※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

高円宮家|守谷絢子|守谷家の謎②

Sponsored Link

続きです。

いちおうは、公式に公表されている守谷家の家族写真なんですが、、、

産経:絢子さま ご婚約内定】守谷慧さんの父、治さん「有難きことと感謝」

https://www.sankei.com/life/news/180702/lif1807020057-n1.html

 

毎日:絢子さまと守谷慧さん婚約内定 宮内庁発表

https://mainichi.jp/graphs/20180702/hpj/00m/040/002000g/7

 

 

 

Sponsored Link



 

 

別人ではないかというお声もありましたが、、、

 

どっちの守谷慧でしょうね。

 

守谷氏の母上

髪の分けかたが、向かって右から左へ流していますね。目じりが垂れてますが、、

 

 

こちらは、髪の分けかたが逆。

眼じりが上がり気味にみえますが、若いときの写真だからということもあるでしょうし、アングルによるのかもしれませんが、、。

参列されている、このご夫婦に似ているなあ、と。もちろん、ご両親の兄弟姉妹か、イトコか何かの可能性はあると思います。

いくらやり方が粗くても、いちおうは「死んだ」という設定にしている人物を、こういう場には出してこないと思いますしね、、たぶん。

しかしながら、あくまで仮説ですが、小和田家のように、「守谷家」が、数組あるの可能性も捨てきれません。

正田美智子、小和田雅子、麻生信子、など、一部の皇族の配偶者として現れる民間から現れた男女は、ご成婚が決まるかなり前から、複数で構成されていました。戦後の皇族の配偶者のほとんどが、こうした工作員から選ばれてきたのかもしれませんね。あくまで仮説ですが。

 

ちなみに、この絢子さんは、どの絢子さんなのだろう。

カナダ絢子に一票を投じます。

丸顔で、左右で肩の高さが違う軽い奇形がある人です。

 

チーム三笠宮

久子は大耳のマッチョな久子ですね。ツグコちゃんは、野人って感じですね。岡本夏生や山田優に似ている人とは別の人かも。

この三笠宮崇仁親王夫妻も、オリジナルかどうかは、怪しいかもしれません。

なんかもう、明治皇統は、どいつもこいつも、ブサイクで下品な皇族コンパニオンですから、ありがたみがないですね。

北朝の伏見宮家の系統に戻すべきです。

高円宮家|守谷絢子|守谷家の謎③

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link