※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



皇室|神威と神意⑤徳仁親王と文仁親王(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

何度も取り上げさせていただいてますが、、、

裕仁親王・久邇宮良子女王のご成婚予定だった年

関東大震災発生

190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったと推定されている。

建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2千余棟である。東京の火災被害が中心に報じられている。

予定されていた裕仁親王の結婚は、延期された。

昭和天皇の御代

第二次世界大戦の敗戦と、焦土になった国土

経済大国になるもバルブ弾けてしまいました。

絶頂になると突き落とされる、そんな時代でした。

 

明仁親王・正田美智子のご成婚の年

伊勢湾台風発生

観測史上、もっとも被害をもたらした。人的被害は、犠牲者5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人にのぼり、さらにほぼ全国に及んだ経済的被害は破格の規模となり、明治維新以来最大の被害を出した台風である。

 

平成天皇の御代

阪神大震災、東北大震災、ほか、なんせ、災害の多い時代でした。

 

徳仁親王、小和田雅子のご成婚の年

前代未聞の冷夏、米を輸入する緊急事態に

 

文仁親王・川嶋紀子さんとのご成婚の年

とくに歴史的災害はなし

天からの答えのように見えます。

 

Sponsored Link



 

徳仁親王 災害を引き寄せるのだろうか

2018年07月29日 前代未聞の逆巻き、逆方向へ進む台風が伊勢に上陸

台風12号は東側から日本列島に接近・上陸し、本州を西進する珍しい経路で進んだ。東から西、西から南へと進む異例のコースから、“逆走台風”とも呼ばれた。

以上

 

翌日30日 皇太子伊勢神宮参拝

https://www.sankei.com/life/news/180731/lif1807310024-n1.html

皇太子さまは31日、全国高校総体の総合開会式臨席のため三重県に入られた。

この日は伊勢市にある伊勢神宮を外宮、内宮の順にモーニング姿でご参拝。皇太子さまは玉砂利を踏みしめながら、正宮(しょうぐう)へ徒歩で向かい、神職からおはらいを受けた後、玉串を手にして深々と拝礼された。

高校総体の開会式は1日、同市で行われる。病気療養中の皇太子妃雅子さまは同行を見送られた。

以上

 

徳仁も雅子も偽物に変ってますが、ダブルであっても、オリジナルの命数に影響を受けることが、伏見氏の米国大統領選の鑑定で証明されていました。

浩宮の「浩」は洪水という意味がありますが、何人徳仁が変わっても、徳仁が訪問する先の地域に、妙に水害の発生する率が高いのが気になります。さらには、この夫婦にかかわった人間や企業がことごとくダメになっているというのは、よほど、オリジナルの命数命運が、すさまじい穢れ方をしているのでしょう。

妻の雅子の母方の祖父江頭は、水の汚染を食い止めることを一切せず、被害者様たちに対してヤクザを使って弾圧した人物で、大量虐殺と環境汚染のカルマをもっています。戸籍上の母親である正田美智子の妹も、新潟水俣の公害企業主に嫁ぎました。

公害、托卵、複数の偽物、工作員の家系、朝鮮系+同和系、、この夫婦は、やはり、同種で引き寄せたんでしょうね。

次々に、美智子、愛子さん、雅子、徳仁のダブルの配役が、目まぐるしく変わりますが、その理由の一つは、オリジナルがもうとっくに亡くなっており、命数が切れてしまっているからではないでしょうか。

 

文仁親王 偽物になっても吉兆がつづく謎

311後は、秋篠宮様の紀子さんも悠仁様も、偽物にすり替わってはいるのですが、、

※秋篠宮家の影武者たち

2015年05月20,21日、秋篠宮ご夫妻が高野山訪問

秋篠宮ご夫妻が20、21の両日、高野山で行われている「開創1200年記念大法会」への参列のため、4年ぶりに和歌山県を訪問された。21日午前は晴れ渡った青空の下、高野山真言宗関係者の案内で壇上伽藍や奥之院を視察され、行く先々には大勢の観光客で人垣ができた。

※詳細はこちらから

 

