※人気ブログランキングに参加しています

高円宮家|絢子女王と守谷慧氏の婚約㉕|NPOとリヨン③

Sponsored Link

続きです。

日航機123便墜落事故の日に納采の儀

コメント欄より

こんにちは。

朝からニュースで赤坂御用地に向かう車に乗る父親の守谷治さんと慧さんが報道されていましたが、極力治さんの顔をうつさないのが違和感です。

納采の儀の使者の近藤さん(母方の親戚?守谷治さんの兄弟は居ないのか?)は画面にはっきりうつりましたが、、。

何故、治さんを画面に出さないのか?出すと都合が悪いのか?やましい事情でもあるのでしょうか?

家族の存在がハッキリしない上、慧さん本人が日本郵船に勤務しているのも本当なのかぼやけた感じです。

もしかしたら、守谷治さんの息子の慧さんの事情、環境、というか慧さんの枠を貸していてその見返りを貰っているとか、そういう風に勘繰りたくもなってくる。

高円宮(皇室)と守谷側(NPOetc…)のギブ&テイクで成立する打算的な関係、、を感じます。

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

更新ありがとうございます。

私も守谷氏の父親の顔を頑なに映さないのは変だと思いました。ノーパンしゃぶしゃぶの顧客はどんなお顔なんだろうと楽しみにしていたので。

池のほとりでの2ショットの絢子さんのワンピースを見て「またこの色?」と呆れました。

車内でほくそ笑む写真がとても意地悪そうなので、この人はきっと本物なのだろうと思ってます。

ピンクのスーツで会見した時よりふくよかで、横から写すと本当にぽっちゃりですね。

皇室の若い女性でおデブちゃんって記憶にないです。

わざわざ日航機事故の日にぶつけなくても。皇室のおかしさに気づく人が増えそうです。

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

明治神宮の絢子女王ですが・・・公式行事でないにしても皇族方が公開写真で爪先の開いたサンダル履くかなーとふと思いました。
しかもこれ、素足ですかね。。。

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

花束を抱えた絢子さんはフォトジェニッックの指導でもされたのかな(笑)

さて最近、来年から休眠預金等活用法が施行されます。民間公益活動を促進するためだそうです。

またNPOも貸借対照表の公告しなければならなくなったそうです。

ここで、高円宮家と縁組みしておけば守谷さんのNPOが有利になるため?絢子さん側もNPOに流れたお金からキックバックが受けられそうですね。

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

でれでれ様、毎日お疲れ様です。

他の方も書かれておられますが、12日は忘れもしない日航機123便墜落事故のあった日ですよ。

500名以上の方が亡くなった日・・・あえてそんな日に

「納采の儀」を行った高円宮絢子さん。

そして久子さんの神経を疑いますね。あの宮家を異常に持ち上げ秋篠宮家を、これでもか!これでもか!と叩き罵ってる
工作員達が恐ろしいです。

ここなんか典型的ですよ。

http://girlschannel.net/topics/1753140/

9割がた、工作員でしょうけど。

安部総理、私も支持していますが、何にせよ「公明党」がダニのごとくくっついている限り日本は良くなりませんよ。

「平成」という元号は「金日成」を彷彿させる不吉な元号です。

1989年、昭和天皇崩御、元号「平成」暗黒時代スタート

1990年、創価学会、本家、日蓮正宗より波紋

(完全な邪教になり教義も滅茶苦茶になり毒偽本尊販売)

バブルが崩壊、以後、阪神淡路震災、異常気象の頻発、止まらない不況、増税、拓殖銀行破たん、外国人が大量に住み着き日本人の血税にたかる。凶悪事件の多発!

・・・今期の異常な暑さ、書いたらキリがありません。

私的には祭祀をしない今上と創価が全国へ大量に配布させた偽本尊が日本を不幸に陥らせていると思います。とりとめのない事を書いてしまい
ました。

偽本尊とは開眼のないインチキコピー本尊です。これは大変に恐ろしいシロモノです。拝むとド不幸になるようです。

祭祀の出来る新天皇を即位させ創価を撲滅させなきゃ日本は終わります。

以上

ありがとうございました。

Sponsored Link



そして、ナルはフランスへ、フランス、リヨン、インターポール、

皇太子さまがフランス訪問へ 9月7~15日

https://mainichi.jp/articles/20180807/k00/00e/040/240000c

皇太子さまはリヨンとパリに滞在し、ワイナリーや織物博物館などを訪ねて同国の文化に触れる。政府要人との面会や障害者施設の訪問の他、日本政府などが中心となってフランスで日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」の関連行事にも出席する。

