※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇と真実|④フランスに招待された徳仁皇太子と元FBI支部長の暴露

Sponsored Link

中段からの続きです。

 

動画 元FBI支部長がイルミナティを暴露 1987年

https://ameblo.jp/souldenight/entry-12226372878.html

※以下、翻訳された字幕を転載します。

続きです。

つまりどういう話wしているかというと、、、

米国ではあらゆる個人、団体、組織に、重複するメンバーがかなりいますが、、

このイルミナティの原動力の一つは悪魔崇拝カルトなのです。

 

イルミナティの原動力の一つは悪魔崇拝カルト

かくいう私も初めは「は?なんだそりゃ」という感じでした。

聖書でよんだことがあった以外は、悪魔崇拝について考えたことなどなかった。

でも、とにかく前に進みました。

アリスター・クローリーというひとの情報から多くを学びました。

クローリーの名前は「HOLY(聖なる)」と韻を踏んでほしいようです。

悪魔崇拝主義者たちの教科書は昔から、クローリー氏の哲学、著書です。

そこにはなんと書いてあるのでしょう。どんな教えでしょうか。
 
 
Sponsored Link



 

「血の犠牲」「血こそ命、、、」

「血の犠牲」「血こそ命、、、」

94ページにはこうあります。

「敵の心臓と肝臓を切り取り、まだ温かいうちにむさぼり食う野蛮人の習慣をバカげたことだと非難するのは賢くない」

「いずれにせよ、古代の魔術師たちの理論はこうだった」

「生き物は、皆、すべてエネルギーの貯蔵庫だ」

「その量は、生き物の大きさと健康状態によって違う」

「その質は、精神的、倫理的性質によって違う」

「エネルギーは、その動物の死によって突然解放される」

「だから、そのエネルギーが逃げないように、動物は”円”の内側—悪魔崇拝の縁ですね—-または三角形の内側で殺されるべきだ」

「儀式の性質に会う性質の動物を選ばなければならない」

「軍神を呼び出す魔術師には、適切な量のたけだけしいエネルギーが有用だ」

「それはメスの子羊を犠牲にしても得られない」

「そのような場合には童貞の雄羊がふさわしい」

「それが固有荷物潜在的なエネルギー総量がまるまる残っているからだ」

 

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

次をよく聞いてください。

「ベストな霊的結果を得るには選ばなくてはならない」

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

人間の生贄の話ですよ、皆さん。

悪魔崇拝主義者は現在米国に300万人いると思います。

私には情報提供者たちがいます。

人口20万人のLAには、3000人の悪魔崇拝者がいるようです。

有名な保育園での事件、マクマーティン事件がおきた場所です。

人口10万人のアイオワ市に15000人、

ここまでの平均は人口の1.5%です。

とにかく、、、これは人間の生贄の話です。

毎年、5万—6万の子供がいけにえにされています。

悪魔主義には8つの祝日があります。

ほかにもありますが、全員が守る基本的な祝日は8つです。

クローリーの本に戻りますが、、、、

ちなみに、さっき話した人間の生贄のことは、

私が発明したのではなく、この本にかいてあるんですよ。

この宗教、、とよびたければね、、、

以上

 

消えた本物の悠仁さまの行方

「ベストな霊的結果を得るには選ばなくてはならない」

「完全に無垢で高い知性をもった少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

管理人がこの動画を見て思ったのは、悠仁様。垂れ目の本物の悠仁様。

311を境に、3歳のときに御一家まるごとすり替わり、行方不明になりました。

 

左:本物の垂れ目の悠仁様、右:偽物の釣り目の悠仁様

「秋篠宮 偽物 垂れ目」の画像検索結果

本物の悠仁様、、

5月1日のイルミ系ナルの即位の儀式の生贄にするために、悠仁様が軟禁され飼育されていたらどうしよう。

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

10 件のコメント

  • でれでれ草 さま

    トリイ・ヘイデン著「幽霊のような子」は悪魔崇拝の犠牲になりかけた女の子が主人公です。
    複数の人間が、両親までもが悪魔崇拝のために我が子を生贄にしようとします。
    1980年代に書かれたと考えられます。
    よろしければご一読ください。

