ダボス会議2023「大規模なサイバー攻撃の予告」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

大規模なサイバー攻撃を決めたらしい

シュワブ「サイバー攻撃があるかもしれない」=サイバー攻撃やるで

偉い人が世界中からダボスに集まり、水面下で話し合った結果、大規模な「サイバー攻撃」を決めたようです。この人たちの予想は予定なのです。

ソロス「中国と日本との間に紛争が引き起こされるというシナリオを想定しています」=「ウクライナの次は日中戦争や」

 

ダボス「二年以内に大規模なサイバー攻撃があるかもしれない」=「うちらは、サイバー攻撃することにしたわ」

 

オープンな報道システムと、基本的にすべてのプラットフォームが問題である

ジョー・マンチン「私たちが抱えている問題は、オープンな報道システムと、基本的にすべてのプラットフォームです」=「言論の自由が問題なんや」

 

シュワブ「わしらのための、プラットフォームがいるんや」

クラウス・シュワブ「これほど困難な時期に、私たちは会うことができませんでした。私たちは同時に多くの危機に直面していますが、未来を支配するとはどういうことでしょうか。私は、グローバル社会のすべてのステークホルダーが関与するプラットフォームを持つことだと思います。政府、企業、市民社会、若い世代……数え上げればきりがありません。それが、すべての課題を解決するための第一歩だと思います」

※http://totalnewsjp.com/2023/01/17/musk-218/

 

世界経済フォーラム「ツイッターは使ったらあかん。チャイナのアプリを使うように」

機械翻訳

世界経済フォーラムはツイッターを中止し、代わりに中国のソーシャルメディアを使用するようフォロワーに指示

Twitter は、WEF の「ダボス 2023 をフォローする方法」ソーシャル メディア パンフレットに記載されているエンティティに著しく欠けており、それは偶然ではないようです。

ドシエように報告しています: 支配階級の会議室の招待制のドア内で起こっているすべてのことを最新の状態に保つために、WEF はいくつかのソーシャル メディア サイトをフォローすることを推奨しています。それらには、中国のソーシャル メディア アプリ TikTok WeChat および Weibo に加えて、米国を拠点とするナラティブ準拠の Facebook、LinkedIn、Instagram、および YouTube が含まれます。WEFが承認した検閲に準拠したソーシャルアプリの把握から解放されたTwitterは、もはや含まれていません.

創設者のクラウス・シュワブとパートナー組織を通じて、WEF は中国政府と非常に親密な関係を築いています。Davos は最近、同社の中国オフィスに現在 40 人の常勤スタッフがいると明らかにしました。さらに、WEF は毎年北京で「新チャンピオンの年次会議」を主催し、国際企業と中国共産党とのパートナーシップを促進しています。2018 年、中国共産党はクラウス シュワブに中国改革友好勲章を授与しました(一部転載)

※https://newspunch.com/world-economic-forum-cancels-twitter-directs-followers-to-use-chinese-social-media-instead/

以上

 

サイバー攻撃の対象としては、自分たちの支配が及ばない「プラットフォーム」への攻撃、例えば、イーロン・マスクの関連する会社、そして、Twitterだろうなあ、と思いませんか。

さあ、どうする。イーロン。宣戦布告されちゃったぞ。

 

ニセモノが天皇に即位?