≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


「官報」と「本物の眞子さまは海外亡命」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

「官報」と「本物の眞子さまは海外亡命」

眞子様が偽物にすり替えられて年月が経つ

ご婚約テロ以後の眞子様の行方

ご婚約テロ直後に出てきた眞子さまの偽物(左利き、貧乳、小柄)は、公安関係、宮内庁や宮家公認の女性の可能性があると思う。

 

①海外に戸籍を用意してもらい亡命、眞子様の皇籍だけがのこり、カラになった。

②おそらくは昨年、内々に手続きをすませて皇籍を離脱し、海外でご成婚された。

官報をみるかぎり①なのかな。

 

結局、賤しいどこの誰かも不明な創価のなりすまし女(複数いる)が、日本最高位の内親王の戸籍と人生を背中乗りしたっとことか。

 

時系列

2017年 25歳(9月に26歳)

ご婚約テロ直後に亡命(されたと思われ)

以後、代理人と偽物が公務や報道に登場

2019年 28歳

改元の日、即位式関連の行事に、本物のご姉妹がお出まし

2020年 29歳

夏ごろ海外亡命(多分)

宮内庁は2021年度の予算に結婚費用を計上せず。

2021年 30歳

コムロとバーチャル婚

S学会の眞子様背乗り成功

 

本物の眞子さまのお姿を拝せたのは、即位式関連の行事が最後かな

本物の佳子さま(アヒル口ではない、丸い額、後退した丸い顎)とともに、宮中三殿にお出ましになる本物の眞子様(小顔、すらりとした体系)。本物のご姉妹は姿勢が正しく気品がある。

 

本物の秋篠宮さま、妃殿下、眞子様、佳子さま。

 

偽物たちと違い、露骨にカメラ目線で媚びない。姿勢が正しい。

 

 

ただ、唯一の救いは、本物の眞子さまは海外逃亡に成功したこと

 

仮に創価の王子が本物の眞子様を妻にしたのなら、会見や報道に偽物やCGを使う必要がない。成功したら金妍児金メダル以上のウリナラマンセーが炸裂するだろうがそれもない。マスコミを使い、イカサマを繕い続けるのに疲労困憊しているように見える。

S学会には半永久的に、嘘をつき続けるという罰が下った。

 

婚約会見も偽物+スタジオ撮影+CG

 

結婚会見も偽物+スタジオ撮影+CG

 

報道も偽物+スタジオ撮影+CG

会食ロケ、訪問ロケ、など、複数のロケを同時にスタジオで撮影をしているらしい

これから、嘘をつき続けなくてはならない。

政権が変わると、反乱罪で大量逮捕、大量処刑もあり得る。

足利義満にせよ、天武天皇にせよ、だれにせよ、皇室を乗っ取ろうとして無事だった人間は一人もいないし、家系は一つもない。

朝鮮政権「民主党政権」は2009年に成立。しかし、呪詛を使い成就したクーデターは、3代の党首と3年後(ほぼ1000日)の2012年12月に瓦解し政党は解散、その後後継となった政党も瓦解し続けている。永遠に浮上することはなさそう。眞子様と創価の王子の結婚を成就させた創価も、同じ道をたどると思われ。

美しい眞子様を棄損し続けて社会的に抹殺し、最後は、背乗りしたS学会。美しい眞子様を国民から奪った罪は重い。許さんぞ。

眞子様の仇を取ろうね。

 

≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。