翌日、05月22日 高野山など日本各地で「環水平アーク」現象が現れた

https://www.sankei.com/west/photos/150522/wst1505220080-p1.html

高野山・金剛峯寺上空には虹のような雲が見られた=22日午前、和歌山県高野町(成瀬欣央撮影)高野山・金剛峯寺上空には虹のような雲が見られた=22日午前、和歌山県高野町

以上

 

希望的観測にすぎませんが、すり替わった後も吉兆が続いていること、秋篠宮邸は空っぽであるという噂、偽秋篠宮家の服装の貧弱さ=偽物は宮内庁からの経費をもらってない可能性、からみて、本物の御一家がどこかでご生存されていて、そこで経費が落ちている可能性があるかもしれません。

 

虹のかかる絵「愛子さんと悠仁様のご誕生を喜ぶ絵にも虹がかかっている」(Remikkiさま)

Remikki様のブログより抜粋させていただいてます。

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4878370.html

藤城清治氏の作品

※画像は皇室の写真様より

2006年9月6日 悠仁様ご誕生を受けて作成された藤城清治氏影絵作品「夢生まれる」

 

2001年12月1日 愛子様ご誕生を受けて作成された藤城清治氏影絵作品「夢がとぶ」

鶴岡八幡宮で樹齢1千年の銀杏の木が倒れたことを示唆しているよう(Remikkiさま)

2010年3月10日 鶴岡八幡宮の樹齢1000年の大木が倒壊

http://www.coachquest.jp/topics/2010310.html

10日午前4時40分ごろ、スピックコーチクエストのある鎌倉市・鶴岡八幡宮の県指定天然記念物  「大(おお)銀杏(いちょう)」が、根元付近から折れて倒れました。

9日夕から続いた強風が原因とみられています。大銀杏は、幹回り6.8メートル、高さ約30メートルで樹齢は1000年と言われ、同八幡宮のシンボル的存在でした。

1219(建保7)年1月、鎌倉幕府三代将軍、源実朝が僧侶の公暁(くぎょう)に暗殺された際、公暁が潜んでいた「隠れ銀杏」とも呼ばれています。  

転載以上    

ちなみに、江戸時代、徳川「本家」のことを「大樹」と呼んでましたね。
続きます。
ぐるぐるぐるぐる

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

5 件のコメント

  • でれでれさま

    いつも精力的な更新、ありがとうございます。
    先程「天皇家 秘伝の神術で見えた日本の未来」出口 恒著 を読み終えました。

    この本は王仁三郎が書いた「霊界物語」を引用し、優しい現代語訳にした
    孝明天皇から昭和天皇までの真実が語られています。
    所々著者の意見、見解も交えてますが、王仁三郎のみた日本、世界の視界からすると
    見事に腑に落ちることが沢山ありました。

    新しい情報としては昭和天皇は日本人であり、英国人であったということ。
    日本の陸海軍大元師であり、英国の陸軍元師だった。英国と米国は同盟国ですからイコール米国の陸軍元師であるのと一緒です。
    ウイキペディアにものってますが、著者がイギリスの官報を調べ、コピーも実際に載せています。

    太平洋戦争の真実ではアメリカから石油や武器を買っていたと別の本で読んだことが有り、
    意味が分からんと思っていたのですが、この本でやっと腑に落ちました。
    天皇が日本人であり英国人であるならどちらにもいい顔をして落としどころを見つけますよね。

    それと明治天皇以降今上天皇までイギリスよりガーター勲章が授与されています。
    このガーター勲章とはイギリスの代表的勲章で、ガーター騎士団に由来している。エドワード三世が騎士道実践の模範たるべく、また団員の国王への忠誠と奉仕を強調するために1348年に創設した。とのこと。
    「この勲章を授与されることは大変名誉なことであるかもしれないが、国外のものが授与されるとき、それは事実上「大英帝国の家臣」ということを意味するのだ。そこに英国(英国王室の中にまで食い込んでいるロス茶)の思惑が見て取れる。」とあります。

