※人気ブログランキングに参加しています

高円宮家|守谷絢子・絢子女王|(下)雌雄眼のタレントとドレスの美談

Sponsored Link

続きです。

朝見の儀も、晩餐会も、動画を見ましたが、「横川」で上書きしてますね。二重になっているようです。

「低身長の5頭身」、「眞子様苛めの張本人で性格悪し」、「莫迦デブ色黒」の「姫達磨・絢子女王」を、「お美しい絢子さま」に上書き作業が、完了のようです。

そして、雌雄眼の守谷さん。

 

コメント欄より

でれでれ草さま 皆さま こんにちは。

更新ありがとうございます。

芸能界は本当に凄い世界なのですね。実力があれば誰でもが華々しく活躍出来ると思ってしまいがちですが、実はそうじゃない。

強大な力を持つ事務所に入るか、変態脚本家に気に入られるか。orz

いまの若い子はしっかりしてるし、ネットで真実を知ることもあるでしょうから、私たち世代ほどアイドルに夢中になる事も、自身が芸能界に憧れる事もないのかな?

芸能界繋がりで思い出したのが、最近の「押せ押せくん」=高橋一生氏。

顔が幼い頃の守谷慧氏に似ているのが気になってます。

その昔、守谷氏の「子役」を演じていたりして…。

以上

 

ありがとうございました。

高橋一生さん。たしかに会見した守谷氏に似てますね。よくあるイケメンの雛形なのかもしれませんが。

子役の頃の高橋さんも、歴代の守谷氏(NPO守谷、梨園顔守谷)と同じく雌雄眼ですね。ちょっとそこが気になります。

 

 

Sponsored Link



 

 

秋篠宮眞子さんと、高円宮絢子さんの差

「秋篠宮眞子さんと、高円宮絢子さんの差」というテーマの書き込みや記事、動画が、嫌というほど目につきますね。

しかしながら、キムコムロと、守谷慧、どちらも似たり寄ったりです。

出自は不明。純粋な日本人でない可能性もあり。3代前からの家系は不明、あるいは未公開。

守谷慧:旧華族でもなく、創業一族でも、オーナー一族でもない、ただのサラリーマン。父親はノーパンしゃぶしゃぶ官僚。のーぱんしゃぶしゃぶの接待を受けたリストを見るに、どうも、同和系、帰化人系が多かったのが気になります。そういう人たち対象に接待をしたのかもしれません。

小室圭:いちおう、家系図は公表されましたが、嘘が多そうです。母親の出自がいっさい不明。旧皇族の家系の竹田氏が、いくら調べてもわからないというからには、よほどのことでしょう。小室圭の母親は、最初は、「圭与」と報道されており、どうみても、朝鮮女性の名前。

 

学歴が不鮮明。

守谷慧:慶応をでたのは確かかもしれませんが、慶応をでた守谷氏と絢子さんと結婚した守谷氏が同一かどうかは不明。

小室圭:ICUに入学したか在籍したのかがまず不明。入学式卒業式、在学していたとわかる写真や証言が、一切でてこない。英語が話せるのか、バイオリンが弾けるのかも不明。一度も披露したことがない。

消された海の王子(左)のほうは、ICUではなく、IUCの学生だった可能性が高そう。

「海の王子 ICU 小室圭 偽物」の画像検索結果

 

IUC

https://www.iucjapan.org/

日本語を学ぶ講座のようです。

報道当初は、ベトナムでは、ベトナム人と韓国人のハーフと報道されたそうです。

 

職歴も不明、もしくは不鮮明

小室圭:仮にICUを卒業したとしても、母子家庭で、ICU卒業では、メガバンクへの就職は不可能。就職したとされれる三菱UFJでのエピソード、写真、証言などはいっさいでてこない。

守谷慧:確認しましたが、慶応の守谷氏の学部卒業では、正規での日本郵船への就職はありえないそうです。契約社員ならあり得るそうですが、会見にでてきた守谷氏の雰囲気は、海運業の方とはかけ離れているそうです。

