①自民党の「バカ世襲と賞味期限切れの女子タレントのサークル」化が進む

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

自民党の「バカ世襲と賞味期限切れの女子タレントのサークル」化が進む

誰でも勝てる選挙になった結果、キッシーは自民党最後の首相になるのかもしれない

自民党の幹部が求める女性議員ってのは、要するに、自分らの法案に賛成票を投票するだけの投票要員だからだれでもいい。知名度があれば選挙に勝てる、というより、創価票や創価学会票があるし、

アルフィアジャンプや、

 

ユリコ曲線があるから、

だれでも当選させられる仕組みはもう完成してる。

選挙のあと、マスコミに「知名度があったらから」「投票率が低くて組織票が勝った」と、新聞に書かせればいい。

 

公認候補の決め方

カルトブー萩生田「(元おニャン子クラブ)生稲さんはどうでしょうか?」

安倍ちゃん「いいねえ」

めでたく当選。

何がいいのかわからんけど、生稲さんは、自民幹部のカルトブー萩生田のアイドルであり、自民党が気に入るタイプの女子なのだろうと思う。

 

国会議員のお給料はいくらですか?

現在国会議員一人当たり、月百三十万一千円の歳費が支給。 月百万円の文書通信交通滞在費や六十五万円の立法事務費、年間約六百三十五万円の賞与やJR、航空券の無料クーポン券、更には公設秘書の給与を含めると、国会議員一人当たり、月約五百七十三万円、年約七千五百万円の経費がかかっている計算になると承知する。

 

金のあるおっさんに囲われて、お手当をもらうよりよほどコスパがいいと思う人は多いかもしれない。

ということで、生稲さんにつづき、同じく元おニャン子クラブの国生さゆりが、ウォーミングアップを始めました。

 

※重いので分けます。

②自民党の「バカ世襲と賞味期限切れの女子タレントのサークル」化が進む

ニセモノが天皇に即位?