※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2018年】⑳余命三年時事日記 弁護士の世界の修羅場

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。定点観測として、余命三年時事ネタを、、

こちらからの続きです。

懲戒請求は弁護士会は不受理だったんでしょ?弁護士会でストップしたんでしょ?なら何の損害もないでしょ?誰に何の訴訟をするの??カンパ貰ったんでしょ?正当な理由なくカンパを集めたんでしょ?

これ、弁護士の立場を利用して不当に資金を集めた事にならないの?

2017年12月25日

東京弁護士会 会長 渕上 玲子

日本弁護士連合会および当会が意見表明を行ったことについて、特定の団体を介して当会宛に、今般953名の方々から、当会所属弁護士全員の懲戒を求める旨の書面が送付されました。

これらは、懲戒請求の形で弁護士会の会務活動そのものに対して反対の意見を表明し、批判するものであり、個々の弁護士の非行を問題とするものではありません。弁護士懲戒制度は、個々の弁護士の非行につきこれを糾すものであって、当会は、これらの書面を懲戒請求としては受理しないこととしました。

弁護士懲戒制度は、国民の基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする弁護士の信頼性を維持するための重要な制度です。すなわち、弁護士は、その使命に基づき、時として国家機関を相手方として訴えを提起するなどの職務を行わなければならないことがあります。このため、弁護士の正当な活動を確保し、市民の基本的人権を守るべく、弁護士会には高度の自治が認められており、弁護士会の懲戒権はその根幹をなすものです。

弁護士会としてはこの懲戒権を適正に行使・運用しなければならないことを改めて確認するとともに、市民の方々には弁護士懲戒制度の趣旨をご理解いただくことをお願いするものです。

 

事実関係の把握に難があり過ぎですよ。

もう少しまともに情報収集してからご発言されることをお勧め致します。

 

あのー。懲戒請求が不受理なのだから当該弁護士には何の損害も無く、訴訟をする理由が無いのですが

・・・やる価値どころか理由が無いですよ?

 

いや、だから、事実関係を・・・。無駄か・・

 

いちいち説明しませんよ、分からん人ほっときますよ。

というのを話す芸人さんのことを思い出した・・・。

 

ちなみに、300万円の支払いを命じた東京地判平成15年10月15日は、以下のように判示しています。

「本件懲戒請求の内容は,いわば難癖をつけるという種類の低次元のものであり,

これにより原告が懲戒を受ける可能性は小さかったと思われる。

以上

 

余命側としては、懲戒請求は当然の権利とされていますが、意味のない難癖をつけるための懲戒請求は、業務妨害になるので制裁があるいうことです。警察に電話をするのは合法であり市民の権利ですが、度を越して頻繁な回数で、かつ、意味のない内容での通報は業務妨害になるのと同じです。

余命にせよ、信者にせよ、法律知識を誤ってインプットされている風ですが、だれが、インプットするんでしょうか。

 

Sponsored Link



 

大量の懲戒請求をされた弁護士のうちの佐々木弁護士北弁護士が、懲戒請求者を告訴しましたが、余命に、だまされた人たちへの温情から、和解という手段を提示しておられます。

それに対して、逆恨みをしていきり立つ人も多く、ねちこく絡むツイートが絶えません。

 

お菓子を食べたら少し満たされたため、反省してブロックしていた人を解除しておいた。

ごめんね。

 

日本語でOK

懲戒請求者に対して脅迫と慰謝料を請求された慰謝料を請求したらいいよ、

早速俺も懲戒請求してこっとw

権利に対する慰謝料請求してみ?

 

日本語でOK

 

アホな質問には絵文字でお返事

懲戒請求の件で和解してあげるから10万円下さい。

 

(´・c_・`)??

 

それが妥当なラインだと思いますよ?

 

( ゜_ ゜)?

 

分からないなら無理しなければ?背伸びするのはみっともないですよ。

 

(´・ω・`)?

 

何も言い返せなくて顔文字で対抗してるんですかね?

 

(´・c_・`)

 

慰謝料総額上限説

「慰謝料総額上限説」って、集団でいじめを行いたい人にはまさに垂涎の理論ですね

 

産経の対応 非通知電話→深夜のメール→早朝記事

午前中に携帯にお電話いただいたけど非通知設定だったしな産経の記者さん。何事かと思ったよ。

なお別件対応中で出られず。

 

新聞記者で、非通知設定でかけてくる人なんているんですね。。。

 

昨日の夜22:30にメール投げてきてコメントくれ、というのはこの記事のためだったのか。産経新聞。

【産経】大量懲戒請求された弁護士の提訴予告は「品位失う非行」 市民団体代表の男性が懲戒請求

 

Sponsored Link



 

