※人気ブログランキングに参加しています

皇室|イルミちゃんのマーキング

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

「イルミちゃん でれでれ草」の画像検索結果

こちらはマドンナの「スーザンを探して」。

 

こういうところに差し込んでくるんですね。

最近アンジェリーナ押しがうざい。なにかにつけて、有名ブロガーに記事を書かせたり、MSNのスライドショーに差し込んだりして、ウザい。

「原爆はすがすがしい」と言い放ったアンジェリーナ・ジョリー。

・世界の闇|バチカンと原爆とアンジェリーナの輪

この人たちは、イルミちゃんの性奴隷であり、大衆をイルミちゃんの夢見る世界へ誘う使徒でもあります。

マドンナはデビット・ロックフェラーの愛人だったといわれています。そういう立ち位置にないとスターに離れないんでしょうね。

イルミちゃんの脱会者であるシスコさんによると、マリリンもマドンナもイルミの性奴隷だったそうです。

時代のアイコンは、マリリン、マドンナと続いて、ガガさんにいたってます。ガガさんはそれなりにクオリティが高いんですが、そういう立ち位置にあり、かつ才能があって初めて、アイコンになれるのかな。

上の三人と違って、アンジェリーナは、強烈にプッシュされていますが、アイコンにはなれませんでしたね。本当に下品でカルト臭いです。

イルミちゃんの伝道師の質が、落ちてきてるのかもしれません。

マドンナは、イタリア系カトリックの家に生まれたとかなんとか流布されていますが、マドンナの履歴も嘘がおおそうです。

 

Sponsored Link



 

5月1日のイルミちゃんの創立記念日に年号が変わりますが、生前退位発言のときの明仁さんの映像を見るに、イルミちゃんの乗っ取り宣言でしょうね。

「イルミちゃん でれでれ草」の画像検索結果  

来年即位するのは、いちおうは皇族として育ったナルのチームではなく(2017年新年の宮中行事を最後に、皇族として育ったナルのチームのメンバーは消えた)、今度フランスへ行く今のナルはイルミ系の可能性がたかそうです。

美智子も、長身7号とは違った顔の人になりました。平成の人民解放軍系の美智子チームから移行したのかな、、と注目してます。

 

終戦記念日の全国戦没者追悼式

声が即位式の時と違う感じ

 

美智子がでかい!2人とも背筋を伸ばして並んだら、15センチくらい差があるんじゃないでしょうか。

ご成婚した時は、明仁さんよりひくかったのに。

そして、美智子が若い!!いつものカツラの下に黒い地毛がみえてるのは、平成の歴代の美智子の、いつものこととしても、この人、横顔がわかいですね。

 

中の人は、結構、若そう。シワとかないし。

一本眉、目の下のたるみは、メイクでしょうね。

しかしながら、皇族は着物は着ないというきまりがあるんですが、しかも、5つ紋の着物じゃないし。

知らないのかな、あるいはわざとかもしれませんが。顔がやけにぼやけてますね。貼ってるのかも。

 

皇族も総入れ替えしている気配がありますね。

いつ、コムロがイルミ系にかわるかが注目です。

 

応援してしまう

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

14 件のコメント

  • NHKも意味深です。
    BS2の13時からの映画枠、

    ・8月15日は国ぐるみで火星探査を捏造した
    『カプリコン1』

    ・今日、17日は、ナチスのメンゲレ博士が、
    ヒトラーのクローン核をドイツ人女性に受胎させて、
    アドルフ・ヒトラーを再びこの世に生まれさせる、
    『ブラジルから来た少年』

