※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

世界の闇と真実|(後)イルミ系アメリカ・ロック王朝もオワコンなのかな?

Sponsored Link

(前)からのつづきです

イルミのエースにして親中ザッカーバーグの敗北

フェイスブックであつめた個人情報を、どっかの国に渡していたそうで、イルミちゃんが育てたエース的存在だったと思うんですが、無双とはいかず、つるし上げになり非難ごうごうでした。

ザッカーバークさん、イルミちゃんの家系の人であり、イルミちゃんに選抜され、イルミちゃんに育てられた人だと思うんですが、、、

9. イルミナティの学校には6つの修業がある

http://karapaia.com/archives/52237218.html

イルミナティを運営する家系の血を引く子どもたちは、普通の公立学校には行かない。特殊な学校に通い、さまざまな方面から人々を操る方法を学ぶという。

そこには6つのおもな修業がある。軍事、政府、精神、学問、リーダーシップ、科学だ。あらゆるイルミナティの子どもたちはこれらを修了しなくてはならないが、ひとつの分野で特に秀でる。

こうした子どもたちは卒業後、得意な分野でもっとも影響力を発揮できるポジションで仕事を得て、そこから世界を牛耳るのだ。

だから、陰謀論者たちはこの世で影響力のある人たちは、いずれもすべてイルミナティだと信じている。

以上

米国議会でも、欧州議会でつるしあげられたザッカーバーグさん。株価が大暴落。嫁さんは中国の人。ザッカーバークさんと、若いころのビルゲイツと風貌が酷似しているので、もしや、といわれています。

ザッカーバーグ氏、FBユーザー以外の情報収集認める

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-12/P71QHP6JTSEN01

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は11日、同社のサービスにユーザー登録していない消費者の情報も収集していることを認めた。

以上

https://www.bbc.com/japanese/44220119

米上院の公聴会では、議員が1人ずつザッカーバーグ氏に厳しい質問を投げかけ、質問中にもやりとりがあった。

しかし欧州議会では、さまざまな会派がそれぞれいくつか質問をし、ザッカーバーグ氏は全ての質問が終わるまで待つ必要があった。

以上

欧州と米国の国民性がでますね。なによりも、イルミちゃんの、エース中のエースすら守りきることができない時代になった、というのがよくわかります。

 

 

Sponsored Link



 

もともと、ソ連をつくったのは、イルミ王のロックさんだったんですが、、、

ソ連・中国共産党と一体化したアメリカ・イルミ王のロックさん

『ユダヤ・プトロコール超裏読み術』  矢島釣次

P77

 

さらには、ロックフェラーをはじめとするアメリカとヨーロッパの大資本家たちによって、ロシア市場の独占支配のために送り込まれたとするのは無理であろうか

実はこの疑問に答えるような、トロツキー自らの談話が『ニューヨーク・タイムズ』紙上に残されている。

「革命、それも酷い革命になるであろう。それがどういう方向に向かっていくかは、ロックフェラー氏が、ヘイグ氏に話す内容に依存するであろう。ロックフェラー氏はアメリカの支配階級のシンボルであり、ヘイグ氏はその政治的道具のシンボルであるからである」

転載ここまで

ロックさんの家の方々は、冷戦中も、ソ連とは自由に行き来ができたらしいですね。ロック家のかたが、ご商売でソ連に来たことを記念して、お嬢さんに、ソ連・ロシアの河の名前である「ネヴァ」という名前にしたというエピソードを、読んだことがあります。

そして、冷戦時代、万年不作続きのソ連の食糧事情をささせてきたのが、アメリカからの食糧の輸入だったことが判明しています。

資本主義の総本山アメリカの王様が、じつは共産主義者で、共産国を援助し続け勝たせ続けたというのは、イルミちゃんにようる、残酷なウソップ物語だったようで、冷戦という芝居に、世界中が騙されていました。

 

次の覇権国家は中国に決めたロックさん、が、しかし、

ロック家の方針としては、せっせと、中国のイルミ王「李家」と閨閥を作って親戚になり、アメリカの技術を中国に売り渡し、覇権を中国に移して、アジアをぐちゃぐちゃにして一つの経済圏にして、そこに君臨し、世界皇帝になろうとしたみたい。

でも、ほかの家からの反発もあるわけで、それが爆発したのが、トランプ当選であり、昨今の米中貿易戦争のようです。アメリカ支配層が、イルミの都合に添う人ばかりではなく、一枚岩でないことがわかりますね。

 

改めて書くまでもないことですが、フランス革命でルイ16世夫妻が処刑されたのは、「贅沢したからではなく国を裏切ったから」でした。

ロックさんとこ、王様なのに、ずーっと、アメリカを裏切ってましたね。アメリカ支配層もふくめて、国民は、ロックさんとこの人たちのことを、どうみてるんでしょ。

 

思うに、朝鮮人と中国人のでたらめさは、ロックさんの想像をこえていたのでは

中国は、橋ひとつ満足に作れませんからね。中国人のでたらめさと、アホさは、ロックさんのキャパを大きく超えていたのかなと思います。

2017年 中国企業手掛けたケニアの橋、完成前に崩落 総工費14億円

https://www.cnn.co.jp/world/35103726.html?ref=yj

(CNN) ケニア西部で総工費1200万ドル(約14億円)をかけて中国企業が建設していた橋が、完成を目前にして崩落したことが4日までに分かった。現場は同国のケニヤッタ大統領が2週間前に視察したばかりだった。

崩落したのはケニア西部ブシア郡で中国の建設会社が建設していたシギリ橋。これまで政府の開発プロジェクトから置き去りにされてきた地域にあり、2014年には川を渡ろうとしたボートが転覆して十数人が死亡する事故も起きていた。

以上

韓国にもいえますが、、

韓国企業が受注し、パラオに橋をつくったはいいが、半年でガラガラポン。

結局、パラオに、日本がODAで橋を作ったという話。有名な話ですね。

韓国がつくったビルは、必ず傾くらしい。

韓国企業が施工したラオスのダムが決壊 数百人が行方不明、

しかし、アメリカのリベラル派の、親韓ぶりは病気ですね。慰安婦詐欺にかんして、いまだに銅像立ててやったり、いまだにマスコミが性奴隷がどうとか言ってますからね。おそらくは、ロック家の人たちが、朝鮮の貢女に子供を産ませているからだと思うんですね。

中国の新の支配者が「李家」だったとしても、結局、統治できませんでしたね。大地は毒まみれ、環境汚染は深刻で、もう、手遅れだそうです。

3人羽織の三人目の方々の、ロックさんやロス茶さん、李家などに対する評価が知りたいですね。

ロックさんとこの家とその一派が、中国共産党と心中することになるのかも。

ああ@メシウマ

そして、そのときは、3人目の羽織の人たちも、一緒に巻き込んでほしい。

 

Sponsored Link
Sponsored Link