※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


世界の闇と真実|ハリー王子ご婚約、

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

Sponsored Link

Sponsored Link

ハリー王子ご婚約、やはり王子ではなかったのかな

本日もお越しいただきありがとうございます。

皇室問題は早々には決着は難しいかもしれません。

昨今までは、単純に托卵子で天皇の資質にかける徳仁親王を廃嫡して、秋篠宮様へ移譲すればOK、と、単純に考えていましたが、当の秋篠宮家が偽物と総入れ替えになっていること、当然、悠仁さまも偽物となると、旧宮家復帰以外に道がなくなってきました。

※詳細はこちらから「秋篠宮家の影武者」

 

仮に鬼塚史観が正しければ、明治天皇が大室某という皇族ではない偽物の天皇であり、孝明天皇、睦仁親王を殺い奉ったあと皇位簒奪の大罪人であること、国賊と称するには手ぬるいほどの犯罪人であり、そこから始まった偽の皇統の連続性も結構怪しかったりします。

なぜか大正天皇が大隈重信に似ていたり、

昭和天皇も実は西園寺八郎が実父ではないかとかいわれてたり、昭和天皇の弟宮の秩父宮の実父は、おそらくは、有栖川宮系のかただと思うのですが、、、

※詳細はこちらから「鬼塚史観からみる皇室と皇族」

まあ、ナルちゃんは托卵の疑いが濃厚ですが、さらには、現在は正田美智子が生んだナルちゃんとは別人と思われます。

ナルちゃんは、①偽王朝、②托卵子、③偽物、と3重に偽物なのです。

文仁さんも、悠仁さんも、今は偽物だし、仮に本物であっても、偽王朝の親王となると、、、ありがたみがうせますね。

 

今の皇室皇族が大和民族ではないというのは、なぜか反日国に媚びた皇族の言動や、皇太子の結婚式に君が代が排除されたり、親王妃に朝鮮系が多かったりして、なんとなくですが察知はできます。

鬼塚史観でみると、小和田雅子、正田美智子の問題(托卵、皇室の私物化、皇室財産・国家財産の横領、異教徒化、など)は、別に敗戦後から始まったことではないのが、よくわかります。

問題は幕末、維新から始まっていました。

 

スポンサードリンク



 

奈良の天武朝と同じ道をゆく明治偽皇統

今の明治系の皇室とよく似ていたのが奈良時代の天武系の皇室でした。

奈良時代では、皇族でない天武天皇がクーデターで皇位を簒奪しました。

天武は、甥の弘文天皇を倒して王朝を簒奪したあと、大規模な焚書や歴史の書き換えが行われた形跡があります。

しかし、その後、天武系は続きませんでしたね。

なんとなく思うのですが、大海人皇子とよばれていた天武天皇は、生年月日が記録されていないこと、天智天皇の母親の連れ子であったこと、天智天皇より年長だった可能性がたかいそうですが、一度も皇太子になったことすらなかったんじゃないでしょうか。

歴史上の記録にあるように、大海人皇子は実子に好意を譲りたいという天智天皇の意を汲んで、隠遁し、廃太子になったあと、天智天皇の死後、クーデターを起こしたのではなく、もともと皇位継承者でなかった人間がクーデターをおこしたような気がしてなりません。

偽王朝のおこりかたも、その後のプロセスも、奈良時代の天武朝と今の明治朝はよく似ています。終わり方も似るでしょう。

結局、奈良時代の天武系が滅亡し、正統な皇統の天智系へと皇統がうつりましたが、それまでに、かなり時間がかかってます。

天武系の男子は病弱、早死、あるいは粛正され、元気なのは天智系の血を引く女だけ。ついには、臣下の藤原氏に乗っ取られたりしてだらだらと続きますが、道鏡事件をおこした称徳女帝を最後に天武系が滅び去ります。

