※人気ブログランキングに参加しています

皇室|小室圭、守谷慧、Kの法則

Sponsored Link

続きです。

そして日本の皇室。ここも浸食されていますね。

中国系イルミ系か? 守谷慧

コメント欄より

さて、絢子女王と守谷さんですが、管理人様のおっしゃる通り守谷さん二人はいますね。

NPOの写真と会見時の写真は似てはいますが、口角、目などが違います。

※左:会見守谷氏、右:NPO守谷氏

※身長が違うと思われ

 

絢子さんはもう言うまでもなく、顔が似ても似つきません。

※本物の絢子女王

 

※偽物の絢子さん。左右の肩の高さが違うのが特徴です。

そして、皇室は完全にイルミに飲み込まれていますね。

その中で守谷さんがどういう意味なのだろう、とずっと考えていたのですが、字が違いますが守屋は古代ヘブル語で光の啓示を受けた者、という意味で英語ではイルミナティになるそうです。

こちらのサイトに書かれています。

https://ameblo.jp/64152966/entry-11220799413.html

つまり、絢子さんの結婚もイルミの皇室乗っ取りの一環と思われます。

大体、納采の儀が日航123便墜落の日です。

そして、この123便墜落には日米軍の日本人暗殺部隊が働いており、それがラスチャの目指すところと言います。

納采の儀の日付もイルミを表し、123便の123という数字も足すと6になります。

つまり、悪魔崇拝の数字です。

ここまでイルミを表してくると、もう隠す気はないんでしょうね。

思わず、今年の災害・猛暑はそのせいかとも思いました。

ちなみに、アメリカの子供誘拐ですが、韓国でも子供の誘拐はとても多いですし、子供の人身売買は群を抜いて多いです。

それは韓国が豊かではないから、と言われており、その行く先はアメリカです。

それは、韓国が貧しいとかではなく、韓国はある意味アメリカの傀儡国家なので、きっと在韓アメリカ軍が絡んでいるんだと思っています。

以上

 

Sponsored Link



 

ありがとうございました。

守谷家と関係深いNPO「国境のない子供たち」の寺田会長。美智子に似ているのが不気味。

守谷家がかかわっているNPOが活動している国の一つ、カンボジアは、ほんとうに貧しい国で、

・路上に親が子供をつれて座っている

・親にお金を払えば子供を買える

というほどに貧しい国でした。

「国境のない子供たち」とは関係ない話ですが、一時は、人身売買組織の草刈り場だったと思います。

 

守谷さんの設定がやっぱり貧乏くさい

3代前からの家系がいまだに出てきません。半島からの帰化人かもしれませんね。

小和田のように、背中乗りか、あるいは、帰化した後、官僚などになり出世するケースは多いです。

守谷氏の父親がノーパンしゃぶしゃぶ官僚ですが、接待をうけていたリストを見るに、風岡前宮内庁長官など、朝鮮系帰化人、同和系が背景にある人間が多いのが気になります。風岡前宮内庁長官は、創価学会でかつ、帰化人なのは間違いなさげです。同じようなルーツを持っているのかな。

 

しかし、納采の儀もそうですが、ノーパンしゃぶしゃぶ官僚の守屋氏、週刊誌やマスコミも含め、意地でも顔をうつしませんね。報道にも出てこないし。この人は、顔の奥行きが狭そうですが、、、

ほんとうに、この人が参内したのかな、、、。顔の奥行にはばがありそうな感じ。

あくまで可能性ですが、官庁に勤めていた人とは別の人が、納采の儀に参内した可能性もあると思います。

母上はカンボジアで倒れ、タイに搬送、入院後死亡。現地で荼毘に付し葬儀をおこなった、、と、亡くなり方、というより、社会からの消え方が不自然ですね。普通は荼毘に付しても葬儀は日本でおこないます。ご本人は別の戸籍で生きている可能性もあるかもしれません。

 

