※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

皇室|乗馬が趣味の雅子様は「馬アレルギー」に

Sponsored Link

宮内庁「大嘗祭などの式次第決定、雅子様は馬アレルギー」あれ?雅子は乗馬好きだったよね?

本日もお越しいただきありがとうございます。

あの連中、改元前後のサイバー攻撃に失敗、ノートンをつかっての攻撃に失敗、さくらインターネットに働きかけたけど、やっぱり失敗。次は、グーグルに何か働きかけましたね。検索がおかしなことになってます。というわけで、こちらも、引き続き、ボコらせていただきましょ。

 

高温多湿の日本で開催・ラグビーワールドカップ

しかしながら、暑いですね。暑い、でもって、湿気が凄い。夏が始まる前は、冷夏かとおもわれるほど寒かったのに、なんですか、この気候は。

ラグビーワールドカップで来日する外国人のかたにはしんどそう。慣れてない国の方は戸惑うでしょうね。カナダは無得点で大差で大敗。新記録を達成。北国の方には、気候がつらかったのかな。

北国カナダ無得点で歴史的大敗、南国NZも気候にとまどう

10月2日|NZ、カナダに63―0で開幕連勝 史上初の3兄弟トライ

https://www.msn.com/ja-jp/sports/rugby-world-cup/

© スポーツ報知/報知新聞社 ボーデン・バレット

B組は史上初の3連覇を狙う世界ランキング1位のニュージーランドが、同22位のカナダに9トライで今大会最多得点となる63―0で快勝し開幕2連勝を飾った。

※転載ここまで

南国NZ「キックオフ直後から汗だくだった。」

ニュージーランド、完勝も日本の湿気に戸惑い ハンセン監督「信じられないひどさ」

一方で湿気の高さからボールが滑り、オールブラックスとは思えないハンドリングミスが目立つ場面もあったが、「母国の皆さんはなぜ何回もボールを落とす場面があったのかといぶかるかもしれないが、湿気は信じられないくらいのひどさだった」と指揮官も慣れない気候にこばしてみせた。

リード主将も「みんなそう感じたと思う。キックオフ直後から汗だくだった。今後もこういう状況での試合が続くはずだから、どうにか克服しなければ」と戸惑いを見せたが、それでいてこの完勝。3連覇への視界は良好だ。

 

Sponsored Link



※Remikki様より一部転載させていただきます。

NewMyRoyals掲載の下天皇夫妻 第60回海外日系人大会の記念式典

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5540119.html

NewMyRoyalsにまた掲載された下天皇夫妻。

相変わらず腕やあちこちがシワシワ。

腹乗せバッグもいつもの通り。

海外ではオランダ国王夫妻にみっともないカーテシーをした時に着ていたマキシマ王妃の衣装被りは伝えてない。

コメント欄は絶賛ばかり。

掲示板では、眼を隠すと別人だとわかると書かれてましたが、海外の報道写真は、無修正のものが多いので、眼を隠さなくても別人だとわかるレベル。どこから連れてきたんだろう。このおばちゃん。

 

そして、このナルちゃん、若いですね。

 

ナルちゃんは、鼻を隠せばわかりやすいですね、、、という前に、2003年の人とは、どうみても別人ですけどね。

 

眞子様は、アヒル口を隠せば、判別が簡単です。

ダブルを選ぶとき、第一印象になる顔のパーツが似ている人を集めるんでしょうね。

 

宮内庁「雅子に馬アレルギーがあるから、、、」

※オランダ王家の厩舎を見学する徳仁一家。

大嘗祭などの式次第決定=11月下旬に伊勢参拝-宮内庁

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100201030&g=soc

宮内庁は2日、大礼委員会の第8回会合を開き、天皇陛下の即位に伴い年内に行う諸儀式の式次第を決めた。

大嘗祭の中心儀式「大嘗宮の儀」のうち、「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」を11月14日午後6時半から、「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」を翌15日午前0時半から行う。内容は前例を踏襲するが、招待者は670人程度と、前回より約230人減る。

 天皇、皇后両陛下は11月22、23日に伊勢神宮(三重県)を参拝される。その際、天皇陛下は馬車、皇后さまは車に乗る。平成の際、天皇、皇后だった上皇ご夫妻は馬車に乗ったが、「皇后さまは馬に対するアレルギーがあるため」(宮内庁)という。

以上

スケジュール

9月20日から11月2日まで

ラグビーワールドカップ

よくよく考えると、ワールドカップの日程が、即位の礼と被るんですね。

10月22日から31日

即位の礼

11月14日

「大嘗宮の儀」のうち、「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」

11月15日

「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」を翌15日午前0時半から行う。

11月22日、23日

伊勢神宮を参拝

年末までは、警察関係の方は鬼スケジュールが続きますね。

 

馬アレルギーの雅子夫人と、ご公務サボって乗馬に励む雅子夫人

オランダ静養では、たしか、オランダ王家の厩舎を見て回っていた記憶がありますが、、オランダ王家の白馬をなでていた記憶がありますが、、。

※ドス子wikiさまより、一部転載

https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%BC%95%E3%81%8D%E9%A6%AC

雅子夫人が静養中遊びに出かけた遊園地で目撃されたことのあるお楽しみ最中の姿。またウサギ耳付き帽子を着用した係員に引かれたラクダに乗っていたこともあり、こちらも「ラクダライド」としてスレ住民奥様方にはお馴染みである。

