※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



【保守砲ドカドカ2016年】余命三年時事日記との抗争⑱共産党は破防法調査対象

Sponsored Link

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-03-23

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

【保守砲】政府も一発撃ちました

3月23日 共産党は破防法調査対象

政府が「共産党は破防法調査対象」と答弁書を閣議決定

政府は22日の閣議で、共産党について「現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」との答弁書を決定した。

破防法は、暴力主義的破壊活動をした団体の活動制限などを定めているが、政府が調査対象の団体を明示するのは異例。答弁書では、共産党が「暴力革命の方針」を継続しているとの認識も示した。

鈴木貴子衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。答弁書によると、警察庁の認識として、共産党は「『いわゆる敵の出方論』に立った『暴力革命の方針』に変更はない」と明記。「敵の出方論」とは、共産党が唱えているとされる「権力側の出方によっては非平和的手段に訴える」との理念を指す。

さらに答弁書は、平成元年2月18日の衆院予算委員会で破防法の不当さを訴えた共産党の不破哲三中央委員会副議長(当時)の質問に対し、「敵の出方論があり得る」と述べた石山陽公安調査庁長官(同)の答弁を引用。「(石山氏が)答弁しているとおり」とし、現在も共産党が「暴力革命」を捨ててないとの認識を明らかにした。

共産党は戦前、非合法組織だったが、終戦に伴い合法組織となった。共産党員は当時、党内外でさまざまな暴力事件を起こしていたが、今回の答弁書も「政府としては共産党が日本国内で暴力主義的破壊活動を行った疑いがあるものと認識している」と明記した。

政府は昭和57年と平成11年の参院法務委員会で、当時の公安調査庁長官が共産党を破防法の調査対象団体と明言したことがある。同党の山下芳生書記局長は22日の記者会見で「憲法違反の破防法の対象になるようなことは過去も現在も将来も一切ない。極めて厳重な抗議と答弁書の撤回を求める」と反論した。

(転載以上)

 

Sponsored Link

 


 

 

破壊活動防止法適用と検討例 適応され有罪

・1961年の三無事件。

※ 1961年12月12日、元川南工業社長・川南豊作(当時59歳)を中心とした旧軍人、学生らのグループ13人が警視庁公安部に逮捕された。彼らは無税・無戦戦争・無失業の「三無」というスローガンを掲げ、国会を占拠し、国家革新を図っていた。

・渋谷暴動事件に対しても適用されている。

※1971年11月10日に沖縄県で打たれた沖縄返還協定批准阻止のゼネラル・ストライキ(11・10ゼネストまたは沖縄ゼネスト)に呼応して渋谷・四谷などで行なわれた「沖縄返還協定批准阻止闘争」で、革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)の学生ら約400人が、渋谷で警戒中の機動隊や渋谷駅前派出所を火炎瓶等で襲撃。中核派の学生らが、規制しようとした関東管区機動隊新潟中央小隊(新潟中央警察署)の中村恒雄巡査(当時21歳)を鉄パイプで殴打した後、大坂正明が火炎瓶を投擲。中村巡査は翌15日午後9時25分に死亡した。他3人が重傷を負った。

 

検討され見送り

・オウム真理教。

1995年には地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件を起こしたオウム真理教に対して解散を視野にした団体活動規制処罰の適用が検討され、公安調査庁が処分請求を行ったが、公安審査委員会(委員長:弁護士・堀田勝二)は「今後」の危険性という基準を満たさないと判断し、破防法の要件を満たさないとして、適用は見送られることとなった(代わりに団体規制法が制定・適用されることになる)。

これについては、オウム真理教にすら適用されないのなら、一体何に適用されるのか、実質的に適用できない法律ではないのかという根強い批判もある。

この法律の規制対象に該当するかどうかの調査と処分請求を行う機関は公安調査庁であり、その処分を審査・決定する機関として公安審査委員会が設置されている(ともに法務省の外局)。

なお、いわゆる公安警察は破壊活動防止法によって設置された機関ではなく、警察法に基づく政令・規則により設置されているが、情報交換を行うことはあり得る(破壊活動防止法29条)。