守谷さん、小室ほど下手糞ではないので、うまく取り繕っていますが、それでも、全然盛り上がらない(笑)。

縁組は、ある程度同種で引き合い結ばれますが、小室につりあうということは、、、ではじまった検証で、眞子さんが偽物だとばれました。

守谷さんもおなじで、家系が不明な平民サラリーマンと釣り合うということは、、、、仮に、守谷氏と婚姻する絢子さんが、仮に宮家で認知された本物の絢子さんだったとしても、貰い子かなにかで、真の出自は平民でしょう。

高円宮家の3姉妹は、3人とも全然似ていないし、両親にも似ていないのが不思議でしたね。

 

モリヤさんは、エリート、すごい、秋篠宮家と差が出た、と高円家の工作員が盛んに持ち上げていますが、守谷氏は、オーナー一族でもなく、創業一族でもなく、財閥の一族でもないサラリーマン。平民です。ま、朝鮮部落民出身の大室が始祖となった偽の皇統のさらには末端宮家の、さらには、偽物のインチキ女王には釣り合いがとれますが。

苗字の「小室」「モリヤ」、帰化したとして、帰化するときに意図的にこの名前を選んだのかは不明ですが、いずれにせよ、シンクロしている可能性があると思います。

wiki モリヤ(英語:Moriah、ヘブライ語:מוריה)

旧約聖書に登場する地名。「モリヤ」という表記は新改訳聖書や新共同訳聖書にみられるもので、口語訳聖書では「モリア」となっている。今

日のエルサレムの付近にあったと言われている。「主が備える地」あるいは「主顕現の地」という意味である。

ユダヤ人の伝承では、ソロモン王が神殿を建てたエルサレムのシオン山がモリヤであるとされている。歴代誌では、「エルサレムのモリヤ山上」と言われている。さらに、アブラハムがイサクをささげようとしたのが、オルナンの打ち場だと言われ、今日、「聖岩」といわれているものが存在する。イスラム教徒は、この聖岩を「アブラハムの場所」と呼んだ。

サマリア五書では、モリヤを「モレ」として、「シェケムの場、モレ[要曖昧さ回避]の樫の木」と結びつけている。そして、シェケムの南側のゲリジム山を「モリヤ」と見なしている。

ウルガタ訳は「モリヤの地」を「幻の地」と訳し、七十人訳は「エモリ人の地」と訳する。

以上

 

守谷氏の苗字と無関係かもしれませんが、暗黒ユダヤといわれているイルミ系だぞ、という何かの、シンクロなのかもしれませんね。

 

 

北朝鮮創価系・小室圭

隣の白人のおっちゃんが、2メートくらいの身長の人だとおもうんですね。小柄にみせるために小道具として置いているのかな、、と思ってます。

しかし不思議ですね。安全な日本では「SP」が付いたのに(笑)、治安の悪いNYではつかないんですね。

黒田氏にせよ、守谷氏にせよ、皇族女性の婚約者には、婚約が決定していてもSPなんかつきませんけどね。

小室母子に創価の私設SPをつけたのは、眞子さまとの婚約を本物にみせるための下手糞な脚本設定のせいもありますが、ほかのグループの計画を横取りしたから恨みを買い、命を狙われる危険性があるからつけたんでしょう。

小室が、NYに入学したのが事実なら、その小室の実際の身長は、2人の小室より高いと思います。

通学ロケ

小室の入学なんてつまらん話題、ニュースで取り上げるな(怒)

ただのロケですから、どの小室を使ってもOKなんですわ。

足の踏み出し方や、歩き方が、この人っぽいんですね。顔が四角いです。もしかして、もう一人いる可能性もありますね。

キム・コムロににせて作っていますが、、、

実際は、四角い顔の人でしょうね。

創価朝鮮系チームは、まだ、諦めてませんね。

小室圭も守谷慧も、いずれも、家族も職歴も不明な男性で、かつ複数いますね。やはり、尋常ではないと思います。

ケイという名前は珍しくありませんが、一般人にもかかわらずダブルがいることや、この2人の不明な家系をみると、ケイ=「K」=韓国を連想します。

キム・コムロと、会見した小室は、鼻も歯並びもちがう別人ですね。

双方とも創価学会の池田某の血統であるかもしれません。

「album cover」の画像検索結果

※会見コムロとキムコムロ、2人の小室と3人目の小室

 

