※人気ブログランキングに参加しています

【保守砲ドカドカ2018年】㉑余命三年時事日記 余命の素顔と肉声

Sponsored Link

続きです

余命三年時事日記の爺さんは外国訛り?

交通違反につかまり、義務を果たしているのか、責任が、告訴がどうの、と、クレームをつけている爺さんが、余命爺さんではないかと言われていますが、、、、、。

 

わかりにくいので調整してみました。

発音をきくかぎりは、日本人ではない感じですね。

けっきょく余命も在特会も、青林堂関係の人間も、「お金で雇われた朝鮮系の人が日本人保守になりすまし、朝鮮非難を叫び、朝鮮人攻撃を叫ぶ」いつもの街宣右翼なのかもしれません。

 

Sponsored Link



 

何と戦っているのか不明な余命信者と「役目がおわった」と宣言する余命

2535 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑬

.....みな、あと少しと感じているのかなあ。コメントに意思と力強さがでているな。
しかしまあ、みなおりないね。在日や反日勢力のなりふり構わぬ反撃で、半分脱落まで覚悟していたシナリオだったが、現在、脱落者はゼロという奇跡が起きている。

今月中に、各方面から総攻撃がはじまる。その準備で更新が遅れているが、これもまたご理解いただいているようで「無沙汰は無事の便り」であるだけでなく、日本再生へ確実に前進している。

ところで瀬戸氏の余命緊急プロジェクトなるものだが余命はまったく承認していないし、関わっていない。むしろマイナス要素の方が大きいと考えているので、自己責任でお願いしたい。余命は中途半端な妥協をめざしてはいない。

今般の戦いは、敵のほぼ中枢を破壊するところまで意図している大作戦である。これまで以上に反余命攻撃が激化するだろうが、すべて手の内での戦いである。すでに各方面でひた押しの戦いが始まっており、投稿アップが間に合わないので、リアルタイムでの情報提供にはなっていないが、もはや余命や余命ブログの役割は終えている。

これから数日は幹部会議で飛び回るので思うような更新ができないが、まあ、そういうことで....。

以上

 

「総攻撃がはじまる」「予定通り」「~だろう」

こればっかりいい続けて3年たちましたね。

「もはや余命や余命ブログの役割は終えている。これから数日は幹部会議で飛び回るので思うような更新ができないが、まあ、そういうことで....。」

余命は逃亡準備に入ったのかも。

ブログ閉鎖→逃亡の準備に入ってるんじゃないでしょうか。

 

2535 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑬

五省
余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様、いつも勇気を頂いておりますありがとうございます。
報告が遅くなりましたが、武蔵小杉合同事務所からの通知書及び合意書が郵送されました。今更の話ですが、私を含め皆さんの住所氏名をどの様にして、これら弁護士は知り得たのでしょうかね(笑)

.....個人情報の守秘義務違反と目的外使用ということになるね。弁護士会も告訴されることになるだろう。

以上

 

懲戒請求をしてきた人たち、50代が中心で、下は40代前半、上は70代と高齢であり、職業も、開業医、公務員、自営業など、結構裕福な人が多いとか。意外でしたね。

 

2536 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑭

.....可能性は低いとみていた悪徳弁護士の提訴だが、神原元弁護士は仕掛けてきた。あとは佐々木と北弁護士の提訴を待って、反訴に入る予定である。これは徹底的にやる。 5月末までに概略をお知らせする。

すでに神原元弁護士が提訴ということなので、委任状は必要がなくなった。提訴されたメンバーごとにこちらでまとめて本人訴訟となる。

川崎デモのカウンター勢力のほとんどが国際テロリストとして欧米治安当局に一部情報提供されているが、追加情報要請項目に、第六次告発までの内容と懲戒請求関係がある。 外患罪事案と北朝鮮テロリスト国家制裁事案だが、米朝会談の中止を受けて来月10日頃をめどに担当機関に提供されると連絡があった。
メンバーは過去ログ第六次告発概要をご覧いただきたい。

以上

 

