※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「みどりの『わ』交流のつどい」の眞子様

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

今、ご婚約テロ以後の、過去の眞子様のご公務の映像画像を、ざーーーっとみて、

A創価朝鮮系職員の眞子様

B公式の代理人の職員の眞子様

の分類をしてます。AとBが同じ人間である可能性もあるのですが、二重になっている可能性もあるかなと、思ってるんですよね。

皇族の海外公務や、ご公務は、ずいぶん前から予定が決まってますから、ご婚約テロの一報以後、秋篠宮家公認のダブルが務めている可能性は高いと思います。その、一方で、「宮内庁職員として創価閥に雇われている職員」が暴走し、勝手にご婚約会見をし婚約の内定まで持っていかれたのかな、と。

わかりやすいのは、➀お召し物、②マナーや品位、③何の公務をされているか、ですね。

➀のお召し物ですが、偽物は気の毒なほどチープです。新調してもらえません。レンタルと思われる、サイズの合わない着物をよく着てきます。

➁の品位はマナーですが、婚約会見の眞子さん、足を閉じないで立ってますね。美智子や雅子、愛子さんも、足を閉じないで立つことが多いです。

③創価=公明と関係深そうなものに出てきているのは、Aだと思いますし、さんざん、嘘っぱちの公務を報道して、「眞子様の顔はこれ」と刷り込みをした後、ご婚約会見をやったのだと思います。

先日、「みどりの『わ』のつどい」授賞式にご参列された「眞子様」。

いつもの通り、口を隠せば、眞子様とは違う人だとわかります。

で、画像をどんどん荒くしていくと、修正加工のあとがわかりますね。

左右どちらも、報道の写真から切り取ったものですが、左の眞子様はそれほど変わりません。が、右のほうは、顔の上と下とで別人のもののように見えます。

前髪とか、いったん、顔を塗った後、前髪を縫っているのか、べた塗り塗り感があります。

顔の上半分は公認のダブルのコピーで、土台は創価の河童眞子かな、と、今のところ仮説を立ててます。

このイベントの表彰式は、今年で3回目、三年目になるのですが、開催されたのがちょうど、ご婚約テロの年でした。つまり、偽物の眞子様の報道用に作ったイベントだったのかも、と思ってます。

国土交通省と関係が深い公団のようで、国土交通大臣は、公明党のポストです。

財団法人都市緑化機構「みどりの『わ』交流のつどい」

主催 公益財団法人都市緑化機構

https://urbangreen.or.jp/

協賛 一般財団法人第一生命財団

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dai-ichi-life-foundation/

国土交通大臣|

石井啓一大臣(公明党)2015年~2019年09月まで

国土交通大臣(第20・21代)、財務副大臣(第1次小泉第2次改造内閣・第2次小泉内閣)、公明党政務調査会長などを歴任した。

赤羽一嘉(公明党)2019年09月~

 

 

平成29年12月(第一回)

婚約テロが5月にあり、ブータン訪問、会見と、婚約テロの年でした。でてきたのは、もちろん、偽物の眞子さん。ってことは、この人、創価系の人で間違いないってことかな。

眞子内親王殿下のご臨席の下、-都市の緑三賞表彰式-開催

https://urbangreen.or.jp/info-grant/midorinowa-koryunotsudoi-1st-hokoku

同じスーツをお召しの、別の公務の眞子さん。ほおに、変なくぼみがあります。この、くぼみ、見覚えがあります。

三越に行った人

SPが、佐藤睦と劇団員のメンバーで、インチキSPでしたね。

ブータンで、あり得ない軽装で、山登りをした人。顔が一定しないんですよね。修正だからだと思いますが。

これが、整形して修正して、頑張って、

やっとこれになったのかな。

平成30年(第二回)

眞子内親王殿下のご臨席の下、-都市の緑三賞表彰式-開催

平成30年11月19日(月)、東京都港区の明治記念館において、眞子内親王殿下のご臨席の下、第2回「みどりの『わ』交流のつどい」-都市の緑三賞表彰式-(主催:公益財団法人都市緑化機構、一般財団法人第一生命財団)が開催され、石井大臣が出席しました。
石井大臣は「本日の受賞者の皆様の取り組みは、「みどりの『わ』」を全国に広げる原動力となるものであり、その業績に対し深く敬意を表する」と祝辞を述べました。

くぼみがありますね

同じ方向へ口がゆがんでいるのがわかります。

 

令和元年(第三回)

眞子内親王殿下のご臨席の下、-都市の緑三賞表彰式-開催

第3回「みどりの『わ』交流のつどい」-都市の緑三賞表彰式-に青木副大臣が出席

 

 

第一回から第三回まで、

口と体系を見るに、毎年、同じ「眞子様」が臨席されているようです。よく見ると目の幅が違っていたりしますが、おそらくは、毎回、鼻から上を描いているからだと思います。

つまり、この眞子様と組んでいる秋篠さんや紀子さんは、偽物で、背乗り工作員で、創価系の可能性が高いんですよね。さらに、ご公務を調べていくと、傾向がわかると思います。

ネットの地図は、特定のサイトがリンクするサイトをつないでいくと一つの地図がかけましたが、この場合も、311の後からの「公式のダブル」「背乗り工作員のダブル」が分類できるかな、、と思ってます。

ハンガリーに私的旅行に行った眞子様と秋篠宮様。

眞子様は、朝鮮河童だと思いますが、

「眞子様 偽物 ハンガリー」の画像検索結果

宮様、額が後退してますね。

ラグビーワールドカップで開催宣言をした宮様も、額が後退してました。

上唇を動かさずに、下唇を顎先に下げて話してましたね。中国韓国人に多い話し方です。本物の一人だと思いたいのですが、ちょっと気になりました。

秋篠宮様の立皇嗣の儀、その後のご公務、即位式。また、悠仁様の場合は、成年式や会見。これらにお出ましになるのが、偽物かどうかが、今後判別しやすくなるかな、と考えています。

眞子様の偽物のややこしさは、創価朝鮮工作員が、本物の眞子様の顔ではなく、公認のダブル(だと思う)の顔を、模範していることで、ややこしくしているように思います。

また、まとめたいと思います。

 

※可愛いから、好きだからという理由で記事の文末に貼りまくってた動物のGif。これがサイトを重くしているらしいので、これを全部はがす作業をしております。1900近い記事があります。

しかしながら、過去記事を読みかえすことができてよかったのですが、時間がかかりそう。同時に、サイト内のメンテナンスも並行してますので、更新に波があったり、間があいたりすることもあるかもしれません。ご了承ください。

Sponsored Link
Sponsored Link