≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


追記アリ:眞子さん 小室圭さんと結婚会見

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

眞子さん 小室圭さんと結婚会見

同じ人らしいよ

2017年

 

2021年 若返ったね、眞子さんは小顔になったね。不思議だね。

 

■質疑取りやめ「想像するだけで恐怖心」  

 

26日、眞子さまと小室圭さんが結婚されます。急きょ会見の形式が、大幅に変更されまして、記者からの質疑応答が取りやめとなりました。

■質疑取りやめ「想像するだけで恐怖心」  

26日に皇室を離れるのを控えた、眞子さま。25日は、お別れのあいさつをするため、上皇ご夫妻の元を訪ねられました。  

眞子さまのことを、30年にわたって温かく見守り続けてくれた、上皇ご夫妻とのお別れの時です。  

上皇ご夫妻にとっても、“初孫”との別れ。側近は、「眞子さまとのお別れは、お寂しいことと拝察する」としています。  

24日、赤坂御用地を訪問した小室圭さん。およそ7時間に及ぶ滞在で、26日に行われる記者会見の打ち合わせをしたとみられています。  

しかし、25日夜遅く、記者会見について大きな変更が伝えられました。  

当初、会見では、結婚に際してのお気持ちを述べられるとともに、記者からの質問に直接2人が答える予定でした。  

ところが、宮内庁は、質疑応答を取りやめ、事前に提出された記者の質問に文書で回答する形式へ変更すると、急きょ発表したのです。  

宮内庁は、眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されたことをすでに発表していますが、会見の形式変更の理由について・・・。  

宮内庁:「事前に提出された質問の中に、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが含まれていることに、眞子さまが強い衝撃を受けられた。カメラが入り、多くの人に囲まれた会場で読み上げられ、それに対して口頭でお答えになることを想像するだけで、恐怖心がよみがえるという強い不安を感じられた」  

かつて、秋篠宮さまは、このように述べられました。  

秋篠宮さま:「実際に結婚するという段階になったら、もちろん、今までの経緯とか、そういうことも含めて、きちんと話すということは、私は大事なことだと思っています」  

会見自体の取りやめはせず、2人によるお気持ちの発表となる予定です。  

宮内庁:「ご結婚に際し、皆様にお伝えしたいお気持ちについては、ぜひ直接お話になりたいとの強い思いをお持ちであった」  

この会見の形式変更に関する記事が、ヤフーニュースに掲載されると、コメント欄に投稿が殺到しました。  

ヤフーが新たに導入したAIによる判断で「違反コメント」とされたものが基準を超えたため、コメント欄が非表示になる事態となりました。

(「グッド!モーニング」2021年10月26日放送分より)

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

 

これが、無修正の顔だと思う。

 

追記:会見も終わるころになると油断が出るらしい

 

 

相手をみながら頭を下げる。

 

追記:スタジオ撮影だって、絶対

 

背景の処理と、輪郭線の処理が甘かったね。

 

顔はソフトを使ってると思われ

小室の顔が、浮いてるのね。目なんかの顔のパーツは、報道の第一報ででてきたキモイ5等身の創価の王子のパーツを使ってると思うけどね。

 

別人だから・・・・

 

①創価の王子、②会見小室、③留学小室、④ラテン系小室

 

全ての小室を総合して作ったのがこ此れだと思うんですね。

 

2021年の会見小室

 

やはり、事前録画で、こういうソフトを使ってると思うんだけどな。

 

ライブではないと思う

・小室は帰国する前は髪が長かった。

・日本に帰国して髪を切った。

・会見では髪を切った小室だった

だから、今回は、ライブだろうと思ってるかもしれませんが、違うと思います。

今回の会見の小室も事前録画だと思ってます。

前回2017年の会見では、読者様から、小室の口周りに食べかすがついているというご指摘あり、ネクタイの結ぶ目の柄が”朝出発する小室”と”会見の小室”がちぐアので、録画だと思われるなどのご指摘をいただきました。今回も同じく、長い時間をかけたのではないでしょうか。

 