    なかなかのラインアップです。
    おかげで、クローンの説明がよくわかりましたけど。

  • いつも読ませていただきありがとうございます。
    先日実家に立ち寄り、まだ山のように残してきていた雑誌やらマンガ本やらの中に、不朽の名作「ベルサイユのばら」があり、片付けもせず読んでしまったのですが、
    そこにフランス革命時に採択された”人権宣言”17条とやらが記された絵が描かれたページがあり、ここにもいたのですね…△の中に人間の目のマークが。
    うわ〜〜と思って、ネットでも本物の絵を調べたら、ほんとに描かれていたのでゾッとしました。
    ルイ16世とマリー・アントワネットも浅はかでしたが、アントワネットの実兄2人、スウェーデン王、貴族から革命派となり、その後また王党派に戻ったミラボー伯爵など、フランス王家に協力、亡命の為に手を差し伸べていた面々が何故か絶妙なタイミングで病死、不審死していることなどを見ると、この2人の首を落として革命を何がなんでも遂行し、世界の有り様を転覆させようとする、表舞台には出てこない何者かの強固な意志を感じますよね。
    王族の生首を晒し、残された王子を動物以下の扱いで放置死、革命時に歌われ、現在のフランス国家となった血生臭い歌詞の内容…
    べるばらは素晴らしい作品ですが、人間の自由・平等・博愛を謳った革命の残酷さには今更ながら驚きます。
    革命と名のつく事件は自然発生ではなく、裏側に計画・扇動する何者かが必ずいると思ってよいのでしょうか?
    そして、まさか池田理代子先生も…?なんつって。

  • でれでれ草さま。
    いつも細かな検証をありがとうございます。

    皇室関係のダブルと写真を拝見して思ったことが、もし自分が、町中で待ち合わせをした時に、多分わからないレベルかと思いました。
    それにしても、ミチコはでかいですね。
    待ち合わせしたら、私には別人に感じ、相手にしません。

    イルミちゃんの悪魔崇拝がどんなものか、興味有る方は、「マクドナルド人肉」で、検索してください。
    きびしい残暑を涼しく過ごせることうけあいです。

  • でれでれ草さま

    美智子さんの偽物っていったい何人いるのでしょうか。
    整形手術があるとはいえ、似ている人を探すのは大変なはず、と
    考えていたのですが。
    最近は繁華街などにセキュリティ目的で顔認証システムを導入していますよね。
    都心などで犯罪を犯しても、主要な道路や駅を通過したら、必ずチェックされる。
    あれで、皇族の顔に似た人をチェックできるのではないかと思いました。

    そしたら、スカウトが簡単ですよね。

    アンジェリーナ・ジョリーがアイコンになりえないのは、そもそもの性格として
    エキセントリックだからじゃないでしょうか。
    婚約者だか結婚相手だかの血液をカプセルに入れてピアスにしたり。
    ハリウッドのゴシップなどをチェックしていると、かなり性格にクセがあると思います。
    マリリン・モンローのように、多くの男性に夢を持たせる存在ではないです。
    夫のブラピを振り回しているように見えるし、平凡な人間だと付き合いきれない。
    アイコンには向いていません。

    レディ・ガガはいかにもマドンナの後継者という感じですが、彼女は内心に相当葛藤が
    あるのではないかと感じています。
    だから難病にもなったのかしら。

  • でれでれ草さま 皆さま こんばんは。
    更新ありがとうございます。

    群馬県の防災ヘリの墜落事故から一週間だそうです。
    防災ヘリ、前にも墜落事故あったよなーって調べたら、お隣の長野県でも昨年2月に防災ヘリが墜落していました。
    (両事故犠牲者のご冥福をお祈りします。)

    群馬県の事故は8月10日に起きています。
    8+10で18。
    また犠牲になられた乗員の人数は、長野県で9人、群馬県で9人。足すと18人。
    18は6+6+6。
    旧約聖書の「獣の数字」が2つ出てきます。
    (ちょっとー!なんか魔道的な事やってません?)

    最近、日本は神様による「守り」みたいなものが薄れてきている気がします。
    危険な猛暑、町を沈める豪雨、記録ずくめの台風、
    極め付け・早すぎる初雪↓
    https://tenki.jp/forecaster/okamoto/2018/08/17/1771.html

    「日本を取り戻す」には祭祀が必須だと思います。
    国民の声が「皇室を助言する立場」の安倍さんに届くのはいつになるのでしょうか?
    (で、今日も官庁メール)

    管理人さま
    お忙しそうですので、どうぞご自愛下さい。

  • 2つのニュース、何か気になります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    <公文書クライシス>宮内庁のファイル所在不明 人事や給与
    8/17(金) 14:00配信 毎日新聞

