≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


美智子皇后の真実⑧同和地区だった(上)

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

「名門」正田家と正田家の「ご立派な」方々(上)

※⑭からの続きです。

正田家

wiki

『正田貞一郎小伝』

「徳川家の菩提所である群馬県新田郡世良田長楽寺の伝えるところによれば、正田家の祖先は新田義重の家臣生田隼人となっている。天正年間、生田義豊は徳川家康に謁し、新田、徳川の郷土に関する旧記由緒を上申して知行を受け、命により生田を正田と改めた。

後世、世良田にいた正田家の人が館林に移って商人となり、これが館林における正田家の始まりである。それは、延享、寛政の頃といわれ、四代を経て正田文右衛門と称し、以後累代これを襲名した。

正田家は代々「米文」の暖簾のもとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。弘化の頃(1844年 – 1847年)には名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。

文政元年(1818年)7月に生まれた文右衛門(3代目)は正田家“中興の祖”といわれている。文右衛門は明治6年(1873年)米穀商を辞め、醤油醸造業を始めた。」という。

神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』(角川書店、2002年)385-386頁によると、「そもそも正田家のルーツは群馬県館林の在。“開かれた皇室”を実現すべく、皇太子妃を選ぶにあたって尽力した小泉信三は、正田家を三百年前までさかのぼって調べたという。

郷土史家によれば“正田家の祖先は源義家の孫、新田義重の重臣、生田隼人[注釈 7]までいきあたる”というが、入手した文献で確認できるのは、300年前の庄田六三郎(天和2年没)からである。

この六三郎が館林における正田家の始祖である。四代を経て正田文右衛門という人物が登場し、庄田を正田にあらため以後代々、正田家の当主は文右衛門を襲名するに至っている。

江戸時代は“米文”の屋号で代々米問屋を営んでいたようで、江戸深川や大阪堂島の米相場をうごかす、近郊きっての豪商だったと伝えられる。大繁盛した米問屋であったが、明治6年、正田英三郎の曾祖父にあたる三代目文右衛門は、突然家業をやめ、“亀甲正”という商号で新しく醤油醸造業を始めた。」という。

(三代)

 

Sponsored Link



 

正田家の家系図

以下、伏見氏のブログよりお借りしています。

【正田家再家系調査】(前)驚愕、正田富美(皇后実母)は家系図に母の名前無し(笑)転載フリー

皆さんお元気ですか?

知ってる方もいるかもしれませんが、皇后様の実母、正田富美(旧姓)副島(そえじま)富美は、家系図で父は、副島綱雄となっていますが、横線だけ引いて妻の欄は空欄で、その横線に、寂しげな縦線が下りて、娘、富美となっています。

 

f:id:e-vis:20151213150041p:plain

この系図の画像は、先日紹介しました「皇室画像全般掲示板」様で見ましたが、さっき見たら、見つけられませんでした。

当該ブログは、「嵐」も多いので、家系図の画像が消されないうちに、お手数ですが、探して、見ておいてください。

私は、仕事柄、家系図も良く見ます。

嘘、捏造の家系図も良く見ますが、この家系図は「嘘」をつきながらも、ある意味【馬鹿正直】で嗤えました。

副島綱雄は、実態は、独身主義者(時代的に有り得ない)か、性的不能者か男色化のいずれかだったと推測します。一番妥当性のあるのは、「無精子症」かな。

これなら、富美が誕生したとされる1909年(明治42年)日韓併合の1年前に、当時、いくら、上海イギリス疎開で、女遊びしても子供は出来なかっただろうと思います。

どうどうと偽造したのならば、妻の欄に、「キヌ」とか「ヤス」とか記入すれば出来上がりです。敢えてしなかった???

