※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


何故ワクチンを急ぐのか

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

表題の通りなんですけどね。

ビルゲイツをはじめとする、イルミちゃん=ディープステート=グローバル派は、異様に、「全人類にたいしてワクチン」を急いでますよね。

今年が60年に一度の騒乱の年で、惑星直列もあるので、上書きする形で勝負をかけてきたんでしょうけど、、、。

 

話は少し飛びますが、ハプスブルク家。

ここの王家は、長く続きましたが、劣化が凄かったですね。近親婚のせいだといわれてますし、インカ帝国を滅亡させたための呪いであるとか、理由はいろいろありますけどね。

 

でね、イルミちゃんたちにも、それがでてるんじゃないかな、と。

つまり、イルミ系の子供や子孫の劣化、凡化が激しいのかな、と。

なもんで、近い将来、自分の可愛い子供たちや子孫が、有能なゴイム(非ユダヤ人の諸民族)に敗北し、タコ殴りになるのを防ぐため、今のうちに、コロナワクチンで、自分たち以外の人類のDNAを変えてしまい、永遠に自分たちをしのげないように、獣化しておこうと思ってるのかな、と。

 

王家の人たちは劣化しても、王族ですが、イルミちゃんは、金と力を失うと、賤民へ逆戻り。

 

もともとイルミちゃんの家系はリスキー

➀虐待により人格崩壊

幹部的な家系に生まれたシスコ・ウイラーさんの証言によると、ああいうカルトの家は、支配層でも、大人や親は子供に虐待(性的なものも含め)をし、子供は親や大人から虐待性的なものも含め)をうけるのが、普通だったみたい。

なもんで、早いうちから多重人格になるそうな。ビルさんをはじめ、ロックさんをはじめとする、支配層の方々もそうでしょう。

 

➁呪詛をやりすぎて悪霊だらけ、祟りだらけ

儀式殺人とか、普通にしてしますしね。霊障きつそう。

祟り霊、悪魔、悪霊、しっぽが沢山ある狐、などの悪霊がわんさかついてそう。

 

③家の劫が半端ない

基本的なカルマの法則として、100万人を幸せにした場合、100万人を幸せにした業をもつ人が、子孫に生まれてくるわけです。とうぜん、それなりの恵まれた人生になり、家も栄えていきます。

基本的なカルマの法則として、100万人を不幸にした場合、100万人を不幸にした業をもつ人が、子孫に生まれてくるわけです。とうぜん、それなりの人生になります。家も不幸続きの家になります。

ビルゲイツなどのイルミちゃんの場合、人類、地球環境に対する悪業が、半端ないですからね。人それにふさわしい子孫がうまれているわけで、、、まともに育つ子供って、何割くらいなのかな。奇形とか多そう。

 

➃無節制、堕落に限りがない

麻薬をやろうが、アルコールにおぼれようが、だれも止めませんし、無限に財力があるので、ブッシュ・ジュニアのように、特権が仇になるケースが多そう。

さらに、シスコさんは「儀式殺人で拷問された被害者は、血液に酵素を吐き出す。その血をを呑んで連中はハイになる」と証言してますが、これに中毒している可能性もあります。その場合は、普通に麻薬中毒者と同じ、廃人コースに乗ると思うんですけどね。

ビル・ゲイツも、その奥さんも、キッシンジャーも、ヒラリーも、別の人がやってると言われてますね。たしかに、耳がちがうとか、いろいろツッコミどころが満載です。リタイアして、屋号化し、別人が演じている人多いんじゃないかな。

 

人材の枯渇が隠せない

最近のビルゲイツや、ザッカーバーグなんかをみてても、昔の、本物のキッシンジャー、デビット・ロックフェラーの様な冴えがないですね。だらだら、中国に騙されちゃうし。

アイコンとなる人たち、をみても、壊れている人ばかりだし、、ほかに用意できなかったのかな。

 

壊れているグレタちゃん

グリーンランドの気候変動とグレタちゃん | 皇室ブログ・でれでれ草

イルミのアイコンの指定席=ノーベル平和賞。この子でいいよ。ぴったりだよ。

 

オバマ大統領の名前を忘れて、ボス、といった、など、有権者緒4割から、認知症を疑われているバイデンさん。

※画像はこちらから

https://www.fnn.jp/articles/-/25694

最近の例でも、1日に行ったフォックスニュースのマイク・ウォレス氏とのインタビューの終わりに「チャック、ありがとう」と言ってウォレス氏を面食らわせた。「チャック」というのは、ライバル局MSNBCのキャスターのチャック・トッド氏と考えられるからだ。

その翌日テキサス州で開かれた集会でもバイデン前副大統領は「スーパー・チューズデー(火曜日)」を「スーパー・サースデー(木曜日)」と言いかけたり、演説の決定的な部分で引用するはずだった米国の独立宣言の有名な一節「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造者によって、生命、自由および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている・・・」を思い出せなかった。

 

トランプ対バイデンの、大統領候補同士の討論会、楽しみだなあ。

面白そう。

 

お気に入りツイート

Ricky_Elwood@David_R_Stanton

今日一番気に入ったツイート。

「一日外にいてトランプのステッカーを暴徒達(Rioter)の車に貼って歩いたんだよ。そして暴徒の奴らがお互いの仲間の車をブチ壊し合ってるのを身を潜めて見てたのさ」

 

いいなあ。こういうの。ナイスだわ。

 

話を戻しますが、

イルミちゃんがいろいろ仕掛けてくるけど、あの人たちは、敗北するだろうなあと。そして、災い転じて、大逆転するんじゃないかと思っているんですね。

コロナが来る前から、AIや機械技術の発達により、どんどん、人間の仕事が失われていました。コロナによって、大国も小国も、大失業時代は避けられないわけですから、結局、ベーシックインカムが世界中で定着した時代になるのかな、と。

しかし、介護、運送、配送、警察、軍隊、など、体力のある若い人を、多くの職種は必要としています

結局、0.01%の天才と、AIと、ロボットや家電と、40歳未満の若者が、残りの人類の「ギリシア人哲学者的な生活」をささえる、世界になるのかな、、と。

犬の散歩の最中に思った管理人でした。

 

本日のアマビエさま

【アマビエさま】¥ 10,000

https://antoco.kawaiishop.jp/items/30740831

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告