※人気ブログランキングに参加しています

皇室|雲の上の人々から犯罪者へ(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

歴史的な大雨が続き、被害がおそろいほど広がりました。被害にあった方々にはお悔やみ申し上げます。

予定では天皇夫妻は静岡に私的旅行に行く予定でしたが、中止しましたね。当然だと思います。

私的であれ、天皇など皇族が動くと莫大な費用が国や地域が負担することになります。

ホテルや新幹線は貸し切りになり、警備のため膨大な数の人員が配備され、ヘリコプターを飛ばし、交通は遮断され停滞します。こうした費用を、皇族の私的な移動の場合は、自らの宮廷費のなかから賄えばまだいいのですが、スキー静養の警護ですら、地域に負担がかかるのが納得がいきませんね。

天皇夫妻が、きまぐれに、ちょっとした皇居周りを散歩するにしても、それなりの警備が敷かれます。

私的なものは、警護、宿泊費は、皇族の宮廷費内で納めるようにするべきですね。それを超えるなら辛抱して御所にいるべきです。

 

Sponsored Link



 

天皇の運

国のトップである天皇の個人の運が、国運に反映するといわれています。

天皇が祭祀王たる自覚を持ち、日夜、祭祀をおこなっていれば、国の災いも小さくできるとはおもうのですが、今日の状況をもみるに、逆説的にかんがえてみて、今の天皇は、なんにもしてないな、という印象を持ちます。

平成になってカトリックの美智子たち祭祀のかわりに思いついたのが、慰霊、慰問。

旅行に行けるし、テレビに映るし、簡単だし。

・天皇夫妻や皇族が並んで立ち、

・献花、

・黙とう、

これだけ。

ニュース映像の撮影にはちょうどいい時間で収まります。

あとは高級ホテルでノンビリし、美食を楽しむ実質的には、公費を使って堪能する旅行です。

たのしいらしく、とくに今の天皇夫妻も皇族も、しょっちゅう慰霊へでかけます。

そして映像はDVDに焼いて販売。価格は1500円なり。

被災者の方も小道具扱い。

週刊誌やマスコミでは「勇気をもらった、ありがたい」と大絶賛。

日本人と祭祀が大嫌いな、カトリック朝鮮族の美智子としては笑いが止まりません。

 

以前いただいたコメントです。

コメント欄より

出雲大社の遷宮に参加された、知人の神主親子の話しです。

遷宮が終わってすぐに聞きましたので、このような、生前退位問題なんて想像もしなかった時の事です。

遷宮の時は、夜間雨天の中、メインの御神体の移動の時は一陣の風のあと雨が上がり、皆神意を感じたとの事でしたので、その話題で盛り上がったあと、何のきっかけか、天皇陛下の過密スケジュールの話しになりましたら

「報道もどうなっているのか‥‥、正直、これ以上何を減らすのか。。天皇陛下は、今はほぼ何もしてないのに等しいのだが。」

と言う事でした。

神社も天津系、国津系で違うと聞きます。

国津系神社の神主さんだから、話してくれたのかなとか思ってますが。

(ここまで)

 

ありがとうございました。

このままいくと、次の天皇になるの「浩宮徳仁」であるナルちゃんですが、中国人っぽい人ですから日本を話すのが精いっぱいで、祭祀なんでわからないでしょうね。

※掲示板よりおかりしています

今は、手が違う別人になった徳仁さん

・昭和天皇は、公務も祭祀もしていた。

・明仁天皇は、テレビに映る分だけはやっている

・徳仁夫妻は、皇族の振りをすることもしなくなった

「徳」という字は皇室皇族には呪われた文字であるにもかかわらず、昭和天皇はこの字を将来の天皇となる孫のために選びました。聖徳太子をはじめ、「徳」のついている天皇、皇太子、建礼門院徳子、など、妃もまた、呪われた人生を歩むことになりました。「浩」は洪水など水が氾濫するという意味があるそうです。

貞明と関係の深そうな、なんちゃってキリスト教系の秘密結社洪門との関係もあるのかなと勘ぐっています。

 

