※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2016年】余命三年時事日記との抗争51 余命の今1

Sponsored Link

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-06-26

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

ひさかたぶりの伏見砲です。

ドカドカドカドカドカドカドカ 

【最終章①】断末魔の余命真理教、内ゲバと組織の自己崩壊&ネタギレ、無限拡散 – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

そろそろ、長いお付き合いの読者様から、

「肉声が聞きたい」

との強い要望もあり、本来、記事にしたくなかったが、しつこい便所蠅が最近、飛び交うので、警告の意味で、記事にした。

気づいたのは、2,3日前から、しばらく姿を見なかった、「余命の工作員A」が出現するようになった。

★この男は、「余命が苦しんでいる時」に必ずやってくる工作員だ

私は、直感的に、

「余命真理教は相当な窮地にあるな」

と思い、何か月ぶりかに、関連サイトを覗いてみた。

そこで、先ず見たものは、

① 組織が「癌の終末期」を迎えるときに、必ず、現れる「構成員相互の疑心暗鬼と派手な内ゲバ」だった。

かつての、日本連合赤軍の「内部粛清」そっくりである。

時系列的に追うと

(1) 6月23日、中国人工作員、信濃太郎こと、支那の太郎が、余命爺から、「出入り禁止」を喰らう。

原因は「真太郎」と言う、投稿者に粘着して、余命爺に、「真太郎の記事の全削除を要求」したことにあった。

「真太郎」と言う投稿者は、「やや過激ながら」も、堂々たる理論展開で、しかも、ほぼ連日、投稿し、余命に承認されていたタフな男である。

内容が良いから、承認されたのであろう。

いずれにせよ、「承認した」のであるから、「容認責任」の全ては、余命爺にある。余命に言い逃れは許されない。

しかも、過去に相当な件数の、真太郎の投稿を承認しているのだ。

 

(2) 同日、「余命の弟子第一人者を自認する」豆腐おかかが、「余命の信濃切り」にショックを受けて、ダウンし「ブログを休止」状態にする。

自分も同じように「余命に切られる」と直感したうえでの、ノックダウンであった。
この男の直感は正しい。

間違いなくいずれ、「余命にトカゲのしっぽ切り」にされるであろう。

この男は弱い。

頻繁にブログで、「弱音と愚痴」を吐いている(笑)これは、教団内部の「窮状を暴露」しているのと同じで、貴重な「情報提供者」である(笑)
「戦闘員」としては、「一兵卒」程度の能力もないのに「組織を束ねる」力が有るわけがない。

 

(3) 6月25日、余命爺は突然、「信濃太郎」の「出入り禁止」を解除する。

「余命の盲信者達」は、これを、「余命様の策略」と大喜びしているが、明らかに「余命爺の判断ミス」である。

★2日で「出入り禁止」を解除するぐらいなら、最初から、しなければよいのである。

認知症が進行しているのか、「アルツハイマー」か知らないが、確実に判断力が衰えている。
それと、やることなす事、上手くいかない焦りもひどいのであろう。

 

≪信濃太郎と言う超優秀な工作員(笑)≫

何と言っても、この「内ゲバ」を装った、「組織の攪乱」を成功させた大功労者である(笑)

この男、「偏差値28軍団」で、知能は低いが、「内部から破壊する工作員」としては、天性の素質を持っている(笑)

過去記事を見ると、「プロレス」よろしく、執拗に、真太郎を罵倒し挑発している。

その癖、真太郎には、軽く論破され、あしらわれてすらいる。それで、ヒステリーを装って、余命に直訴して、「自作自演」の「自爆劇」を演じる。

見事な役者である。天晴れだ(笑)

近い将来、「余命真理教」が「空中分解」したときに、その「第一功労者」として「ネット論壇」に名前を刻むことになるであろう。

「平穏」だった組織に、敢えて波風をたて、「徹底的に内部をかき回し」、余命の判断を狂わせた。しかも、ちゃっかりと、同情を買って「被害者コスプレ」まで演じている。

 

Sponsored Link



 

 

≪打つ手が、全くなくなった余命爺≫

① 本を出せなくなった「余命爺」

全く売れていない「余命三年時事日記2」

予約期間中から、「アマゾン売れ筋ランキング」をチェックしていたが、予約期間中に2回、100位圏外に転落した。

実売になってから、今日まで、5週連続100位圏外である。勿論、「ベストセラー一位」はとっくに外れている。

余命本は3冊まで、とんとん拍子で出版された。

しかし、今、現在、次回作の出版予定はない。

一冊目の本は、

「発達障害持ちの小学生の作文レベル(笑)」

前ページに、複数個所以上の致命的な間違いが有った。

 

さすがの、青林堂も匙を投げたのであろう。

代わりにジャパニズムとかいう雑誌で、余命爺と桜井誠の「対談」を行った。

「無学な老人」も対談ぐらいはできるだろうという「話題作り」か?