 皇太子さまの同国への公式訪問は初めて。英国留学中に旅行した経験はあるという。【高島博之】

 

コメント欄より

政府専用機でリヨンに到着。8日にリヨン市長主催の昼食会に出席

「リヨン」が肝かもです。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A8%E3%83%B3(参照。)

『1989年以降は国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)の本部が置かれている。』

『フランスにおける金融センターのひとつであり、多くのフランスの銀行の本店が置かれる。永井荷風が横浜正金銀行の社員として滞在したこともある。すでに中世からヨーロッパ各地の手形交換所として機能していた(飛脚#西洋の飛脚)。』

ダヤン様が、インターポールの本部がここにあるとおっしゃってました。

世界のトップオブトップを教えてくれたその記事内に、郵便でのし上がった家系の事も書いてらっしゃいました。

西洋飛脚に通じるのがリヨンのようです。

かつて、船舶が海外との主要交通手段の時は、マルセイユ↔リヨン↔パリ、だったと思います。

マルセイユ領事館の記事をもう一度貼りますね。

http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/jp/annai/presence%20japonaise%20%C3%A0%20Marseille%20-%20M.%20JeanPierre%20BOEUF.html

(これより参照。)

『戦間期のマルセイユ日本人社会は、人数も少なく、笠戸氏が代表していた。

すでに述べた「たかせ」氏、「まつなが」氏、「さとう」氏の他にも、幾人かの日本人を知ってはいるが、これらの人々がどのようにしてマルセイユに来るようになったのかは承知していない。

「ふじわら」氏は笠戸氏同様、マルセイユに来る前にアレクサンドリア(エジプト)に腰を落ち着けた。行商をしてマルセイユに寄港する日本船舶の船員に香水を主とした無賃持ち込み商品を売っていた。市内アンドゥームにあるバーを拠にしており、フランス人女性と暮らし、娘が一人いた。

「かんたろう」氏は、大工であった。

「おおえだ(当館注:原文ではOwedaと表記)」嬢は、マルセイユのとある家庭の家政婦をしており、私が知る限りでは、当時マルセイユにいた唯一の日本人女性であった』

 

このOwedaと言う女性は、発音はわかりませんが、オワダかも‥‥と思ってます。

 

(また上記サイトより参照。)

『在マルセイユ日本総領事館の開設に伴い、1930年代、日本人社会は大きくなった。

マルセイユの初代総領事は私の知る限り山下芳郎氏で、氏は、従前肩書きこそなかったが実質上の名誉領事を務めていた笠戸氏ととても仲が良かった。笠戸氏を介して私も山下氏やその家族、すなわち令室と二人の子息「かずお」と「あきお」、及び二人の令嬢「さだこ」と「さよこ」と親交を得た。

戦争が始まり一家が帰朝するまで私たちはしばしば会ったが、特に笠戸氏が郊外に持っていた別荘で日曜日を過ごすことが多かった。

戦後、私は幾度も山下「かずお」君にマルセイユやパリで、また日本に出向いた際に会う機会を得た。

山下かずお(和夫)君は、パリで、その後に仏語圏アフリカ諸国、最後はスペインで外交官としての輝かしい経歴を積んだ後、徳仁親王の(東宮)侍従長を務めた。

かずお君は、NHKの記者であった弟「あきお」君の没後数年の1996年5月25日に逝去した。二人の姉妹は今も東京にお住まいである。』

以上

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

度々失礼します。

ナルは政府専用機でフランスへ行くのですね?

9月からOECDのCRSの日本施行だったと思うのですが、まさか金塊をフランスから政府専用機に積んで来たりしないですよね?

国境なき子供たちの寺田朗子がフランスがらみなのと、寺田倉庫がフランス高級ワインや美術品など繊細な物を保管する事業に力を入れているのが気になっています。

高円宮絢子様と婚約内定の守谷慧の周辺、守谷治(経産省時代にパリ駐在)、国境なき子供たち(フランス人ドミニク レギュイエ創設)の日本代表寺田朗子(フランス留学経験)と息子航平の経営する寺田倉庫は高級フランスワインを保管する事業をしており、と背後にフランス系のイルミでも介入して来ているのか?

そうか煎餅工作員に変わる工作員連中にシフトしたのか?