次代の「皇后」になるのは、企業の汚染した排水による水の汚染が要因でおこった水俣病、ヤクザを使った被害者様たちへの暴行や弾圧などの家のカルマを持つ小和田雅子。

歴代の皇太子妃が受け継いでいるはずのティアラなどの宝飾品をはじめ、皇室の財産を横領した疑いがあります。

・雅子様 行方不明のティアラと疑惑

・雅子様 ヤフオク事件

・雅子様の問題⑦

このようなことをするのは、一般人以下の犯罪者でしょう。

常につけてくるのは、贋作の宝飾品。本物はどうしたのでしょう。

一連の半端ない水害は、穢れ方が半端ない2人による天皇皇后即位が近づいているからでしょうか。

 

ご成婚と治世のテーマ

ちなみに、維新後は、ご成婚時の出来事が、即位後の時代のテーマになっているように見えます。

1900年 大正天皇=嘉仁親王と九条節子のご成婚

パリ博覧会が開催。

パリ五輪が開催。

1900年(明治33年)5月12日 宮城県北部で地震 – M 7.0、死傷者17人、家屋などに被害。

大震災といわる規模ではなかったようです。

大正デモクラシーがおこり、大正ロマンとされる文化が開きかけました。

しかし、大正天皇は一方的に「脳病」とされ、皇太子派のクーデターにより「療養」を名目した軟禁状態になり崩御されました。

大正は、15年で終わってしまいました。

 

1923年 昭和天皇=裕仁親王と、良子女王のご成婚⇒関東大震災で延期

関東大震災 1923年9月1日に発生したM7.9の地震。死者数10万人。関東全域に大きな被害をもたらした。

昭和の時代は、前半は大日本帝国の崩壊と国土破壊、後半は経済大国となるもバブルが崩壊

極端な時代でした。

優秀な国民ががんばって世界一になっても、最後は廃墟に終わるというパターンを繰り返しました。

 

1959年 明仁天皇と美智子のご成婚⇒伊勢湾台風発生、

平成は頭にくるほど天災災害がおおい時代でした。

さらには、風紀の乱れ、格差の広がり、景気の停滞などがつづき、国民が苦しんでいます。

皇室、政治、経済、文化、教育、あらゆる分野で、隠れ帰化人の蚕食により、国も企業も浸食されていったのが平成でした。

 

1993年 徳仁皇太子と小和田雅子とのご成婚⇒前代未聞の冷夏でコメ不足に。タイからコメを輸入数という緊急事態が発生

パレードには創価の旗が振られ、ご成婚式には国歌「君が代」が排除されたという異常なご成婚式になりました。

いちおうは皇族として生まれそだった「徳仁」チームが2017年新年の行事を最後に全滅し、2017年より、複数の中国人労働者風の「徳仁天皇」チームに移行してます。

さらには、複数の朝鮮系女による「小和田雅子皇后」チーム

※コードネームは小和田家

そして、複数の北朝鮮系少女たちによる「愛子内親王」チーム

※愛子様の影武者

水の災いと食料や国土汚染、そして、悪質な移民や隠れ朝鮮系の暗躍と汚染がさらに続き出そうですね。

さらには、猟奇的な犯罪がさらに増えそうです。

 

1989年 秋篠宮文仁親王と川島紀子さんのご成婚⇒大規模な災害はなし

 

2006年 悠仁親王ご誕生⇒吉祥が続く

垂れ目の本物の悠仁様

そして悠仁様御誕生のおりには、宮様御手植えの蘭「プリンセス・キコ」が開花、黄金のナマズがあらわれ、愛子さん誕生以来失敗続きだった神事の成功など、吉祥が続きました。

愛子さん誕生のときは、そのようなものは現れませんでした。

 

ダブルであってもオリジナルの運気を引き継ぐといいますから、やはり、偽物でも、イルミ系であっても、文仁親王にいったん即位いただくのが無難なのかなと思いましたね。

読者さまからご指摘いただいてますが、昨今の秋篠宮家の方々が海外訪問する先が、麻薬カルテルと関係のある国なのが気になりますが、、。

 