守谷氏は家系が3代前から不明ですし、コムロに至ってはまったく不明です。

2人とも戸籍がどうであれ、韓国系の可能性が高いかもしれません。

小室の登場で、日本人の皇室に対する北朝鮮並の洗脳にひびが入り、明治以後の皇室と皇族の正体がばれてきました。

すくなくとも、皇室にたいする憧憬にひびが入ったのは確かです。

小室と偽眞子さんとの婚約以後の、しらーーーーーとした、この恐ろしいまでの白けぶり。

その後、絢子さんの婚約で盛り返すかといえばそうではなく、でてきた婚約者は、ただの平民サラリーマン。

やっぱり、しらーーーーーとしてます。全然盛り上がりません。芸能人のスキャンダルや冠婚葬祭のほうが、耳目を集めています。

もともと、守谷慧のほうは、中国系イルミだと思うんですが、いつ、キム・コムロがイルミ系にかわるかに注目したいと思います。

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

16 件のコメント

  • でれでれ様、こんばんは。

    何で実質破談の小室をしつこくテレビで報道するのか?背景の勢力はあわよくば女性宮家狙いだと思います。
    守谷慧の背景も同様。モリヤがイルミナティを表しているのかはわからないけど、おそらくは小和田や風岡と同類でしょうね。優秀で日本郵船や経産省で偉くなれたのでしょうが、このような形で皇室と関わってくるところを見るに、皇室のなんたるかは根本的にわからないタイプの家でしょう。失礼ですけど馬鹿だと思いますよ。こんな工作に関係しなければ世間を騙せていたろうに欲をかいたため多分ボロがボロボロになると思いますね。顔を出さない守谷治さん、国民に対して非常識で失礼だし、こんな礼儀作法しか知らないではまともな国民には通用しないです。寺田朗子ともども相当なワルであると思います。
    おそらくは来月のナル渡仏でなんかあると思っています。
    浅はかな反日勢力どもを嘲笑ってやりましょう!

  • お久しぶりです。いつも楽しくわくわくしながら、そして学びながら拝見させて頂いております。
    あまり話をする、体調ではないのですが、ある方の有料ブログ(私はお金ないので、見せて頂だけるブログだけですが)見せて頂だけるからといって他のとこで話していいのか、そのブロガーさんが海外の裁判の話を乗せていたので、(ブロガーさんは、多分ですがキリスト教徒の方だと思います。すみません…臆測で)証明書が載せられていたので、此のせいで、表ではカトリックのセクハラ問題ですり替えてたのかなと、思ったのと、ずっと子供の誘拐がキーになってたことが、気になってて、そのブログの方は、天皇は明治から悪魔崇拝者との題名だったと…思います、ガーター騎士団に入ったと書かれています。田布施のことも、ただ南朝と言うところは、大室寅之佑の弟の玄孫さんのお話を知っているか、わかりません。長くなってすみません。その記事の話は、(ご存知でしたらすみません)エリザベス女王、ローマ法王が儀式で多くの誘拐をし、子供を殺めたことへの裁判が有罪にと、驚きでした。オランダといい、おかしいですね。狂ってます。(日本も明治以降〜今のなるちゃんずといい、小室、守屋?(NPO絡みで、この人堀潤に似てるなぁ〜と)因みに、天皇陛下の戦没者慰霊での言葉「先の戦争への深い反省でしたけ?」前にも言ってたけど、今日拝見したブロガーさんもが書いてましたが、ガーター騎士団って武力行使する団体ですって!明治天皇、昭和天皇は喜んではいたそうです。今上陛下もお入りになってますね。悪魔崇拝された騎士団にどの口が「先の大戦への深い反省」なんて言えるのでしょうか?って一人でイライラ😒💢💢してました。
    書いといて何ですが、掲載するかはお任せします。更新楽しみしてます。まあまったり無理せず、よろしくお願いします。

  • 小室圭よ〜く見るとずんぐりむっくりですね
    最初の記者会見では爽やかそうな感じにみえましたが小室圭は太る体質なのでアメリカに3年間もいたらかなりのデブ!になること間違いなし、その時、眞子さんが100年の恋も醒めた時、破談!白紙になっていなければ後悔するでしょうね‼人の心も男と女も移ろいやすのも世の常ですね!

