※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇と真実|④フランスに招待された徳仁皇太子と元FBI支部長の暴露

Sponsored Link

中段からの続きです。

 

動画 元FBI支部長がイルミナティを暴露 1987年

https://ameblo.jp/souldenight/entry-12226372878.html

※以下、翻訳された字幕を転載します。

続きです。

つまりどういう話wしているかというと、、、

米国ではあらゆる個人、団体、組織に、重複するメンバーがかなりいますが、、

このイルミナティの原動力の一つは悪魔崇拝カルトなのです。

 

イルミナティの原動力の一つは悪魔崇拝カルト

かくいう私も初めは「は?なんだそりゃ」という感じでした。

聖書でよんだことがあった以外は、悪魔崇拝について考えたことなどなかった。

でも、とにかく前に進みました。

アリスター・クローリーというひとの情報から多くを学びました。

クローリーの名前は「HOLY(聖なる)」と韻を踏んでほしいようです。

悪魔崇拝主義者たちの教科書は昔から、クローリー氏の哲学、著書です。

そこにはなんと書いてあるのでしょう。どんな教えでしょうか。
 
 
Sponsored Link



 

「血の犠牲」「血こそ命、、、」

「血の犠牲」「血こそ命、、、」

94ページにはこうあります。

「敵の心臓と肝臓を切り取り、まだ温かいうちにむさぼり食う野蛮人の習慣をバカげたことだと非難するのは賢くない」

「いずれにせよ、古代の魔術師たちの理論はこうだった」

「生き物は、皆、すべてエネルギーの貯蔵庫だ」

「その量は、生き物の大きさと健康状態によって違う」

「その質は、精神的、倫理的性質によって違う」

「エネルギーは、その動物の死によって突然解放される」

「だから、そのエネルギーが逃げないように、動物は”円”の内側—悪魔崇拝の縁ですね—-または三角形の内側で殺されるべきだ」

「儀式の性質に会う性質の動物を選ばなければならない」

「軍神を呼び出す魔術師には、適切な量のたけだけしいエネルギーが有用だ」

「それはメスの子羊を犠牲にしても得られない」

「そのような場合には童貞の雄羊がふさわしい」

「それが固有荷物潜在的なエネルギー総量がまるまる残っているからだ」

 

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

次をよく聞いてください。

「ベストな霊的結果を得るには選ばなくてはならない」

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

人間の生贄の話ですよ、皆さん。

悪魔崇拝主義者は現在米国に300万人いると思います。

私には情報提供者たちがいます。

人口20万人のLAには、3000人の悪魔崇拝者がいるようです。

有名な保育園での事件、マクマーティン事件がおきた場所です。

人口10万人のアイオワ市に15000人、

ここまでの平均は人口の1.5%です。

とにかく、、、これは人間の生贄の話です。

毎年、5万—6万の子供がいけにえにされています。

悪魔主義には8つの祝日があります。

ほかにもありますが、全員が守る基本的な祝日は8つです。

クローリーの本に戻りますが、、、、

ちなみに、さっき話した人間の生贄のことは、

私が発明したのではなく、この本にかいてあるんですよ。

この宗教、、とよびたければね、、、

以上

 

消えた本物の悠仁さまの行方

「ベストな霊的結果を得るには選ばなくてはならない」

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

管理人がこの動画を見て思ったのは、悠仁様。垂れ目の本物の悠仁様。

311を境に、3歳のときに御一家まるごとすり替わり、行方不明になりました。

 

左:本物の垂れ目の悠仁様、右:偽物の釣り目の悠仁様

「秋篠宮 偽物 垂れ目」の画像検索結果

本物の悠仁様、、

5月1日のイルミ系ナルの即位の儀式の生贄にするために、悠仁様が軟禁され飼育されていたらどうしよう。

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • でれでれ草 さま

    トリイ・ヘイデン著「幽霊のような子」は悪魔崇拝の犠牲になりかけた女の子が主人公です。
    複数の人間が、両親までもが悪魔崇拝のために我が子を生贄にしようとします。
    1980年代に書かれたと考えられます。
    よろしければご一読ください。

    • ありがとうございます。
      ビリーミリガンの話も同じころ書かれたと記憶しています。
      後年、シスコさんの著書を読んで、ああ、あれはこのことだったのかとわかりました。
      隠していたものが、噴き出してた時期だったのかもしれませんね。