    • ありがとうございます。
      ビリーミリガンの話も同じころ書かれたと記憶しています。
      後年、シスコさんの著書を読んで、ああ、あれはこのことだったのかとわかりました。
      隠していたものが、噴き出してた時期だったのかもしれませんね。

  • でれでれ草さま

    スティーブン・キングの「ドクター・スリープ」という小説は、悪魔崇拝の儀式の生贄ではありませんが、超能力を持つ少年少女をさらって、苦しめて殺し、そのエネルギーを「吸って」数百年も長生きしているグループの話です。

    苦しめるほどに、良いエネルギーが取れるとか。

    キリスト教以前の宗教は生贄を要求することが多く、でれでれさまが以前書いておられた、バアル信仰などは、子供を生贄にする事が当たり前だったようですから。
    ヨーロッパや中近東の元々の神は生贄を要求する神。神秘主義などと謳っているグループのベースはそういう古い神への信仰だと思われます。

    バアルを信仰する地域には、エルという神もいるのですが、このエルは、イスラエルのエルであり、ミカエルなど天使の名前に入っているエルです。
    つまり、根本はいまだにバアル信仰なのではないかと思うのです。

    人の命に対する感覚が日本人とは違う。
    いえむしろ、日本人だけが違うのかも知れません。
    生贄を要求する神を信仰していた南米やアフリカでは、キリスト教に改宗すれば生贄を捧げなくて済むという宣教師の言葉に喜んで、従来の信仰を捨てたそうですから。
    日本で宣教が失敗した一因は、神様が穏やかであった事ですから。

    書いていて、この話既にでれでれ草さまが記事にされていた気がしてきました。
    もしそうでしたら、失礼しました。

  • いまアニメ化されて、海外でも熱心に視聴されている
    「バナナ・フィッシュ」も児童虐待、同性愛、売春に
    まつわる作品です。
    すぐれたクリエイターは深層意識が時代とシンクロ
    するのでしょうが、(この人に指示してこういうものを
    書かせよう)なんてこともあるかもしれませんね。

    perimariさんのブログで、萩尾望都氏について
    あれこれ考察されているのを読んで、動揺しました。
    マンガや小説に対する見方がまた若干変わりそうです。

  • 萩尾望都さんと言えば『偽王』ですね。
    祭り上げられている偽皇族は、あの贖罪者のような結末を迎えるのではと思います。
    ただ、やはり後ろで糸を引いている黒幕(長老議会)は裁かれないのでしょうね…

  • たれ目の悠仁様以上の男児はこの世に存在しません。今の偽皇室からして今後も悠仁様以上の男児は誕生しないでしょう。
    その悠仁様を来年5月1日のイルミ系ナルの即位の儀式の生け贄にしたとして、完全に日本乗っ取りが完了しても、その後もことあることに儀式を行うとして、生け贄はどうするんでしょうか?
    悪魔は唯一無二の悠仁様以上の男児を要求してくると思います。悪魔なんて所詮は悪霊、もっともっと要求を高めてきて、行方不明になっている子供たちを何万人捧げられても納得しないと思いますよ。
    悠仁様以上の男児を連れて来れないのなら(だって世界中どこ探したって悠仁様以上の男児は存在しない)、とその時がイルミ終了でしょうね。
    結局、悪魔(悪霊)頼みは、破滅が待ってますよ。
    イルミが拝んでいる悪魔も雑多悪霊の集合体でしょうね、だからこそ悪質ですが。

