※人気ブログランキングに参加しています

皇室|雲の上の人々から犯罪者へ(後)

Sponsored Link

続きです

皇室の価値の暴落がつづく

明治以降、国民をだまし続けた結果、どんどん家運が目減りしていき、劣化が隠せません。

じりじりと偽物であることが拡散している、どうてみも別人の愛子内親王、

ネットもみないし、皇室に興味のない方も、愛子さんがすり替えられたことは知ってましたよ。

愛子の偽物は北朝鮮工作員とおもわれ。愛子さんになりすまして女性天皇になろうとしています。

 

Sponsored Link




&tbsp;

偽物とはいえ眞子内親王の最低レベルの男との婚約の失敗と秋篠宮家の暴落、

 

不倫と利権あさりで顰蹙を買う久子妃、

夫の親王がなくなってから自由を満喫、不倫相手の誕生パーティーで、マリリンモンローの仮装をして歌を歌い、投げキッスをしたそうな。

 

絢子女王の皇族との縁組にしては平凡で一般人すぎる相手との結婚、

さかんに、守谷氏がエリートだと宣伝されていますが、普通の家庭からみるとまばゆい縁談なのかもしれませんが、女王の相手としては、ショボイかな、と。

大企業、財閥の相続人、千家家のように天皇家に匹敵する歴史のある名家、公家、華族、など、「一般人が努力しても得られない何か」を相続する立場にある御曹司だと、皇族女性に釣り合いがとれると思うんですが。

 

名家に嫁いだものの典子さんの結婚の失敗、

 

一般人でもこれはないわ、というツグコちゃんの生態

 

仮病をつかいつづけた下品な雅子妃、

娘を虐待していたのがばれた信子妃、

宮家を私物と勘違いし、母親に反旗を翻して宮家の当主になろうとしている彬子女王、

暴落がとまりません。

 

天皇家の変移

・明治以前の天皇と皇族は、(直に御所のありさまや、生身の人間としての公家を見聞きしている京都人はともかくとして)、直接見ることがかなわない雲の上の人たちでした。

・明治帝から昭和天皇までは、北朝鮮の金氏のように、カルト的な教祖的な立ち位置にありました。

国民は、天皇皇后の御真影という美化された肖像画に榊をそなえて飾り拝んでいました。

・戦後、明仁、美智子の代で、ただの金持ち、セレブ、有名人、になりました。

テレビや報道でだまされてきた大衆は、天皇家の人々を憧憬していましたが、雲の上にいるというより、同じ地続きのなかで一番いい暮らしをしている家族という感じの存在でした。

・徳仁の代は「一般人以下」

品位のない徳仁天皇、仮病でサボリ倒す皇后雅子、自閉症の娘を取り換えた徳仁夫妻と、抹殺された本物の自閉症の愛子さん。行動規範が一般人以下のツグコちゃん、婚約者が一般人以下の偽眞子、、、、

世代が下がるにしたがって、国民は、いずれ皇族を犯罪者を見る目でみるようになるかもしれません。

皇室財産を横領した徳仁夫妻や、内親王、女王の配偶者として現れた、犯罪臭いコムロ圭や、偽物かもしれない正体不明の守谷氏の存在は、その先駆けかもしれません。

 

もちろん、とまることのない「国民が崇敬する天皇家の一族」の暴落は、奈良時代に天武系から天智系へ皇統が移動したように、明治以降の偽皇統から本物の皇統へ移行する方向へむかっているプロセスだと信じていますけどね。

なので、もっと頑張れ、拡散するから、と申し上げたいです。

 

天皇、皇族しかできないこと、というのはごくわずか

・祭祀

・国事行為

くらいでしょう。この二つは、女性皇族を必要としません。

とくに、祭祀は沐浴などもあり、生理や主産のある女性には無理なことです。

慰霊祭やイベントなど、天皇や皇族がいなくても問題なく開催できます。外交もしかりです。

海外から来る貴賓との対応などは、首相でもできますし、晩餐会なども、おおかたは首相がやればいいと思いますね。

内親王、女王は早い時期に降嫁いただいても、問題ないと思います。

日本は、格差が広がり増税に苦しみ、老舗破産や、児童の貧困が問題になっている時勢です。内親王や女王さんたちは、莫大な国費がつかって留学などさせずに、学習院高等部を卒業したら同時に降嫁でいいと思います。どうしても、留学したかったら婚家した家が面倒を見るべきです。

