※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

高円宮絢子様の婚約⑬雌雄眼の謎

Sponsored Link

続きです。

コメント欄より

海の王子とKKの関係の疑惑が頭にあるので、バイアスがかかって見えてしまうのでしょうが、慧さんのNPOでの三枚の写真の笑顔と、会見でのムスッとした表情が今一つつながりません。

会見での狭い口の幅に比べ、NPOでは笑顔とはいえ、口の幅がかなり広く見えます。ムスッとしたこの人が笑うとこうなるだろうか?という疑問が、、、。

 

それと、会見での正面からの画像で、向かって左の耳たぶにある穴のようなものは何でしょうか。エクボ?!

併せて、へたれた覇気のない表情は偽秋篠宮を思わせます。

鳥取二三子さんの顔立ち、どこかで見たなと思ったら、”見合いの達人”とかいう本を書いた人でした。

NPOの寺田朗子さんは竹中平蔵に見えてしまいます。

単に似ているというだけで、それ以上の意味はありませんが、こういう感覚はこのブログの副作用でしょうか?

以上

 

Sponsored Link



 

「こういう感覚はこのブログの副作用でしょうか?」

かもしれませんwww

ボランティアの写真を見る限りは、顔に関しては、両目の大きさが違うので、ご本人かな、、とは思ってたのですが、、、

頭部のあたりがモヤモヤしているのが気になるといえば、きになります。

子供さんの頭の周りも、四角い形でモヤモヤ、、こんなもんでしょうか。あるいは、、、

週刊誌に掲載された、佳子様の偽物写真を思い出します。

 

※佳子様の偽物

読者様のコメントより

上着と後ろの開講時間の看板の間に不自然な隙間があります。

 

この写真も首がろくろ首のように長いです。

正面を向いた佳子さまのお顔と斜めを向いて屈んでいる女性の体を張り付けたのではないでしょうか?

当方あまりパソコンが苦手で専ら読むのが専門です。

写真をつけて説明した方がよりわかりやすいのですが、申し訳ありません。 hiromi様のブログいつも読ませていただいております。 怒涛の更新でお疲れがでませんように。

 

※頭部の周辺に修整加工のあとが、というか、四角く切り取って貼り付けたような、、、

以上

 

四角のモヤモヤ、、、、

 

そして、慧王子。このかたの輪郭がモヤモヤが気になります。肩のあたりに白い縁が??切り抜いたのかな。

 

この慧王子、口だけ妙に浮いている感じがあります。気のせいかもしれませんが。

ためしに口だけ隠してみたあと、口以外のところを塞いでみてみてください。別の人間のパーツに見えます。

鼻から口にかけての距離、人中が長すぎないかな、とか。首が細いなあ、とか。

拡大すると、ギザギザ感が気になります。

貼りました、塗りました感がありますが、、、こういうお写真は見目良くするために修正するのは普通かもしれませんが、、

耳、、穴、ホクロらしきものはないんですね。

 

雌雄眼の人たち

片目づつ違う目、雌雄眼というそうですが、守谷氏がそうですね。

守谷氏とは関係ありませんが、悠仁様にそういう細工をしてましたね。

悠仁様 本物の垂れ目から、偽物の釣り目に

垂れ目の悠仁様。

「悠仁様 垂れ目 釣り目」の画像検索結果

311のあたりを境に、秋篠宮家御一家がすり替わり、本物が行方不明になってからは、

片目だけ釣り目に、その後、そして両目を釣り目に、、、

「悠仁様 垂れ目 釣り目」の画像検索結果

 

大正天皇もそうでした。

大正天皇の御真影=肖像画を写真に収めたもの

A:写真:大室顔の大正天皇、

B:御真影:半分は大室顔の大正天皇の顔、もう半分は大隈重信顔の大正天皇の顔。

C:写真:大隈顔の大正天皇

氏とは関係ない話ですが、、。

 

コメント欄より

でれでれ草さま日々更新ありがとうございます。

先日の大阪北部地震は辻元の本拠地を直撃、被災された罪なき方々にはお気の毒ですが、その後の各地での地震や豪雨が
婚約騒動や世界遺産決定などの出来事と連動しているようで日本中の神様がお怒りなのでは、と感じるのは私だけではないと思います。

守谷慧氏の名前をニュースで見た後、調べると、やたらとトライアスロンやマラソン的なイベントに参加された形跡があり、そういう大会の記録に名前がありました。マラソンをする方は細い方が多いですが、そういう細さとも違うような…。

「トライアスロンに参加した様子をフェイスブックに投稿されるなど…」ということもどこかで言っていたのですが、フェイスブックをしている様子はありませんね。

 

※トライアスロンの選手さんたち

http://www.jtu.or.jp/news/2016/160918-1en.html

 

※ユニバーシアード ハーフマラソン

 

※守屋さん・左は日本郵船提供の写真。御机のかんじからみて、管理職じゃなさそう。しかしながら細いです。

 

ちなみに検索中に最初に出て来たのが守屋圭という名前で、こちらは昨年の秋に高校生買春で逮捕された人。

年齢も33歳で近いです。字が違うとはいえ、同姓同名がこんなことをしているというのに衝撃でした。

また守谷氏のお母様の旧姓も久子と一緒で、この方も朱貞明の血筋の方かと納得。

カンボジアで倒れタイで亡くなり、カンボジアで荼毘に付し、散骨でしたっけ?