これほど白々しい結婚会見はかつてなかった

なんか、ゲームソフトの風景みたいですね。

前方から、ものすごく強い光が正面の二人にあたってるのはわかるんですが、この場合は、背後に影ができないのだろうか。北朝鮮の金一族の報道とよく似ている。

卓上に花ひとつ飾らない。まあ、創価の偽物皇族のチームは、貧乏だから仕方ないのかもしれないけど。

会見と言えるものではないシロモノでしたね。皇族に成り済ましている女役者と、やっつけで連れてきたチャラ男が並んで紙を、ダラダラ読むだけの、半分、バーチャルですからね。

高円宮絢子さんの会見であれ、紀宮清子さんの会見であれ、礼宮文仁親王の会見であれ、結婚会見というのは、御当人の幸せいっぱい、のオーラが伝わってきましたが、今回にはそれがない。やっつけで連れてこられたチャラ男と、眞子様に成り済ましている女の、「ばれたらどうしよう」というキョドリ方が伝わってきて、痛かったですわ。

相手を見て頭を下げるのは、日本人はやらないんですけどね。

皇族に成り済ましている女が、よくこういうお辞儀をします。

 

なんとか、ご成年会見にでてきた眞子様の顔に似せようと必死なのは伝わってきたわ。2017年の河童は妖怪じみて酷かった。小室をかなり調整してるのがよくわかった。黒い輪郭線だらけなのが、痛い。小室のスーツはサイズが当てるのだろうか、あるいは、修整に失敗してるのかな。腕がはみ出してるけど、今の流行りはこういうシルエットなんでしょうか。

 

前の2017年の時の主犯2人は、カッパであれ、会見小室であれ、それなりに演技しようとしてましたが、今回の主犯2人にはそれがなかったですね。

偽マコも、ばれたらどうしようという感が、ひしひし伝わってきました。

歯並びを見るに、2017年の婚約内定会見に出てきた人とは違うみたいですね。

詰め物かインプラントをしてますね。

 

歯並びだけを見ると、③の今回の会見に出てきた小室は、①の創価の王子に似ているのですが、これ、ソフトを使って、合成している可能性があると思います。いずれにせよ、かなり修正が入ってますね。

 

なんとなく感じたのは、創価側の敗北感

バタバタと、バーチャル結婚を断行しましたよね。

おそらくは、2021年の経費に眞子様の結婚費用を計上しなかったこと、そして、2022年度にも計上する気が無いことを知った創価が、宮内庁内部の創価系の職員に調べさせ、その結果、眞子様が既に皇籍から離れていること、海外に亡命されたことを、ようやく気が付いたのではあるまいか。だから、無理やり、「駆け落ち婚」「自由結婚」と言う形で、店じまいを始めたんだと思うのね。

なんとなくですが、会見やその前後の報道からは、「長い時間を費用をかけた陰謀は達成したが、得るものが無かった」という、創価側の脱力感が伝わってきました。本当に、本物の眞子様が、小室と結婚されているならおこるであろう、「創価学会員のウリナラマンセー」が炸裂してる気配が感じられないんですよね。ひたすら言い訳と、穴だらけの報道を繕ってばかり。

創価としては、報道ジャックと宮内庁の協力と天皇の裁可までくれば、眞子様も観念して小室と結婚すると思ったでしょうが、眞子様は逃亡、亡命されました。創価や、創価を下部組織として使うアメリカDSですら手が出せない場所となると、英国しかありません。おそらく眞子様は、英国に亡命されたまま、昨年、見切りをつけて、現地で御身分に相応しい王族貴族やイルミ王の血族などと、ご成婚されたのでしょう。

創価としては、

・本物の眞子様は、とうの昔に皇室を去り、ご成婚されており、結局、本物の眞子様を手に入れることはできなかったということ。

・日本国民に喧嘩を売ったこと。

・今後の見立てが断たないこと

・眞子様を棄損しすぎ、これ以下はないというコムロに対する嫌悪が高った結果、「愛子天皇」のための、女性宮家の危険性が国内で広く認識されてしまい、最終目的である女系天皇が不可能になった