さらに、守谷氏は、トライアスロンを趣味でしていたとされており、実際に、ゴールする動画、映像が一時期公開されていました。さらには、母親が立ち上げたNPOの役員をやっていたとされますが、仮に会社のボランティア休暇制度を使っていたとしても、激務で聞こえている海運業のエリートサラリーマンが、はたして、趣味とボランティアと仕事を両立できるもんでしょうか。

 

偽物、そして、複数いる。

ご婚約の一報のあと取材を受けていたキム・コムロ(左)と、会見した小室(右)は、鼻も歯並びもちがう別人ですね。

ご婚約一方の後、取材を受けていたキムコムロは、池田代作の息子たちに酷似しています。王子、王子とマスコミが騒いでましたから、創価の王子なのでしょう。

「album cover」の画像検索結果

 

もちろん海の王子(左)の小室圭と、ご婚約した小室圭(右)も別人。

「海の王子 ICU 小室圭 偽物」の画像検索結果

 

そして、守谷さんも偽物。

 

親の亡くなり方がおかしい。

小室圭:実父が不審死、その1週間後に祖父も不審死、保険が降りなかったらしい。母親のカヨに、保険金めあてで殺害されたのではとの噂あり。

守谷慧:実母が、カンボジアで倒れ、タイの病院で搬送。死去。現地で荼毘に付し、葬儀も現地で。

ちなみに絢子さんの実父も、カナダ大使館で、スカッシュの最中に変死してます。

 

晩餐会のショボさ

見栄っ張りの久子にしては、あまりに、しょぼすぎ。

常陸宮妃、典子さん、眞子さんの姿は確認できましたが、佳子さんの姿はなく、三笠宮姉妹の姿が確認できませんでした。公務の関係なのか、あるいは、出席していたのかもしれませんが。出席してたら報道したでしょうし。

しかし、こういう場には、普通、親戚を全部呼びませんか。

久子から見たら、実子でもないし、主役も、客も、ことごとく偽物だしで、お金をかけるのが莫迦らしいんでしょ。

 

ドレスに関する美談

昭和のアイドルも嫌がるだろう、ダサいデザインのドレス。小さい子供さんのピアノの発表会にちょうどいいデザイン。

ドレスが繋ぐ両家の「絆」

https://www.fnn.jp/posts/00404383CX

29日に結婚した、高円宮家の三女・守谷絢子さんと慧さんを祝う晩さん会が30日午後、行われた。

今回、絢子さんのドレスを担当したデザイナーの鈴木紀男さん。

20代の時、3年間、パリで経験を積み、その後、高円宮家や芸能人などの衣装を担当。

歌手の中島みゆきさんや、由紀さおりさんらの「紅白歌合戦」の衣装なども手がけた、一流デザイナー。

高円宮家とのつながりは深く、1990年に久子さまのマタニティーイブニングドレスを作ったのが始まりだったという。

この時、おなかの中にいたのが、三女・絢子さん。

2014年には、次女・千家典子さんの披露宴と晩さん会のドレスもデザイン。

高円宮家にとって、記念となる大事な日の装いは、鈴木さんが手がけてきた。

鈴木紀男さんは、「お嫁に行く時には、『紀男先生お願いね?』、『わたし、かわいくね?』って。やはり今回はね、重大な責任がありますので」と話した。

実は、今回のドレスには、絢子さんのある思いが込められていた。

鈴木紀男さんは、「絢子さまが、そういうご希望をなさって、やはり着てみたいっていうお話だった」と話した。

ドレスに使われている、淡いピンクのシルク生地。

これは、慧さんの母・季美枝さんが亡くなる前の年、2014年に高円宮家に贈ったもの。

当時、NPO(民間非営利団体)法人「国境なき子どもたち」の専務理事を務めていた季美枝さんがその活動を通じて、自ら選んだものだった。

鈴木紀男さんは、「シルクで光沢があって、ちょっとハリがあるので、このボリューム感を出すのも、とっても出しやすい素材だったんです」と話した。

両家の縁を大切にする絢子さんと久子さまの強い希望で、この生地はドレスに使われることになった。

絢子さんは、2018年7月の婚約内定会見で、両家の縁についても触れていた。

絢子さん「母の思惑がどうであったのかはわかりませんが…2人でさまざまな場所へ行き、時間や思い出を共有していく中で、自然とお互いにひかれ合い、今日という日を迎えられましたことは、両母親のつないだ、すてきなご縁だったのかなと思っております」

