※人気ブログランキングに参加しています

高円宮家|絢子女王と守谷慧氏の婚約⑬|雌雄眼の謎(上)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

絢子さんネタが続きますが、いいコメントをたくさんいただいてますので、記事に残しておきたいと思います。

コメント欄より

いつも興味深い記事をありがとうございます。

前記事の横川さん酷似の写真を眺めてふと気付いたのですが、昔は被差別地域の人達は一般人との婚姻が出来ないために親戚同士で結婚したと聞きます。一見、離れた土地の出身でも実は血縁者という家系が多いのでしょうか。

何だか顔や雰囲気が似ているように思えます。スペインとドイツのハプスブルク家の様に。

それから、皇太子、内親王、女王に結婚相手を押し付けるやり方は統一教会とそっくりですね。

以上

 

 

Sponsored Link



 

地下でつながる土地や家

山口の田布施

陰謀の里、田布施。明治天皇に成り済ましすり替わった大室、伊藤博文など要人がここからでています。

代議士の国光吾郎の風貌が福田康夫に酷似しているのが不思議。

共産党の宮本、安倍ちゃん、岸さん、など、偶然ではないなにかがありそう。

 

旧佐賀藩

正田美智子の母である正田富美が、旧藩士の副島家に戸籍を売ってくれと交渉しにきた。

雅子の母、旧姓江頭優美子の出身。ちなみに、優美子の風貌は福田康夫に酷似しているのが不思議。

 

鹿児島の旧田布施

明出兵時に連れてきた朝鮮浮民の集落。身分のやかましい土地だったので、日本人との縁組は絶対になかったとか。

小泉純一郎の父純也の出身。純也は、鮫島姓を名乗っているが鮫島家は迷惑しているそうです。

小泉純一郎は、小和田恒とおなじく、福田首相の秘書をしてましたね。

故郷を結んでいないのに、いきなり純一郎が北朝鮮を訪れることができたのは、総連つながりの血族のルートを使った以外に考えられないそうです。

 

愛媛の砥部

関連画像 関連画像

変死した眞子様のダブル?に関係あり?

皇室|四国愛媛の謎・砥部の謎

 

 

滋賀

西武の堤家を出しました。地元の方のリークによると、堤家は同和からでたかたで、たいそう大出世しましたが、2代目が、総会屋に「朝鮮からきたというのは本当か」と脅迫されていたところを見ると、もともとは半島からきた一族のようです。

堤康次郎は、正田美智子の実父といわれています。確かに似てますね。正田富美とは愛人関係だったといわれています。

正田家の墓地は館林ではなく、堤家の古墳のような墓がある西武の霊園にあります。富美が、死んだ後もおそばにいたいと思うほど、深い仲だったようです。

 

群馬の館林

正田家をだしました。この家は、代々筋金入りのカトリックでした。もちろん美智子もカトリックです。

正田家の美智子と、ご成婚した美智子は別人のようです。複雑な事情があるようです。

 

同じ群馬の同和出身に、首相を出した福田家があります。

出世した後は、家系を捏造し、福田の母を旧華族出身などと書いてるようですが、実際は下宿屋の娘さんだったそうです。

雅子の母親は、風貌が福田康夫に似ています。

雅子の父の恒は福田首相の秘書であり、その後、小和田は、人望もなく東大も教育学科にすぎないのに、福田の後押しを受け出世し次官になります。福田家と小和田家は家族ぐるみの付き合いでした。雅子の婚約会見の時、「福」の字の帯を締めていました。福田家から借りたのかもしれません。

親戚付き合いではなく、実際に隠れた親戚だった可能性もあるかもしれません。

 

軽井沢

堤康次郎は軽井沢を開拓し避暑地にしましたが、正田家が疎開していました。貞明皇后も疎開先に検討され、理由としては、軽井沢は「絶対に空爆にあわない保証」があったそうです。

皇太子明仁と正田美智子が「出会った」のは軽井沢のテニスコートでしたが、当時の吉田茂の書簡をみるに、何年も前から、民間から皇太子妃をだすということは決められていたようです。正田家から出すと決めていた風があります。

ちなみに正田家と深いかかわりのあったフロジャック神父が「自分の最高作品は美智子さん」といっていました。

CIAとカトリックと吉田茂などの売国人が共謀し、皇太子妃に、正田家の娘をねじ込んだようです。

 

福岡

修羅の国。吉田茂の娘が嫁いだのが麻生家でした。

麻生家の息子が首相に、娘が、三笠宮の若宮に嫁いで親王妃になりました。

地元の方のリークによると、麻生家と縁組したことで皇室を見限ったとか。麻生家のことを、ああいう家は金で血筋をかうからねえ、とも言われているそうです。麻生家は、そういう立ち位置だったようです。

