腹の立つ話|伊勢神宮と「ロケ地としてしか考えていない女皇族たち」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

 

腹の立つ話

伊勢神宮と「ロケ地としてしか考えていない女皇族たち」

カトリックの正田美智子

美智子の実家はカトリック教徒であることは有名な話ですね。ご婚約が内定したころ、岸信介が「(皇室会議もすっ飛ばして、海外で皇太子妃決定の一報で認知されてしまった)勝手に決められても・・・」「(正田美智子の)信仰が気になった」と発言してました。

 

神宮などの参拝用の衣装はカトリック教皇のコスプレ。キリスト教への愛を表現。

 

訪欧中に、法王はバカンス中なのに無理やり押しかけたらしい。教皇と会うときのドレスコードの決まりの一つが、白ずくめのドレスはカトリック国の王女と王妃のみ。美智子はそれを知ってるのか知らないのか、白ずくめで会いに行った。

 

創価学会の小和田雅子

 

沢山の雅子がいたけど、歴代の雅子はどれもこれも宮中祭祀は「お慎み」でボイコット。結婚の報告に参拝したときの雅子は不機嫌さが隠し切れない。

 

 

愛子を立太子させるため、中等部になって初めて伊勢神宮に参拝させた。神宮を利用することしか考えていない。

 

 

イルミナティの愛子さまの偽物

血族だろうなあ、どう考えても。

 

 

人肉ぐらいのイルミナティのくせに、愛子様に成りすまして参拝する工作員・偽愛子(影子・ロスチャイルド)

潔斎の意味がわからず、肉の入った弁当を、モリモリたらふく食べてたらしい。

 

こいつら、祟られるで。

というか、もう祟られるんですけどね。

 

※関連記事 閲覧注意 心霊写真集

 

ニセモノが天皇に即位?