  • 寺田倉庫が「モンブラン国際文化賞」を受賞したそうです。
    https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/15966

    テレビでも倉庫が紹介されてました。
    倉庫というと大きな物置のイメージでしたが、近代的でおしゃれな建物でした。
    壁一面に鍵がズラーっと並んでまして、鍵の数だけ部屋があって、
    相当な『ぶつ』がある感じですね。
    皇室のお宝やミイラなんかがあっても不思議じゃない感じ。
    怖いわ。

  • ずっと拝読いたしております。
    今回のモリヤの出現、恐らくOWD同様そこそこ前から用意された家族でしょうね。苗字を見たときすぐにあれっ?イルミちゃん?て思いました。ふざけた姓名や家族構成ですね。一応由緒ある皇室と縁を持とうというのに、工作側はそういう祖先の重要さがないヤカラなんでしょうね。
    三女騒ぎで、次女女王の出雲との縁組も組織臭感じました。ブランド好きの猿婆が伊勢に対抗して、と想像ですが、曲がりなりにも伊勢側(ニセでも)と出雲がくっつくわけないのにと思っていました。結局猿婆ごときに日本の神々を欺くのは3000年早かった訳でくっつき(笑)ませんでしたが、これも何やらカルト臭も考えに入れると理由がありそうについ思ってしまいます。(出雲側はとばっちりでしょうけども)
    徐々に日本が侵食される気配を感じ、この先どうなるのか心配です。

  • 寺田朗子さんの旧姓はわかりませんが、たしか渋谷区出身で名門双葉から東京外大、外大3年時フランスのグルノーブル大学に留学しています。双葉出身なので裕福な家庭のお嬢様だとは思います。美智子みたいなお嬢様である可能性もありますが、、。

    小室ですが、複数のコムロでニューヨーク行っているのではないでしょうね?もし、留学して勉強している人間と報道用の人間を滞在させているならお金はどうなっているのかしら?そうか煎餅が出すのか?ほんとにふざけた話ですよね。

  • こんばんは
    赤ん坊の慧氏抱いた若い守谷氏と奥さん写真の写真ですが。
    前から違和感を感じていました。
    この写真の奥さんの目はつり目系。この方も美しい方ですが・・・垂れ目気味(つり目ではない)の中年になられた奥さん(季美枝さん・慧氏の亡きお母様として出てきた)写真と重ならないのですが。
    亡くなった写真と重なるのは、ヨーロッパの石畳の町並みでの家族3人(ばらばら感、ありましたけど)のお母さんには重なります。更に、あの写真の慧氏(中学生くらい?)は、女形系の慧氏と放っている気は似ているような。
    それとこの赤ん坊をだいた写真の男性、守屋氏の耳と、顔を見せていない守谷氏の耳は構造的に違います,と思います。
    若いときの写真の方と車に乗って顔を隠している方は別人だと思いますが。
    基本2組はいるようですね。

    コムロは現在のところ、間違いなくS価系だと思います。だから、後追い取材が入るのでしょうね。この問題を引っ張ることで秋篠宮家は更に落ちるし、皇室全体が品下る。つぶしたい人たちにはものすごい一石二鳥効果です。
    今年はいろいろと甚だしい年ですけど・・・もしかしてD作氏の事も公表の潮時かなと考えている気もします。オウムのメンバーの執行もあったし。
    10月末のこの人達の結婚式の頃とか。
    何でといわれると理由はないのですが。オウムを合図にそろそろ??みたいな気もして。

    新造の政府専用機が来たようですね。
    あのニセアホコータイシが最初に使うのか,と思うとめちゃ腹立ちます。
    金塊輸送につかうんですかね?
    まずは総理と一部周辺は知っていますよね。
    どういうスタンスで知っていて、黙っていて・・なのか。
    裏切って欲しくないですね。
    お跡が不在ですし。
    地震が来そうですね。

