※人気ブログランキングに参加しています

【チーム小和田】小和田家の写真の謎と2人の九条節子

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

小和田家の不思議な写真

コメント欄より

そういえば双子の妹たちと雅子さんの振袖の写真ですが、双子と雅子さんの間にお手伝いさんが写っていたのを消して、雅子さんを双子側に寄せて移動させたものを公開してましたね。長襦袢を着ていない雅子さんの振袖姿の写真です。

写真を加工して映っていた人を消すなんて、日本人の発想ではないと思った記憶があります。

以上

 

コメント欄より

ニューヨークのお子様たちの集合写真の由美子、以前ポーズとってるとコメントした写真ですが、左手にしがみついている子がいるのに気を取られていましたが、よく見ると右腕の向きも不自然な気がします

。腕をねじって内側を前に向けていますよね。アップにすると手先がないような・・・。

写りのせいなのかもしれませんが。前の子の背中を触っているとしても不自然な気がします。

この写真にこの人はもとからいたのでしょうか。子供の顔の見分けがつかないので勘違いなら申し訳ないのですが、男の子の隣のケーキの正面が雅子?

その向かって左隣水色リボンと臙脂のリボンの二人が礼節姉妹?だとしたら、由美子にしがみついているのは誰なんでしょう?

以上

 

ありがとうございました。

よくよくみると、超怖い写真ですね。加工した写真でなければ心霊写真でしょう。優美子の腕がきれてます。さらに、優美子にしがみついている女子の頭が半分透けています。フォトショで必要でない部分を消すと勝手に背景をフォトショップが修正してくれるのですが、こうなりますね。リボンの描きました感が半端ないですが、何を隠したくて何を消したかったんでしょう。

この写真に、優美子を入れる必要があったのでしょうか。だれかを重ねることで、隠したかったのかもしれませんが、、。

 

雅子2号のお友達

気になるのは、この男子。ナルちゃんに似てませんか。

この2人が、後年、皇太子夫妻としてご成婚したとしたら笑いますね。

ああ、おかしい。

ナルと雅子は、「運命のエレナ王女の歓迎パーティーでお出会い」より数年前にコルマールで同宿したことがわかっていますが、「交際実績」をつくるため、同宿したのは、この2人だったら笑いますね。

ああ、おかしい。

 

小和田家の双子

そして小和田家の双子。これがそうだと思うんですが、、、

②の双子だとは思うのですが、、、やはり、①とは顔が違うように見えます。きのせいかもしれませんが、、。

コメント欄より

いつもはROM専でしたが、管理人さんが確信できないようなのでお目汚し失礼致します。

幼少の頃の写真ですが、

1枚目:リアルマサコ+どっかの姉妹
二枚目:礼節姉妹+どっかのマサコ

だと思います。
私事ですが
20年以上、保育士又は幼稚園教諭として勤務しています。
双子のお子様は男女の組み合わせ、一卵性、二卵性、ついでにハーフの組み合わせをみてきました。
1枚目は双子ではないでしょう。着ている服が同じなら双子、ではありません。右の子がマサコと血縁がありそう。
二枚目は本物の礼節だと思います。でも、マサコが偽物。

現場の人間、なめんなよって感じです。

あと、誕生日写真ですが、(修正)優美子にくっついてる子がお手伝いさんにつかまってた子かな、と。

二枚目の海辺の写真でもひっついてますね。大人にくっついてなきゃ不安な要素があったのかな。
双子も背乗りかもしれませんね。

以上

 

貴重なご意見を、ありがとうございます。

なるほど。そうでしたか。

 

Sponsored Link



 

 

九条節子

また後日、まとめようと思いますが、貞明皇后の2人説。

すくなくとも戦後のテイメイと大震災を慰問している皇后とは別人ですね。

身長も顔も全然違います。戦後のテイメイ(左)と大震災で慰問している九条節子皇后では、頭身、身長のみならず、顔が違う風に見えます。

 

 

公卿の体形

節子皇后

左の節子皇后は、一条美子皇后をはじめ、古い公卿貴族にありがちな、鬼塚氏のいう「血族結婚を繰り返したために、小人病的」な、体形をしています。

この人が、本物の九条家の姫の可能性はあると思います。でも右のいかにもクエーカー教徒といわんばかりの皇太后は中国人「朱貞明」でしょう。

 

