※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2016年】余命三年時事日記との抗争㉚その後のその後

Sponsored Link

※余命三年時事日記、余命プロジェクトチーム、余命三年時事日記ハンドブック、余命三年時事日記ミラーサイト、の検証のための記事です。

2016-03-30

拙ブログへお越しいただきありがとうございます。 

掲示板があれていますね。そして余命も荒れています。

3月28日

546 朝鮮事案⑥(3月28日更新)

余命ブログはデマ、デマ、デマ。
余命ブログはコピペ、コピペ、コピペ。
上の文言は余命叩きの連中のフレーズである。これだけで単純に矛盾、論理が破綻していると思うが気がつかないのだろうか。
余命ブログの怖さは事実のコピペである。今回もコピペのラッシュである。

(ここまで)

 

もう、終わってるっぽい(笑)

更新が28日よりとまりましたね。逃亡したのかな。

Sponsored Link

 


3月30日

 
5つ星のうち 1.0 岐阜県連 VANK活動支援担当より同胞の皆様へ, 2016/3/21

一度本書を購入確認の上、同胞の皆様のお力で余命三年プロジェクトチームとやらの悪行を暴きましょう!。
本書籍の悪列で卑劣極まりない書籍内容を一つ一つ潰していく事、急務になります。

我々同胞がこれまで、日本で如何に虐げられて来たかを知らしめる為にぜひとも御協力願います。

また、各メディア企業勤務の同胞の皆様におかれましても、本書の非道で劣悪な悪意をテレビ・ラジオ・新聞雑誌等で
取り上げて頂き、断固糾弾していきます様御願い致します。

本書の虚偽内容理解の為、一読の際は各書店での購入の他に購買ルートを別途用意しておりますので
各支部まで御連絡下さい。

まずは本書籍の存在を大々的に世に知らしめ、総力を持って糾弾して行きましょう。

 
 
 
VANKとは、

歴史をねじ曲げるばかりか、領土を不法占拠し、告げ口外交で中傷する。日本をあらゆる側面からおとしめ、自国の利益に結びつけようとする朴槿恵(パク・クネ)体制下の韓国。
25日に大統領就任1年を迎え、反日姿勢をますます先鋭化させる気配だが、その対外広報戦略を担う組織にVANK(バンク)という団体がある。主にインターネットを駆使して工作を謀るため、現地では「サイバー外交使節団」とも呼ばれるという。この組織の正体と謀略の数々をノンフィクションライターの高月靖氏が緊急ルポする。

「日本海」の英語名は「Sea of Japan」。ところが古くから定着しているこの呼称に、いま奇妙な動きが起きている。今年2月6日には米バージニア州下院が、公立校教科書の「Sea of Japan」の呼称に「East Sea(東海)」の併記を求める法案を可決した。

「バージニアの法案はドミノ倒しの最初の1枚です」

法案可決の知らせに際して韓国メディアにこう語ったのは、「VANK」(Voluntary Agency Network of Korea)のパク・ギテ代表だ。

VANKはインターネットを主な舞台に、韓国の対外広報を行う民間団体。「サイバー外交使節団」とも呼ばれる。

(ここまで)

 

現在、★5つが、現在164個。
これでも異常ですが、随分減りました。

★5つが減ったのは、伏見氏が、アマゾンさんに余命本の内容が虚偽の記述がが多くあること、その本を販売することの危険性のことを教えて差し上げたこと。
さらには、購買者が本に対して適切な判断を阻害するのを避けるため、余命三年とハンドブックに共通して、★5つで評価しコメントしている工作員のコメントを削除するように親切にアドバイスをされたそうです。
300を超す★5つが、半減しました。

普通は、ベストセラーでも★5個は、多くても2桁でしょうけど、官邸メールのように数が勝負と思ってるのが痛いですね。
作者が朝鮮族であることを伏せて、朝鮮族・余命による民族の裏切りを、日本で虐げられている僕たち、に、すり替える気でしょうかね。

公安さん、きっちり捜査して、余命の出自を明らかにして取り調べしてもらわないと、余命が日本の世情を代表していると思われて、ややこしいことになりますよー。

でもねえ、慰安婦詐欺、歴史捏造、凶悪犯罪、、、、
余命三年の中身が嘘でも、これも事実なんですよね。

 

是は是、非は非として、民族、出自、階級に関係なく裁かれる社会こそが、真の平等が実現した理想社会だと思いますね。
法を通して対応していくしかなさげです。

 

アマゾン本ランキング1位

1位 動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット

2位はラノベ、あ2位はゲームの本なのかな?

平和ですなあ。
 
3月29日 安保法案施行 

【安保法施行】岸田外相「必要不可欠だ」 – 産経ニュ―ス

安全保障関連法が29日に施行されたことを受け、岸田文雄外相は同日午前の閣議後会見で「万が一に備え国民の命や暮らしを守る万全の態勢を敷くには、平和安全法制は必要不可欠なものだ」と強調した。

岸田氏はまた、同法について「米国、欧州、アジアなど多くの国々から支持、歓迎をいただいている。国際社会に対しても引き続き丁寧にわかりやすく説明していく」と述べた。

(ここまで)

 

・安全保障関連法を「必要」とする回答が57.4%

【安保法施行】岸田外相「必要不可欠だ」 – 産経ニュース

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が20、21両日に行った合同世論調査で、安全保障関連法を「必要」とする回答が57.4%に上ったことについて、同法廃止を夏の参院選協力の旗印とする野党幹部は22日、記者会見で調査結果への言及を避けた。

(ここまで)

 

AIIBの件もそうですが、左翼中韓よりのマスコミの印象操作に左右されない方が増えました。

・アメリカさまも歓迎

安保法施行、米国務省「同盟強化の努力歓迎」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

安保法施行、米国務省「同盟強化の努力歓迎」
安全保障関連法の施行を受け、アメリカの国務省は28日、「同盟強化にむけた日本の努力を歓迎する」として、評価する声明を発表しました。

(ここまで)

 

これが、伝統的に反日親中の民主党政権ですからね。

次の大統領が誰であれ、日米同盟は、双方の国家戦略の基軸になるのかなと思いますけどね。英国がAIIBの件でアメリカさまを裏切りましたから、余計に。

アメリカの国益を追及すれば、日米同盟強化の一択しかないのかなと思いますが。

 

安保法施行、各地で反対集会 – 「戦争法発動止めよう」 | マイナビニュース

安全保障関連法が施行された29日、国会前で反対する市民団体が集会を開き、主催者発表で約3万7千人が集まった。

参加者は「戦争法の発動止めよう」「施行反対」とアピール。札幌、大阪、沖縄でもデモや集会が行われ、反対と抗議の声が各地で上がった。

 国会前の集会は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」や、大学生らの「SEALDs(シールズ)」が呼び掛けた。

シールズの大学生植田千晶さん(20)は「野党共闘が希望。次の選挙で与党の議席を減らし安保法を廃止したい」と話した。

(ここまで)

 

明日で、3月が終わりますね。

台風上陸中に、ジェットコースターに乗ってるような3月でしたわ。

続きます。

 

※余命との長い長い抗争の記録です。

※一条の会との抗争の記録です

※イザー=BB覚醒日記=トドコ、ふぶきの部屋、カナダの我儘親父たちとの抗争の記録です

可愛い画像

蛇の恋だそうです。ほほえましいですね。

そして、草むらに消えていく。

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。