≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


安倍国葬儀⑨9月27日国葬になった人・捕まった人

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

国葬になった人・捕まった人

9月27日 国葬になった人

日本史上類がない独裁者で、三代続いてやりたい放題やったのに、結局、逃げ切ったよね。この人。

この人の悪事の共犯者達の中には、逃げ遅れた人がいるわけで、今、検察がせっせと刈り取っています。

 

9月27日 捕まった人

五輪疑獄と高橋容疑者と安倍氏の関係

安倍氏が「五輪誘致に協力してほしい」と高橋氏にお願い

高橋氏固辞

安倍氏『大丈夫です。絶対に高橋さんは捕まらないようにします。高橋さんを必ず守ります』

高橋氏渋々承諾

安倍氏暗殺

高橋氏五輪疑獄で逮捕

高橋氏五輪疑獄で再逮捕

高橋氏五輪疑獄で再々逮捕←いまここ

 

検察のお仕事 高橋容疑者再々逮捕

五輪汚職、高橋容疑者を3回目の逮捕へ

2022/09/27

東京五輪汚職事件で、新たに賄賂を受け取った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が近く、大会組織委員会元理事高橋治之容疑者(78)を再逮捕する見通しであることが26日、関係者への取材で分かった。逮捕は3回目となる。

以上

 

町山智浩@TomoMachi

今日、国葬されている人が五輪理事に迎えた高橋容疑者が同じ日に3回目の逮捕

 

ラサール石井@bwkZhVxTlWNLSxd

「捕まらないようにします」と言った人は丁重に葬られ、その人がいなくなったら、言われた人は3回も捕まった。

 

五輪疑獄の渦中にある大阪の広告代理店で逮捕者がでたそうな。100%博報堂の子会社だそうな。

検察は捜査と逮捕を横に広げているらしい。

次は縦に上に広げて、エプスタイン平井→スガー→森元首相までいくらしい。

できたら、ケケ中まで行ってほしい。検察には頑張ってほしい。

 

9月27日 昭和天皇とマッカーサーの会見の日

第二次日米戦争終了

安倍氏が暗殺された後、戦犯が出てきたということは、戦争が終わったということでもあります。

小渕首相が怪死した後は、森喜朗が総理になり、清和会の天下になりました。それから20数年、クリントンは日本とドイツに宣戦布告し、サイレントな第二次日米戦争が始まります。「統一教会・清和会・CIA」vs「霞が関」の死闘がつづき、日本は内戦状態でした。

日中戦争のミッションを帯びた、代々CIAの安倍晋三氏は、参院選後、岸田おろしを仕掛けて再々登板を試みますが、7月8日、選挙期間中に統一教会に怨恨を抱く山上容疑者に暗殺されます。

7月8日に暗殺された安倍氏。政府は、ほぼ3か月後の9月27日を国葬儀に選びました。平日でかつ仏滅の日です。この日が、イルミナティや統一教会の記念日かといえばそうではないらしいんですね。政府が3カ月も日にちを開けた理由も、9月27日を選んだ理由はよくわかりません。

9月27日の国葬の日は、かつて昭和天皇がマッカーサーに会いに行った日だそうな。

その日に、代々、植民地提督府の総督のような存在の安倍晋三氏の国葬を持ってきたのです。

安倍氏国葬儀を、この日に選んだのが安倍氏暗殺を決行した日本中枢なら、よく練られた計画だと思うし、この日を選んだのがCIAアメリカなら、第二の占領の始まりという意味があるのかもしれない。

ただ、世界に向かって、非民主主義的な政府であり、日本と言う国が統一教会というカルトに屈したという印象を与えたことは確かだと思う。

 

はやく、独立したいよね

横田基地から入ってくるアメリカ人たち。うちらのことを属国扱いなんですよね。

ウクライナvsロシアの戦争が続いています。旧西側から無制限に武器と資金の供給を受け、プロの傭兵部隊が戦うウクライナに対して、ロシアの苦戦が隠せません。ロシアでは、徴兵を嫌い国外へ脱出する若者が後を絶ちません。

ロシアはルーブルは好調だけど軍事がもう駄目みたいだし、EUドイツはガス攻めで一冬越せるかどうかわからないし、アメリカはドル高で独り勝ちに見えるけどインフレがすごいことになり、利上げ合戦が続いています。大恐慌の前夜みたいなありさまです。イギリスは代替わりしたけどポンドがエライことになってるし。チャイナははじけたバブルが半端ない大きさ。キンペーちゃんの失脚説も出てきました。ネトウヨ・ネオコンがいくら煽っても、外征する体力はなさそう。

うちらの国は、たしかに円安が続くけど、うちらの国だけがドル高なのではなく、世界中の通貨がそう。欧州はガス代、電気代が10倍とかになってる国もある一方で、うちらの国はエネルギー料金はそんなに上がらなかった。世界屈指の経済大国の体力が残ってるからだと思う。数か月たてば、いつものように、有事の円買いで円高になるんとちがうんかな。

で、今後、アメリカのデフォルトがあり、その後、うちらの国は独立できるんだと思うのね。

それまでに、戦犯は刈り取るだけ刈り取ってほしい。

生きているうちに、戦犯・森喜朗、戦犯・竹中平蔵が刈り取られるのを見たい。

絶対見たい。