    宮内庁の職員人事や給与、マスコミ対応など26項目をとじ込んだ公文書ファイル1件が、所在不明になっていることが毎日新聞の閲覧請求で明らかになった。このファイルは、公文書管理法で永久保存が義務付けられ、市民が請求すれば閲覧できる。誤って廃棄されたのかどうかも分からないといい、同庁書陵部は「大変申し訳ない」としている。

    所在が分からなくなっているファイルは「重要雑録 平成9年度」。1997年度に作成された、天皇、皇后両陛下が南米を訪問された際に裏方として尽力した人たちのリスト▽同庁職員の各種手当に関する調査結果▽テレビ番組への取材協力--に関する記載などが含まれているという。
    本紙は6月、「重要雑録 平成9年度」を含む85~99年度の公文書ファイル14件に関して、宮内庁に内容の閲覧請求を行った。いずれも宮内公文書館に移管され、永久保存となった公文書だ。同庁は閲覧に向けた準備を進めていたが、同ファイルだけ所在が分からないという。
    このファイルは、2013年11月に宮内公文書館の所蔵資料目録に登録され、請求があれば閲覧できるようになった。書陵部によると、その時点では書陵部庁舎内の書棚で保管されていることが確認できていた。
    宮内公文書館では、明治期以降、宮内省、宮内府、宮内庁が作成・取得し、永久保存すべきだと判断された文書を所蔵している。所蔵件数は約9万1000件に上る。【後藤豪】

    >天皇、皇后両陛下が南米を訪問された際に裏方として尽力した人たちのリスト▽同庁>職員の各種手当に関する調査結果

    このあたり、怪しいですね。
    意図的に隠したか、捨てたか・・・
    とにかく、見られたくないなんかがそこに書いてあったということでしょう。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    新種ナマズ発見 国内57年ぶり
    8/17(金) 20:29 掲載 .
    三重の五十鈴川など清流に生息するナマズが新種と判明‥57年ぶりに
    CBCテレビ
    57年ぶりの新種判明です。
    三重県の五十鈴川など、東海地方の清流に生息するナマズが新種のナマズ「タニガワナマズ」であることが新たにわかりました。

    ****
    ナマズ、伊勢の五十鈴川!!!!!
    白髪殿下は鯰殿下。
    今のへたれ殿下は家禽殿下です。
    なんか、あるのかな?
    良い兆しかな。

    ・・・・・・・・・・・・・
    イルミちゃんのマークを見るたびに、真っ先に思い浮かぶのはベトナムのカオダイ教のマークです。そのものです。
    過剰装飾の魔術的な神殿で、うさんくさい感じでしたけど。
    今のテンノーとコウゴーはベトナムは行っていますよね。
    コータイシも関係あって、小和田関係もありましたよね・・・

    忙しくてあれこれ、あちこちチェック入れて考えている時間が無くて、直感で貼るだけした。
    お許し下さい。
    でれでれ草様・鋭いコメンテーターの方々の資料にしていただければ幸い。

    当地一気に20度切りました。
    喜んで元気になったのは猫だけです。
    今から、冬の厳しさを考えてしまって・・・不安です。

  • 管理人さま 追伸です。

    墜落した防災ヘリは米国ベルヘリコプター・テキストロン製・ベル412EP型です。
    日本の公的機関での採用数も少なくはないのですが、過去にも同型機が墜落しています。
    航空機墜落事故は犠牲者が多いので とても目立ちますが、その発生頻度は交通事故の比ではありません。
    言霊的には「災いを防ぐ」と書くヘリを墜落させるって、意味深だなって思いました。
    https://mainichi.jp/articles/20180811/k00/00m/040/098000c

    ググッたところ、ベル・エアロスペースは1960年に「テキストロン社」に買収されるのですが、買収したテキストロン社は持ち株会社で、
    本社は「アメリカロードアイランド州プロビデンス」にありました。
    「プロビデンス」…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
    プロビデンスの目?△に目玉入ったアレのこと?

    自治体の皆様、
    ヘリも税金で買ってるのですから日本製にしませんか?