そして、臣籍にくだっていた天智系の皇統男子を皇籍に復帰させて即位させ、皇統はもどりました。

その後、天智系へうつったあと空海が出てきて黄金の平安時代がやってきます。

何度も書かせていただいてますが、管理人としては、奈良時代とよくにたプロセスを、今の明治偽皇統はたどっているようにみえます。

今の偽りの明治系が滅亡し、旧宮家に皇統がうつったあと、高名な霊能者たちが予言している「黄金時代」が到来するという流れ。今は、そのプロセスにあるのかなあ、と。ゴールまでには、時間がかかるかもしれませんね。

そのプロセスとして、ガチガチに固められた皇室に対する国民の観念をくずすためには、小室と眞子様の結婚のような、ショックが必要なのかもしれません。

結局、皇統が旧宮家に戻り、正常になるための必要な条件は、まずは、国民の今の皇室に対する洗脳がとけること、でしょうね。そのために、運命は皇室のスキャンダルを出し続け、今の皇室皇族は、国民に対してひどい状態をさらしつづけるでしょう。

そして、国民の心が離れて洗脳がとけたとき、タブセに関心が集まって明治皇統の正体を知り、旧宮家復帰を望む国民の声にのって、旧宮家は復帰するのかなと思ったりします。

※詳細はこちらから

【つれづれ】鬼塚史観と、確実に滅亡する明治朝、そして旧宮家復活でもとどおりに

大室ではじまり小室でばれる?明治偽皇統

秋篠宮家が偽ものではないかとう疑いを持ったきっかけは小室圭という正体不明の下賤な男が、眞子様の婚約者としてマスコミの徹底した言論弾圧の元に、ご婚約が成立したことです。同種で結びつくのがご縁談。

正体不明の下賤な小室と、秋篠宮家の長女が同種ということは??

その場合は、眞子様も偽もの、秋篠宮家も偽物、明治以後の皇統が偽物という疑惑がでてきました。

皇室に興味のない方も、小室と眞子様の御えんぐみをみて、変、と思った方は多かったと思います。

大室から始まった、強大な詐欺が、小室で終わりをむかえるのかもしれません。

 

嫌韓も、日韓共同開催のワールドカップが酷かったり、韓国大統領の発言をきっかけに、さーーーーっと広まり、通貨スワップ終了、など現在に至っています。

皇室問題も、なにかのきっかけがあり、さーーーーーーっと広まり、旧宮家復帰への気運が出てくるのかなとおもったりしてます。疑問に思った方は、ネットなどで検索するでしょう。SNSを通じてひろまり、それが政権交代につながった例は過去に多くあります。

そのときのために、サイトをできるだけ見やすく整えて保持しておきたいと考えています。

 

英国王室もまた、、、

で、こちらは、英国のハリー王子。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171127/k10011237381000.html

11月27日 19時27分

イギリス王室は、27日、チャールズ皇太子の次男のハリー王子が、アメリカ人の女優、メーガン・マークルさんと婚約したと発表しました。

イギリス王室によりますと、チャールズ皇太子とダイアナ元皇太子妃の次男、ハリー王子はかねてから交際を続けてきたアメリカ人の女優メーガン・マークルさんと今月上旬にロンドンで婚約しました。

エリザベス女王やチャールズ皇太子などの了解も得ているということで、2人は、来年春に結婚式を行った後、兄のウィリアム王子夫妻が暮らすロンドンのケンジントン宮殿で新しい生活を始めるということです。

マークルさんは、ハリー王子よりも3歳年上の36歳。アメリカで人気のテレビドラマ「スーツ」などに出演している女優です。

転載ここまで

 

貴族の令嬢ともお付き合いしたけど実らず、女性遍歴を繰り返した後、決まったお妃はアメリカ女優。

ハリー王子は、ダイアナさんが不倫をして産んだ子ではないのかと噂されてました。

似ているんですね。困ったことに。鼻の形が、、、似てますね。

左はヒューイットさん。右のハリー王子は左右反転させて並べてます。

お相手の方は、女優さん。アフリカ系と白人のミックスだそうで、一般人のアメリカ人家庭のかたみたいですね。

管理人は、噂通り、ヒューイットの子供だったのね、と、お相手を見て納得しました。

チャールズ皇太子の嫁、にはどうかな、、とおもうのですが、ヒューイットの嫁、としては相応だなとおもったのは、偏見でしょうか。ヘンリー王子のDNA鑑定は見送られているか、あるいは公表されていませんね。

