※人気ブログランキングに参加しています

秩父宮雍仁親王➃父・大正天皇、大室顔と大隈顔、

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

続きですが、、、

疑惑・大正天皇と大正天皇の実父は大隈重信

大正3年、第一次世界大戦が勃発し、日英同盟に基づいて参戦。勝利国になります。

このときの宰相が大隈重信なんですね。

首相・大隈重信、外相・加藤高明は、8月15日の御前会議で参戦を決定しました。大正天皇はこれを強く支持しました。旧時代の怪物・山県有朋が猛反対したのにもかかわらず、です。

大隈重信、、、そうです。大正天皇の実父じゃないのかといわれている人です。

大正天皇と大隈重信。肖像画である可能性があるのですが、本人に似せて書いているものどうし並べるとやはり似ています。

仮に、このお二人の関係が真実の親子だとしてみましょう。平安時代の摂関政治は、天皇の外戚が要職を独占し行政を切り盛りする体制でしたが、大正天皇即位後は、それににた体制になっていたことになります。

「元老」山県の圧力による大隈重信の辞職、そして、皇太子・裕仁派による大正天皇を「ご病気」とレッテル貼っての追放と暗殺が事実なら、

「英国派&大正天皇と実父による親政」対「アメリカ派=山形&裕仁天皇と実父西園寺派」の対立、

という、今までと違った光景が見えてきます。

そして、大正天皇は虚弱で精神疾患をもっているという印象操作を拡散させ、摂政裕仁皇太子に実権がうつった様は、平成の生前退位のプロセスと驚くほど似ています。

 

Sponsored Link



 

疑惑・大正天皇もまた、複数いたのかもしれない

こちらは大正天皇ですが、、、

①②は同一人物、➃は身長がちがう別人かもしれませんね。➃が正面を向いて顎を出し気味にして直立しても、①②にはならないのではないかと思います。

 

⑤は、細部を見る限り、肖像画だと思うんですね。貴人の顔をちらりと見てスケッチしたあと、後日、トルソーに装着された貴人の装飾品や衣装をみながら画家が描いたものだと思うんですが、。

 

①②は大隈重信に似ており、

 

➃は①②より、かなりの長身で、風貌は大室寅之助に似ている気がします。

おおざっぱですが、頭部の大きさを合わせて並べてみました。➃が背筋を伸ばして直立すると、①②より10センチは少なくとも高くなりそうです。

というか、最初この写真を見たとき、明治天皇が孫を連れているのかなと思いました。大正天皇なんですね。このかた。

 

中央と右の明治天皇は肖像画と思われますが、左の大正天皇を画家が美化して描いたら、中央と右の顔ににたものになりそうです。髪もくせ毛ですし。

 

大正天皇の御真影(肖像画を写真におさめたもの)は、いずれも、左右で片目ずつちがう形をしていますが、、

A大隈顔と、C大室顔を合わせて、Bの肖像画のテンプレとして御真影を生産してたのかな、、、、、とか、考えてしまいます。

Aの大室顔の大正天皇は徳仁2号のように剛毛くせ毛ですね。

大陸の異人種の血がはいってそうです。

大正天皇はほんとうに「虚弱」で「精神疾患をもつ狂帝」だったのかどうか、鬼塚史観のフィルターで見てみたいと思います。

続きます

 

大きいネコの子

baby animals love GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • 春の園遊会のニュースを見て思ったんですが、ミチコさんの声が全然違う(笑)ちょっと笑ってしまいました(笑)
    なんでニュースで流したんだろう?と思うくらい違うんですけど、でれでれ様も是非聞いてみてください。

    • ありがとうございます。
      確かに違いますね。なんでながしたんでしょうね。合成もできるのに。不思議です。

  • 今日、花田和凱の『月刊Hanada』の桐島洋子インタビューを読んでみたら、81歳の桐島さんは幼い頃に上海で過ごしたそうです。文藝春秋の編集者で未婚の母として桐島かれん、ノエル、ローランド三姉弟を出産、作家としての肩書きですが、デビュー作の料理エッセイ以外代表作はありません。父方の祖父は三菱の大番頭、母も令嬢で上海社交界の華と呼ばれたとか。世に出続けている人は、上海つながりのなにかがあるかも、と思った次第です。

    • 正田富美も上海出身でしたが、鳩山由紀夫さんの奥さんが上海で生まれたとかで、中国語がぺらぺらだそうです。
      こうした方々は、日本人疎開にいた方では無さげですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。