※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



皇室|神威と神意③コメント欄より、清子さまの事情(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

この画像の清子さまは、連続性はあるとおもうんですが、、、。

眞子内親王をはじめ、三笠宮家の女王など、皇族の女性たちは、成人前に別人に入れかわっている場合が多いみたいですから、こちらの清子さまが成人してご成婚し、あるいは伊勢の祭主になったかは、ちょっとわかりませんね。

よくみると、えびす顔の明仁さんに、エラや顎がにてます。

成人した清子さまは、両親とされている2人に似てないですよね。実母がほかにいてその方に似たんでしょうが。

 

清子ささまの特徴

ご成婚した、ほんもの?と思われる清子さまの場合、右目と左目の高さや大きさが違うんですね。

左の伊勢神宮で奉職されている方は、左右の眼の位置や大きさが同じですが、右の本物と思われる方は、右目が小さく、黒目も右目が若干低い位置にあります。

 

まあ、ああいう皇室ですから、清子さんにも、普通にダブルにいたとは思うんですけどね。

 

Sponsored Link



 

たとえばこのひと。右目が寄る人なんですね。目が細いです。

このひとと、最近の清子さんは、似ているところがあります。笑いかた、目の切れ方とか、長さとか、左右の眼が同じラインにあるとか、、

 

本物?と思われる左の清子さま、ごく微量ですが、顔がずれており、左右対象ではなさげです。眼の高さも左右で違います。

微妙カナ、、、、。

 

スポンサードリンク



 

コメント欄より

でれでれ様、こんばんは。連投ありがとうございます。

二見興玉神社の夫婦岩、今回の台風20号で注連縄5本が切れたのが初めてではないとは驚きです。

高円宮典子の出雲大社との婚姻、これはまぁわかるのですが黒田清子様が伊勢神宮の臨時祭主をなさった年もだとは、、。

ここ数年前の黒田清子様の皇居の晩餐会でのお着物姿の写真や他で何となく以前に比べ気品がなくなったような普通のおばさんみたいなオーラになられているように感じました。

ついでにご主人の黒田さんもなんか恐ろしげな表情をされている写真を拝見して、一瞬の表情だからと打ち消しつつも、???な感じがしたことを覚えています。

掲示板だったかにサーヤそっくりの女官を雇ったらしいとか、紀子さまの御家族もすり替えられているとかの書き込みを読んだことがあります

しかし皇室を離れた方や妃殿下の実家の家族までまさか巻き添えにするなど、もしそうなら本当に皇居はマフィアの館ではないですか。

しかしながら、このところの台風による鳥居倒壊や注連縄の切れ、拝殿の倒壊(しかも2度にわたる)、神社の社の瓦が飛ぶ被害、加えて一昨日の関東の落雷を伴った豪雨。

テレビで雷雲の画像が報道されてましたがただならぬ気配の雲で、他の皇室ブログ様コメント欄に雷雲に神様のお顔が浮き出ていたとのコメントを読みました。

今日も東北は雷雨、竜巻も発生したようで浩宮の浩が洪水の意味ねぇ、神様は本当に象徴的に示されますよね。

神様には嘘誤魔化しは通用しない、誠しか通用しないと最近の皇室がらみの異変について改めて考えさせられています。

毎日日本の為に無私の心、誠の心で祈りを捧げて下さる御方の天皇即位を神様、仏様、御先祖様に祈っております。

以上

ありがとうございました。

重いので別けます。

dolphin GIF

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です