それに気が付いたのかな、と。

自民党内で疑似政権交代が起こりました。新自由主義=共産主義政権が敗北し、原住民的自民党員による宏池会岸田内閣が成立しました。どうもこの宏池会政権が、長期政権になりそうなんですね。なので、新自由主義=DSの下部組織である創価=公明の今後の見通しが暗いということ。実際、公明党議員が逮捕されています。絶対与党の枠組みから転落する気配がないと、これはおこらないことです。

だから、選挙中という空白をついて、バーチャル結婚を強行したのかもしれません。

 

創価学会=公明党の先は暗い

池田大作の隠し子の「これ以下はない」という雅子という女を、畏れ多くも皇太子徳仁親王の妻として皇室にねじ込み、皇室乗っ取りを進めてきた創価朝鮮。

本来なら旧宮家の令嬢が皇太子妃に内定して、あとは会見を待つだけ、の状態だったのを、アメリカの報道が、皇太子妃に小和田雅子、を打ち上げ、日本のマスコミもそれにならい追従し、報道ジャックに持ち込みます。今回の眞子様の婚約と同じです。そして、雅子2号と、徳仁2号の偽物同士の婚約会見で実体化してしまいました。(詳細はまとめをご覧ください)

今回、眞子様の配偶者に小室をねじ込むため、同じ方法を使いましたが、今回は、海外のメディアは協力しませんでしたね。おそらくは、アメリカの上位にある、英国のロス茶さんが、うん、と言わなかったのではないでしょうか。今回、クオリティが低かった原因がこれだったと思います。

雅子が生んだ愛子さんは自閉症。それをごまかして女性天皇にするため、多くのダブルを投入し「御優秀な愛子様」を捏造し続けました。

創価朝鮮は、皇統乗っ取りののために、雅子が生んだ愛子さんを天皇にし、皇族の配偶者を創価朝鮮人で固めるという陰謀を進めてきました。眞子様の夫に、創価の王子をという計画を立てたのは、その延長だったと思われますが、結果は失敗しましたね。

世間的には、眞子様と結婚したのは、小室圭という認識を植え付けるのに成功しましたが、実体のないバーチャルな結婚です。噂上で夫婦になったと信じている人が多数いるということです。実態がありません。

皇籍から眞子様を抜き、民間に眞子様の戸籍を作り、小室圭と入籍、という、実質的な結婚はなされて「ない」でしょう。大手新聞社も、嘘は書けませんから、眞子様と小室が、「入籍」したということは書くけれども、創価学会信者の宮内庁職員が出した婚姻届けは、本物の眞子様のものなのかは、暈して描いていますよね。

少なくとも、「◯月◯日、眞子様を皇籍から離脱させた」と断定したことは書いてないですよね。皇室会議もスルーされています。仮に納采の儀を行わない、駆け落ち婚であったとしても、あり得ないことです。宮内庁長官の正式な会見もすっ飛ばされてしまいました。

今後、このバーチャル夫婦が、どうするのかは、見ものですね。仮にセミナーやインタビューなどで、報酬を得たら、それは詐欺になります。まあ、生活費なんかは、創価が出すんでしょうけど、なんの利用価値もないバーチャルな成り済まし夫婦は、今後どうするのでしょうか。

メーガンと比較されていますが、メーガンさんは実在しますし、実際に英国王子と結婚した人です。しかし、小室と入籍した小室眞子、はそうじゃありません。

 

安倍ちゃんの欺瞞

拉致被害と、靖国参拝を利用しつくしたのが、小泉以後の清和会(安倍、小泉)でした。しかし中身は、キムチ色。実は、朝鮮とはズブズブの人たちばかりでした。

眞子様の婚約がらみの報道ジャックが見逃された理由は、安倍ちゃんが、創価学会や朝鮮にNOが言えなかったからです。マスコットガールの高市は、部落解放同盟の遊撃隊長であり、部落解放同盟は天皇制を打倒すると公言している団体の一つです。その高市が、マスコミの監督官庁の総務大臣でした。皇統維持派の保守であるはずがないのです。