ブラジル偽眞子様もチェンジしたようですし、、で、小室もチェンジ??

(私には小室が別人とは見抜けなかったです。)

昨日の小室報道では”眞子様と婚約内定″をやたら強調し、こちらは結婚が2年延期なら実質破談と思っているのに、将来結婚するとか眞子様の婚約者の小室とか国民に刷り込みたいマスコミの魂胆見え見えじゃないですか。

マスコミの節操の無さと宮内庁の無能さには本当に腹が立ちます。正式婚約もしていない素性も怪しい小室の紛らわしい報道は一切してくれるなと宮内庁にメールしました。

以上

ありがとうございました。

 

コメント欄より

こんにちは。

小室も守谷も複数ですか?美智子といい雅子といい如何わしい工作員はスペアを沢山用意するのがお約束なのでしょうか?

昨日もデトロイトに着いた小室さんでまたニュースに出ました。

さて、ナルの来月行くフランスのリヨンですが割合とスイス銀行のあるバーゼルから近い(フランス国鉄 TGVで3時間あまり)みたいです。

気になったので調べました。

*リヨン

フランス第2の都市。フランスにおける金融センターのひ とつ。多くのフランスの銀行の本店がある。

中世からヨーロッパ各地の手形交換所として機能していた。

古代から栄えた物資の集散地。中世には市の立つ町として、ヨーロッパでも有数の交易地として栄えた。

明治初期、初めてフランスに日本総領事館を置いたり、横浜正金銀行(現 東京三菱銀行)が事務所を開いたのがリヨン。

 

*バーゼル ミュールーズ フライブルク国際空港

空港の所在地は完全にフランス領内。空港の建設と運営はスイスとフランスが共同で行う珍しい形態。

フランス国内で発着する航空路線については、ミュールーズ(MLH)発着として時刻表に掲載されることも多く注意。

 

小和田恒の拘束されているスイスのバーゼルは、ドイツとフランスの国境に有ります。

空港がフランス領内にあり、フランスにとっては半分国内みたいな扱いなのではないかと考えます。

リヨンはフランスにおける金融センターであるみたいですし、ナルさんのリヨンでの表向きの用事は勿論あるのでしょうが、普通なら政府専用機でパリに飛びリヨンの用事は電車か自動車で移動するんじゃないかなぁ?

何故わざわざ先にリヨンへ政府専用機で入るのかな?

そしてパリの用事の為リヨンからパリへ政府専用機でまた移動、、。

パリのシャルルド・ゴール空港で大量の金塊を積む(恐らく政府専用機二機)と怪しまれるとか、リヨンならバーゼルにも近くひっそりと荷物を動かせるとか、、考え過ぎでしょうか?

昨日の週刊新潮の見出し、破談を決めた美智子さま発言秘録「あの方はあり得ない、、、。」のご真意。

自分も黒幕のくせに事が上手く運ばないとすぐに「あてくしは常に正しいことを言ってきた。」風味に役どころを変更。

ほんとにとんだ嘘つき婆ぁです(呆れ)。

以上

ありがとうございました。

 

続きます。

 

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

7 件のコメント

  • でれでれ様。おはようございます。
    お恥ずかしい事に誤字が、ありました。m(__)m
    日蓮正宗より波紋ではなく「破門」でした。
    ×波紋 ○破門です。
    絢子さんですが「儀式」と守谷さんツーショットの人は
    別々ですね。
    儀式は下膨れ顔、首がありません。意地の悪そうな顔です。
    こちらは本物でしょうね(笑)
    守谷ツーショットはスッキリ小顔の美人さん?
    首も長めで意地の悪い顔はしていません。「撮影用」ですね。
    気になったのはワンピースの色「ミントグリーン」なのか
    「ミントブルー」なのか分かりませんが、昨年の偽眞子
    小室のやらせ捏造婚約内定会見の時、着用していた
    ワンピの色が酷似していたことです。偽眞子は無地、絢子さんは
    小花模様でしたが、「何かの暗示」?考えすぎでしょうか・・・
    それとあえてブログ名は言いませんが、某ブログ掲示板に
    高円宮爆上げの書き込みをしていた人が沢山、居てドン引きしました。管理人さんも立場上もあるのでしょうが、「眞子さま
    目を覚まして!」など発言、ちょっと首を傾げたくなりました。
    高円宮をアゲアゲしたところで「守谷宮家」でも希望して
    いるのでしょうか・・?少し引いてしまいます。
    ナルもフランス行きは「金塊」なんでしょうね。
    注目したいものです。
    朝からまとまりのない文章ですみません。

