※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2018年➃】じゃあの氏の正体

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

気になるコメントがありましたので、、

コメント欄より

あのドカドカ大戦争wの頃に、豆腐なんとかがこの小坪市議をじゃあのさんと呼んでいたのが記憶にあります。今回の騒ぎを見ると、でれでれ草さんと伏見さんのおっしゃる余命像は間違いじゃなかったなと思いました。一応自民党所属のW田もじゃあの一味みたいですね。気持ち悪。

以上

 

「豆腐なんとかがこの小坪市議をじゃあのさんと呼んでいた」

豆腐おかかは、素直すぎる人でしたね。

余命に関して、内部告発ににた形での書き込みがあり、

「余命とその手下たちは、6ケタのパスワードを使った掲示板(だったと思います)で、やり取りしている。おかかのパスワードは◯◯◯◯◯◯、、、」

と、パスワードを晒されたとき、「たしかに私のパスワードです。何故?」と返事を書き込んでます。

 

ブログ【伏見顕正】2016年08月06日

【余命真理教内部者リーク】左翼集団、遂に粛清開始か?無限拡散

ttp://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/03/24/20170324190000/

 

私は余命の内部の人間です。

余命が犯罪者であることをここに告発します。

余命は、伏見関係の告発を行う際、豆腐おかかの個人情報を使用しました。

告訴状に豆腐おかかの氏名、住所、電話番号。

豆腐おかか氏の三文判までわざわざ作りました。

有印文書を偽造し、警察署に告発状を郵送しました。

事務所に三文判があるので、言い逃れはできません。

なお、行政書士に告発状を書かせたので、弁護士はいません。

行政書士は告発状を書いた時点で仕事がおしまいです。警察をつつくことはありません。

私が余命内部の人間であることは、豆腐おかかのパスワードが「made22」であることを知っている、

これで証明できると思います。

余命は豆腐おかかに全てを押し付けようとしている、犯罪者です。

以上

 

転載以上

 

 

これで、余命とその一派が繋がっていること、パスワードを使ってやり取りしていたことをみとめたことになりました。

嘘がつけない素直な性格を超えて、ただのアホだと思います。

 

 

Sponsored Link



 

小坪市議のHP

【反撃】解散総選挙で野党を滅したい【民意を示したい人はシェア】

希望の党、民進党は「国民民主党」なる新党を結成することを決した。
何度目の民主党で、そしていくつの野党があるやらわからない。
そして、わからなくても問題ないのだと思う。
各党が何をしているやら意味不明だ、それは(わからぬ国民が)不勉強なのではなく、実際に「意味不明な行動」をとっていると「正しく理解」しているに過ぎない。

一年以上にわたるモリカケ騒ぎ。
セクハラ云々を、ミサイルの着弾・国防以上に注視させようとする「一部メディアと野党」には飽き飽きした。

総選挙には、多額の税金も必要だ。
衆議院の任期は3年以上を残しており、無駄な税金と言われれば、確かにそうなのかも知れない。
だが、「ここまで国会を空転」させ続けることに比べれば、ここで野党を一掃しておいたほうが、「トータルコストは安くつく」可能性もある。

以上

 

カミカゼじゃあの氏

文体は、どうでしょうね。某市会議員に似てますでしょうか。

https://twitter.com/mynamekamikaze?lang=ja

 

以上

 

このお二人が同一かどうかは、ちょっと横に置いておいて、じゃあの氏は、保守速報でよくとりあげられていましたね。

保守速報は、「在日さんが強制送還される」「通名が使用できなくなる」「入管に通報しよう」などの、余命三年時事日記の世界観を補完していたまとめサイトでした。

じゃあの氏は、2chなどで、自民党なんかの内部情報を投下して、じゃあのwwwといいながら、去っていく人で、一部のネットでは人気があったようです。

仮に某議員が、じゃあの氏であるなら、自民内部の情報は、仲の良さげな和田正宗議員から得たものでしょうか。

仮にそうなら、余命支持は揺らぎませんね。

じゃあの氏は、青林堂から本も出しています。

せいぜい、頑張ってください。応援はしませんが。

 

※余命との長い長い抗争の記録です。

 

寝相が無防備すぎると思う

cat maru GIF

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • 一時期、「じゃあの」「BB/イザー」など、普通の人が知らないことを知っていそうな人の情報に夢中になったことがあります。

    今にして思うとあれも「情弱」の一種だったなあと。余命はこの種の人々を食い物にしてきた詐欺老人ですね。

    • 転載させていただきました。
      あれだけ断定されると、そうかな、と思ってしまいましたね。
      しかし、伏見氏のドカドカで、泥船に乗る人が減ったのはよかったと思います。

  • でれでれ草さま

    久しぶりに一回目から余命との戦いを拝読しております。今から思えばドリフの回転舞台が回る時の音楽が似合いそうな騒動でした。
    余命本が発売される直前に、伏見さんのブログでどなたかが
    「余命ブログの本は信用できるのか」といった質問をされ、「あれは詐欺本」と一刀両断されたおかげで騙されずに済んだ方も多かったですよね。恥ずかしながら私も予約するか迷っていました(笑)
    発売直前でしたが、アマゾン予約キャンセルした方続出しましたよね。今から思うに怪しい本すぎて、普通の書店では並びそうにないのをいいことに「圧力をかけられてる」「アマゾンしか扱ってくれない」ということにしたんじゃないかと思えてきます。確実に印税がほしいならその方がとりあえず何冊かは売れますよね。本屋で手にとっているのを人に見られたくないですし、立ち読みでおかしな本だとバレちゃいそうです。でもあの騒動後、意外と大手書店でも1冊くらいは見かけるんですよね。不思議です。

    じゃあの氏は、カミカゼをつけたり真をつけたり何度かハンドルネームをを変えてましたね。
    ネットで話題になり始めた頃だったと思うのですが、誰かの質問に対してじゃあの氏は実は何人かいて、志を同じにしているチーム、という感じに答えていたと思うのです。ふだんは書き込みは同じ人だけど、時と場合によってはチームの誰かが書くこともある、みたいな。
    余命との戦いを読み返していて、伏見さんが「余命はチームで役割分担している」と推理された箇所でふと上記のやり取りを思い出しました。双方の設定、似ているように思います。一人じゃなくて味方もいるよ、というのが、安心感を持たせる手なのでしょうか。余命プロジェクトにじゃあの氏が含まれているとしたらもう笑っちゃいますね。

    それと青林堂で本を出している人たちに、『日本のこころ』など『次世代の党』系列の政党にいたり応援していた人が多いのが気にかかります。今はとりあえず保守を標榜している出版社なので、人のいい保守派の方がだまされているのか、それとも・・・?
    前に中山夫妻が『日本のこころ』の政党助成金約5憶円をちらつかせて『希望の党』入りしました。実際は離党してから参加したので政党助成金は希望には入りませんでしたが。自民一強を崩すために保守派を分断するために『次世代』からの『日本のこころ』を作ったものの、お粗末すぎてダメだったのだろうか、と近頃思います。中には国士と思える方もいらしたので残念ですが。

    • 青林堂も余命も在特会も、保守を装ってましたが、結局、街宣右翼だったんでしょうね。
      純粋な方を利用してきたのは許せません。
      今、余命は過去の著作を直接サイトで販売してますが、おそらくは、ランキングを上げるために購買した本がだぶついているので、困っているのかなと思いました。
      炎上商法を狙ってますが、マスコミもそれを知っているので、絶対に余命の名前は出しませんね。
      オウムとの違いは、水面下で決着がつき、ほんの一部の人だけが知っている事件になりそうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。