慧さん「親を突然亡くしたことによる心情の変化、そのようなものに理解を示していただき、心の距離がさらに縮まったと、そのように感じます」

慧さんの亡き母・季美枝さんから、絢子さんの母・久子さまへ。

そして、そのシルク生地が、晩さん会のドレスへと生まれ変わった。

絢子さんの思いが込められたのは、ドレスだけではない。

高円宮家と長年おつきあいがある、山崎伊久江美容室の2代目・山崎伊久江さんは、「ドレスの小花に邪魔をしないようなヘアスタイルを、私と絢子さまで考えさせていただいて」と話した。

先週の朝見の儀や30日の晩さん会で、絢子さんのヘアメイクを手がけた。

山崎伊久江さんは、「宮家を離れて初めての晩さん会ということで、今までにしてこられなかったようなヘアスタイルをしてみたいということで、今日は今までにはなかったような印象のヘアスタイルに」と話した。

皇族の身分を離れたことで、今までできなかったヘアスタイルにしたい。

晩さん会の髪形には、そんな思いが込められていた。

以上

「、、、、、、、、、、、」

やっぱり、左右、同じ夫婦だと思うんですよね。

あれ?死んでなかったの??

 

手を振る山羊

 wave goat everyone GIF

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

9 件のコメント

  • 守谷慧の両親とされるお二方、もしかしたら現在未婚の皇族が結婚する際に相手側の使者として今後の為にキープしているのではないでしょうか。父親はノー○ンしゃぶしゃぶで顔出しNGなので、母親は死んだことにして存在感を薄めたかったのでは?どこかの家族に背乗りして別人として生きていく用意をしてもらっているのかもしれない、と思いました。

  • 法事で、遠い親戚にあたるおばさんに会いましたが、絢子さん、不評でしたよ。(笑)
    「今どきの子はああなのかもしれないけど、何かはすっぱで奥ゆかしさがないのよね。恥じらいとか初々しさがないっていうか・・・。」
    やはり日本人の感性とは違いますものね。
    若い人は皇室に無関心、むしろ高齢者こそ昭和の皇室のイメージが強いので、女性宮家には反対という印象を持ちました。

    中間選挙ですが、お昼の時点で上院は共和党勝利、下院は数字では共和党が多いのに出口調査の結果からか?民主党勝利と報道されています。
    みんな隠れトランプで、出口調査で本当のことを言ってなくて、下院も共和党が勝つといいのに・・・。(そしてまたジョージソロスが大損するといいのに・・・。)
    共和党の勝利を祈っています。

  • でれでれ草さま 皆さま こんにちは。
    更新ありがとうございます。

    拙コメント取り上げてくださってありがとうございました。
    高橋一生さん、現在次々と映画やドラマが公開されています。
    正直、子役の頃の写真はあんまり可愛くないですが(バナナマン日村みたいだわ。)
    その当時から「何か重要な役割があり」、立派に「役をこなし」、そのご褒美が「現在」なのだとしたら腑に落ちます。
    私の周囲では「高橋一生?あ、私ダメだ。受け付けない。」「どこが良くて人気あるんだろうね。」って人が多くて…。
    まぁ好き好きですから何とも言えません。

    記事にあるヘアメイクの「山崎伊久江美容室」ですが、初代・山崎伊久江が開発した「弱酸性ベル・ジュバンス」というヘアケアが有名です。
    昔通っていた美容室がこの技術を使っていました。
    https://jakusan.net/beauty/yamazaki.html
    初代は亡くなり、山崎伊久江を襲名した孫娘さんが今のトップのようで、姫達磨さんのヘアメイクはこの方のお仕事でしょうね。

    上のURLに初代の経歴が記されていますが、ここ注目です!
    『皇太子ご成婚の際、美智子妃十二単衣紋者八束清貴、青山鋹夫氏の助手を務める。』
    あ、瓢箪からミチコさま。( ゚д゚)…。
    「ベル・ジュバンス」は知っていたけど「皇室御用」なのは初めて知りました。
    ミチコさまが久子さんに紹介したのかな?
    自称皇后陛下と高円宮家のつながりが丸わかりね。