    他にも昭憲皇太后は2人いたと王仁三郎は書いていたようです。
    十二単が本物、洋装が偽物なのでは?と著者は推測しています。
    まあ、肩幅をみれば別人ですよね。
    他にも古事記をなぞった話、人口地震、フリーメイソン、トランプさんの事など
    他の本でも書かれているような内容も被ってはいますけど。

    有栖川宮の落胤である王仁三郎の見た世界というのはスケール感が違い
    この方がやはり真の天皇だったのだろうと思えます。
    一読をお勧めいたします。

  • 私はスピ系や風水に興味があり、色々と調べたり教えて頂いたりして実践しています。
    愛子さんの影絵に木が倒れていますが(のちに鶴岡八幡宮の銀杏の木が倒れた)、悠仁様ご誕生の影絵作品の中にも実はタブーとされている組み合わせが描かれてあります。
    それは一般的にあまりにも幸運とされている組み合わせで知られていますが(なので、あえてそれが何か控えさせて頂きます)、後々に大きなトラブルに巻き込まれるというものです。
    この絵を見て、ああ、だから3.11の総入れ替えに巻き込まれたのか、、、とゾッとしました。しかも、そのタブーとされる言われてるキーワードが含まれたシナリオ通りになっているからです。
    この絵を見て、風水系の解る方は解ると思います。
    この作者、藤城清治氏は予言者なのかしら?氏の他の作品も見てみたいですね。

    本物の秋篠宮家がまさかまさかの最後の最後に真打ち登場となることも無さそう、もうお姿を見せられることも無さそうと思います。が、しかし、

    >本物のご一家がどこかでご生存されていて、そこで経費が落とされている可能性があるかもしれません。

    そうであって欲しいです。そうお祈りします。

  • 管理人様
    この記事に直接関係無いのですが、竹下元総理のお孫さんで芸能人のDAIGOさんの妻で女優の北川景子さん。
    実父は三菱重工業、軍事機器部門の役員らしいですね。
    元総理の孫と三菱の役員の娘の婚姻。
    この縁組みは偶然なんでしょうかね?

  • でれでれ草様、読者の皆様、こんばんは。
    台風21号の被害が至るところで出ておりますが、皆様お住まいの地域では影響はございませんでしょうか。

    この度の台風では、京都の二条城で菊の紋章が落下したそうですね。もう誰の目にも明らかというか。
    この連続発生して執拗に日本を狙ってくる台風に関して気象操作を疑っている者ですが、それとは別の意思が乗っているかのようです。型示しが続いていますね。
    また、異常だった猛暑も台風を誘発する為の人工的に起こされたものではないか、という意見をどちらかで拝見しました。
    「50年に一度の」災害が頻発する原因(要因)はそれだけではないと思いますが…当人らに自覚はないのでしょうね。

    確かに、雨も風も雷も今までとは違います。真横に降る雨を初めて見ました。
    ただ、年初から風の吹き方の変化を感じてもおりました。地上近くまで神様(龍神)が降りてきている、と申し上げればよいのでしょうか?(寒波もその影響かと。雨風・雷が凄いのも納得がいくというか…)
    こちらも又聞きですが、雷が落ちた場所は淀んだエネルギーが祓われ物凄い浄化の作用が起こるのだそうです。7月と8月、私の住んでいる地域にも立て続けに落雷がありました。

    人為的なものの思惑を越えて、超自然的な意思が日本の浄化に動いているのかもしれません。
    秋分の日を境にまた世の中の流れが変わると思われます。

  • 日本列島災害だらけです。
    当方大阪ですが台風21号の凄まじさといったら!今までに経験したことの無い恐ろしさでした!
    まだ停電も多数ある中、今度は北海道震度6強の地震…神の怒りを感じます。
    ボンクラが即位するまで続くのではないでしょうか。というか神は即位日近くまで災害を起こして即位を延期、中止にしようとしているのでは とさえ考えてしまいます。
    また慰問に行く所が増えてノーネクタイの肘つかみ夫婦が税金使って行くのでしょうね。
    ただでさえ災害で気持ちが折れそうなのにアレら一族のことを考えるといろんな複雑な気持ちが入り乱れます。まだ賛美する人もいるし!
    とりとめのない文章ですみません…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です