これらの引きラクダ・引き馬アトラクションはどう見ても小学生程度の子供が対象であり、40代半ばふっくら雅子夫人を乗せなければならないとは気の毒だと、ラクダと馬に同情の声が上がった。

 

2006年歌会始同日の午後、皇居内馬場で2時間ほど乗馬お楽しみ

≪週刊ポスト2/3号始め多数≫

『週刊女性』の記事で主張される雅子夫人の行動の一つ。
2006年1月12日毎年恒例の皇室歌会始を欠席した雅子夫人が全く同じその1月12日に皇居馬場で乗馬をしたその理由は、夫婦して仲良くコウノトリを歌会始発表和歌に詠んだ秋篠宮同妃両殿下への抗議の意味合いによるものということ。事の真偽はともかく、一般人としても全くもって理解に苦しむワケワカメな振る舞いである。

2006年12月「晩餐会欠席なのに乗馬」

『週刊文春』2006年12月14日号<闘病生活3年徹底取材 雅子さま 43歳「噂の全真相」>

またも「晩餐会欠席なのに乗馬」に涙した東宮大夫 雅子は体調維持のために定期的に散策乗馬テニスをしているが、 11月は来年の歌会始のための進講、愛子誕生日の撮影、雅子誕生日の準備と忙しく、一度も乗馬しなかった週もあった。

(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)ハァ? な記述あり。

2008年5月「6 御料牧場静養中に一家が乗馬するための馬を態々皇居から搬送」

『AERA』2008/05/26号<雅子さま「いっぱいいっぱい」宮内庁職員が凍った園遊会直前の行動 愛子さま「送り迎え日記」 異例皇居から御料牧場へ馬搬送> p.23より

宮内庁関係者は言う。

「ご一家が乗馬をされた馬は、わざわざ皇居から運んだそうなんです。過去にもそのようなことはあったのでしょうか。ちょっと聞いたことがありません」

早速宮内庁に尋ねると、

「御料牧場は、乗馬用、輓用馬の繁殖・生産・育成から初期調教までを行っております。したがって乗馬が可能な馬はおりません」

と管理部から回答があった。

「御乗馬された馬は皇居内の車馬課主馬班の馬です。今回6頭を輸送しました。ほかの皇族方での事例はありません」

 

2010年「御料牧場では乗馬用の馬は飼育していないため、宮内庁車馬課が皇居で飼育している乗馬用の馬を6頭、車で輸送」

tp://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/101113/imp1011130701001-n1.htm

【皇室ウイークリー】(158)雅子さま、愛子さまご乗馬に車で6頭輸送 「初めて」のサイクリングもお楽しみ (1/4ページ)]

2010.11.13 07:00

栃木県高根沢町の御料牧場で1日から静養していた皇太子妃雅子さまと長女の敬宮愛子さまは7日、帰京された。宮内庁の野村一成東宮大夫は12日の定例記者会見で、先週に引き続き、御料牧場での愛子さまのご様子を明らかにした。

愛子さまは皇太子ご夫妻とともに、補助輪のついていない自転車でサイクリングを楽しまれたという。

野村東宮大夫は「東宮御所で自転車に乗られることはあったが、相当な距離を乗車されるのは初めてのことかもしれない」と明かした。

愛子さまは雅子さまと数回、乗馬もされたという。宮内庁によると、御料牧場では乗馬用の馬は飼育していないため、宮内庁車馬課が皇居で飼育している乗馬用の馬を6頭、車で輸送したそうだ。

愛子さまは前回の5月にも御料牧場で乗馬を楽しんだが、このとき雅子さまは一緒に乗らなかったといい、お二方でゆっくりと馬に乗られたのは久々とみられる。雅子さまは最近、東京都内でも、療養に役立つといわれる乗馬をされることが少なくなっていた。

※転載以上

 

中東訪問時は、現地の王族に馬をねだった雅子

「死海がみれなくて残念でした 愛知万博 皇太子」の画像検索結果

阪神大震災が発生し、数千人が瓦礫の中で生きながら焼かれる惨事になった。

その国難のさなかに、中東へ旅行に出かけた徳仁、雅子夫妻。

国内が未曽有の災害のなか、中東ではラクダレースに興奮して馬鹿笑い、国に帰れと言われて渋々帰国。

後日、徳仁は、「あのときは死海がみれなくて残念でした」とのたまう。

これだけでも顰蹙者ですが、現地の王族から馬をせしめた雅子。

※ドス子wikiさまより

雅子夫人が1994年11月10日オマーン王国訪問時に、ご接待で見せられた貴重なアラブ種をイスラム常識知らずで褒めてしまい、喜捨として貰ってしまった牝馬の名前。アラビア語で「喜びの歌」という意味の名である。

アハージージュ号をいただいてしまった7年後の2001年1月の歌会始で、徳仁がこの事について和歌を詠んでいる。

ご成婚した人は、馬が、好きみたいですね。

しかし、今の雅子は、馬アレルギーなんですね。

しかし、本当に、この偽物2人が即位式、そのあとの大嘗祭に挑むのでしょうか。興味津々ですね。

無事に即位しても、これで「ナルマサのスポンサー」の、徳分が使い果たされるでしょ。

以上

 

※サイトのメンテナンスをしながらの投稿ですので、更新が遅れることがあります。ご了承ください。

 

Sponsored Link
Sponsored Link