≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


ホロスコープ|サウジアラビア王家

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

ホロスコープ|サウジアラビア王家

サウジアラビアのサルマン国王

サウード家のアラビア

正確な領土の広さだそうな。南半球はメルカトルと変わりませんが、こうしてみるとチャイナやカナダ、ロシアはそれほど大きくないですね。

 

サウジアラビア、モンゴルやチャイナやロシアと比べても、大きい国ですよね。

 

数年前、今まで発掘した量より多い油田が確認されたそうで、石油はまだまだ出るのですが、例の「脱炭素」のせいで、将来も今の繁栄が維持できるかどうかは不明瞭なところがあります。

サウジアラビアというのは、サウード家のアラビアと言う意味だそうで、アラビア半島の大半をこの王家が所有しているわけです。中東での地域では、昔から、一番体が大きくて勇猛な男性が首長になり、首長のなかで最も強い首長が王になり、その頂点にいるのが、今現在のサウード家なのでしょう。たぶん。

サウード王朝は、第三次の王朝だそうな。第一次はオスマントルコと戦って敗れ、第二次は1824年に再興、第三次が1932年アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードが建国を宣言。今に続いています。

身長2メートルを超す偉丈夫だった第三次王朝の初代イブン=サウードさんは、とても体力がおありの方で、全ての政争に打ち勝ち、数は不確定ながら50人~200人のお子様がおられたそうな。これには事情があって、国を統一するにあたって各部族と政略結婚をする必要もあり、そのため、お妃は100人を超えたであろうと言われています。

数あるお子様のなかで、王位継承権を持つ男子は36名。今のサルマン王の代までは、イブン=サウードさんのお子様たちの間で王位は継承されてきました。

今の王様のサルマン王は、勅令で、皇太子だった異母兄弟の息子を廃太子にし、息子さんのムハンマド王子を皇太子にします。

wikiをみてると、どうも、早くから父国王の権威を使って国政を動かしてきたのは、今の皇太子さんっぽいですね。光仁天皇(父)と桓武天皇(子)の関係に似てるっぽい。

サルマン王は、2017年にアジア来訪中に来日しています。インドネシア、マレーシア、ブルネイ、日本、中国、モルディブなどアジア各国を1カ月間にわたっての歴訪でした。王の来訪に伴うお荷物の規模と随行員の規模が破格で、高級車や電動エスカレーターを含む59トンの貨物、随行する人数は1000人近く。来日したサウジアラビア国王は、2代目の国王以来、46年ぶりだそうです。

中東の専制君主国家は産油国で超リッチ、というイメージがありますが、たしかにオイルマネーが生むキャッシュがあるものの・・・・・・

・王族の数が多すぎる「第6世代まで含めたサウード王家の総数は5000人以上、一万人を超えるとも言われている。 後者の場合、単純に総人口で割ると国民2700人前後に1人の割合で王族が居ることになる」らしい。

・脱炭素が進み、ほかに代替エネルギーが出現して石油の価値が下がった場合、下手すると食料も輸入できなくなる経済の不安定さ

近年、イングランドのサッカーチームのニューカッスルがサウジの政府系ファンドに買収されて話題になりました。今の皇太子さんが日本のゲーム会社を買収したり、ジャパンエキスポを開催させたりと、日本をはじめ海外にも目を向けておられます。

サウジアラビア、とくに今の皇太子さんからは、産油国から産業立国として近代国家へ、あまりあるキャッシュを使い、死ぬ気で脱皮させようととしているのが、ひしひしと伝わってきます。

 

2016年、ムハンマド副皇太子が来日

父王来日の前振りとして、今の皇太子さんが来日して明仁さんと会ってますね。このときは、副皇太子でした。

 

2017年3月 サルマン国王来日「日・サウジ間の経済、安全保障分野での包括的な協力と二国間関係の戦略的パートナーシップへの格上げ」に合意

サウジアラビア国王が来日 随行団は1000人超え

サウジアラビア国王の来日は46年ぶり。国王専用のエスカレーターのタラップが話題になりました。杖を使いながら歩行されていますね。このころからご体調が悪かったのかもしれませんね。しかし、何が何でも国王が来日する必要があったのではあったのでしょう。

 

2017年3月12日から15日まで公式実務訪問賓客として訪日し、天皇と安倍晋三首相と会談した(略)この訪日では日・サウジ間の経済、安全保障分野での包括的な協力と二国間関係の「戦略的パートナーシップ」への格上げに合意した。大勲位菊花大綬章・頸飾受章(wikiより)

 

2017年6月 軍をグリップしたままムハンマド王子が立太子

サルマーン国王の勅命によりムハンマド・ビン・ナーイフ王太子が解任され、ムハンマドが王太子に昇格。同時に第一副首相となり、国防相などのポストは継続。汚職追放キャンペーンを指導し、何人かの王族を政権の中枢から排除してます。諜報も抑えてるのでしょう。

