかな?発見された死体の血液型が、ヒトラーとは、ちがってたそうですね。

伝えられるところによれば、魔女たちがブロッケン山で大規模な祭りを催して、春の到来を待つという。

ドイツの伝承では、ヴァルプルギスの夜は五月祭前夜の4月30日の夜で、魔女たちがブロッケン山で集い、彼らの神々とお祭り騒ぎをする…

奇妙なことに、アドルフ・ヒトラーは、ヨーゼフ・ゲッベルスら側近数名と、1945年の4月30日から5月1日にかけてのヴァルプルギスの夜に自殺を図った。

ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組『ヒトラーとオカルト』によれば、ヒトラーらがその日は悪魔崇拝のうえで重要な日であると信じていたからだという。

以上

 

ヒトラーは、自殺したのではなく、「捧げられた」のかもしれませんね。

 

「イルミちゃん でれでれ草」の画像検索結果

日本は夏と冬に大祓がありますが、北欧などのケルト民族も、一年を2つに分け、1年に2度、新年があったみたいですね。

イルミちゃんの脱会者シスコさんの著書の中で、イルミちゃんの儀式殺人、犠牲者の子供を食べる、などの儀式が、ドルイド系の影響が強いことを示唆してましたね。

階層のたかい魔女だったシスコさんは、脱会した後も、ヴァルプルギスの夜に参加するよう脅迫されたとか。

・デンマークの亡くなった王配も参加していた。

・連中は黄金の皿に供せられた犠牲者の人肉を貪り食う

らしいです。

もしかしたら、5月1日の即位式の日、秘密の地下室かどっかでドルイド式の儀式をおこない、犠牲者をささげるつもりなのかもしれませんね。

それが、監禁されている本物の秋篠宮家の方々だったらどうしよう。

ああ、怖い。

 

かゆいかゆいかゆいかゆい

planet earth 2 mountains GIF by BBC Earth

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • 》》それが、監禁されている本物の秋篠宮家の方々だったらどうしよう。

    マジ怖いです(オロオロ💦)

    食べられるのは女性。
    神に捧げられるのは、旧約聖書にもありますが、長子でしたね。

    日本人に馴染みのない5月1日。
    英国に渡ったのは、昭和天皇(皇太子時代)から。
    ちょっと、数字並びを確認してみます。
    何か6の倍数になっていないか、秘数術があるかもしれません。

    • >神に捧げられるのは、旧約聖書にもありますが、長子でしたね
      一番大切なものをささげることで、神の恩恵を受けるという感じみたいですね。
      部族の群れのなかの誰をのこして誰をあきらめるかの選択権を持っていたのが司祭で、サポートするのが神の妻である女司祭=魔女で、当時としては普通に、生贄をやってたんでしょうが、世界中の民族がこういう縄文のトラウマを持ってるらしいですが、日本だけは別みたいです。
      どこまでたどっても、日本の場合は、こうした生贄による儀式や風習は見つからないそうで、、古代は気候も温暖で水も豊富で安全で生贄もない島国の日本は、まさに、エデンだったんですね。
      旧約聖書に、危険がせまったから「東」へ逃れる云々というエピソードがいくつか見られますが、おそらくは東とは日本で、ある特権的な立場にいる人たちとその家系は、口伝で伝わってたのかもしれませんね。

  • でれでれ草さま、いつもお疲れ様です
    何で5月1日に即位なんでしょうかね
    外国勢力が大々的に日本に乗り込んで乗っ取るための日をわざわざ選んでいるように感じます。

    最近またユダヤ系のことを検索して調べているのですが
    本当に「シオンの議定書」の通りに世界中が進んでる事に戦慄します。
    この書物のどこが偽物なんでしょうかね。これ、れっきとした本物の「世界征服のための支配計画書」ですよねー
    流出させたのはロシアでしたよね。あちらも一枚岩というわけではなくて、向こうは向こうで何か思惑がある気がします
    それにしても以前から疑問なのは、
    偽ユダヤ人たちは最初から狂ってておかしいのか、それとも後からそのように矯正されるのかという事です
    混血を気にしない方の偽ユダヤ人達も、途中から魔がさして悪に染まって行く感じが多いのかな
    この辺がまだよく掴めません。
    富と快楽(薬物も含)の誘惑は確かに魅力的ですが、よく考えれば結局は自分の国を良くする以外に本当の道はないのに。
    近頃の原発といい日本人を殺すため日本を三分割して勝手に支配する計画もあるらしくて腹が立ちます

