※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


小笠原のグリーンフラッシュ

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

御歌に詠まれた小笠原のグリーンフラッシュ

本物だといいんだけどなあ。

マスコミは丸ごと反日・反秋篠宮家なので、秋篠宮家に関するニュースは、頑として報道しない主義なのですが、今回は、お声もお顔もだされた状態で、マスコミが報道しましたね。

「悠仁様が、母上の紀子妃殿下と小学5年生の時に、小笠原諸島を訪問したときの思い出を書かれた」そうだけど、お二人で小笠原諸島を訪問されたというニュースあったかな。報道は、反日反秋篠宮家が徹底しているので、頑として秋篠宮家の報道をしないですからね。

 

Sponsored Link




こちらのサイトに詳しいですね。

※小笠原村公式サイト

御歌に詠まれた小笠原のグリーンフラッシュ

昨日1月16日、皇居で平成31年歌会始が行われました。

今年のテーマは「光」で、秋篠宮紀子妃殿下が一昨年小笠原に訪れた際のご覧になった夕日の思い出を歌にされました。

宮内庁ホームページに紹介された御歌並びに説明は下記のとおりです。

なお、当日案内した人によると、直前まで雲があったものの、最後はきれいに海に沈みグリーンフラッシュをご覧になったそうです。

(宮内庁HPより)

文仁親王妃紀子殿下

「日の入(い)らむ水平線の輝きを緑閃光(グリーンフラッシュ)と知る父島の浜に」

秋篠宮妃殿下は、一昨年の夏、悠仁親王殿下とご一緒に、小笠原村の父島と母島をご訪問になりました。島の人に誘われて浜辺にいらしたとき、水平線に沈む夕日が、一瞬きれいな緑色に輝く光景をご覧になり、この輝きを「グリーンフラッシュ」と呼ぶことを島の人からお聞きになりました。その思い出を歌にお詠みになりました。

※小笠原村公式サイト

 

訪問されたのは事実のようです。

そして紀子様は、歌をお読みになられた。

 

宮内庁のHP

https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/15

妃殿下

長男の悠仁は今年の春から5年生になりました。

まず始めに,5年生の様子についてお話をしたいと思います。

(略)

家での様子ですが,小さいときからおこなっている野菜作りや昆虫の飼育などを今も続けています。「どうしてこうなるのかな」,「こうしたらいいかな」など考えながら,取り組んでいることがよく見られ,「こう工夫するといいかな」と言葉にしたり,また良く知っている人に話を聞いたり,また調べたり,そうした経験を重ねながら育て方やコツが分かってきているようです。

今年の夏は特にトンボの生態についてもっと知りたいと,ここの近くの大きな池に同じ時間帯に出かけられるときに行って飛んでいるトンボの種類を記録していました。今年の夏に家族で滋賀県の琵琶湖周辺や,また小笠原諸島にも旅行しました。

 

WIKIには記載してませんね。たくさんあるので、書ききれないのかもしれませんが。

しかしながら、悠仁さまのWIKIの直径先祖の一覧は凄い。当然のことながら、天皇と親王ばっかり。

絶やしてはいけません。

 

普通にダブルがいる皇室王室

皇室の昔からの慣例なのでしょう。明仁上皇のお子さんたちには、ナルちゃんも、文仁親王殿下も、清子さまも、幼少時から、普通にダブルがいます。

※同時期に2人の浩宮と2人の美智子がいる。

もちろん、明仁上皇にも、エビス顔の人と、顎の短い頭の悪そうな人が確認できます。

過去記事をご覧ください①

イギリス女王にも、一回りは若いダブルがいますし、オランダ王もダブルが即位式に来日しました。ただ、この人たちは、王位継承権を持つ人たちではなく、たんに容姿が似ているだけの職員だと思います。ダブルかどうかは、プロトコルで判断できます。皇室外交のカテゴリーの記事をご覧ください。

まとめはこちら

 

序列があるようです

①オリジナルの皇族

②序列2位以下のダブル

容姿や年齢がある程度似ているオリジナルの皇族の同父異母兄弟や、父を親王にもつ人たちだと思う。たぶん。

クローンもいるのかな。男子は継承権をもっていると思う。たぶん。

斜視の宮様と白髪の宮様は「親王」だと思うけど、311後出てきている低身長の黒髪の宮様は、御召し物のみすぼらしさから見て、工作員かもしれない。しかし、バチカンで法皇と会ったり、改元の日にお出ましになった高身長の黒髪の方は、本物の文仁親王の一人だと思われ。

 

③宮内庁公認のダブル

容姿が似ているだけで、皇位継承権はない一般人の職員だが、浩宮に成り済まして勝手に即位したのが今の令和の天皇、愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている女性たちは、北朝鮮系、中国系と思われ。反乱罪案件です

 

①②③のほかに、

④勝手に皇族になりすまし公務を行っている人たち、これは工作員です。報道と一体化してフェイクニュースを流し続けています。勝手に婚約会見を開いた偽眞子など。背景は人民解放軍やその下部組織の創価学会などの工作員でしょう。こうした皇室乗っ取りの背景はもともとはCIAでしたが、平成になってからは朝鮮系になり、改元する兆しを見せたころから中国系へかわったようです。今は中国で企画、撮影、脚本を書いていると思われます。

➄ゴシップ用の週刊誌に掲載される工作員。佐藤睦など三流芸能人や創価の芸能班などだと思われます。ゴシップ誌や週刊誌で顔を刷り込み、その後、④に格上げされ、勝手に公務や祭祀、参拝をおこないニュース報道に出てきます。

 

皇室の式典や公務は、A・オリジナルの皇族か公認のダブルの代理によるもの、B・中国など別の国で撮影されたもの、を、混ぜて報道されている可能性があります。Aの比率を下げていき、いずれ、中国が完全にコントロールするつもりなのでしょう。

 

311のあと、

311のあと、秋篠宮家が総入れ替えになった可能性があります。悠仁さまは、垂れ目の方⇒釣り目の方へ、宮様はナマズの宮様⇒家禽の宮様へ、チェンジした可能性が高そうです。

どこの王家も、危機管理プログラムがあるのが普通なので、311の大地震、メルトダウンのあと、海外や地方に疎開された可能性はあると思うんですね。震災当時は、東北どころか日本が復興するかどうかは、まったく先が見えていませんでした。放射能の数値も、政権に近い小沢一郎が奥さんに「政府が出す数字は信用するな。水は飲むな」と言ってたそうですから、御察しです。

序列1位の皇族が疎開し、公認のダブル(序列2位みたいな立ち位置)の方が残ったと、推察してます。

小学校の入学式にお見えになった悠仁様が、御茶ノ水に通い、小笠原を訪問し、作文が佳作に入賞されたのだろうか。

連続性はあるかな・・・でも鼻と耳がちがうかな・・・

ご無事であることを信じております。