そして、旧宮家のなかで「確実に」北朝皇統の血を継いでいるかたで、かつ、日本国民や日本国を裏切っていない方、異教徒でない方を皇籍に復帰いただき、数世代かかってもいいので、最終的には北朝に戻していただき、皇位は北朝男系で繋いでいただきたいです。

続きます。

 

イルカもサーフィン

rad surf GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

11 件のコメント

  • でれでれ様、こんにちは。

    大雨被害広島も酷いですね。ミヤネで広島県坂町サンスターホールが避難場所になっているということで調べましたら、サンスターは広島にも拠点があり、しかも創業者は在日朝鮮人だそうです。ちなみに先月大阪北部地震の震源地高槻市がサンスターの本社です。偶然でしょうか?サンスターは大雨被害の四国にも工場があるみたいですね。

    ナルの研究テーマは水でしたね。それで水の洗礼ですか?神様も、ナル、朝鮮系企業と鋭く伐って来ますね。情け容赦はないですね。犠牲になるのは何の罪もない一般の善良な国民ですからね。本当に不甲斐ない皇室です。

    • 日本の有名な予言の一つに、なんらかの理由で(火山の爆発により塵により大気がさえぎられる、などが考えられますが)天候が悪化して日光がさえぎられ、水位が上がり、、、、
      という内容のものがありました。
      ナルと雅子の即位と同時に、連動して実現しそうで、嫌なんですね。
      次代は、水がテーマになるんでしょうね。

  • 先日病院の関係者から聞いたのですが、腎臓と心臓に疾患を抱えている新生児が沢山生まれているそうです。腎臓は水と関係する臓器。腎臓も心臓も、いのちの要です。綺麗な水は有りがたいものですが、洪水など汚れた大量の水をパソコン画面で見るにつけ、神々の怒りが庶民に直接及んでいるのを感じています。
    水害があると治水事業の重要性があぶり出されます。日本人が自分たちの手で、安全な日本の水を守る為には、麻生やエセ台湾人女などの次々と出てくる売国奴を注視しておかなければ。
    しかし、佐伯徳仁が即位したら何が起こるか。少しも予想できない。恐ろしいですね。

    • 心配しているのは、水道の民営化のあと、フッ素などの毒物を混入させるだろうとおもわれます。
      「消毒」を理由に放射能などを使うこともあり得ます。
      雅子のカルマの「水の汚染」と連動しそうで恐ろしいです。
      被害は、水俣以上にひろがるでしょう。

  • 今更ながら、秋篠宮紀子様のWikipediaより。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B%E5%A6%83%E7%B4%80%E5%AD%90
    鍋島氏を調べてた時も、ウソが混じってましたので、
    全てが本当ではないかもですけれど、
    「逸話」の項目の、学生時代の愛読書より参照。

    【 学生時代の愛読書は、神谷美恵子の『こころの旅』。また絵本・児童書への関心を示し、海外の絵本などの翻訳と構成を手がけている 】

    神谷美恵子氏は、Wikipediaで検索出来ます。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E6%81%B5%E5%AD%90
    旧姓前田。
    父親は官僚・政治家の前田多門。
    正田英三郎同様、昭和20年に貴族議員になった組です。
    そして、東久邇宮内閣の文部大臣です。

    兄はフランス文学者の前田陽一氏。
    大江健三郎や不破哲三の恩師です。

    神谷美恵子氏、前田陽一氏、二人とも日本語よりフランス語の方が読み書きも考える方も得意との事。
    そして、神谷美恵子氏は、クェーカー教徒を好ましく思っていた。。

    父親の前田多門氏は、新渡戸稲造と親密で、夫婦共にクェーカー教徒だったもよう(明言されてないので。)。
    皇太子妃時代の美智子さんの話し相手でもあったとあります。

    彼女も一時期自由学園に在籍してました。ただ、美恵子氏には、指導方針があわなかったらしいです。
    しかし、美恵子氏はスイス・ジュネーブ在住時、
    ジャン・ジャック・ルソー教育研究所付属小学校に入学しています。
    ジャン・ジャック・ルソーと言えば、平等思想で開明的と思われるかもしれませんが、
    (Wikipediaより参照。)
    【 (ルソーは、)社会の誕生を悪の起源とみなす。
     人間と人間の触れあいを否定的に評価する。
     これは社会思想家としては稀有な立場である。
     ルソーは多くの哲学者と異なり、
     人間の社交性に重要な価値を認めなかった 】