 

2019年 立太子後のムハンマド皇太子来日、

例のカショーギ事件のあとです。ナルちゃんに会い、安倍ちゃんに会い、明仁天皇と会いました。正統性を付与され、めんどくさい風説を払しょくするには、世界最高位にある天皇との会談は最適なのでしょう。

天安門以後、世界から総スカンを喰ってたチャイナ。しかし、天皇夫妻が訪中することで、包囲網を解除させました。日本の天皇さんというのは、海外の政治家やロイヤルの権威づけによく使われます。今後も、どんどん、使ってやってくださいと申し上げたい。

 

サウジアラビアのサルマン国王

さて、本題に入りますが、サウジアラビアの国王さんのチャートに政権交代の相が出てるのが気になりましたね。

サルマン国王さんって、めっちゃ性格よさそう。名門出身で最も寵が厚かったという母上に似たんと違うかな。お若いころの王様から、母上の面影がうかがえると思う。

 

2015年 サルマン王の即位

即位した時のチャートです。進行の海王星(宗教、理想、芸術)と冥王星(尋常でな変化、オカルト、秘密結社、カルマ、諜報、グローバルな組織)と大きな相を作ってますね。海王星冥王星が御代のテーマなのかもしれません。

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

たすき掛けとかは作ってないのですが、

赤丸 先天ドラゴンヘッドと進行の冥王星の0度の合、

冥王星が噛んでますので、クーデターに近い空気で立太子、即位された方なのかもしれませんね。先代さんはwikiなどの履歴を見るとわかりますが、明らかにネオリベ、ネオコン系の方でした。

青丸 先天の土星と信仰の海王星が0度の合

日本の皇族もそうでしたが、即位、立太子は、ドラゴンヘッドと土星がキーワードになってますね。悠仁様や秋篠宮様のチャートにも現れていました。

 

2023年1月

こちらも、即位時と同じく、進行の海王星(宗教、理想、芸術)と冥王星(オカルト、尋常でな変化、秘密結社、カルマ、諜報、グローバルな組織)がポイントになってます。

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

赤丸:進行の冥王星と先天の冥王星が180度衛

冥王星は、尋常でない変化、カルマ、のほかに、秘密結社とか、諜報機関とか、グローバルな組織を意味することがあります。足の遅い星なので当分、この相は続きます。

青丸:進行の海王星と先天の海王星が180度の衛

海王星と冥王星が同じ星同士で強烈な相を作ってますね。政権交代や代替わりにこういう形をよく取ります。先のアメリカ大統領選の当事者や、平成から令和に欠けての改元の皇族にもこれが出てます。

 

2023年9月

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

青丸:進行の冥王戦と先天の冥王星が180度の衛

冥王星は、尋常でない変化、カルマ、のほかに、秘密結社とか、諜報機関とか、グローバルな組織を意味することがあります。水面下でなにかといろいろとありそう。

赤丸:進行の土星と先天の土星が0度の合

だれしもが、27年~28年に一度作る相ですが、この場合は、崩御の可能性もあるかも。

 

ムハンマド皇太子

 

2017年1月 立太子した年

先天の太陽と、進行のドラゴンヘッドが0度になりますね。悠仁様や文仁親王もそうでしたが、即位、立太子などの時期には、ドラゴンヘッドがそれなりの相を持っていることが多いですね。こちらもそうです。

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

 

同年6月 立太子した時期

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

しいて言えば、冥王星と天王星が180度の衛。どちらも変動の星ですね。先天の冥王星(王家の諜報)vs進行の天王星(革命)とのせめぎあいとも取れなくもないのですが・・・・・生誕時間がわからないのですが、MCにそれなりの巨大な星が登ってた可能性はあると思います。

 

2023年1月 権力移譲の時期かな?

内円:先天のチャート、外円:進行のチャート

父上が何らかの形で退位されるかな、という時期に、先天のドラゴンヘッドと進行のドラゴンヘッドが0度合になります。

いかなる形であっても完全に権力を掌握するのは、この時期なのかな、と軽く予想。あくまで予想。

 

先天のチャート

林芳正さんにせよ、キッシーにせよ、安倍ちゃん&岸さん兄弟にせよ、麻生さんにせよ、そのまんま、性格がチャートに出てるんですが、皇太子さんのチャートからは、情報がよみにくいんですね。先天のチャートは、オバマ元大統領に似てますが、トランジットを使ってもよみにくい。

皇太子さん、ハンサムで大貴族らしい威厳と迫力がある御仁で、いつもにっこり笑ってるけど、目が笑ってないことがあるのね。察するに、外柔内剛の羽生弓弦君タイプではあるまいか。三白眼に近い御顔立ちっぽいとこを見ると、怒ると怖い人かもよ。この方、信長タイプかもよ。怒らせたらダメだぞ。