小泉内閣も、安倍内閣も、第二次小泉内閣と言われた菅政権も、閣僚や重職には、朝鮮にNOと言えない連中が多く登用されていました。小泉家4代は、日本人の血が一滴も流れていません。スガーの菅家はどうも中国人が背乗りした可能性が高い。いずれも皇室制度維持などには、よくて無関心、皇室廃止に協力するのが平常運転でしょう。

そして、田布施出身の安倍ちゃんにとっては、旧宮家復帰なんてとんでもない事でしょう。側近には、旧宮家復帰を主張する衛藤晟一氏などもいましたが、安倍ちゃんたちは、最初から、国体=天皇制を守るための「旧宮家復帰、宮家に皇統男子の養子」など、やる気なんかなかったのです。

自分たちが生き残るためには、北朝宮家を永遠に皇位から遠ざけ、女性宮家、女系天皇を容認するしかない。なので、創価学会と組み、眞子様と小室の結婚も、政略結婚という認識を持っていたのかもしれません。ひたすら、放送法違反に相当する報道ジャックを、黙認し続けてきました。

 

宏池会の逆襲

キッシー内閣の布陣を見てミソ。清和会=細田派を分裂させようとしてるヨ。竹下派が細田派より多く入閣させてる。これは、大宏池会のための布陣だヨ。新自由主義の支店ともいうべき、清和会=新自由主義派を潰そうとしてるのよ。

キッシーの義弟さんは、財務省の官僚だけど、現職の国税庁長官だから、いつでも、脱税で大物議員を刺せる立場にある。これは、怖いヨ。

キッシーや、宏池会NO2の林芳正さんはね、小泉にそそのかされた加藤さんの「加藤の乱」を目の当たりにして見てきた世代の議員さんたち。小泉が不当に政権を奪取して以来、新自由主義政権(小泉、福田、安倍、菅)と、外来政権(民主党政権)が、日本を植民地化し、食いつぶしていくのを、歯噛みしながら辛抱してきた原住民的日本人の国会議員だよ。報復する気満々だよ。

安倍ちゃんの不倶戴天の敵である林芳正さんは、一議員としては、確かに親中派の側面もあるけれど、そこは、東大法学部卒の優秀な政治家だから、総理になり立場が変われば、日本国の国益のために中国に対して妥協することはないでしょう。

マスコミのフェイクニュースと報道ジャックによって、日本最高位の女性である内親王の眞子様が、朝鮮カルトに背乗りされるという悲劇の真相も、管理人以上に知ってるはず。今回、積極的に祝意を述べた議員っていないでしょ。せいぜい、官房長官のマツノンが、促されて、仕方なく、それらしいことを、嫌々一言述べただけ。宮内庁側は、長官が元警察官僚で公安に近い西村さんだから、最後まで協力はしてなかったね。今井補佐官の恫喝にも屈しなかったってことでしょう。

偽物を使いスキャンダルやみっともない貧乏くさい記事をかきまくられ、これ以下はないという朝鮮男に入れあげているアホな内親王と言う、屈辱的なレッテルを貼られ続け、其の挙句には、皇室から抜けて亡命せざるを得なかった悲劇の内親王眞子様。

本来なら、眞子様は、皇統男系男子とのご縁組が水面下でまとまり、あとは発表を待つばかり。秋篠宮家の若宮妃となり皇室にのこる予定だった。皇室側は、秋篠宮邸を増築して、若宮となる皇統男系男子と眞子様の結婚を準備していたのに、いきなり、2017年5月、面識もないキモイ男との婚約という報道ジャックを仕掛けられ、海外に逃亡せざる得なかった。

その、無念さはいかなるものか、お気持ちを、御察しして差し上げると、普通の日本人なら、しかたないね、で、わらって見逃すわけないだろ。

キッシーや林芳正さんたち宏池会は、かつて、内閣、財界、国民が一体となって一億総中流社会を作るという、人類最大の偉業を達成した原住民的自民員の流れをくむ派閥の生き残りの人たちなんだヨ。

皇室を占領し、棄損した罪は重い。

新自由主義も、創価朝鮮も、覚悟しなよ。

半島と一緒に沈め。

 

≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。