昭憲皇太后

こちらは、写真っぽいのですが、同じようなバージョンがいくつもあるので、肖像画かもしれません。もっと小柄な皇太后の写真を見た記憶がありますが、拾えませんでした。

洋装の皇太后は御真影=肖像画を写真におさめたものです。おそらくは。よくみると、手や腕に輪郭線があります。背景の柱も絵画っぽいです。

 

左の十二単の九条節子、右の洋装のテイメイ皇后は、それぞれの若いころの御真影であり肖像画ではないでしょうか。どちらも実物よりかなり背が高くなっています。

 

左が加齢して右になるかな、、、。

 

十二単の九条節子

左右でだいたい頭部のおおきさと肩の位置を合わせてます。青い線が実質的な踵の位置であるかなと思うんですね。大体ですが。

十二単のほうの白い線の上と下で違う画像のように見えます。

左の十二単の九条節子は高い底上げの靴を履いて撮影した上に、さらに、写真の白線の裾から下を切りとり、違う画像をつなげて貼り付けているのかな、、と。

あるいは、白い線の下は描いているのかな、、と。

袴の質感が妙に途中から違うように見えます。絨毯の柄も、袴より手前と向う側とは遠近感に難があるかな、、とか。

或いは、まるまる肖像画かもしれませんが、いずれにせよ、背が高すぎると思います。

 

 

洋装の皇后

首のバックルというのでしょうか、ぴったり首にそって密着しているにしては、立体感がなく平たくなっている風に見えます。あくまで印象ですが。

腕などに輪郭線らしきものがあったり、手に持っている羽根の扇?のふわふわ感がどうも、描きました感が満載なので、肖像画ではないかな、、と。

また、まとめたいと思います。

 

最後は猫が勝つ

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

16 件のコメント

  • 今まで、貞明皇后の写真って「星のティアラのダイヤモンドバージョン&三連のダイヤモンドネックレス」しか見なかった。皇太子妃?時代の写真もあったのですね。ただ、皇太子妃のこのティアラ、のちの良子皇太子妃に引き継がれたものですかね?それともリメイクされた?個人的には、白い絵の具で書き足したように見えます。ということはニセモノ皇后かな。

    • 洋装の節子皇后は、おそらくは絵画かな、、と思うんですね。
      リアルに描いてますが、、、。
      ティアラは、リメイクされたみたいですね。
      星の部分だけ取り外しがきくようにしたと描かれた記事をよんだことがあります。

  • いつもはROM専でしたが、管理人さんが確信できないようなのでお目汚し失礼致します。

    幼少の頃の写真ですが、

    1枚目:リアルマサコ+どっかの姉妹
    二枚目:礼節姉妹+どっかのマサコ

    だと思います。
    私事ですが
    20年以上、保育士又は幼稚園教諭として勤務しています。
    双子のお子様は男女の組み合わせ、一卵性、二卵性、ついでにハーフの組み合わせをみてきました。
    1枚目は双子ではないでしょう。着ている服が同じなら双子、ではありません。右の子がマサコと血縁がありそう。
    二枚目は本物の礼節だと思います。でも、マサコが偽物。

    現場の人間、なめんなよって感じです。

    あと、誕生日写真ですが
    、(修正)優美子にくっついてる子がお手伝いさんにつかまってた子かな、と。二枚目の海辺の写真でもひっついてますね。大人にくっついてなきゃ不安な要素があったのかな。
    双子も背乗りかもしれませんね。

    • >1枚目は双子ではないでしょう。着ている服が同じなら双子、ではありません。右の子がマサコと血縁がありそう。
      >二枚目は本物の礼節だと思います。でも、マサコが偽物

      貴重なご意見ありがとうございました。
      転載させいただきます。

    • 転載していただけるとのことで、追加です。
      誕生日の写真、マサコの左隣はダミー(修正)かと。
      その隣の水色の服の子が、双子の一人でしょう。
      ダミー子さんは何かに乗っかってるにしても、その横にいる水色幼女の体勢を見ると(立っている状態で、机にもたれているというより椅子に座ってなくては不自然)、身長差はかなりあり双子と言うには無理があります。