  • でれでれ草様。
    映画「ブラジルから来た少年」。
    内容を知識としては知ってましたが、きちんと観たのは、
    8月17日のNHK・BS2での放送が初めてでした。

    頭の中でシーンやセリフを回想してましたら、
    世間の事象(マスコミの記事・映画、テレビ、音楽等の娯楽)には、
    ある種の答えが散りばめられているのを思い出しました。

    皇族方や、その妃候補に、
    何故、こんなにダブルが多いのか?
    普通に考えたら、手間暇かけ過ぎで面倒くさいし、
    関係者が多ければ多いほど、秘密漏洩の危険があるし。
    でも、
    答えを出していて、それに向けて実行する。
    アルバート・パイクの手紙の様に。。

    原作者のアイラ・レヴィンも、
    映画・ブラジルから来た少年も、検索すれば複数ヒットしますが、

    この方の記事が引用しやすいので、
    http://rekisi-pavilion.com/movie/411
    こちらからお借りします。
    (参照。↓)
    『物語の構成は、本当に見事である。
     メンゲレの意図や目的がなかなか明らかにならないし、明らかになる瞬間の間の取り方やテンポも完璧である。そして、この当時の最先端技術であった「クローン」を主題にしているのが素晴らしい。
     メンゲレは、南米の秘密病院で94人のヒトラーのクローンを作り出すことに成功するのだが、同じ遺伝子を持つだけでは、クローンがヒトラーその人にならないことを知っていた。
    人間の性格は、後天的な生活環境によって決定される部分が多いからである。
    そこでメンゲレは、子供たち全員を、ヒトラー家と良く似た環境条件を持つ家庭に養子に出した。
    そして、実際のヒトラーが若いころに父親を亡くしていることから、同じタイミングで養父全員を殺害しようとしたのである。
    確率計算をした結果、94人のヒトラーの遺伝子が全く同じ生活環境で育つならば、そのうちの数名はヒトラーその人になるはずだと固く信じて。』
    (以上、参照終わり。)

    映画が公開された1970年代では、SF映画のくくりにもなってます。
    なので荒唐無稽であると、
    代表作のひとつの「ローズマリーの赤ちゃん」までが最高傑作で、後は枯渇した才能をなんとか誤魔化している‥‥、
    なんて辛辣な批評もありますが。。

    これは、既に実行された事、そのものだったりしないかと。
    「こんなのSFで、あり得ないよね。」
    と教えられた科学を純粋に信じている人達を、
    高みからイルミちゃんは笑ってたのではないかしらと。
    「答えを提示してもわかってない」事を確認してないかしら。

    まずは、家族はひとつ(多分)だけれど美智子だけが複数。
    それから、
    複数の小和田家。
    複数にあるかもしれない守谷家。

    『同じ遺伝子を持つだけでは、クローンがヒトラーその人にならないことを知っていた。』
    『人間の性格は、後天的な生活環境によって決定される部分が多いからである。
    そこでメンゲレは、子供たち全員を、ヒトラー家と良く似た環境条件を持つ家庭に養子に出した。』
    『同じタイミングで養父全員を殺害しようとしたのである。』

    作りたい人物が決まっていて、
    クローンまたは受精卵の人工授精を、
    似たような条件の複数家族に行う。そして養育。
    たまたまヒトラーの父親が税官吏でしたが、
    映画のように、結構、父親が「公務員」はキーワードかもです。
    似たような生活環境を作りやすいですし。

    その前は、「実業家」だったのかも。

    そして、いらないくなった人物は消していく。。
    映画では、同じ秘密を共有していて友人と思っていた人物から、ダムの底へ(水のある方でなく、切り立った外壁側へ)
    放り込まれる、、少年の養父の死亡シーンが
    印象的でした。

    「ローズマリーの赤ちゃん」は、
    魔王をこの世に出現させる為の悪魔儀式受胎。

    「ブラジルから来た少年」は、世界を支配する為に、
    同一人物に対して複数のコマを用意する人口受胎。

    人工授精や、
    体外受精、クローン羊のドリー。

    公表される技術は、既に幾つかの実験を経て
    確立された技術であった‥‥事は、
    いろいろな方が検証されています。

    「ブラジルから来た少年」は、
    アイラ・レヴィンが原作を書いて2年後に映画化されています。

    これは、観る人が観れば、(多分 WW2 以後と思いますが、)
    世界各地で同じ様なミッションが進行中で、既に実行されている事とわかるものだったのではないかしらと想像します。