 

やはり、政教分離のために、天皇家の住む場所と、政府のある都市とは別にするべきですね。

天皇家は、京都にかえっていただき、政府からの書類にハンコを押すくらいで、あとは、祭祀だけに専念する「神聖な皇帝」でいいじゃないでしょうか。

本来国民にとって「理想的な皇族としての在り方」は、

・清貧な生活をして国民に負担をかけないこと、

・品位と文化性を磨き、国民に恥をかかせないこと、

・男系を続けること、

・祈ること、

だけです。

学位も博士号も必須ではありません。容姿端麗、御優秀でなくてもいいのです。

近代化を迎える時代であっても、議会制にして行政府は東京におくにせよ、「明治天皇」は、京都御所に住む、小柄で歩行困難だった、本物の睦仁親王であっても問題はなかったはずです。

 

今月、愛子さんが、英国留学へ行くそうですが、どの愛子さんがいくんでしょうね。

管理人は、複数でいくと思います。そして、愛子チームは、英国で耳の形や顔をそろえてくるでしょう。徳仁のように。

 

たくさんのコメントをいただきありがとうございます。

コメントのお返事が遅れていますが、申し訳ございません。

明日は県外へでますので、更新が止まります。

 

どーん

dolphin hello GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

18 件のコメント

  • いつも楽しく拝見してます。
    どなたのコメントにも上がって来てないので、ちょっとだけ気になっている事を書いてみます。
    絢子さんのオレンジの振袖写真について(袴ではない方)
    私には、あの柄がどうしても小紋に見えます。
    インターネットでいくつか写真を見ましたが、多分小紋。

    同じ写真に、お母さんやお姉さんが写ってまして、彼女達の着物は、センスはどうあれ訪問着もくしくは色留でしたし、合わせていた帯も、金糸ないし銀糸が入っていて、着物の格としては、いわゆる正装ないし礼装の形でした。

    しかし絢子さんのオレンジの振袖は、、、
    そもそも振袖は未婚者の正装なので、小紋で振袖を作る事自体がちょっと理解出来なかったので、振袖写真も疑問に思ったのですが、合わせていた帯も金糸銀糸のないもので、着物の格としては、いわゆる普段着の街歩きスタイル、目上の方がいるときは遠慮して着物を着て行くのを辞めるかどうか悩む柄です。ましてや公式の式典で着て行く事など、あり得ない。

    気になって探したら、皇族方々の着物の写真は、例えどんなに田舎くさい着物でも訪問着、留袖、色無地でした。公式行事ではなく何かの取材の様なものでも、訪問着以下の格の着物である事などありませんでした。

    しかし、絢子さんだけは、あの振袖以外にも、いくつか小紋で写っている写真がありました。
    もちろん絢子さんが訪問着てる写真も有るのですが、小紋着て写真に写ってる皇族は絢子さんだけです。

    なんだろ?シンデレラみたいな?
    お前はそれでも着ておけみたいな感じなのかな?

    それとも、着物の格を知らないのかな?
    でも、こうやってネットで拡散されると、訪問着にしちゃうかな?
    面白いから、小紋のままでいて欲しい気持ちもありつつ、、、
    ちょっと誰かに言ってみたかったので、コメントしちゃいました。

    • >しかし、絢子さんだけは、あの振袖以外にも、いくつか小紋で写っている写真がありました。もちろん絢子さんが訪問着てる写真も有るのですが、小紋着て写真に写ってる皇族は絢子さんだけです。


      ありがとうございます。
      幼少時より、絢子さんだけ、顔が違う方が大勢いるんですね。
      さらに気になるのが、明治神宮で結婚式をするという点です。披露宴だけするのか、結婚式もあげるのかはまだはっきりわかりませんが。
      皇族の女性で、賢所以外で結婚式をしたのは典子さんの例がありますが、嫁ぎ先が出雲大社でしたから納得がいきます。
      絢子さん、もしかしたら、高円宮家の子ではなく、一般人なのかもしれませんね。

  • 日本の闇は、かなり深いですね。
    国民が皇室に希望を持たなくなった時、
    誰かが代わりをするのでしょうか?、
    どの様な国を作るんでしょうか?