2537 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑮

裁判所からの通知については、必ず、こちらの方へ大至急連絡していただきたい。

このコメント欄で結構である。その場合にはお名前と住所氏名、電話番号をお忘れなく。

事務局はできるだけ早く対応するので、(0** 5***  2***)という番号からの電話には必ずでていただきたい。

いまだに在日や反日勢力の恫喝に対して、辞退者、示談に応ずる者は皆無という状況であるが、決して無理はされないようにお願いしたい。事務局では状況に応じて対応するので別に心配されることはない。

現状は第六次告発から諸般の状況をすべて織り込み済みのシナリオ通りに進行しているので、あらためて第六次告発における過去ログの再確認をお願いする。

第六次告発の概要を見れば「シナリオ通り」「日本人と在日朝鮮人との戦いが始まった」というフレーズが理解できるだろうし、発狂している連中の置かれている立場がいかに重ハンデかがわかるだろう。それだけに油断はできない。

 

以下は過去ログからの再掲である。

第六次告発が確定した。欠番、表記に同じようなものがあるが、あくまでも概要で、その内容はチェック済みである。

第一次告発は外患罪告発であったが、第六次ではテロ等準備罪、いわゆる共謀罪と二本立てである。そしてメインに朝鮮人学校補助金問題と生活保護問題が鎮座している。いずれも法的な問題があり、闘いになっているが、これはテロとの戦いとして、国際治安機関と情報提供という連携をすることになっている。

日本と欧米ではテロに関する認識と対応には大きな温度差があるが、共謀罪成立とパレルモ条約発効により、日本での弁護士や検察の対応が激変せざるを得ない状況になった。

国連における安保理北朝鮮制裁委員会やテロ委員会はもとより、米国財務省の口座凍結をはじめ国際刑事警察機構、CIA、FBI、共和党議会、そしてツイッターのようなネットも規制されることになる。

とくに告発というものではないが、前提が外患罪であり、テロ等準備罪、いわゆる共謀罪の案件は実効案件であるため、ツイッター社のテロリスト情報開示とか、日弁連が国際テロリスト支援団体に指定というような事態は明日にも起こりうる。

パレルモ条約では違法行為を集めて犯罪化が謳われているが、一方では起訴、裁判、そしてその経過と結果についても相互の情報共有が求められているから、検察の第五次までのような門前払いは難しくなるだろう。

前回は600名ほどの不要者がおられたが、現状は71名である。懲戒請求にしても告発にしても、無理することはない。できることはやる。できないことはしないということで是々非々に対応されたい。

以上

 

「日弁連が国際テロリスト支援団体に指定というような事態は明日にも起こりうる」

 

余命三年時事日記の余命は、やっぱり3年だったのかも

2015年07月にハルマゲドンのXデーを予言していたけど、大々的に外れた余命三年時事日記。

証拠になるブログを自主的に削除して、Wordプレスへ移行。

その後も、しれっと、再び、妄想予言を発しながら、社会動乱をたきつけてきた余命一派。

ハードランディング、コソボ式(民象浄化、粛清)として、在日さんへの暴動や粛正暴動を煽るも、伏見砲とレジスタンスの方々の活躍で頓挫。社会動乱が失敗した後は、方向転換し、刑事告発を連発するも相手にされず、次は、全国の弁護士さんたちに懲戒請求などを送り付けるよう煽りつづけ、社会混乱を扇動するという形に切り替えました。実際に、入管のサーバーをダウンさせてますしね。

 

今回の懲戒請求に応じたのは960人。1000人たらずの人間といっても、一か所に集められて統括管理されていたオウム信者と違って、余命信者の場合は全国各地に散らばっているので、現実的になにかができる人数ではありませんでした。

たしか、オウムの施設「サティアン」にたてこもっていた人数は、似たようなものだったのではないでしょうか。

Xデーの2015年07月から、今年の7月でまる3年。懲戒請求がマスコミにも取り上げられました。

が、マスコミは炎上しないよう、慎重にブログの名前は伏せています。さらに、一部のマスコミは、懲戒請求をした加害者ではなく、高プロに反対していた被害者側の弁護士さんにスポットを当てたいようです。

 

しかしながら、余命三年時事日記の余命は、やっぱり、3年だったのかもしれませんね。

オウム真理教の教祖麻原をはじめとする死刑囚の執行が近いとされています。

オウム真理教の責任者たちの処刑と、ネットオウムともいうべき余命真理教の教祖の逮捕も連動するんじゃないでしょうか。

期待したいです。

以上

 