★実質は【養女】だったのだと推測します。

私は、綱雄が、上海英国疎開の【孤児院】から、見目麗しい【英中ハーフの幼い孤児】を貰い受けたか?禁断を侵して中国人の女との間に子を作ってしまった不良英国人神父から、直接貰い受けた可能性が高いと思います。

同じような事は、「掲示板」の方々もおっしゃっていました。

 

2011年に、あのデヴィ夫人が、美智子皇后を差して「あのかたのお母さんはシナ人でしょう」と言う発言をしていました。

何とか、「美智子皇后のサークル」に入ろうとしたら、皇后から、「あの方、メカケでしょ(怒)」と侮辱され、遺恨を持ったそうです。

色々と毀誉褒貶(きよほうへん)の多いデヴィ夫人ですが、「メカケ」は正しくありません。正式には、インドネシア大統領、スカルノの第五夫人ですから。インドネシアはイスラム教なので、一夫多妻は戒律上認められています。

しかも、スカルノ失脚(1965年)後、50年間、パリの社交界で生き残ってきた人です。世界の上流階級の情報網や人脈を持っています。生前の正田富美は中国語ペラペラだったそうです。
「メカケ」と侮辱された、恨みが、後の彼女が率先して始めた「廃太子廃妃署名活動」の一因ともなっています。

さて、この正田富美と言う女、多くの写真を注視すると、色白で長身の美人、白人の血が入っていますね。

もし、10代後半の頃、現代の平成日本にタイムトリップしたら、美人ハーフモデルのトリンドル玲奈級でしょうね。傲慢さもピッタリです。

この人が生まれた翌年、1910年、日韓併合が有りましたが、その当時の、日本男児の平均身長が147cmでした。

富美の正式身長はわかりませんが、写真で見る限り、若い頃の皇后より高そうです。

皇后が入内時に両親と3人で、立っている写真を見ると、皇后よりかは高い。

14 Jan 1959, Tokyo, Honshu, Japan — Akihito’s Fiancee and Her Parents. Tokyo, Japan: Wearing a traditional kimono, Miss Michiko Shoda (center) leaves the Tokiwamatsu Palace here Janury 14 after having called on her fiance, Crown Prince Akihito of Japan. She is flanked by her mother, Fumi (left), and her father, Hidesaburo. Miss Shoda formally became the Crown Prince’s fiancee by accepting betrothal gifts he gave her earlier in the day. January 14, 1959. — Image by © Bettmann/CORBIS

私には、少なくとも、頭半分は高く見えます。皇后の伸長が何cmかは知りませんが、今上様よりかは高そうです。私の推測するところ、163cmあたりだと見ますが、皆さんは、どれくらいだと見ますか?

仮に、私の見立ての163cmを基礎に推測すると、頭半分として、168cm~170cmぐらいでしょうか?

明治生まれの日本女性としては、異常な高身長です。

 

そして、この人の産んだ子は、皇后を除けば、皆、足が長く高身長で、スタイルが良いです。皇后だけ、足が太く短いです(笑)

妹の恵美子さんも背が高いし、私が、注目しているのは、皇后の弟で、日清製粉名誉会長の、正田修氏です。

中学の頃のカラー写真は、【色白のイギリス少年】で、クラレの大原総一郎の娘、泰子と結婚したときの顔は、明らかに【イギリスの血の入ったモデル】です。

今のモデルタレントのJOY(日英フーフ)を更にアジアっぽくした感じです。それに異常な高身長、財界の会合で飲んでいる時の写真を見ると、190Cm以上ありそうです。巨人病とも考えられますが、皇后の兄の巌も相当な高身長です。

但し、顔は、父親似のアジアンですが・・・恐らく女帝が、一番背が低く、足が短く太いでしょう(笑)

この富美と言う女、資産家や上流階級の家庭なら、適齢期になった娘に必ずやらせる【花嫁修業】を一切やらせていません。お茶、お花、お料理等々・・・代わりにやらせたのが、15歳からの【婚活ダンスパーティー】、腹筋が崩壊しそうです。

正田美智子が入内した後の、さる、週刊誌の、生け花をする画像、見る人が見たら大笑いして、顰蹙ものです。茎や葉を、ばさばさ切って、ぶすぶす突き刺す(笑)小学生の体験学習じゃないんだから。見栄張ってやるなって(笑)

週刊誌記者の手前上「私、生け花、知らないんです」とは言えなかったんでしょうね。そんなこと言ったら、記者は「正田家って資産家じゃなかったんですか?」と驚愕するところだったでしょう。