この法律には、団体活動規制処分の規定のほか、個人処罰規定が設けられている。先述の三無事件での適用は、個人処罰規定の適用である。

破壊活動防止法を違憲と考え同法の廃止を訴える者も少なくないが、非常に抑制的に運用されているため、現在のところ政治レベルで破壊活動防止法を廃止しようという動きは活発ではない。

 

調査対象団体

・左翼団体としては日本共産党など、

・右翼団体としては大日本愛国党など八団体、

・外国人在留者団体としては在日本朝鮮人総連合会、

今も継続中ということなんでしょうけど、

 

赤い美智子様

中国共産党、日本共産党、9条の会、国連女性差別撤廃委員会、とズブズブの美智子様。

国連のジェンダー砲は不発、「ご優秀な愛子様」も不発、気温差の激しいフィリピンに連れて行こうが、まだ寒い東北に連れて行こうが、陛下もまだお元気なので徳仁天皇即位も不発、愛子天皇即位をサポートするはずの余命とかいう中国共産党の朝鮮族の一味も不発、、、、、

身長が違うし、、

第二子流産前(左) 明仁さん>美智子、第二子流産後(中央)明仁さん>美智子、平成(右)明仁さん=美智子

 

生涯からわないはずの耳の形も一も違うし、、、

 

 

複数いるし、、

 

今の「美智子の中の人」は、かなり若いはず。

 

正式な親王妃じゃないし

オランダの王の弟さんの一人は、スキーで亡くなったのだけど、お妃のメイベルさんが問題の多い方だったのね。マフィアのボスの愛人だったこともあり、さすがの「自由の国オランダ」の国会も難色を示したのね。結婚の条件として、子供たちは王位継承者から外れるという条件をつけて、ようやく結婚を認められたはず。

どこの国も、立憲君主制だと、一族が認める「王族個人の妻」、と、国民がみとめる「公的な立場である妃」、というは必ずしも一致しない場合もあると思うのよ。

正田美智子嬢は、皇室会議では皇太子妃に決まったけど、国会は通してないときいているの。立場は、オランダ王子の妻、メイベルさんと同じたちばのはず。

なので、海外ではプリンセス、エンペレスとは称されなくて、明仁天皇の妻・正田美智子と表記されるのね。雅子さんもそう。徳仁皇太子の妻・小和田雅子という表記のはず。

皇室会議が通ったので「天皇家」の中では妻としては認められたけど、公的立場の皇太子妃という立場であるとは認められてないということになるのかな。

明仁天皇即位にあたって、立后会議も通してないので、実際は立后してないらしいし。

明仁皇太子の妻になるにしても、カトリックではないと嘘をついていたうえでの皇室会議の決議なので、偽証が立証されたら無効になるわよね。当然。

しかも、ご成婚当時とはすり替わっているという疑惑通りなら、今の明仁天皇と同棲している女性は、明仁天皇の妻でも妃でもないのよね。

美智子さんは、やたらベルギー王家に粘着しているけど、愛子立太子に、長子相続のベルギー王室を利用しようとしてたのかしら。

そのベルギーでテロが発生したのね。地下鉄で爆破テロ。犠牲者もでたのね。いたましいわ。

 

ロイター通信

【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセルの地下鉄駅と国際空港で発生した同時テロで、ベルギー公共放送RTBFは23日、捜査当局が空港で自爆したとみられる男2人をブリュッセル在住の兄弟と確認したと伝えた。欧州各国では空港など主要施設の厳戒警備が維持され、緊張が続いた。

RTBFなどによると、15日に警察が家宅捜索したアパートを兄弟の1人が偽の名義で借りていたとされる。アパートはパリ同時多発テロの実行犯の1人として逮捕されたサラ・アブデスラム容疑者の潜伏先だったとみられており、兄弟がパリのテロにも関わっていた可能性がある。

(以上)

 

そういえば、皇太子夫妻がベルギーにいくとかどうとか言ってたけど、、、??

ミッチ―の、あらゆる手段を封じられているふうに見えるわ。

続きます。

 

※余命との長い長い抗争の記録です。

※一条の会との抗争の記録です

※イザー=BB覚醒日記=トドコ、ふぶきの部屋、カナダの我儘親父たちとの抗争の記録です

 

仲良くひなたぼっこ

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です