 

【実は簡単に作れるアマゾンベストセラー一位】

知り合いに聞くと、「アマゾンベストセラー一位」を作為的に作るのは、実に簡単だそうだ。

有名な先生に「習い事」をしていたその人は、お師匠さんが、本を出すとき、各地のお弟子さん100人に声がかかり、一人一冊購入の「ノルマ」がかかり、

それを実行すると、あっという間に、アマゾンベストセラー一位が取れたそうである。

 

【ベストセラーと言う大嘘】

「ベストセラーの定義」について、ジュンク堂書店の、店長に聞いてみた。

店長

「ベストセラーかどうかは、書店ではわかりません。出版元が、「何万部増刷り」と発表して、「ベストセラー宣言」をするだけです」と。

★要は、「大本営発表」で、「真実は、出版社しか知らない」のである。

それでも、出版社と書店をつなぐ、「取次店」東販などの「売上ランキング」に顔を出せば、少しは信用できるらしい。

しかし、「余命本」は、一度もこのランキングに顔を出していない。

余命も

「印税が1500万円有る」

と豪語して、さも懐が暖かそうだったが、随分、早く、焦って「募金ビジネス」を始めたものだ。

私の読者が言っていたが、

★普通、募金を募る時は、HPを立ち上げて、代表者の顔写真を提示して、弁護士名を明記するのが、社会通念上、常識で責任ある行動ではないか?と。

全く持って同感である。

振込先口座をやっつけ仕事で、表示したアメブロの「スミレの会」と言う面妖なブログ。
そこには、代表者名も、代表者の顔写真もない、口座がまるで、「ブラックホール」のように、不気味に口を開けている。
「大きな罠」が有るようだ。あれを見て、まともに募金する気になった人がいただろうか?

 

≪募金ビジネスからの責任逃れ≫

さして、募金が集まらなかったのか?

余命爺は、口座開設後、数日もたたないうちに

「スミレの会と余命は一切関係ない」

と宣言した。

中共の工作員、朝鮮族の「詐欺体質」全開である。

(転載ここまで)

 

余命三年時事日記は、実質3年の寿命で終わるのではないのでしょうか。

最近、まったく余命系のブログなどはチェックしてな方のですが、久しぶりに見てきてました。閑散としてましたね。余命氏の主張も過疎化していて、ブログというよりツイッターのよう。

さらに、驚いたのは、今の余命は4代目だとか。

噂にきくと、3代目は、伏見様のドカドカの最中の空白期間に、アメリカにいる女性に騙されて渡米し亡くなったとか(笑)

もうちょっと、ましな脚本書けよ、といいたいわ。陰謀落語家よりレベルが低いじゃないの(笑)

 

余命三年時事日記の推移

1初代余命

嘘だらけの妄想日記ブログ。

2二代目余命

「仮定の都合で」三代目に移譲

3三代目余命

ブログから掲示板に

4四代目余命

掲示板からツイッター状態に

そして、1代目、2代目、3代目、4代目は、文体から見て同じ人物。

 

伏見氏「余命の爺さんについては、どうですか」

女性弁護士

「精神病だと思う。基本は統合失調症、その上に、虚言癖と誇大妄想狂。文体とか見てもわかるわ。私主人が精神科医なの。勤務医なんだけど。

私、依然、統合失調症のクライアントに悩まされたことが有って、毎回来るたびに、いう事が違うの。嘘も平気でつくし。次に来るときは嘘をついたことを

完全に忘れ去っているの。そして常に強気。そのクライアントとは、結局弁護士契約破棄したんだけど。余命の爺さんにそっくり。

この人、「7月9日在日強制送還」や「韓国兵役帰国」や「在日あぶり出し」など、平気でデマを流しながら、何か、怪しいな~と思い出したら、8月ごろ自爆炎上して、姿を隠したわよね。

「そして、在日と電通にやられた」だなんて。同情を買って、三個の重大なデマについては、一言も謝罪してないじゃない。

とぼけているか、完全に忘れているか?その境界よね。境界性人格障害とでもいうのかな。

いずれにしても、相当にたちが悪いわ。兎に角、全てが嘘だと思う。

初代が死んだとか、2代目は家庭に事情で抜けたとか、全部作り話だと思う。

「インターネット犯罪」でよくあるタイプね。昨年の7月9日以降、ブログに粘着していた、在日が「帰国します」とあいさつに来たとか(笑)