  • 更新ありがとうございます。
    ツグコさんの疑惑以来、耳の形に目が行きますが当記事での「車内の守谷氏」「車内の絢子女王」を見ますと、
    一枚目の守屋氏、右耳が助手席の方(おそらく近藤氏、守屋家使者役)と形と位置が類似。
    二枚目の写真、頭を下げた状態での守谷氏と、隣の方(おそらく父の治氏)の左耳が実によく似ています。縁の幅、内側の軟骨部分の形、全体の形、本物の親子だと思います。
    そして久子妃と並んだ車内の絢子さん。左耳が見えていますが、上部の狭い「小耳久子」の形をしていますね。これを見て小耳の久子妃を思い出し、やはり本物の女王で、成婚した方の血縁を感じました。隣の久子妃がちょっとしか見えないのは残念ですが。

    皆様のコメントのとおり、御巣鷹山の事故の日に納采?東宮の渡仏の時期や挙式の時期などを考え合わせると「隠し財産の移動かも」と勘繰りたくなります。

  • リヨンと繋がる暗黒の活動が気になります

    それとは話は変わりますが、自分は昭和生まれなので昭和天皇には親しみがあるので、
    これだけ皇室の闇が出て来た今でも、あまり悪く言いたくない気持ちがまだあります
    その内、昭和天皇もダブルがいたりという事実が判明して行くのかもしれませんが
    もしかしたら、偽者の方が国民を苦しめるような命令を出したり
    あくどい金儲けをしてたのかな?と思ったりもしてます
    まだ本当の事は分かりませんが、悪く思いたくない、という思い込みがあるので
    自分でも長年の刷り込みというのは面倒なものだなと思っております。
    その点、平成天皇は頭が悪くて役立たずだろうが耳の中身が違う偽者がいても
    意外とすぐ理解して受け入れられました
    でも昭和はまだそこまでじゃないです
    子供時代の無意識の信用が完全に剥がれるのは時間がかかりそうです

  • でれでれ様、お盆でお忙しい中の連投お疲れ様です。
    また、拙コメントを取り上げて頂き嬉しく記事を拝見致しました。

    納采の儀はどうも高円宮本物母子でいどんだみたいですね。私は本物絢子様は頭があまり良くないので下げられたのだろうと思っていましたので、あれ?まだ居たんだって感じです。
    守谷慧さんは、NPO王子と梨園の使い分けですかね?父親の治さんが表に出ないのは、車中の守谷親子は梨園親子だからだったりして、、。守谷治さんはキレる方だと思いますから、危ない橋は極力渡らないように用心して、名前だけ貸してマージンを取っていたりして、、と妄想し過ぎですみません。

    来月のナル渡仏と、新たな偽眞子&小室、守谷慧&絢子様にフランスがらみのNPOと代表寺田朗子の子息経営フランスワインの保管事業の寺田倉庫、工作員お約束のミントグリーンの衣裳、、実に気持ち悪く繋がるように思います。
    過去にナルの御世話をされた方もフランスがらみだし、ますます匂います。

    日本の皇室にお金が唸るほどに有ることは実は海外では有名で、それで外国がらみがお金欲しさにあの手この手で近付いて来るのかもしれません。知らぬは日本国民ばかりなり、、。
    ナルの最初の訪問地リヨンでは何かありそうな気がしています。ひょっとしてフランス国家もこの一世一代の金塊大移動(っていうか密輸ですけどね。)にかんでいて、成功したらマージン下さいなと女帝様と裏約束をしていたり、、。
    そう言えば、中国に入れ込んだドイツが崖っぷちという噂があるようですが、ドイツが転けたら一緒にEU牽引して来たフランスもヤバくなったりするのかもしれないなどと考えています。

  • ナルさんの写真では左太腿の尿袋は着けてはいないようですが、また別人なのでしょうか。全く今の皇族方はダブルだらけですが一体何が目的なんでしょうか。究極は3000年の伝統ある皇室潰し、日本潰しが目的なのでしょうか。

  • 記事中、毎日新聞「皇太子さまがフランス訪問へ」の写真、右側の靴底が光ってる。こんなもんかな。足さばきもイマイチ。ま、珍しくもないけど。┐( ̄ヘ ̄)┌

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。