  • 萩尾望都の漫画、面白くて好きだったけど
    ゴーストライター説があるんですね
    全部が嘘ではないだろうけど、ちょっと信憑性あるなあと思いました
    というのも学生時代に私が夢中で読んでいた時に何だか絵柄が似てるなあと思った事があって
    その疑問と符合するからです。真の天才は花郁悠紀子か。まだ全部は信じられないけど。
    アシスタントが実は全部やっていたというケースは他の作家でもあり得ると思います。
    搾取というか、合意済みなら、そういう職業もあるでしょうけど
    大抵は奴隷扱いとか、お金で揉めますよね。ましてや、このご時世じゃね。
    有名な手塚治虫も漫画の神様と持ち上げられているけど、ちょっとな~と思う所もあるし。
    自分の頭で考えない盲目な信者にとっては絶対な存在なんでしょうけど。
    確かに中には面白い作品もありますが、内容が酷い作品も結構あるし、
    未完のもあるし、そこまで評価高くなくてもいいような…。
    それに経営能力ゼロのコイツのせいで、いまだにアニメーターは薄給で苦しんでるワケで。
    意外と闇社会と繋がってて、漫画を読む子供たちの洗脳の下地あるいは
    思考のベースを作る役目だったのかもしれませんね。
    少女漫画なら男女の正常な恋愛関係を崩してイルミたちに都合の良いセックスが
    いつでも可能なように総じて風俗嬢みたいなのこそが一番良い女だと刷り込むとか。
    (こんなののどこが良い女なんでしょうね。
    肌を露出した服装が最高でセクシーだと持ち上げるメディアにも吐き気がします。
    女が守られないなら、子供も守られませんよ。混血児ばかり出産させて国を崩壊させるシナリオか?)
    アメリカの売れてる歌手などのエンターテイメントは、ファンに対して分かりやすくこの傾向があると思います。
    周りもブームを作って海外にまで宣伝して、これこそがオシャレ!と流行の押し付け。
    夫婦共働きが当然となり、家庭の力が弱まって来ていますから生活や愛情など、
    基本的なことが少ない状態で育つ子供は流されてしまうでしょうね。
    今ならネット上で影響力の強い人がスカウトされて、こういう役目をやってるのかも?

    瑤子女王の剣道の件ですが、おそらく身代わりを務めているチームの中に剣道が得意な人が一人いて
    その人のことを言っているのかもしないと思いました。
    このままじゃ国民に存在感アピールできないから?特徴づけるために剣道が得意って設定を入れてしまったのかなと。
    でも流石に剣道5段は盛り過ぎだろ、とw

  • いつもドキドキ(多少ワクワク?)するような記事を読ませていただきありがとうございます。

    世界の闇は本当に深いですね。
    政治・経済・皇室&王室・芸能の世界も、例の方々の思惑で作られているのですね。
    日本ではカントリー・ロードが有名な、カントリー歌手のジョン・デンバーだったと思いますが、生前グラミー賞の式で、長く活躍されてる秘訣は?みたいなことを訊かれ、そういう契約だからね、とボソッと答えていた記憶が。
    レコード会社との契約、という意味ではないんですよね、コレ。多分、ツノのはえた何かがいるような場で契約したことではないかと。
    ジョン・デンバーも偽物?影武者?がいたのでしょうか、何本ものライブ映像を検証していたブログもありました…(映像は観ていません、スミマセン。)
    2016年末の紅白歌合戦も、出る人出る人、何故か衣装が黒ばかりで、椎名林檎に至ってはモロに喪服みたいで、なんなんだ?と思っていたら、
    世界の大物が亡くなったから喪に服してるみたい、と掲示板にあり、当時は分かりませんでしたが、デヴィッド・ロックさんのことなんですよね。時期は微妙にずれてますが。
    日本の芸能人や歌手が喪に服してるところを見せても、ロックさん一族は芸能人知らないだろうに。NHKと電通からの要請でしょうか。

    萩尾望都さんのネタがあるので、私も便乗。「マージナル」という大好きな作品がありますが、あれもまさにイルミナティ的世界。地球が実験場、プロジェクトにしてる一族が登場。1985年発表。

  • 管理人様

    >「血の犠牲」「血こそ命、、、」
    吸血鬼伝説はこの辺が原因かな、なんて思いつつ読んでいたのですが、数日後ふと気になって「人肉食 遺伝病」で検索してみたところ、「生贄の血を飲み、肉を食べる儀式」に精出すカルト集団には、生物学的にも相当の代償があるらしいことが分かりました。

    「プリオン病(伝達性海綿状脳症}」と呼ばれる、感染性・遺伝性の症状なのですが、
    >潜伏期間は一般的に非常に長く、一度症状が現れると疾患は急速に進行し、脳傷害や死へつながる。神経変性に関連する症候としては、不随意運動、認知症、運動失調、行動変化、人格変化などが現れる(ウィキペディア「プリオン」参照)
    とのことで、しかも