ハリーさんは王子様だし、カッコいいのに、モテないはずないのに、、、英国に貴族の令嬢は多いい、欧州にも王族貴族の令嬢はたくさんいるのに、結局、ご縁ができなかったんですね。

常陸宮夫妻、正田美智子と佐伯某、本物の秋篠宮様と川嶋紀子さん、徳仁夫妻、小室と偽真子、などをみるに、やはり基本的に同種でご縁組は成立するのだなあと思います。

まれに、貴賤結婚が生じることがありますが、その場合は、貴人の家や王朝が没落にむかっている場合に、その第一歩として生じるのだと思います。

仮に托卵子だったとしても、ハリーさんは次男だからいいんんじゃないの、とはいうものの、いちおうは子孫に王位継承権が生じているわけで、ややこしいことにならなきゃいいですが、よその国のことなので、どうでもいいです。

でも、ご婚約はおめでたいことです。お幸せになっていただきたいと願っております。

 

ウィンザー朝からゴールドスミス朝へ??

ダイアナさん自身も托卵だったとの疑惑もあり。スペンサー家も複雑そうです。

英ウィンザー朝が滅んでゴールドスミス朝が誕生する日

※画像をお借りしてます。

ダイアナさんのご両親は、相続人たる男子が生まれなければ、財産を相続できないため、破産するという経済状態でした。

一生懸命子作りを頑張りましたが、第一子、第二子も女子。

今度こそ、という思いで出産をむかえた第三子も女子。それがダイアナさん。

またしても、失敗だった、どうでもいい子、として育ったダイアナさん。放置され気味で、優秀な姉たちと比べられ、インナーチャイルドが爆発していたのでしょう。結婚しても、情緒が安定せず、ダイアナさんは、とっかえひっかえ浮気しまくってました。

チャールズ王子は、カミラさん一筋でしたが、しかし世論はダイアナの味方。

なんでもかんでも、チャールズが悪いという世論で一色。

そりゃそうでしょうね。ゴールドスミスの娘ですもんね。マスコミは悪口は書けませんよね。

しかしながら、チャールズ王子、お人よしすぎと思ったのは私だけでしょうか。

エリザベス女王が退位する気配がなさげな上にダブルらしいので、チャールズ皇太子が、即位できる日がくるかどうかわからない状態です。

チャールズ皇太子、散々悪く書かれてますが、実際の皇太子を知っている人は、みなさん、性格の良い聡明なかただと評価しますね。即位されたら、聡明で貴族的なチャールズ皇太子の運と連動して英国の国運が上がったと思うんですけどね。惜しいことです。

 

ウイリアム1世ではじまった英国王朝、ウイリアム5世で終わるのかな??

王孫のウイリアム王子、即位するとウイリアム5世になるのかな。

いくらなんでも、この人はチャールズ皇太子の実子という点では、大丈夫だと思うのですが、、、たぶん。

ジェームズ王子、ジョージ王子、、、遺伝上の祖母の父ににたのかな、、、とか。

ま、いいんですけど。どうでも。

ただ、公務を投げてスキーに遊びに行くようなウイリアム王子の徳仁化と、ウイリアム夫妻の家庭の俗化がきになります。

また、英国のイスラム教徒さんの比率が多くなりつつあるのも気になります。

大英帝国はエリザベス1世から事実上始まり、エリザベス二世で終わりました。

英国王室は、フランス王の庶子・ウイリアム一世からはじまり、ウイリアム5世でおわるのかもしれないな、と思ったりしました。

その出自やご性質も、正田美智子とかわらないダイアナが皇太子妃になったのは、英国王室解体の一歩だったのかもしれません。

なんとなく、そんな気がしました。

※大量にエクスポートした旧サイトの記事を、自動的にプラグインをつかってインポートしたのはいいのですが、文が二重になっていたり、画像がとんでいたり、あるいは、画像が古くなってきていたりして、メンテナンスに思いの外時間がかかってしまっています。

明日から、当分の間は、「つれづれ」か、過去記事の連投になると思います。ご了承ください。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?