在日の生活保護不正請求はどんどん摘発されているとか。証拠を出しなさいよ。って感じ。

★官邸メールが効いてる。・・・・これは絶対嘘。100%嘘。だって、入管の人が、「余命メール」を遮断するソフト修正を行っているくらいだから。

官邸だって、「日本の最高権力者の人」に一日何万通ものメールを出すなんて、こんな無礼は無いわ。普通の日本人はこんな非常識は絶対やらないです。

「予定上に進み過ぎてる」だってよく言うわ。

あなたが、倒れたら、安倍総理が引き継ぐなんて、だったら、総理とのツーショット写真ぐらい出しなさいよ。

★あの詐欺本を、取り扱わない、TSTAYAとヨドバシカメラに不買運動をかけろ。とか言ってるけど、やってる気配はないわよね。

あの爺さんの本を取り扱わない、書店は逆に「見識」が有ると思うわ。とても良識が有ると思います。そして、取り扱わないと「在日企業」とか「反日企業」とか、レッテルを貼るのよね(笑)

TSUTAYAさんの会長は、個人的に存じ上げてるけど、在日ではありません。お金持ちの息子さんですよ。

★後、長年の勘だけど、爺さんのサイトに投稿している人たちは、少数の工作員たちが、ID使いまわして、別人格を演じてるわ。必ずばれます。

人間、多重人格でない限り、そういつまでも複数の人格は演じられないわ。

★余命爺さんの、「詐欺の構造」はこうよ。

私も、稲田さんと同じで、安倍総理シンパだけど、平成になって一番「腕力」のある総理よ。「安保法制」も通したし、自分に批判的なキャスター、TBSの岸井正格、テレ朝の古舘、NHKの国谷裕子はみな降板させたわ。

時間はかけても、自分の狙う政策は必ず通してるわ。

だから、余命の爺さんは、戦後、吉田茂以来の力のある総理だから、国会での法案の成立でも、上手く行ったら「官邸メールが効いてる」って言い続ければいいのよ。

Q:伏見氏「余命の爺さんの学歴とか知能はどう思いますか?」

「少なくとも、大卒ではないわ。大学中退でもない。せいぜい中卒ぐらいね。先ず、日本語が下手。文章を書けない。中国の吉林省朝鮮族自治区の人民小学校ぐらいじゃないかしら。
法律関係は、知ったかぶりしてるけど、来日以降、法律に詳しい誰かに聞きかじったのよ」

 

Q:伏見氏「性格はどうですか?」

「プライドだけは高いけど、打たれ弱いタイプじゃないかしら」

 

Q:伏見氏「あの「余命一派」の将来について、コメントください」

「愚か者の一言です。妄想時事日記だけ、うだうだやっていれば、いくらでも、逃げ道が有りましたが。本を2冊出した時点で、逃げ道が無くなりました。しかも、基本的な間違いだらけの「詐欺まがいの本」です。

これで、爺さんと手下達は、刑務所の塀の上に立った状態です。何か今度、基金を集めるとか書いていましたよね。

「集団訴訟」をやりたいとか(笑)

法律の知識ゼロで、いったい何を集団訴訟したいのでしょうか(笑)

むしろ、今回の、間違いだらけの本を買った人から、集団訴訟されそうですよ(笑)恐らく、実際に、読者から、金を集めた時点で、「余命一派」は刑務所の塀の上から、内側に落ちるでしょう。

出版社の青林堂は、昔、左翼、今ヘイト本や、正体不明の著者に本を書かせています。
「井上太郎」なる実在を確認できない人物の本が、一市民を誹謗中傷して、訴えられて、昨年敗訴しました。

この出版社は、私が検事の頃から、公安や警察がマークしていた「いわくつきの出版社」です。

その出版社に「余命爺さん一派」と言う、得体のしれない集団が絡んだので、事件になる時は「世間を騒がす大事件」になるでしょう。

私の勘では、「余命一派」は中国人民解放軍総参謀付きの「工作員集団」が正体ではないかと思っています。

日本国民としては「憲法改正」に心を一つにしなければならない時に、「在日憎悪」に目をそらさせる。誰が一番得するかと言うと、中国ですよ。

もう既に、公安をはじめとして、様々な捜査機関が動き始めているはずです。

「余命一派」と言うのはもう先が長くないでしょう。

余命関連サイトは、既にネット上で様々な攻撃を受けていると嘆いています。

「在日」の組織を怒らせたんですね。

「在日」の攻撃が、ネットだけで終わればいいんですが、彼らの気性を考えると、最悪の事態を想定したほうがよさそうです。

(ここまで)

 

つづきます

 

猫科をそだてる犬

犬を育てるネコ

母の愛ですわ。

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。