      成人した写真を見てもおわかりかと思いますが、似たような着物を着ていても帯締めや、着物の色柄と違っています。
      これは本物の礼節だと思います。
      双子のお子様を持つご父兄の方は、同じデザインでも色違いにするなど言い方は悪いですが、区別をつけていらっしゃいます。細かく言えば自分の物と他者の物を認識させる事や、集団に入って第三者に個人を識別させる為です。

      説明が長くなってすみません。
      恐らくですが、誕生日写真で差し替えられてるのはお手伝いさんかな、と思います。

      あと関係ないんですが…
      この人数であのちっこいケーキ食べるの?!
      等分するのが大変そう。

    • ありがとうございます。
      転載させていただきました。
      >あと関係ないんですが…この人数であのちっこいケーキ食べるの?!等分するのが大変そう。
      前列と後列、そして優美子、の少なくとも3つの写真の合成の可能性がありますね。
      もともとは、少人数の子供しかうつってない写真だったのかもしれません。

  • 誕生日パーティの消えてる子怖いですねフォトショ失敗だと思いたい
    招待された子達はお呼ばれに相応しく、雅子から右3人が普段着って変ですよね
    一番右の子がジャケット着てる子の兄妹の様に顔が似ています
    なのに女児が普段着?似ているというか左右反転させて貼り付けたかの様にも見えます。
    この女児の後ろの子を消そうとして失敗か?消し忘れ?頭に違和感ありますよね
    ホールケーキも人数の割りに小さい(一番豪華にするであろう物なのに)
    紙皿と紙コップケーキの他にはお菓子が一皿
    一般家庭でも人を呼んでまでお誕生日を祝うなら、もう少しありますよね
    別テーブルにあっても写真とるなら見栄でお花ぐらい一緒に置く
    紙コップもよーく見たら11~12個しかないし
    絵柄がサンタ坊かぶってるように見え、季節的に雅子の誕生日で合ってるとは
    思うのですが本人は半袖だし普段着だしお金持ちの子の会には見えない。
    雅子の隣はナル本人かもしれないですね、ひとりだけ形の違う椅子に座って
    ひとりだけ調子にのっても怒られず、そのまま撮影ですし。

    皇后の戦後に写真は後ろの着物の親子は明らかに絵ですよね
    葡萄は写真のようですが右側の男性の服あたりまで絵で足元の靴は
    そのまま写真に見えます。何の為にしているのか理解不能
    隠したいなら別の写真使えばいいのにと思うんですが
    慰問の写真の服も裾上げが表地に響いてます
    高貴な身分の人の服にしてはお粗末すぎる
    上着の裾もガッタガタです。仕立てが悪すぎる急遽代役の為に
    その場で裾上げをしたかの様な無様です。
    正絹とか表に響きやすい生地は沢山ありますが、やりようです。
    なのでこの写真も本人ではないと裾上げ10cmはしていそうなのでそう思います。

    • >皇后の戦後に写真は後ろの着物の親子は明らかに絵ですよね
      >葡萄は写真のようですが右側の男性の服あたりまで絵で足元の靴は
      >そのまま写真に見えます。何の為にしているのか理解不能
      単純に、写真に着色したのかな、と思ったのですが、よくみると微妙なんですね。
      コラかもしれませんので、差し替えさせていただきました。
      慰問のほうが本物なのかはわかりませんが、明治以降の皇室なら、もう、ダブルでも何でもありだと思いました。

  • でれでれ草さま

    九条節子は時代的にも美化して修正済みの肖像画や肖像画写真がほとんどなのだと思いますが、動いている姿の写真はあまりいじっていないのではないでしょうか。どちらにしても難しい検証になりそうです。