    小和田家のように、複数の、家族も含めてのダブル。
    普通に考えれば一笑に付す非科学的な事を、
    冷静に計画し、配置して。

    結論ありきの計画図があり、
    進捗状況によってはこの世から姿を消すと言う廃除もあり、
    本人の能力や、多少の障害は、意図された受精卵(デザインされた遺伝子)を運ぶ者であれば、
    そこに据え置く。

    何をもってそこに忠誠を誓えるのかはわかりませんが、
    社会的地位や成功や冨の代償もあるでしょうし、
    世界を動かすルール側にいるメリット。
    そんなことしか凡人では発想出来ません。

    外見的なクローン(又はダブル)は出来ても、
    まだ、完全なる魂の生まれ変わりが少ないので、
    イルミちゃんも脚本通り進めるのに頑張ってるのかもしれません。

    脱線しますが、
    この「ブラジルから来た少年」の配役。
    メンゲレ博士をグレゴリー・ペックが演じてます。
    アメリカの良心と呼ばれた俳優さんですが、
    「オーメン」でダミアンの父親役を演じてましたね。
    あれも、外交官役のグレゴリー・ペックの妻が死産したのを隠して、神父から貰い子をし、それがダミアンでした。
    メンゲレ博士役では、複数のシェパードに噛み殺されるのですが、
    オーメンでも山犬に襲われますます。

    グレゴリー・ペック、「ローマの休日」の新聞記者役でしたよね。
    お姫様と仲良くなる。。

    オードリー・ヘップバーンも、どなたかのバックがいて
    売り出されたそうですし。

    メンゲレ博士を追いかけるユダヤ人・リーバーマン役を
    ローレンス・オリヴィエが演じてます。
    彼はリリアン・ビーとの結婚でも有名ですが、
    バイセクシャルでもあったそうです。
    (確か、マリリン・モンローとも関係があったと思います。)
    そして、英国よりサーの称号をいただき、
    一代男爵でした。

    いろんな観点から見ると興味深い映画でした。

    以上は真夏の日の妄想‥‥と言う事で。。。

    • ごめんなさい💦。訂正です!
      何かおかしい‥と思ったら、変換を思い切り間違えてました。

      ❌ リリアン・ビー
      ⭕ ビビアン・リー

      なんて、おバカでしょう。。

  • しつこい奴とお思いでしょうが、、
    妄想ついでに。

    あるブログのコメント欄より、
    イアン・フレミング原作の「007」シリーズ。
    日本が舞台になった「007は二度死ぬ」。
    この映画では、地下組織が文字通り地下に基地を作ってました。
    英国の諜報機関の映画で、、
    戦後20年くらいとは言え、
    連合国の敵であった日本が舞台で、
    よく英国側がOKしたな、と。
    もしかするとあのマジな地下組織は実在してやしないか?
    みたいなコメントでした。

    設定では、、
    『結婚式の直後に妻を殺害され絶望の淵に立たされたボンドは任務を次々に失敗してしまいます。それを見かねた上司のMは、ボンドを00課から外交官課に異動させて7777号とし、日本へ派遣します。』
    ここでも外交官。 便利な立ち位置です。

    肝心なのはここからで、、
    先日のヘリコプター墜落事故は、
    実は山中の地下組織の基地を探る任務遂行中で、
    地下組織から攻撃されてないか?
    なんて噂になってます。

    地上すれすれから墜落したにしては、
    大破し過ぎているとか、なんとか。。。

    本当に、ちょっと前ならネット上の噂など馬鹿げた事、
    と見下していましたが、
    「あり得るかも‥‥」と、思ってしまうのが最近怖いです。

    ノーベル物理学賞、
    何故「カミオカンデ」から2人も出たのか。

    実は、、アインシュタインの相対性理論は嘘八百で、
    ノーベル物理学賞は、その嘘八百の相対性理論を、
    理論補強する証明やたまたまの観測結果を出した人に与えられているとか、、なんとか。。

    ダーウィンの進化論、アインシュタインの相対性理論、
    二大科学的大嘘、、って言われても、(ネット上ですね。)
    その根拠もよくわからない素人としては、
    いろんな枠を外してみると見えるものがある事に気付かせてくれて有難う、 ってところです。。