    「感染するタンパク質」と呼ばれるプリオンは、正体が特定されていても感染・伝播のメカニズムが未だ謎なのだとか。ウィルスがDNAの複製を作るのとは全く違う、パラダイムの転換をもたらすものという話です。

    世界中の富と権力を動員して、研究所から臨床実験まで最高峰のものを集めても、いまだに治療のしようが無いそうで…。

    ダニエル T.マックス著『眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎』という本も紹介されているのですが(まだ入手していないので、申し訳ないのですがネットでの情報の抜粋です)、2世紀にわたりイタリア(ヴェネツィア)の一族の二人に一人が、50代に発症してから眠りを奪われ凄惨な衰弱死に至る状況(世界で40家族の罹患が確認されているそうです)が報告されているという話に、「イタリア?貴族?」と「イル美ちゃん」とかぶりそうな印象を受けました。

    また狂牛病への英米政府の対応も、相当問題ありというお話です(まさか人類社会に拡散して人体実験、臨床データを取ろうなんて…?)。

    プリオンで必ず出てくる食人部族の「クール-病」に、抗生遺伝子が見つかったという記事もあったのですが(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/06/post-3694.php)、クロイツフェルト=ヤコブ病やスクレイピー病など、他の症状には効かないとのこと。

    「カニバリズムに関しての興味深い10の事実」というネット記事(http://karapaia.com/archives/52173844.html)を見ると、「集団外の、食べられる立場の人間達への威嚇・示威行動」という側面もあるようですが…。

    「人肉食」「共食い」が広く禁忌とされてきたのには、倫理的側面だけではない理由があったのではないでしょうか。

    そして、要人のダブルたちが短命な理由も、何か関係があるのかもしれません(例えばクローンの場合はテロメアの再生回数だけでなく、オリジナルが異常プリオンやウイルスの類に感染しており除去できないとか。整形ダブルの場合は「忠誠の儀式」的なもので経口あるいは性行為により汚染されるとか…?)。

    「儀式」って、経口であれ乱交であれ、感染という観点からは強力な経路(ネットワーク)ですものね。「因果応報」としか言いようがありません。

  • 追記で

    >異常なプリオンは、熱や薬品などに強く、煮たり焼いたりという普通の加熱調理では不活化されません。
    (http://www.pref.okayama.jp/page/detail-3686.html)

    >既知の全プリオンはアミロイドと呼ばれる構造体の形成を誘導…この変形構造は極めて安定で、感染組織に蓄積することにより組織損傷や細胞死を引き起こす…安定性により化学的変性剤や物理的変性剤による変性処理に耐性を持ち、除去や封じ込めは難しい。
    >プリオンは一般的にプロテアーゼ、熱、放射線、ホルマリンなどの処理に耐性を有している

    >プリオンを効果的に除去するためには、タンパク質を加水分解したり、還元したり、三次構造を破壊したり…漂白剤、苛性ソーダ、LpH[37]のような強酸性界面活性剤が有効
    >プリオンは摂氏134度(華氏274度)において加圧型蒸気オートクレーブで18分間処理することにより、変性・不活性化する…部分的変性したプリオンは特定の人工条件において感染型に復元
    (ウィキペディア「プリオン」)

    儀式で、血と一緒に台所用漂白剤や苛性ソーダを飲むとは思えませんし(普通の人間なら、死にます)。
    既に体内に入っているプリオンを除去するために、全身加水分解したり、18分間も加圧型蒸気発生装置に入る訳にもいかないでしょうし(普通の生物なら、死にます)。

    血を高温加熱処理したら、儀式の意味がなくなるんでしょうし(美容と健康、長寿のために、DNAの前駆物質であると推測されるソマチッドを摂取するのが目的という説も見かけました)。

    諦めて寿命を受け入れ、転生輪廻のサイクルに戻るしかないのでは…って、それを避けるために儀式をしているんでしたっけ?
    死後は「地獄の最下層」に直行してしまうだけの所業を、個人でも血統でも組織でも長年蓄積してきたので、無辜の子供や若者を何十万人、何百万人と殺し「延命」をはかってきたと…。

    堂々めぐりというか、「詰んだ」印象を受けます。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。