しかたなく付き合う猫

funny cats GIF

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • 更新、楽しみにしています。
    さて、
    〉今更の話ですが、私を含め皆さんの住所氏名をどの様にして、これら弁護士は知り得たのでしょうかね(笑)

    ですが、懲戒請求が出た時点で請求書のコピーが、まるっとそのまま送られてきます。請求書には住所や氏名が記載されているので、何処の誰が送ったかわざわざ調べなくてもわかってしまいます。そもそも匿名で請求はできませんし、裁判などできないでしょう。

    「貴殿」と書かれているのは、そういう形式であり、ついでに言うと裁判所からのお手紙には「あなたは」と記載されます。裁判所からのお手紙を無視していると、現住所や居所への送達をトライしたけど,相手が受け取らないので送達が完了しなかったということで勤務先にお手紙が来ちゃいます。以前に管理人さまもが書、お手紙を「放置」=「反論する機会があったのに放棄した」と考えられるので付郵便送達となり,相手が受け取っても受け取らなくても送達済として扱われます。まぁ簡単に言ってしまえば管理人さまが以前に仰ってた通り、放置=相手(原告)のなすがまま、です。
    未だに熱い信者がいるようですが、「余命氏に任せておけばいい」方や、着眼点が違う方など自分に起こっている事の重大さに全く気づいてない呑気な方が多いのは、お気の毒としか言い様がありませんね。私的にはポジティブな方々の行方(末路)を、左団扇で楽しみたいと思います。

    • 某市議といい、余命といい、信者さんたちといい、都合よく解釈してますね。
      自爆に向かってまっしぐらですが、あたたかく見守りたいと思います。

  • >ネットの黒歴史(特にネット犯罪部門)の上位10以内に、確実にランク入りします。
    同意します。
    余命のブログの更新が止まりましたね。
    かわりに某市議が吠えています。
    「予定通り」なのかもしれませんが、逃亡した、あるいは準備中ではないかとおもいます。
    警察は、余命爺さんを、詐欺、業務妨害、乱訴、などなんでもいいので、早々に、拘束するべきですね。

  • 余命爺さんですが、若いころは左翼活動家かかなにかで、おそらくは、なんらかの前科があるとおもうんですね。
    あれだけ、表にでてくるのを拒む理由はそれしか考えられませんから。
    結構な数の通報がいってるはずですが、Xサーバーは余命ブログを放置したままだし、、警察も動きませんね。何故なんでしょう。

    • 横から失礼いたします。

      〉警察も動きませんね。何故なんでしょう。

      今回の集団請求は、刑事事件ではなく「民事」だからと思われます。示談が成立している方は、「示談」という形で事は終わっているので以後この件に関して動く事はできません。
      (恐らく示談書に、今後一切この事件には関与しない旨が表記されていらはずです。)
      お手紙放置軍団は、民事裁判が終わるまで動けませんし余命loveなので「被害者」として、動く事もないでしょう。
      あくまでも被害者があり、警察が捜査に相当するものと判断できるものでなければ、捜査に値しません。そもそも自筆で請求を送っているので、警察から言わせれば「あんた、自分
      で署名してるじゃん」で終了です。刑事に持っていけるとしたら、請求を受けた弁護士さん達のみでしょう。お手紙のやり取り(弁護士事務所→裁判所→裁判所→裁判所→裁判所【判決のお手紙】)があるので、恐らく全ての裁判が終わってからの事になるでしょうが、佐々木弁護士は刑事に持っていく所存を表してますから、お楽しみはあ・と・で🖤なのでしょう。気を長くして待ちたいですね。

    • 弁護士さんたちが刑事に持ち込むまでの間、放置する時間が長いと、「実はしばき隊なんかの左翼と、在特会なんかの右翼がプロレスで、裏ではつながっている」なんてことを知られたくない人たちに、口封じに消されると思うんですよ。オウム幹部が殺害された例もありますし、、。
      寄付金詐欺、乱訴、業務妨害、など理由はいくらでもあるひとなので、はやく捕まえてほしいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。