  • でれでれさま
    伏見さまのところから飛んできたみゅんと言います。
    いつもはロム専ですが、終戦記念日の戦没者追悼式での美智子サンのことを言いたくてお邪魔致します。

    でれでれさまが仰るように、この人は若いと思います。
    老人ぽく見えるように腰を曲げてソロソロと歩いていましたが、腰の曲げ方が不自然で作為的なのが見て取れます。
    きちんと起立したら、この人は明仁サンより背が高いのでしょう。
    二重の意味で老人を装ったのでしょうが、もっと老人の歩き方を研究すべきでした。
    呪いの一本眉も、今では逆手に取ってわざと作り、選手交代したのを悟られないようにしたんでしょうが、ちょっと前までの美智子サンはどうしたのでしょうね?

  • ☆☆でれでれ草様、コメントが二重になってるとおもいますが、すみません。
    コメントする場所を間違えました💦☆☆

    マドンナのこのPV、初めて見ました。
    全くもって不気味なPVでした。
    気色の良いPVの方が少ない方ですけれど。

    この白装束のダンスパフォーマーは、
    アジア系スウェーデン人だそうです。
    振付師もスウェーデン人との事。

    https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1394941968
    参照。↓
    『彼らは日本人ではなく、アジア系スウェーデン人なのだそうです。グループ名はわかりません。
    彼らを指導したのは舞踏家のSU-EN(スーエン舞踏カンパニー主宰)だそうです。

    SU-EN
    ja.wikipedia.org/wiki/SU-EN 』
    (参照終わり。)

    でも、畳の部屋で横に倒れる女性も最後に映っているので、
    明らかに「日本」ですね。

    大きなビニール袋状のものに入った水を赤ちゃんに見立ててると思うのですが、
    「水子」、、、人工中絶や流産した子供の細胞核でクローンとか作ってないですよね。。

    そう言えば、マドンナは、
    90年代、坂本龍一とPVで共演してましたね。

    また、そのマドンナのPVを検索してましたら、
    洋楽好きな方のサイトより、
    【エマーソン・レイク&パーマー】
     『ベスト・オブ・ELP』
    ジャケットは浮世絵をアレンジ。着物を着た女たちが持っているのはEL&Pの名盤『タルカス』やら
    『恐怖の頭脳改革』だのお馴染みのアルバムだ。ドラマーのカール・パーマーは一時日本で空手を習っていた。

    ‥‥‥‥‥‥『恐怖の頭脳改革』ですか。。

    http://www.yunioshi.com/musicaboutjapan3.html
    にありますが、残念ながら動画は再生出来ませんでした。

    アースウィンド&ファイヤーのアルバムジャケットで、
    一時期、長岡秀星氏のイラストが連続で使われてましたけど、あれは中東っぽい、古代エジプトっぽいものが多かったような。。。

    先日コメントに書かせていただいた
    俳優のグレゴリー・ペックですが、
    俳優協会の組合活動(代表)や、癌治療に関する団体の代表などをされてました。
    【アカデミー協会、ハリウッド俳優組合、アメリカ癌協会、フィルム・インスティチュートなどで理事や会長を歴任。】
    二番目の奥様は、フランス人で、雑誌の記者をされてました。
    2人の馴れ初めに、哲学者・サルトルへのインタビュー予定が入っていた当日に、グレゴリー・ペックからデートの誘いの電話があり、
    デートをとった‥‥なんてエピソードがありました。
    俳優引退後はカナダに住まわれてましたね。

    エンターテインメント、、
    何も知らないとスルーする言葉が、
    いろいろ引っかかるようになりました。

  • 演劇に関するながーいコメントを消してしまいました⤵⤵
    (涙)
    もう一度書く元気が無いので、
    舞台人にも闇が‥‥??
    と言う事で、

    野田秀樹さん。
    夢の遊眠社時代に、萩尾望都氏の『半神』を見に行きました。
    非常につまらなかったです。
    ただ、それは、劇団四季の『キヤッツ』や、『夢から覚めた夢』とかでも寝てしまう、私のセンスの無さかと思います。