  • バーバラ・ブッシュさんが、眞子さまを抱っこしてるシーンがありましたよね。

    今考えるとちょっと異例な印象を受けるし、なんか意味深。
    イルミ繫がりですかね。

  • でれでれ草 さま

    最近こちらのブログにアクセスしづらくなっておりますが、バックアップなどはなさっていらっしゃいますか?
    それとも自分のネット環境が悪いのでしょうか。
    いつも核心をつく記事ありがとうございます。

    韓国で海外養子が多いのは、男尊女卑で女性がシングルマザーで生活できる環境が少ないのと、バツ女性に対する世間の目、また金パパと朴ママで子供は金ですが、離婚して朴ママと金子供になり、今度は崔パパと再婚するとわけわかんなくなるから、ではないかと思われます。
    昔の韓国映画で、子供を妊娠8ヶ月で堕ろしたとか、海外に赴任する金持ち夫婦に養子にいく売春婦の娘とか、そういうのもありました。

  • でれでれ草様の解説を拝見して、
    日本国が、戦争を回避できず、公害を放置されて、
    国民が悲惨な目にあった原因がよくわかります。
    日本の闇に光を当て続ければ、いつか闇が払われるでしょう。
    引き続き、でれでれ草様のご活躍を期待しています。

  • でれでれ様 いつもありがとうございます。

    絢子さんの 分け目。
    以前こちらのコメントで教えていただきましたが、偽者さん分かり易いです。

  • 再度失礼します。

    掲載の赤ん坊慧さんと守谷夫妻ですが、私も奥様は公開されたNPO理事守谷季美枝さんの写真とは別人だし、海外での家族写真のお母様と赤ん坊と一緒の奥様も別人であると思います。
    赤ん坊写真の方が経産省勤務の守谷治一家で海外家族写真は会見に出た梨園守谷一家ではないか?と疑っています。

    先日、御所に車で向かう守谷治さんは極力顔を見せませんでしたし、カメラもわざと撮らないようにしていたと思いますが、車中の守谷慧さんの父親が元経産官僚で現在日伯エタノール社長の守谷治とは別人であるので、霞ヶ関や日伯エタノール、また日本郵船にいる同僚や知人にすぐバレる為顔は出せないとのだと思います。

    赤ん坊写真の守谷治さんには独特の悪人?オーラが漂いただ者ではないと思いますし、顔に奥行きがあり独特の頭蓋骨であり、車中守谷父親と同じ頭蓋骨だとは思えません。

    家系的には祖父元日本郵船常務、父親元経産官僚で現日伯エタノール社長の守谷家、家族も本人も高学歴の守谷家が工作する側の欲する設定なのだと思います。
    しかし実際テレビに出す動画には別の梨園一家を使う事、、そのような契約になっていると思われますが、いかがでしょうか?
    最近の明治神宮での偽絢子とNPO守谷慧の写真、レストランでの偽絢子と梨園守谷の写真、二人の守谷慧を混ぜて報道する理由は、見る者を混乱させ区別がつかないようにする目的だと思います。

    しかしながら、つま先の見えるサンダルばきのミントグリーンのワンピースの偽絢子、NPO守谷の腕にしがみつく偽絢子、レストランで偽絢子の座る椅子に変に腰をかける梨園守谷のポーズなどは本物の皇族ならしない所作であり、本物の皇族相手には出来ないポーズで、平民同志だから出来る普通の若者感、馴れ馴れしさ感、偽装カップルだからこその既に体もゆるしていると言わんばかりのあつあつカップル演出、気取ったレストランに挙式する明治神宮の設定、、皇族の結婚の重みが感じられない、皇族というより富裕層的感覚?っていうか工作する側に皇室のなんたるかが全然わかっていない為、ロイヤルならセレブなんだろ?洋物がナウいんだろ?
    まぁ~、美智子と久子の目指す皇室ってこんなもんかい。