弁護士さんの世界の修羅場

懲戒請求にたいする訴訟はけしからん、ということで2人の弁護士さんを非難する弁護士もでてきます。橋下徹氏もその一人。さらには、お二人に懲戒請求をした弁護士が登場。弁護士が「品位がない」という理由で弁護士を懲戒請求することに。

【産経】大量懲戒請求された弁護士の提訴予告は「品位失う非行」 市民団体代表の男性が懲戒請求

https://www.sankei.com/affairs/news/180524/afr1805240004-n1.html

インターネット上のブログで扇動され、延べ計約4千件の懲戒請求を受けた東京弁護士会(東弁)所属の弁護士2人が、対抗措置として請求者を相手取り民事訴訟を起こす方針などを表明したのは「懲戒請求者を萎縮させるもので、弁護士としての品位を失うべき非行に当たる」などとして、市民団体の男性(63)が、東弁に2人の懲戒請求を申し立てたことが23日、分かった。申し立ては21日付。

男性は弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」所属。男性が懲戒を求めたのは佐々木亮弁護士と北周士(かねひと)弁護士で、東弁が平成28年4月、朝鮮学校への補助金支給を求める声明を出したところ、昨年6月以降、声明に賛同したことを理由に佐々木氏を含む東弁の10人に190人から懲戒請求が出された。

その後、ブログが懲戒請求を呼びかけていたことが判明。ツイッターで佐々木氏を擁護する投稿をした北氏にも請求が相次ぎ、これまでに2人に対し延べ計4千件の請求が寄せられた。

2人は今月16日に記者会見を開き、「不当な懲戒請求を受けた」として請求者約960人を対象に、1人あたり60万円の損害賠償を求める訴訟を起こすと表明した。同時に、慰謝料10万円の支払いを条件に和解に応じる姿勢も示した。

男性は2人への懲戒請求申立書で、会見を開いて訴訟提起を予告し、和解金を支払えば訴訟を取り下げると表明することは「脅迫行為に相当することも否定できず、完全に弁護士倫理に反する」としている。

日本弁護士連合会によると、朝鮮学校の補助金に関する声明をめぐっては、昨年1年間だけで全国の21弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられている。

以上

 

昨夜22時30分に私のコメントを求めるメールを投げ、今朝5時に既に記事になっているのは、メールは単にアリバイ作りなんだろうね。こういうやり方はとても不愉快。

 

濫用的懲戒請求が弁護士会に13万件届いたことも記事にしなかった。

その濫用に対して弁護士が訴訟を提起したことも記事にしなかった。

でもその弁護士に対して60代の男性が1通の懲戒請求をかけたら記事にする。

産経新聞さんはどういう基準で記事を作成しているのだろうか。

 

いやマジで訴訟&刑事告訴前に和解を勧告すると品位を害して

いきなり訴訟提起or刑事告訴をすると品位を害さないって思考回路が分からん。

そんなに裁判所が好きなん?

以上

 

・「懲戒請求者を萎縮させるもので、弁護士としての品位を失うべき非行に当たる」などとして、市民団体の男性(63)が、東弁に2人の懲戒請求を申し立てをおこなった。

・男性は弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」所属。

※ttps://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii

・この呼びかけに応じて、さらに懲戒請求がおくられたそうな。

 

今回の懲戒請求をした人は集団懲戒の方にも関わっているのかしら。

もし関わっていないとしたら全くの第三者が訴訟前の和解勧告はけしからんと言って懲戒請求をしてきたことになるわけで

それこそ集団懲戒請求をした人をさらなる沼に引きずり込むようなことになるのでは…。

 

和解するという呼びかけが懲戒に当たるという請求にも、真面目に相手しなければならないのが弁護士の懲戒制度なのである。

以上

 

④しかし弁護士会は、この弁護士たちを守るために市民からの懲戒請求は全て却下するだろう。

なぜならこの弁護士たちは弁護士会のお気に入りだから。

同じことを僕がやったら弁護士会は即懲戒処分をくらわしてくるね。僕には不適切な表現を理由に業務停止2か月をくらわしてきたからね。

 

私、弁護士会に気に入られていたのか! (#^.^#)

 

俺は弁護士会のお気に入りだったのか…。知らんかった…。その割に冷遇されているような。

 

苛酷な世界のようです

同期同クラスの弁護士が自死されたという話を聞いた。優秀で人柄も良く、クラスのまとめ役だっただけにショック。

実はクラスで2人目(他にもいるかも)。改めてこの業界はメンタル管理が大事だと痛感。

以上

 

厚生大臣の不信任案に反対を投じた細野議員、高プロ反対の弁護士さんにたいする攻撃をする橋下さん、すなわち、体制側に媚びがみられますね。もしかして、次の選挙で、自民公認を期待してるのかな、、まさかね。

続きます。

cat shake GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。