    何故マスコミや識者が持ち上げるのか不思議でした。
    Wikipediaにヒントが満載でした。

    ・長崎県西彼杵郡崎戸町(現西海市崎戸町)に生まれる。三菱炭坑勤務の父の転勤先であったため、すぐ東京へ引越す。兄は野田博明[注 1] である。小学校の同級生に映画監督の金子修介がいる

    ・兄、野田博明さん→^ 興銀広報部長、みずほフィナンシャルストラテジー常勤監査役などを歴任。脳出血を患い、そのリハビリ体験を各所で公表している。

    ・小学校の同級生、金子修介さん→東京都渋谷区出身。東京都立三鷹高等学校、東京学芸大学教育学部卒業。大学卒業時には小学校教員・国語科の教員免許を取得している。
    父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝、弟の金子二郎は脚本家である。
    ーーー 父の金子徳好氏もWikipediaがありますが、かなり赤い方です。

    ・野田秀樹さん、1989年、網膜中心動脈閉塞症(目に通じる血管が詰まる病気)が原因で右目を失明する。
    (成功の代償にささげられた?)

    ・24歳年下の二番目の妻、藤田陽子さん。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E9%99%BD%E5%AD%90_(%E5%A5%B3%E5%84%AA)
    参照。↓
    奈良県出身、Laugh and Peaceのボーカルをしていた。

    このLaugh and Peaceが曲者。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Laugh_and_Peace
    このウィキ項目より、
    【UNCO☆STAR(ユー・エヌ・シー・オー・スター)は、Laugh and Peaceの別名であり、アニメ『アークエとガッチンポーてんこもり』に登場するユニットの名前である。】

    UNCO‥‥、う○こですね。

    UNCO☆STARのメンバー紹介で、
    【メンバー 編集
    この名前で活動する際は景山、廣田も共に別名で活動する。誕生日なども異なっているが、正しいのは前述のほうなので間違いのないよう。

    ビック・ベン(1978年12月31日 – )
    廣田幸一。血液型A型。アニメでは成田剣が声優を務めている。
    ゲーリー(1979年1月1日 – )
    景山俊之。血液型AB型。アニメでは山口勝平が声優を務めている。
    ユニット名UNCO☆STARはうんことリンゴ・スター、ビック・ベンは大便、ゲーリーは下痢が元ネタである。】

    長くなりましたが、短い活動だったとは言え、
    こんなグループのボーカルをしてた方と結婚し、
    第3子の長男は、野田秀樹氏62歳の時のお子さん。。

    結婚が同種が引き合うのなら、
    野田秀樹氏は、UNCO☆STARなんて名前で活動される方達とも引き合う方だったようです。

    日本の舞台人も、狭い出自のグループで回しているような気がします。

    追記。
    野田秀樹氏が脚本・演出された、夢の遊眠社時代の舞台、
    『半神』、
    出演者がずっとリリアン(リリヤン)を編んでました。

    リリアン(リリヤン)とは、、
     【日本で技法と用具ともに「リリヤン・リリアン」の名称が付いた理由は、
    大正12年に京都のメリヤス職人が糸そのものをメリヤス編みにした、アメリカ製の糸と同様の製品をレーヨン繊維を使って再現、
    そのレーヨンのメリヤス糸を、東京のある糸問屋が「百合印」という商標をつけて販売した。
    海外には「百合印」の商標を英訳した「リリー・ヤーン(Lily-Yarn)」の名で売られ、
    逆輸入されたリリー・ヤーンの名称は訛って「リリヤン」「リリアン」となった。】

    袋状に編むみこむ。 百合印。

    何か意味ありそうな、、深読みし過ぎかもですが。

    夢の遊眠社の舞台は、サーカスの運動会みたいで、訳わからない自分でした。

  • オリンピックの開会式もイルミの儀式と言われていますが、
    2020年東京オリンピックの統括責任者に野村萬斎氏が選ばれました。
    開会式と閉会式の演出をします。
    野村氏は、文化庁の研修制度を利用して、1994年~95年の1年間、イギリスに留学しています。
    イギリスから帰国してから、テレビ、映画等に多数出演するようになりました。
    想像の域を脱しませんが、野村氏もあの組織の一員なのかしらなんて。

    余談ですが、文化庁のマークって、六芒星に見えなくもないような。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。