※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


皇室|鶴と黄色にこだわる雅子様

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

令和初の新年一般参賀に6万8710人…上皇ご夫妻も3回出席

https://www.yomiuri.co.jp/kaigen/news/20200102-OYT1T50035/

一般参賀には、雅子は、中韓の皇帝の色=黄色を着てきましたね。

中国朝鮮族の出自をもつ美智子が好んだ色です。

「美智子 黄色い 服」の画像検索結果

北朝鮮系の雅子。

雅子もあくまで、黄色にこだわりますね。ここぞ、というときは黄色を着てきます。似合わないんですけどね。そして、鶴(創価のシンボル)にこだわり続けます。

「小和田雅子」は屋号にすぎず、複数の人間が演じてます。歴代の雅子は、駒にすぎませんから、振付をし、衣装や小物を選んでいるのは、背後にいるディープステート(イルミちゃん)の北朝鮮系の人たちなのでしょうけど、鶴にこだわるところを見ると、直接リモートコントロールしてるのは、やはり創価でしょう。

雅子もまた、美智子と同じく、自分が日本の国王に即位したのだと思ってるのかもしれませんね。美智子がガメていた利権が、そのまま雅子に引き継がれるので、莫大な日本のお金が北朝鮮に流れている可能性があると思います。

そういえば、このクーデター宣言ともいえる愛子さんのお誕生日映像。偽物とはいえ愛子さんに黄色を着せてます。

「創価学会 白い鶴」の画像検索結果

2015年12月1日公開された映像。黄色い服をきて、白(朝鮮の貴色)の鶴(創価のシンボル)をもつ、愛子さん。ベルーナのアンサンブルのみえると評判だったほどひどい身なりなのですが、色にはこだわったのかも。

ここから、3月に国連からの勧告「日本の皇室典範は女性差別。愛子を天皇にしろ」、8月に生前退位のきっかけとなる「天皇のお言葉」、さらに、2017年5月「眞子様と創価の王子・小室のイカサマ婚約」と続きます。

生前退位というクーデターが―おこったのは、ほぼ半年後の2016年08月でした。

雅子は、即位の礼の賢所大前の儀では、着物の柄の紋は鶴、限りなく黄色に近い若草色を選びました。わかりやすいですね。

黄色い服を着た愛子さんが白い鶴を持って何かをアピールしたお誕生日映像は、創価の日本、皇室の制服宣言だったのでしょう。

しかしながら、雅子=創価朝鮮イルミ系の天下は、ホロスコープ通り、1000日で終わるに掛けたいと思います。

そのまえに、来月の2月の4日から、眞子様の空亡が明けますので、イカサマ婚約の破棄が発表されると期待してます。

ご婚約の内定の解消の日

偽物の出演で半分CGの疑いのある、ご婚約会見。

交際実績のない、日本の最高位にある女性と、これ以下はないという最低位の正体不明の男との、イカサマ婚約。

慣例では、大安吉日に宮内庁から発表があり、大安吉日に、2人並んで会見というながれが皇族のご婚約。その慣例を破りまくったのが小室・創価朝鮮。おかげで、いろんなことがバレましたね。あの婚約で、おかしいと思う人が増えました。

大室寅之助ではじまった明治維新からの詐欺が、小室がきっかけで連鎖的に広がり、明治以後の、正体不明の一族が日本を支配する体系がガラガラポンになる可能性もあると思います。田布施の王子様である安部ちゃんも、「最後の人」のオーラがありますからね。

 

大安吉日

眞子さまの婚約解消の発表ですが、いちおう、ご婚約の内定の解消の発表も大安を選ぶんじゃないのかな、と。

http://www.benri.com/calendar/

さらに皇族の海外公務は、気学をつかって決めているようなので、気学も参考にすると思われます。

眞子さまは年命が九紫火星、月命が六白金星。

年命も月命も両方にいいのが、土(二黒、五黄、八白)のグループ。

気学では、4日が二黒、10日が八白、22日は二黒の日。眞子様にとって、年命も月命も両方と相性のいい星回りです。

4日は節入りする日なんですね。本命星は東に入ってますので悪くないのですが、昨日までは空亡だったわけです。まだ前年の空亡の気の名残が若干あるかな、と思うので、避けるかな、、、と思うんですね。

16日は五黄の日なので避けるんじゃないかな。本命星が定位の南の宮に入ります。南の「離」の意を利用するかもしれませんが、10日は本命星が北西に入りますので、こっちのほうが無難かなと思うんですけどね。

22日の翌日23日は天皇誕生日なので、避けると思われます。多分。

なので、管理人は、10日に、元警察官僚の西村長官による「ご婚約の解消の発表」を、期待したいと思います。

その場合は、そろそろ、小室側に、通達が行くころなんじゃないのかな。

ああ、たのしみ。

2月までに、長い長い、眞子様と小室の記事のシリーズをまとめてみたいと思ってます。はい。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告