麻生元首相の娘はフランスの財閥関係のフランス人と結婚し、麻生太郎は、日本の水道事業を民営化すると公言しています。

※白洲次郎の白洲家、吉田家などとならぶ、筋金入りの金融同盟の下僕のお家のようです

 

新潟

小和田家の出身地、以前、北朝鮮からの小舟が新潟にタトリ付き問題になりました。北朝鮮から小舟をだすと新潟に流れ着くことが立証されました。むかしから、棄民貧民が流れ着いていた可能性があります。3代前から遡れない小和田家の先祖も、こうして流れ着いて同和地区に住み着いたと思われます。今もむかしも、非公式な形での、行き来はあるでしょうね。

 

よど号事件リーダーと、小和田家は隣同士だったそうな。

北朝鮮と通じる何かがあるようです。

 

静岡

吉永小百合(旧同和出身)や、美智子が全力で応援している「ねむの木学園」があり、明仁、美智子夫妻が、私的に訪問する県でもあります。ちなみに「日本一の美人女優」吉永小百合は同和出身のかたで、堤義明の愛人の一人といわれています。

ねむの木学園の学長の養子が、徳仁親王に酷似しているなど、掲示板でも話題になりました。特権階級の、わけありの子弟を預かっている可能性があるかもしれません。

信憑性があるかどうかは不明ですが、本物の愛子さんは静岡にいるという書き込みがありましたね。自閉症だった本物が、ねむの木学園にいる可能性はあるかもしれません。

旧同和地区とされている地域の出身の「名家」が、離れているにかかわらず、維新のあたりからすでに、地下でつながり縁組していたり、不自然に皇族があつまる都市がつながっている感があるのが不思議ですね。

※田布施と閨閥

 

見えないところで、つながっている何かがありそうです。

 

コメント欄より

絢子さん、別人ですね。着物の時の写真を比べて思ったのですが、このお二方、だいぶ腕の長さが違うのではないでしょうか?

袴姿の絢子さんの裄の長さは体に合っています(手首のグリグリが隠れるくらい)が、DD様のコメントにあった海外報道の朱のお振袖で座っている写真、あまりにも裄が短すぎます。

https://au.news.yahoo.com/another-japanese-princess-giving-royal-title-marry-commoner-065103762.html

1㎝位の違いなら着せ方で何とかなりますが(襟を開きぎみに着せる)、手首から十センチ位腕が丸出しなんて、一般人でも恥ずかしくて着れません。

特に最近は、立ち姿が綺麗になるように、昔と違って腕を45度の角度にして寸法を取り、長めに仕立てます。

本物に合わせて仕立てた着物を偽物に着せたので、ツンツルテンになったと思います。

あとは日本郵船でイメージしたのが、「密輸がらみ?」。

とにかくきな臭いことこの上なしです。

以上

 

ありがとうございました。

日本郵船が公開した職場で働く守谷氏。席の位置から見て、管理職ではなさそう、、、、。

三菱が今まで日本にしてきた陰謀の数々を考えてみても、守谷氏は、日本郵船で本当に働いているのかな、、と疑う権利はあると思います。さらには、本物なのか、と。

 

ちなみに、管理人は、三菱は、海の王子のほうの小室圭にかかわったかもしれないと見ています。あくまで想像です。

海の王子の小室圭と、アヒル口の偽眞子と並べて婚約記者会見をする予定だったと思うのですが、アヒル口・眞子様と海の王子・小室圭が、キムコムロと河童女・偽眞子に乗っ取られ、「眞子様婚約」そのものを、創価に乗っ取られたのでは、と。

眞子様報道の最初から、三菱UFJ勤務経験あり、とされていた小室圭、その小室圭に関して三菱は沈黙を守っています。

天下の三菱とはいえ、莫大な資産をもつ創価は、三菱UFJをメインバンクにしる関係で、創価の陰謀をつぶすことはできなかったのかなあ、と。

続きます。

 

bird hello GIF

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • 横川洋子さんですが、岡田克也の義理の兄の愛媛県選出の自民党議員村上誠一郎に
    雰囲気が似ていると思います。

    • 確かに似てます。
      よくある顔、、なのかな。そうは思えませんが。

    • ナルちゃんが国連でスピーチした時、顔の片方だけ元に戻ってしまってましたね。
      今のナルちゃんたちも、崩れてきそうですね。

  • >数年たってみると、想像もつかないほど闇まみれ。完全に、ネット>マスコミに情勢も変わりましたね。
    マスコミの凋落が激しいですね。ずいぶん、かわりました。
    アメリカの大統領選も、英国のEU離脱も、結局、マスコミとは反対の結果がでました。
    どこの国も、マスコミの正体に気が付いているので、引き返せないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。