※人気ブログランキングに参加しています

【オカルト】世界はこうなる⑧2017年版と1988年度版ビットコイン

Sponsored Link

続きです。

ちなみにこちらは2016年版

フルカラーの人と、一部分だけカラーが憑いている人、モノトーンの人がいますね。

日本の塔の上に立つドン・キホーテ?っぽい騎士。

関係ないかもしれませんが、ビットコインの創立者は日本人で大分県人だといううわさがありますね。

噂じゃなくてどうも事実らしいです。関係あるのかも。

Sponsored Link



 

2017年版

右上から、、、

・塔

宗教戦争のような遠景ですが、、、

「エルサレムはイスラエルの首都として認める」発言したトランプさんの、トランプタワーで火災があったとか??

1月9日 トランプタワー屋上で火災 3人軽傷

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180108/k10011282131000.html

アメリカ・トランプ大統領の自宅などが入っていることで知られるニューヨーク中心部のトランプタワーの屋上で小規模な火災があり、3人が軽いけがをしました。消防は、事件性はないと見られるとしていて、詳しい原因を調べています。
ニューヨーク・マンハッタンの中心部にあり、トランプ大統領の自宅などが入るトランプタワーで、現地時間の8日朝、屋上から火が出ていると、常駐するシークレットサービスから消防に通報がありました。
駆けつけた消防が消火に当たり、火はおよそ1時間後に消し止められ、小規模なものにとどまりましたが、この火災で消防隊員1人を含む合わせて3人が軽いけがをしました。消防は当初、1人が重傷だと発表していましたが、その後、訂正しました。

ここまで

 

・皇帝

地球にどっかり座っている「皇帝」は、みるからに、トランプさんですが、、、

 

・世界

やっぱりあれでしょうか。「新世界秩序」

 

・隠者

ひび割れた地球、一本の狭い道をゆく反対デモ隊、この道を進む以外に選択肢はありません。

自由意思に基づいての行動であっても、じつは選択肢も、その行き先も一つなのです。

隠者が大衆をみちびく笛吹のように見えます。

 

・死神

核爆発が背景にあります。

死神の上部に2018年版にあったような、伝染病をおもわせる蚊らしき羽虫も飛んでいます。

地面の枯草をみるに飢餓を連想します。そして、さらに遠景に旭日旗をおもわせる太陽も、、。北朝鮮でしょうかね。

 

・魔術師

ボタンのスイッチをおさんとする、目隠しされた魔術師。

色は違いますが、背景は日本国旗と同じデザインです。

2015年版に安倍ちゃんが登場しています。

これが安倍ちゃんではないかといわれていました。バーチャルな世界をみているようです。

これ、安倍ちゃんと被りますね。

 

 

・運命の輪

イタリア国旗、ドイツ国旗、ハンガリー国旗がはためいています。括りつけられているのは政治家でしょうか。

選挙で不信任案が投票されているかのような構図。

 

・星

よくみると、星に顔が書かれてますね。場所が地球ではなく火星のような赤い星にみえます。

真剣に、火星移住を計画している団体が目立ちます。、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして風説も、

元CIA職員「誘拐された子供たちが火星の植民地に送られ、奴隷にされている」

米国のラジオ番組「アレックス・ジョーンズ・ショー」で、元CIA職員ロバート・デビット・スティール氏が暴露した。ロバート・デビット・スティール氏はCIAでスパイ活動に携わっていたとされる人物。ワシントン・ポストなどが報じた。

スティール氏「火星には植民地が存在している。さらわれた子供たちが宇宙船に乗せられ、20年かけて火星に送られる。一度火星に送られたら地球には二度と戻ることはできない。だから火星の植民地で奴隷として生きるしかなくなる」

この発言を受け、NASAスポークスマンのガイ・ウェブスター氏は「火星に人間はいません」と否定のコメントを発表した

 

本当に風説なんでしょうか。

火星にピラミットが!!という写真

火星に前方後円墳が!!という写真

 

1988年度版 問題のビットコイン

1988年版 エコノミストの表紙

http://tocana.jp/2018/01/post_15590_entry.html

紙の紙幣が燃える中、どこか見覚えるのある硬貨が真ん中に描かれている。そして、その硬貨には2018とはっきりと記されているではないか。

さらに、右上には「世界通貨に備えよ!」とまで書かれているのだ。まるで30年も前に昨今のビットコインの隆盛を完全に見抜いていたかのような印象を受ける。「Reddit」ユーザーによると、同紙9~10ページには次のような“予言”まで書かれているという。

「今から30年後、アメリカ人、日本人、ヨーロッパ人、他の豊かな国の人々も比較的貧しい人々も同じ通貨で買い物をするようになるだろう。その通貨はドルでも円でもドイツマルクでもなく、“フェニックス”と刻印されることだろう。企業や消費者は、その利便性において、このフェニックス通貨を既存の国家通貨よりも好むようになるだろう」

ビットコインの運用が開始されたのは2009年のこと。それ以前にも仮想通貨という概念は90年代半ばからあったようだが、1988年の時点では今日の仮想通貨の隆盛を予言することは普通に考えればほぼ不可能だろう。一体どうして「The Economist」はこれほど正確な予言を30年も前にすることができたのだろうか?

続きはこちらから

 

何年かたったら、アイコンの意味が判明するのでしょうか。

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • >ただ、怪しい高等魔術的な仕組みがあちこちで壊れつつあるのかもしれない、と思わされるような含みが感じられます。
    若い生贄を要求し食べてしまう大型爬虫類の伝説や伝承は各国にのこっていますね。太古の時代、なにか人類とは別のものがいたのかもしれませんし、その技術だけあの方たちは、継承しているのかもしれませんね。
    たしかに、ヒラリーを破ってトランプさんが当選したことをみるに、高度な予言や魔術が敗れ去っている感じがします。希望が持てますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。