倒れてからの流れも息子がタイに赴任中とはいえ、不自然ですよね。

守谷氏の最初に公表された写真は、修正バリバリの雅子の立ち姿の写真のようでした。お顔立ちも歌舞伎役者みたい、と思ったのですが皆様同じように感じておられて笑っちゃいました。

そんな中、中村福助が復帰というニュース。突然写真がアップで出てきてビックリしたのですが、守谷氏に似てるな、とさらにビックリ。

 

 

福助は三田寛子の義兄ですよね。

まさかというかやっぱりというか、某脚本家が絡んでいそう・・・。

今回の婚約会見はちらっとしか見ませんでしたが、冒頭から偽眞子とそっくりの話し方でした。声質も似ているように感じました。

偽眞子会見と同様「~と存じます」ばかりで、某男性ダンスユニットが「~させていただきます」を多用しているような、不自然な話し方です。上流階級のことなんて想像もつかない方がそれらしく一生懸命脚本を書いたのでしょうか。

島津貴子さまや秋篠宮ご夫妻様の婚約会見や、スノッビーでしたが高円宮ご夫妻の婚約会見の方が自然な言葉遣いでした。

皇室に興味のない方が多いのか、みな感づいてスルーしているのか、ダイアナブームや紀子様ブームのようなものが起きませんね。時代のせいも多少あるとして、それ以上に工作員の力不足感が明らかです。

こちらの慧さんも実はもう一人いたりして。

以上

 

「そんな中、中村福助が復帰というニュース。突然写真がアップで出てきてビックリしたのですが、守谷氏に似てるな、とさらにビックリ」

おふたりとも、雌雄眼ですね。

 

消えた海の王子の小室圭と小室哲哉が結構似ていたのが気になりました。

眞子様婚約報道の最初の頃、ベトナムで、プリンセスと結婚するコムロ圭は「ベトナム人と韓国人のハーフ」として報道されたそうです。小室哲哉はベトナムで天皇皇后の接待をしたり、犯罪歴があるのに園遊会に呼ばれたりして、天皇家との関係について不審がられていました。

 

「時代のせいも多少あるとして、それ以上に工作員の力不足感が明らかです。」

眞子様と小室の時のように、高円側も、必死で盛り上げようとしているのですが、国民からの反応が稀薄ですね。

伏見氏によると、高円宮久子の出自の検証などの記事をかくと、かならず火消しがコメント欄にあらわれ、必死に食いついてくるそうです。

今回、絢子さん関係の記事が連続してあげていますが、いっきに、嫌がらせの書き込みが増えましたね。

スパムではねていますが、嫌がらせ書き込みのレベルは「ガルちゃん」「ふぶき」のレベルです。

 

「こちらの慧さんも実はもう一人いたりして。」

過去の皇族をみるに、「絶対にない」とは言えないんですよね。美智子は年代別に身長が違うし、、

 

愛子さんなんて、顔が違うどころじゃないし、、

眞子さま、佳子様、愛子さん、徳仁、文仁さん、明仁さんなど、生まれながらの皇族はもとより、皇室に入る前から、美智子、雅子も複数確認されています。紀子さんも、ご成婚後、何度か替わってます。

明治以降はこういう皇室になりましたから、末端宮家にダブルがいないのが不思議です。

仮に、取り換えた理由として、まさか、東宮家につづいて高円宮家も、商売するのに有利なように、「ブスでバカだから、三女を他所の子と取り換えた」ということはないと思いますが、いずれにせよ、国民を欺いているというところに問題があります。

ツグコちゃんと典子さんは、まだ、確認してませんが、久子さんは、少なくとも2人あるいは3人ほどいるかなと、、。

ご成婚したころの若い小耳で「品がある久子さん」と、最近の大耳で「蓮舫、辻元とよく似た猿の惑星・久子さん」、確実に2人はいるなあ、と。

 

親王妃になった久子さん

頬骨が高く丸みがありますね。細いとがった顎までのラインがシャープです。。

顎尖ってます。

耳が小耳でひし形を縦半分に切ったような形で、顔の高い位置にあります。

小耳が高い位置にあります。ちなみに、高円宮の左側いる女性は誰でしょうか。彬子さんにちょっと似てますが。

 

大耳久子さん

チンバンジーのような、丸くて大きく正面に張り出している耳をしてます。

歯をむき出しにして笑います。猿のようなナチュラルな笑顔

丸い耳ですね。顔の下部に傾斜してついてます。頬骨が低いんですね。ご成婚した小さな耳の方は、頬骨が高めでした。

仮に疑惑どおりだとしたら、親王妃に成り済まして特権をふりかざすこの人、何者なんでしょうか。

維新後の皇室って何なんでしょうね。皇族に化けた馬賊集団でしょうか。劇団「皇室」の俳優でしょうか。

公務は演目?穴が開かないように代役を用意?

国民は、そういうことを望んでないのですが、、。

維新前の、北朝宮家に戻していただきたいです。

高円宮絢子様の婚約⑭雌雄眼の謎

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link