  • 次々と更新ありがとうございます。

    なぜ、こんなにも品性の感じられない方々ばかりが登場するのか?常々疑問でした。
    以前、旧宮家の方にお会いしましたが、品性・気品、こちらが姿勢を正し、失礼の無いよう心して対応せねば、と思わせるオーラが漂っていました。適切な表現が見つかりませんが。

    要は、芸能界がZかBでは無いと表に出られない様に、マスゴミ界も同様になり、政財界も同じ、そして、天皇家も同じ様に徐々に徐々に入れ替えられているわけですね。
    異常犯罪が増え、天災・天変地異が増えてますが、全て繋がっている、そう思うと納得です。

    一日も早く、正統なお血筋の方々にご登場頂きたいと願うばかりです。
    それにしても、品性・気品とは一朝一夕では身につかないものですね。

    • >それにしても、品性・気品とは一朝一夕では身につかないものですね。
      同感です。

  • 日本人だと天災は神の怒りという発想があるのですが、
    半島や大陸系の人は全く意に介さず、続けていくから災害も後を絶ちませんね。
    ほんとこれから日本はどうなってしまうのか?怖いです。
    もう首謀者だけ根こそぎどうにかして欲しいです。

    • 日本の場合、トップだけが腐ってますからね。
      ほんとうに何とかしてほしいです。

  • >旧宮家があるので大丈夫だと思います。
    なるほど、皇室だけは、残したいですね。
    但し、人員整理をしてからですが。

  • 今日は。初めまして。

    眞子様の婚約内定記者会見の二人並んだ写真、今コチラで改めて見て、眞子様の身長が小室圭と同程度だなんて、そんな馬鹿な!・・・と思いました。
     
    ニセ眞子だとは、以前から思っていましたが、これまでは、小室と二人並んだ写真を見たことが無かったのです。

    本物の眞子様は、紀子様と同じように背が高く、小顔の筈です。明らかに、身長の違う偽物を出してくるとは、国民を舐め過ぎていますね。

    皇室の欺瞞がもっともっと明らかになり、明治以来の「皇統の背乗り」をストップさせたいですね。

    • いろいろ皇室の真実が暴かれてきていますので、あの方たちの運がつきようとしているのかな、、、と楽観視してます。
      しかし闇が深いですね。
      もっとも高潔で高貴な家の方々のはずが、まったく逆でした。

  • https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1089642270?__ysp=55qH5aSq5a2QIOawtOWusw%3D%3D
    掲示板で皇太子と水害の関連。
    かなり前の質問ですが的を得ていて、本当に代替わり前に何の因果かと思います。

    明日、岡山県を訪問予定の東宮夫妻は行かないことになりました。本当に水害を研究されているなら、後ほど慰問がてらご自身の研究に役立ててはいかがかと思います(棒)

    関東出身者として小学校〜高校まで、関東大震災の9月1日は防災訓練だったし、座席のクッションがわりに防災頭巾があったと言ったら驚いていました。そのくらい災害のない岡山だったのです。

    • 地震のあった北摂もそうですが、まったく災害とは縁のない場所で、地震や水害がおこってますね。
      次代のナルが水路の研究、雅子が水汚染の水俣のカルマを持つ家系、
      平成の次は、水、がキーワードになりそうですね。

  • ここにも着物警察の方がたくさんいらっしゃいますね。目利きの方ばかりで勉強になります。
    卒業式の着物も、五つ洒落紋の色無地で、袖丈は小振り袖?
    それとも、背が小さくて、小振り袖に見える?
    ずいぶん使い勝手の悪い着物やな…と思いました。
    昨年の世界蘭展の絢子さんも、誰?です。

    高円宮の胸像と一家四人で撮ってる写真も、「うちらは皇族やで!」としか見えない、三笠宮のおじいちゃんと撮ってる写真も「皇族やで!親王の孫やで!」としか見えないです。

  • >日本は、まともな日本語も話せない、情けない偽者共と一緒に崩壊なんてしません。

    皇室問題は根が深すぎて、日本の運に賭けるしかないところがあるのですが、
    偽皇統の、自爆がつづいています。
    最後は偽物が亡びて日本国が勝つと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。