★正田富美と言う女は【日本人の血が一滴も入ってない英中ハーフ】であることは、確実だと思います。
だからこそ、あれだけ、昭和天皇と香淳皇后に対して、【非国民まがい】の言動が取れたのでしょう。天皇家のことを【あちら呼ばわり】

★韓国人達が、天皇陛下のことを【日王】と蔑んでいうのと同じです。
ちなみに、日本国の、世界での正式な呼び名は、未だに【ジャパン エンパイア】です。理由は天皇がいるからです。日米開戦の時にルーズベルト大統領の対日開戦宣言の議会演説の「ジャパン エンパイア」と同じです。

掲載した、旧正田邸の応接間の写真にきずいたでしょうか?

★土足なんです。何で日本人の家なのに、土足なの?これは、妻、富美の強い要望なんでしょう。イギリス上海租界式です。

今上夫婦と同様、正田家も夫、英三郎は富美に逆らえなかったらしいですから(笑)

 

 

昨晩の記事のバックアップデータとして、皇后の母、正田富美の中国版Wikiを下記にコピペしました。中国語の得意な方は、是非読んで翻訳して頂けると有り難いです。

中国語は高校の時に習った「漢文」と構造は同じですから、私でも確認できる箇所があります。

①最も重要だと思われるのは、本人のWikiにもかかわらず、父親の、副島綱雄の記載しかないことです。中国人も調査した結果、母親の情報が取得できなかったのだと思います。

②兄弟の記載もありません。不自然だと思いますが、やはり、兄弟の情報が得られなかったのだと推測します。

③佐賀名門は、佐賀下級武士の間違いです。多久藩という2万石の小藩で、しかも家老でも何でもない家が、名門というのは笑止です。中国人が調査しに来た時に、富美本人が大ぼら吹いて名門ということにしたのでしょう。

④>出生於中國上海,在滬生活十六年・・・は上海で生まれて、16歳まで中国にいたということだと思います。

⑤>通中文・・・は中国語ペラペラと言うことでしょう。

⑥>在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

・・・は、双葉高等女学校の「礼拝」で正田英三郎の母と知り合い、19歳で結婚したと言うことでしょう。帰国後3年でよく卒業できたなと思います。卒業したとは、書いてありませんが。

 

正田富美子[编辑]

维基百科,自由的百科全书

跳转至: 导航、 搜索

副島富美子

副島

富美子

出生

明治四十二年 1909年

逝世

昭和六十三年 1988年(78–79歲)

親屬

夫 正田英三郎

子 正田巌

正田修

女 皇后美智子

安西恵美子

其他親屬 女婿:明仁

外孫子:仁親王、秋篠宮文仁親王

外孫女:田清子

外曾孫子:悠仁親王

外曾孫女:愛子內親王、真子內親王、佳子內親王

正田富美子(舊名副島富美子,1909年~1988年),日本今上天皇明仁的皇后美智子的母親,出身佐賀名門副島氏。丈夫是前日清製粉集團的名譽會長正田英三郎。

早年生活[编辑]

出生於中國上海,在滬生活十六年,通中文。父親副島纲雄是日本「國策會社」理事,也是「江商」上海支店店長。1923年9月歸國,居東京,就讀麴町雙葉女子高等學校。在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

婚姻生活[编辑]

富美子與英三郎婚後曾旅居國兩年,在柏林生下長子,返日後又陸續添了一男兩女。美智子皇后是她的長女。她曾被社交圈譽為「有明治時代古雅端莊氣質的貴夫人」,但卻因為女兒美智子入宮而飽受精神折磨。在美智子婚事發佈後,就有旁系皇族與舊

華族群起攻擊她在上海生活的經歷,又不斷有消息傳來美智子在宮中受到欺壓,身心重創。為了杜絕莫須有的抹,富美子幾乎未再涉足社交圈。

參考資料[编辑]

• 齊濤。《美智子與雅子》。台北:台灣商務印書館,2006年。

取自“https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=正田富美子&oldid=33452404”
分类:
• 佐賀縣出身人物

 

続きます。

美智子皇后の真実⑧@「名門」正田家と正田家の「ご立派な」人々(中)ご立派な家系図の信憑性