  • でれでれ草さま

    スティーブン・キングの「ドクター・スリープ」という小説は、悪魔崇拝の儀式の生贄ではありませんが、超能力を持つ少年少女をさらって、苦しめて殺し、そのエネルギーを「吸って」数百年も長生きしているグループの話です。

    苦しめるほどに、良いエネルギーが取れるとか。

    キリスト教以前の宗教は生贄を要求することが多く、でれでれさまが以前書いておられた、バアル信仰などは、子供を生贄にする事が当たり前だったようですから。
    ヨーロッパや中近東の元々の神は生贄を要求する神。神秘主義などと謳っているグループのベースはそういう古い神への信仰だと思われます。

    バアルを信仰する地域には、エルという神もいるのですが、このエルは、イスラエルのエルであり、ミカエルなど天使の名前に入っているエルです。
    つまり、根本はいまだにバアル信仰なのではないかと思うのです。

    人の命に対する感覚が日本人とは違う。
    いえむしろ、日本人だけが違うのかも知れません。
    生贄を要求する神を信仰していた南米やアフリカでは、キリスト教に改宗すれば生贄を捧げなくて済むという宣教師の言葉に喜んで、従来の信仰を捨てたそうですから。
    日本で宣教が失敗した一因は、神様が穏やかであった事ですから。

    書いていて、この話既にでれでれ草さまが記事にされていた気がしてきました。
    もしそうでしたら、失礼しました。

  • 萩尾望都さんと言えば『偽王』ですね。
    祭り上げられている偽皇族は、あの贖罪者のような結末を迎えるのではと思います。
    ただ、やはり後ろで糸を引いている黒幕(長老議会)は裁かれないのでしょうね…

  • たれ目の悠仁様以上の男児はこの世に存在しません。今の偽皇室からして今後も悠仁様以上の男児は誕生しないでしょう。
    その悠仁様を来年5月1日のイルミ系ナルの即位の儀式の生け贄にしたとして、完全に日本乗っ取りが完了しても、その後もことあることに儀式を行うとして、生け贄はどうするんでしょうか?
    悪魔は唯一無二の悠仁様以上の男児を要求してくると思います。悪魔なんて所詮は悪霊、もっともっと要求を高めてきて、行方不明になっている子供たちを何万人捧げられても納得しないと思いますよ。
    悠仁様以上の男児を連れて来れないのなら(だって世界中どこ探したって悠仁様以上の男児は存在しない)、とその時がイルミ終了でしょうね。
    結局、悪魔(悪霊)頼みは、破滅が待ってますよ。
    イルミが拝んでいる悪魔も雑多悪霊の集合体でしょうね、だからこそ悪質ですが。

  • いつもドキドキ(多少ワクワク?)するような記事を読ませていただきありがとうございます。

    世界の闇は本当に深いですね。
    政治・経済・皇室&王室・芸能の世界も、例の方々の思惑で作られているのですね。
    日本ではカントリー・ロードが有名な、カントリー歌手のジョン・デンバーだったと思いますが、生前グラミー賞の式で、長く活躍されてる秘訣は?みたいなことを訊かれ、そういう契約だからね、とボソッと答えていた記憶が。
    レコード会社との契約、という意味ではないんですよね、コレ。多分、ツノのはえた何かがいるような場で契約したことではないかと。
    ジョン・デンバーも偽物?影武者?がいたのでしょうか、何本ものライブ映像を検証していたブログもありました…(映像は観ていません、スミマセン。)
    2016年末の紅白歌合戦も、出る人出る人、何故か衣装が黒ばかりで、椎名林檎に至ってはモロに喪服みたいで、なんなんだ?と思っていたら、
    世界の大物が亡くなったから喪に服してるみたい、と掲示板にあり、当時は分かりませんでしたが、デヴィッド・ロックさんのことなんですよね。時期は微妙にずれてますが。
    日本の芸能人や歌手が喪に服してるところを見せても、ロックさん一族は芸能人知らないだろうに。NHKと電通からの要請でしょうか。

    萩尾望都さんのネタがあるので、私も便乗。「マージナル」という大好きな作品がありますが、あれもまさにイルミナティ的世界。地球が実験場、プロジェクトにしてる一族が登場。1985年発表。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。