    悪く言えば、オウム真理教と似て無くもない感じです。
    官僚のお父様、何故わざわざこんな方針の学校に?です。

    美恵子氏の本を読んでないのでわかりませんが、
    この様な背景の方の本が愛読書の筆頭と言うのがちょっと‥‥ですね。
    母方の家系の方に、マルクス主義の大学教授もいらっしゃる。

    それとも、誰かに作られた経歴かもしれませんが。
    また、複数人の経歴がない交ぜになっているのかもしれません。

    紀子様はオーストリア時代にチターを習ったとありますが、、
    これは「チター」のWikipediaにはありませんが、
    昔、映画『第三の男』で有名になったアントン・カラス氏(だと思う)が来日して、テレビ番組内で演奏した時、
    司会者とのやりとりで、
    「かつてチター奏者は軽蔑・差別されていた」的な事を言ってました。氏自身がハンガリー出身だったからかはわかりませんが。 貧しい生活だったが、『第三の男』のおかげで日の目を見たと。
    私的には、昔の「流し」とか「門付け」とかみたいな?
    と思ってましたけれど。
    多分、良いとこのお嬢さんが習うモノではないイメージです。 くどいですが、Wikipediaにはそんな事は書いてありませんけれど。

    オリジナル紀子様は、、今までも検証されてますが、
    クリスチャンかもしれませんし、やはり用意された方なのかもしれません。
    ただ、北陸の冬の国体の時に、吹雪の開会式のなか、
    静かに耐えて笑みを浮かべてらしたお姿、
    それだけは忘れられません。
    あえて言えば、私の中の最大の印象はこれだけとも言えますが。
    後は無難にお務めされている、、、
    いや、本音を言えばそれだけで結構なんです。
    ただ、今の紀子様がオリジナルかどうかは別問題です。
    今回、経歴や特技を改めてじっくり眺めていると、
    誰がそこに来ても良いように、複数人のものが混ざっている印象はありました。
    お顔立ちは、以前にもコメントしましたが、
    カザフスタンやキルギスあたりに、
    よく似た感じの人、多いです。
    逆に、草原の民の方なら大地への感謝と大空を神と崇めていて、
    日本人と近い感覚な気がしますが。

    長くなりましたが、ついでに。。
    神道は、、宗教とは言い難いところもありますので、
    真摯に、真心さえあれば別宗派の方が拝礼しても別にかまわないのかも‥‥なんて思いますが。
    神仏習合の頃は本地垂迹みたいに、海外の新しい仏様と日本の神様を、「名前が違うだけで正体は一緒」
    なんてしちゃいますし。

    http://blog.livedoor.jp/omtakebe/archives/40279521.html

    こちらみたいに、いろいろ一緒に語られる場合もあります。

    四国の封印が解かれた理由。
    http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/22Cflf1NAqCXo59862.htm
    どうなんでしょう。
    トンでも論かもしれませんし、本気で探している人もいるようですし。

    1988年、瀬戸大橋が開通しましたが、
    狐(伝説の白い貴狐)が四国に戻ったかもしれませんが、
    四国には、怨霊となった皇族の方もいなかったですかね。。
    いろいろ封印が?
    ってオカルト終わりで失礼致しました。

    • >後は無難にお務めされている、、、いや、本音を言えばそれだけで結構なんです。

      川島紀子さんには、信仰にもとづいた覚悟があったように見えました。
      おそらくは、会津系のキリスト教徒だったと思ってます。
      今の人は、、、ただ、気持ち悪いです。
      訛りが中国人であると指摘されていましたが、実際、久子にににた加齢の仕方をしているので中国人でしょうね。

  • 秋篠宮家の、「秋篠」で気になったので。。

    崇徳天皇のWikipediaより、
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E5%BE%B3%E5%A4%A9%E7%9A%87