    日本の昔の身分制(士農工商)が根本的にわかってなく、日本では高い身分であればあるほどに求められた己への厳しさや公の精神、より高い高みを目指しての日々の研鑽、自分には厳しいが下の者には寛大で与えてやる懐の深さ、、。朝鮮の身分制度はヤンバンと奴隷(白丁)しかなくて上に聖人君主的な価値観を求めず、上から下にやりたい放題みたいな土壌ではねぇ?多くの日本国民からは受け入れられないですわ。日本の身分制度はカースト制みたいな身分制度とは違うと思いますし、例えば同じ士分であっても家ろくだけの上下ではないと考えます。家の格式や家柄など金銭面だけでははかれないものがあったと思います。たまたま家の先祖に士族が居て家系図があるので調べられるのですが、ろくが低くても家の格式が高かったり、官位はあるけどろくは大したことはないなど非常に微妙で繊細なのですが、ある意味とても公平なんじゃないかと思うこともあります。
    士農工商も単に上下層でなく職業別に近く、家紋にあらわれている紋で家の流れを表す、先祖のルーツを重んじるといった御先祖様を大切にし先祖を遡ると神に至るという考え方はキリスト教やイスラム教などにはない精神であると思います。

    イルミナティか何かの反日勢力にはこの辺の日本文化の奥ゆかしさみたいなものがわからず、単に金と金に換算出来るものでしか物事が判断出来ない為、コムロなど最近の工作は失敗していると思います。
    まとまりのない文章になりましたが、複数の守谷家を使わなければならない胡散臭さと、日本に対する反日勢力の侮辱には外人のお前たちに一体何がわかるのか?そんな薄っぺらい日本ではないという気持ちで一杯です。

  • 重ね扇様がおっしゃられてますように、梨園守屋は絢子さんの座ってる椅子のどこに腰を下ろしているんでしょうかね?デザイン的に普通の椅子の肘掛け的な所に座ってますよね。
    日本人ならあり得ませんね、お行儀が悪い。ましては、婚約関連の公式公開画像で。こういうのに違和感を覚えないのは、外人ですわ。
    カースト制のお話もされていらっしゃいますが、梨園カーストも半端ないですよ。異常の域を越えてます。
    まぁ、日本的じゃない、ちょん的と捉えればあっさりと府に落ちます。

  • 戦兎?
    セント?お金?(実はシナリオにアメリカの策略が関わってる?)
    遷都?首都を移す予定?
    そういう意味が込められた名前なのかな?と邪推してしまいました

  • 重ね扇さまの面白いコメントで和みました
    あと、外国人には日本の文化と深い奥ゆかしさ、
    根底にある相手への尊敬と気遣いゆえの沈黙の表現などは一生かかっても理解できないと思います
    「ナウい」、この表現、古いですね。懐かしくて笑ってしまいましたw
    以前、そういえば初期のツイッターでは「now(今)」をつけるのが普通でしたよね。
    今なにやってる?を呟くために。
    ブログ読んでるなう、みたいな。今じゃ誰もやってませんけどw
    むしろ今なにをやってるのか監視される事に使われてしまうことを
    避けるネットリテラシーが強化されつつある流れになってる気がします。
    ネットあると手軽に買い物できたり便利ですが、
    同時に危険性もあると常に思っておかないと使い方を誤りますね。
    スノーデンも告発してましたが(この人自身も用意された人で、実はプロレス的な茶番なのかもしれませんが)
    エシュロンの盗聴の件もその後どうなったのか分かりやすい進展がないようなので、気になる案件です。
    これはアメリカというかフランスが主に関わってるのかな?イギリスとロシアに対抗する諜報活動?
    弱みを握って金を取るために頑張ってるのかしら…色々と想像力がふくらみます。
    最近は過去の怪しげな出来事が繋がって事実が明らかになっているので、
    馬鹿らしい事でも笑って片づけられないんですよね…。早く正常な世になればいいのに。
    大昔の士農工商それ以下の身分制度などは、教師は悪い面ばかりを教えるけれど、悪い事ばかりではなくて、
    実は最も争いが少なく済む方法でもあったんじゃないかなと今になって思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。