※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


小池の法則「恩人は社会死・党は解党」次は創価と二階

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

ネットやSNSでは、敗北感が漂っててアララな感じなので、記事を更新しようと思います。

タイトル通りの内容なんですけどネ。

結論から先に書くと、ユリコちゃんのパターン(これは変わりません)をみるに、例外なく、ユリコちゃんを引き立て助けた恩人たちは、恩をあだで返されます。

Sponsored Link




パンデミック・ユリコの法則 恩を仇で返し、かかわったものは滅亡、

①恩をあだで返し、恩人は社会死

不思議と、ユリコちゃんとかかわった後、運が枯れ、圧倒的多数のかたが社会死に至ります。

例:朝堂院大覚、細川護熙、小沢一郎、ほか

 

②利用価値がなくなると、仲間は見捨てる

例:希望の党、都民ファースト、ほか

白いスーツ。ユリコちゃんは、「緑=希望の党=都民ファースト」を捨てたということでしょうね。実際、都民ファーストの候補者の都議補選には応援すらいかなかった。

希望の党が惨敗する投開票日は、ユリコちゃんはパリへ逃亡。党首なのに、仲間を見捨てました。

 

③かかわった組織や党は、運が枯れて解散し消滅

例:日本新党、希望の党、都民ファースト、民主党に与党の座を奪われる前の自民党、

 

ユリコちゃんは、栄えている人や組織に食らいつき、吸い付き、食いつぶすところがなくなると、新しい畑を目指して飛び立つイナゴのように、旧知を見捨てて飛びさります。そして、世話になった人たちを罵倒し、裏切り、弊履のように捨て去ります。

まさに、蝗害、まさに、不幸と貧乏を伝染させるパンデミックウイルス。

ユリコちゃんとかかわったら、人も組織も党もなにもかも、滅び去る運命なのです。

 

法則通りだと、次に沈むのは公明党=創価学会と、自民党二階派

で、今回の都知事選で、ユリコちゃんを助けたのは、中国派の二階と公明党=創価学会でしょう。

この二つが近い将来、消滅するってことなんですね。

いいんじゃないですか。別に。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

予兆があるんですね。

安部ちゃんが、党の幹部と会食したという内容の記事がでましたね。解散と、選挙スケジュールについての大まかな確認のための会食だったとされています。そして自民本部では、選挙に向けて準備するよう檄が飛ばされているとか。

次に解散しちゃうと、野党は消滅、公明党も危ないといわれてますね。

(ま、今回のように、不正選挙で乗り切るのかもしれませんが)

 

二階とキッシーの会食

「前途洋々、次を期待」自民・二階氏が岸田氏激励

https://www.asahi.com/articles/ASN727DQ3N72UTFK00H.html

自民党の二階俊博幹事長と岸田文雄政調会長が2日夜、東京都内のホテルの日本料理店で会食した。

2人が会食するのは昨年9月以来。

二階氏側近の林幹雄幹事長代理、岸田派事務総長の根本匠元厚生労働相らも同席した。今後の政権運営などについて意見を交わした。

キッシー「今日は懇親の場で大変楽しいひとときを過ごした」(記者団に)

出席者「会合では二階氏が自身の政治経験を伝えたうえで、「ポスト安倍」をめざす岸田氏に対して「前途洋々だ。次を期待している」と激励した」

キッシーに媚びるということは、二階は先がなさそう。幹事長を続投できるかどうかは安部ちゃん次第。中国がああだからねー。

自民の外交部「キンペーちゃんを呼ぶのを永遠に凍結して」に対して、二階の爺さんは激おこだったけど、香港のこともあるし、二階の爺さんは何もできないでしょ。

つまり、ユリコちゃんをサポートしたのが、オワコンに向かっている人間ばかりなのね。

ソロスもそうだしね。

人間にも寿命があるように、政権や王朝には寿命があって、だいたいマックスで248年(冥王星の公転)ほどなんですね。誤差が出ることもありますけどね。

しっかり治世をおこない、風水などで対策して、大掛かりな転変地変や、戦争などがない場合で、最大で300年弱くらいで、王朝や政権の寿命は終わります(徳川幕府、足利幕府、摂関政治など)。

フランス革(1789年)命以後、ロスチャイルド体制が続いていますが、ロスチャイルド王朝・体制の寿命がそろそろ切れる時期に来ているのね。1789年から248年を足すと、2037年という計算になりますからね。

ビルゲイツや、ザッカーバーグ、グレタちゃん、などをみるに、人材が払しょくしているのは明らかですからね。

トランプを倒せても、ロス茶の配下のイルミ王たちは、どのみち、立ち腐れになってカルトの闇の中でヤク中か、多重人格の精神病を悪化させながら滅んでいくと思われ。

 

ユリコちゃんのお役目

ユリコちゃんにはなしを戻しますが、ユリコちゃんってさー、結局、どこの国にも民族にも属していない根無し草で、グローバルな人なので、公という概念がないんですよね。なので、自分個人のためなら、国も党も平気で売り飛ばせる人で、自分のためにだけ生きている人なのね。

ユリコちゃんは、日本史上、これ以下はないという汚い女なのだけど、このユリコちゃんを、雑巾がわりに使って、神仏は「将来、悪人政治家になりそうなやつ」「必要でない組織、党」を淘汰して、日本の国の大掃除してきたのかな、と思うことあるのよネ。

 

既視感 民主党政権成立とユリコちゃんの当選

民主党政権が成立したとき、民主党の正体を知ってるネット民の間では、今みたいな敗北感が漂ったのね。

ああ、日本は終わったー

ユリコちゃんの当選後、今の雰囲気とよく似てます。

3年=1000日たったら、ネットでしか知られてなかったことも拡散し、民主党政権はガラガラポンになり、永遠に帰化人政権、朝鮮人政権が成立することはなくなりました。

帰化人、なりすまし議員たちのその後は、改めて書くまでもありません。

 

くどいようですが、

今回ユリコちゃんを助けたのは、余命いくばくもない爺さんたち(小泉、二階、武部、など)であり、日本にとって害のある、公明党の支持母体です。

ユリコちゃんは、この人たちを必ず裏切ります。そして、この人たちは、細川や、小沢の党のように、希望の党のように、都民ファーストのように、腐りながら弱りながら、あぽーんするでしょう。

これは、ユリコちゃんとかかわる人間の法則なのです。

勧善懲悪を見たかったのですが、先に延びただけだと思います。

先に延びた分だけ、二階も学会も道ずれにするのなら、今回は、これでいいのです。

都民さんや、都庁の職員さんたちは、ちょっとかわいそうだけど。

まあ、そこは、辛抱しないと。

 

アマビエさま

丹波市の版画家、渡辺トモコさんが、疫病除けの妖怪「アマビエ」をかわいらしい木版画の作品に仕上げ、自身のホームページで無料公開している。

※https://jocr.jp/raditopi/2020/05/18/61463/

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告