    【 寿永3年(1184年)4月15日には保元の乱の古戦場である春日河原に「崇徳院廟」(のちの粟田宮)が設置された。この廟は応仁の乱後に衰微して天文年間に平野社に統合された。】

    平野神社
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE

    【桓武天皇生母の高野新笠の祖神(桓武天皇外戚神)として平城京に祀られた神祠であったが、それが平安京遷都に伴って大内裏近くに移し祀られたことに始まると推測されている[1]】
    【平野神社は古くは平氏・源氏・高階氏・清原氏・中原氏・大江氏・菅原氏・秋篠氏といった臣籍降下氏族・土師氏系氏族から氏神として崇敬され[5]、】

    高野新笠は、言わずと知れた、明仁さんの、
    「うちのご先祖も半島から来ました。」の
    元になった、百済系の方。

    平野神社は皇太子守護の神社でもあると書かれてますが、
    上記参照通り、渡来人の神様でもあったようで。。

    また、臣籍降下氏族のひとつに、
    「秋篠氏」とあります。
    秋篠宮家は奈良の秋篠寺からとったとされてます。
    しかし、既に臣籍降下した氏族の名前とかぶるのは、、
    有りなんでしょうか?
    宮家から臣籍降下して、その時にかつての宮家名を名乗る場合はありますが、
    既に臣籍降下した氏族名が、逆に宮家名に上がる事例はあるのかな?
    秋篠氏だけ検索資料が無いので(秋篠氏‥‥、聞いたことないです。)、
    何かの間違いかもしれませんけれど。

    ただ、崇徳天皇の資料から、「平野神社」に引っかかったのは、
    以前、でれでれ草様に非公開でコメントしました名前ロンダリングの地に、
    古くからあった神社が「平野神社」だったので、、。
    たまたま繋がりかもしれませんが、
    ちょっと謎です。

    • >秋篠宮家は奈良の秋篠寺からとったとされてます。しかし、既に臣籍降下した氏族の名前とかぶるのは、、有りなんでしょうか?


      wikiには、
      なお宮号の候補には、常陸宮の宮号の由来のように、かつての親王任国である関東の令制国名(上総国、上野国)を由来とした“上総宮(かずさのみや)”、“上野宮(こうずけのみや)”などが挙がっていたともいわれている。
      とありますが、いわれてみると、「秋篠」は、異質ですね。
      宮邸も、職員住宅でしたし、継母の美智子からのいじめ以外に、差別されるなにかがあったのかもしれませんね。

  • 「秋篠氏」で検索すると、
    朝臣、「秋篠安人」が出てきます。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E7%AF%A0%E5%AE%89%E4%BA%BA

    【 秋篠 安人(あきしの の やすひと)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族。阿波守・土師宇庭(宇遅)または大学頭・土師千村の子。 】

    “阿波守(あわのかみ)”ですか。。。

    さらに、、

    【 もともと土師宿禰姓であったが、
     同族の古人らが天応元年(781年)本拠地(大和国添下郡菅原)の地名に因んで、菅原宿禰に改姓したことと同様に、翌天応2年(782年)に安人も改姓を願い出て、本拠地(大和国添下郡秋篠)の地名に因み、併せて兄弟6人が秋篠宿禰姓を与えられた。
     改姓理由として、土師氏は埴輪を発明した野見宿禰の子孫として、専ら凶儀である葬送儀礼に携わってきたが、この状態は不本意であることを挙げている(この時の官位は正八位上・少内記) 】

    元が葬送儀礼専門の官吏の一族。

    土師氏は、高野新笠と同じ出身。

    何故「秋篠宮」にしたんでしょう。

    勘繰れば、、出雲の出自だから?となりますが。

    普通のお方だったら、そんな1000年も前の事‥‥となりますが、天皇家だから、そういうところは気にすると思われ‥‥。。

    • >勘繰れば、、出雲の出自だから?となりますが。

      天皇家は言霊とか気にしますからね。
      鬼塚氏は、「高松宮」が有栖川宮家の称号であることもあり、有栖川宮家の財産をそうぞくしたことから、大正天皇の三男は有栖川宮家からの養子だろうとされていましたが、文仁親王の両親が誰なのかは気になりますね。
      文仁親王にたいして虐待、迫害にちかかったのをみるに、本物の皇統からの養子かもしれませんし、高松宮のように、北朝宮家から養子をとるという慣習のような薬草のようなものがあったのかもと、考えてしまいます。
      秋篠宮様たちの風貌が、山階宮の方々との酷似をご指摘いただきましたが、高松宮のように養子だったのかもしれませんね。