    • 本当に「シオンの議定書」の通りに世界中が進んでる事に戦慄します。
      あれ、本当に偽書なんでしょうかね。
      80年代に買った陰謀論の河童ブックスを読み返すと、預言書みたいにズバリそのものになってますね。
      ただ、イルミちゃんの予定と、現実にずれがでてきているなとは思いますが。
      例の議定書は、正当なユダヤ教とは何の関係もないところは、たしかに偽書だとはおもいます。
      が、ユダヤはこんなに悪いんだぞ、とナチスが日本政府に紹介した結果、「偽物だから」として相手にしなかったらしいのですが、偽物だからではなく、仲間だったから、手下だったから、スルーした可能性もありそうです。

  • でれでれ草さま
    こんにちは。

    ヨーロッパのお祭りは、起源を知るとげんなりするようなものが多いですね。
    勉強不足で、間違ったことを書くかもしれませんが、ケルトの起源とも言われる
    フェニキア人の考え方や信仰がヨーロッパの根っこにあるのではないかと思います。
    根源的な思想というのでしょうか。

    カルタゴもフェニキア人の国でした。
    元々はシリア、レバノン辺りを拠点とする「海の民族」と言われていますが、
    詳しい実態はまだ明らかになっていないようです。
    エジプトの歴史を調べていると19王朝(ラムセスの家系の時代)に海の民と呼ばれる人たちが出てきますが、どこに住んでいて、どんな人種であったかは不明です。

    日本にも古代、フェニキア人が来ていたようです。
    皇族がフェニキアについて詠んだ歌の歌碑が茨城でしたか、その辺りに
    あると聞いたことがあります。
    ユダヤ人も日本に来ていたと言われていますが、ユダヤ人もフェニキア人も居住地域が近いので、どう名乗ろうとも同じような人種が来ていたのではないかと。

    話は少し違いますが、マケドニアのアレクサンドロス大王の母は、大蛇を信仰していたそうです。蛇信仰というのは各地に見られますが、私は中近東がルーツであろうかと思います。
    ギリシア神話のデュオニソスのお祭りに見られるような、「乱痴気騒ぎ」がセットのようです。アレクサンドロスは大蛇の息子という伝説もありましたっけ。

    旧約聖書を信じるユダヤ教徒、旧約と共にイエスを信じるキリスト教徒、
    どちらも古代から続く祭礼(乱痴気騒ぎとか人身供儀とか)を否定してきました。
    十戒を戒律とせよ、人身供儀などとんでもないと。
    ですが、彼らはダブルスタンダードだと思うんです。
    戒律は特権階級においては特に、効力を発していたのだろうか?と。
    なので、根っこは昔も今も信じるところ、信じたい神は変わっていないのかなと思います。

    5月1日をわざわざ選んだという事は、あの人たちの信仰もそうなのかも、と思ってしまいます。

    • 興味深い情報をありがとうございます。
      キリスト教は、儀式殺人の生贄になる人のかわりにパンを、生き血の代わりにワインを、置き換えたエコで人にやさしいユダヤ教徒してスタートしたと解釈する人もいますが、、、。
      >ですが、彼らはダブルスタンダードだと思うんです。戒律は特権階級においては特に、効力を発していたのだろうか?と。
      同感です。
      魔女狩りで魔女を弾圧する反面、魔女の医薬的知識を奪って僧院で実践され保管していたバチカン系にもいえるかな、、と。
      5月1日をわざわざ選んだという事は、あの人たちの信仰もそうなのかも、と思ってしまいます。

      秋篠さんにせよ、ナルにせよ、即位するのは、イルミ系の偽物のような気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。