    コメント早速取り上げていただきありがとうございます。
    プロの方の見方、すごいですね。本当に貴重なご意見、読者としてもとても勉強になりました。

    雅子の隣の男の子、そうなんです、ナルに似てるんです。私も見ていてあれ?と思ったのです。そしてそのナル似少年の隣の紫の服の女の子と後ろの左から二人目の正装している男の子も少年に似ているので、きょうだいかな、と思ったり・・・。
    実は最初ぱっと見で、紫の子が雅子(ゴツイ方の)か?と思ったんですが、お誕生日パーティということで、真ん中の子なんだ、と思ったんです。で、礼節は?と思って優美子にしがみついている子がいたので、「この子が礼節のどっちかだな」と思ったのですが、よく見ると雅子の隣にいるっぽい・・・。じゃ、このしがみつきっ子は誰? 普通自分の親とか大好きな世話係以外にぐずってしがみつきはしないよね・・・、あれ?そういえば優美子の腕の向きおかしくない?と・・・。こんな感じで違和感が連鎖していったのです。結局しがみつきっ子は誰かわかりませんが。また、紫の子の後ろにぴったりと隠れている子がいますよね。しかも紫の子の右肩に手が乗ってます。子供だから後ろにぴったり隠れて肩に手を置いて心霊写真ごっことお茶目なことをしただけかも、とも思いますが、以下、あくまで私の主観であり妄想だと思いますが、この写真を見るとなんとなく睦ズの集合写真を思い出します。これ、ダブルたちの顔合わせの記念写真ってことはないでしょうか。

    雅子は1968~71年3月ごろまでニューヨーク、一つ気になるのが、その頃、紀子さまもアメリカ在住でした。wikiによると1969年~73年6月までフィラデルフィア。フィラデルフィアとニューヨークはアムトラックで数時間で行けるので意外とニューヨークに日帰りで遊びに行けたように思います。思いっきり妄想ですが、まさか紀子さま(偽?)も参加していた? なんて、それはさすがにかっ飛びすぎですよね。
    でれでれ草さまのコメント欄で長々と妄想を失礼致しました。 
     

    • >思いっきり妄想ですが、まさか紀子さま(偽?)も参加していた? なんて、それはさすがにかっ飛びすぎですよね。
      いえ、じつは管理人も一瞬かんがえて似た子を探しました。
      >そしてそのナル似少年の隣の紫の服の女の子と後ろの左から二人目の正装している男の子も少年に似ているので、きょうだいかな、と思った
      このこ、紫の服を着ている雅子1号らしき子にも似ているんですね。
      眞子様とその側近やSPに似ている人間をあつめてつくったチームが、「佐藤睦とエキストラ劇団チーム」だとおもうのですが、そのような、小和田家にありそうですね。

  • 誕生日の写真ですが、前列右側の紫の洋服の女の子が雅子?と思っていました。
    妙に存在感があって気になります。
    その子の後ろにもう一人いますよね?頭部が不自然です。
    もし前列の子供達がいなかったら、真ん中の長身で笑顔のお嬢さんのお誕生会のような気がします。
    このお嬢さん、優美子と身長が同じくらい。7歳の雅子よりは年上でしょうが、かなり大きめ?
    それとも優美子や前列とのバランスがおかしいのでしょうか。

    • 私も咲雪様とおなじく、この写真は
      >前列右側の紫の洋服の女の子が雅子・・・とずっと思っていました。
      でれでれ草様の今回の記事見て、そうか、間違っていたのか・・と。
      ナル似の向かって左の子より右の子の方が眼力というかパワーあります。

      それと、貞明皇后ですが、右が加齢して左には、ならないと思います(キッパリ)
      左の写真は、皇后と言うより成功した女性実業家みたいですよね。
      それと黒服の写真は何故か見るたびにふっと浮かぶのは、ポルトガルの未亡人達が着るお約束の黒服。
      絶対に神道の方とは思えない、といつも違和感を感じていました。
      この方、どこから来たんでしょうね・・・

      紫陽花さまのプロ目線、すごい、すばらしい、ホントに「なめんなよ」ですね。
      勉強させていただきました。ありがとうございました。

    • ありがとうございます。
      転載させていただきました。
      たしかに似てますね。少なくとも3つの写真を合成している写真なのかもしれません。

  • お誕生日の写真ですが、
    双子の一人とされている緑のお洋服の女の子、
    顔が長すぎると思いませんか。
    無理に何かで引き延ばしたような感じがします。

    水色の女の子の向かって左側の赤いお洋服の女の子の方が
    成長した双子の面影があるように思います。

    • よくみると、この集合写真、双子か?と思われる子供が何組かいるんですね。
      ナルみたいな子供の向かって右にいる女の子と、後列のネクタイを締めた男児が似てます。
      読者様の推測にありましたが、そういう、工作員養成チームみたいなものの集まりだったかもしれませんね。
      それがばれるので、切り貼りして誤魔化しているのかもしれません。
      複数の写真の合成であるのは間違いなさげです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。