    • ※6月29日の記事にコメント投稿しましたが、流れ的にこちらがやはり良いかも‥‥と、コピペ致します。※

      蛇と、四国と、秋篠氏と秋篠宮。

      改めて、『秋篠寺』
      https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E7%AF%A0%E5%AF%BA
      より、

      密教時代と思われる秘仏、大元帥明王の紹介記事参照。

      【 木造大元帥明王立像 – 鎌倉時代。本堂西側の大元堂に安置。大元帥明王の彫像として稀有の作。
      6本の手をもち、体じゅうに蛇が巻き付いた忿怒像で、
      秋篠寺が真言密教寺院であった時代の作である。
      秘仏で、5月5日の護摩法要と6月6日の結縁開扉の時に開扉されるが、一般の拝観が可能なのは6月6日のみである。 】

      大元帥明王があるのは、醍醐寺と東寺。
      真言密教ですけど、、
      やはり『蛇』信仰かなと。。

      醍醐寺は、高野山とは別に、真言宗醍醐寺派となってます。
      ここから真如苑が派生してます。

      でも、大元帥明王、何故手は6本いるのかな。
      鎮護国家とは、相手方への究極の呪詛でもありますよね。
      古代宗教の香りがします。

      そして、有名な伎芸天は、芸能の神。
      日本ではここしか無いとの事。
      唐渡来の神。

      単に思い出の地とか、好きだから、
      でつけた宮名では無いですよね。

      えーっ‥‥、でもそんなに溯っていいのかな??

      因みに、土師氏から名前ロンダリングした
      もう一つのグループ、大江氏は、
      後の毛利氏だそうです。

      アラモード より②
      2018年7月10日 4:56 PM

      すみません!
      コメント流し読みしてたら、
      大元帥明王の公開日は 6月6日! (;゚д゚)
      あれれっ(‥;)

      ※ここからは追加コメントです。※

      6月6日と、腕6本。

      6*6*6*の数字。

      初期密教は、、、景教(キリスト教)か、
      シュメールやメソポタミアのバール信仰、
      ゾロアスター教なんかと深い関わりがあるのかもです!
      私が知らないだけですかね?

      大元帥明王の大元帥法
      https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%85%83%E5%B8%A5%E6%B3%95
      (参照。)
      【 大元帥明王を本尊として、怨敵・逆臣の調伏、国家安泰を祈って修される法で、承和6年(839年)常暁が唐から法琳寺に伝えた。翌年、常暁は大元帥法の実施を朝廷に奏上し、仁寿元年(851年)に大元帥法を毎年実施することを命じる太政官符が出され、この年に成立したと言える。以来、毎年正月8日から17日間宮中の治部省の施設内で行われるようになった。
      必要な備品などは常暁ゆかりの大和国秋篠寺が調達するものとされていた。また、後には醍醐寺理性院の僧侶が大元帥法を行う慣例も成立する。 】

      どう考えても、「呪」に近いです。
      「帝都‥‥」シリーズ、、フィクションと思ってたら、
      密教のシーンは普通にノンフィクションだったんですね。

      四国で平成元年から始まった、
      「新曼荼羅」八十八ヵ所、、真言宗醍醐寺派のお寺が幾つかあり、
      通常の八十八ヵ所とは逆打ち‥‥とあります。
      何かを結願してたのでしょうか。。

      『秋篠宮家』、、意味を持ってつけられたお名前ですね。
      祭祀する側なのか、
      御供物とされる側なのか‥‥。

      以前、コメントに貼ってました、バチカン美術館所蔵の
      ミトラ教ゆかりの獅子身頭神
      https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%A9%E6%95%99#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%3AMusei_Vaticani_Leontocephaline11042017.jpg

      これが、大元帥明王の元の姿とか??

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。