    安倍首相の苦ーい顔しか印象に残っていない披露宴でした。
    皇室劇場、もうお腹いっぱいです。

  • ショボすぎるわ・・この「晩餐会」
    田舎の結婚式場の方がよっぽど立派です。
    日本人なら花嫁さん、あんな笑い方しません。

    貧すれば鈍す なのか
    鈍すれば貧す なのか

    ホントに、ニセたちは皇族の真似もしなくなりやがりましたね。

    それにしても、安倍さんはカメラが入っているのを知っているのに、なぜあんな目つきでコータイシとマサコを見たんでしょうか?
    何か、意図があると思うんですが。
    それが知りたいです。

  • でれでれ草さま。
    度々失礼します。追加情報です。

    「ベルジュバンス参加サロン 目印」で検索してみて下さい。
    目玉マークに似た看板が出ます。((((;゚Д゚)))))))

  • 何度もすみません!上記の編集も不完全でした!
    下記は、最終の編集となります。

    「山崎伊〇江美容室」ですが、
    正に私も長年通っている美容院です。
    典子さんの晩餐会の時も2代目山崎伊〇江さんがヘアメイクされてましたよ!
    私の担当者が言うには、久子さん(「さま」と言いたくない)は、
    ヘアケア施術のためにここの支店によく来ているそうで、その縁で娘たちは弱酸性の施術はしていないが、ヘアセットだけは、させてもらっている、と言ってました。
    10月下旬には一般人やプレスの入れない絢子さんの結婚前のパーティーがあって、私の担当者は、承子さん担当だったそうです。そこで、「承子さん、スリムでしたか?それともたくましかったですか?」と突っ込んでしまいましたが…。(笑)
    ここのお客様は、故津川雅彦さん、うつみ 宮土理さん、美輪 明宏さん、IKKOさん、櫻井よしこさん(こちらの会社主催の講演会で保守系とはいえ、政治論を話しています。美容系なのに、政治の話は大丈夫なのか、とびっくりしましたが!)、
    あとは、でれでれ草さんのブログで最近、話題の本木雅弘さんもお客様でここの美容室で見たことがあります。
    ここの髪の染め方は、脱色せず、ヘアマニキュアよりも優れた美髪効果があるので、
    ヘアケアのために、皆さん著名人も来ているのかと思ってましたが。

  • でれでれさま、精力的な記事更新をありがとうございます。

    晩餐会の会場に高砂席が無かったのは、招待客に近寄りたいためではなく高砂席を設ける費用をケチったから?
    本来の会場をカーテンで仕切って小さくしなければならない程の少ない招待客、でもその割にはテーブル間の距離が近く、詰め込んだ感あり。
    一般人の披露宴の方がまだ豪華なことが多く、まるで公民館みたいな会場でチープに仕上げた雰囲気ですよね。

    いくら皇族とはいえ末端の末子で、わざわざ安倍総理が出席されるまでもないと思いますが、ご出席の上あの表情をされたというのは意図的であったと思いたいです。
    全ては把握しているぞ、このままでは済まないぞ、と受けて立つという意思表示であると思いたいです。

  • 》》実は、今回のドレスには、絢子さんのある思いが込められていた。

    ドレスに関するエピソードがですね。。。。

    梨園顔の守谷氏だからではないですが、
    何だろう‥‥、この 「実は〇〇で、‥」
    って、歌舞伎の戯作によくある展開ですね。

    もしかしたら一般でも1000人にひとりくらいは似たエピソードがあるかもしれませんが、
    話しの展開の落としどころや、
    いやに滑らかなエピソード。。

    曾我兄弟(そがきょうだい)や
    菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
    他でもありますが、
    「実は〇〇‥‥」

    ドレスのエピソードなので、別に敵討ち話ではないのですが、
    話を盛る回数と言うか、三段跳びのような盛り方が
    歌舞伎(浄瑠璃でもありますが)の戯作っぽいですね。

    話を三段におっ被せないと安心しない方の脚本かも知れません。

    新劇とかとは違う感じ。
    記事中のドレス・エピソードを読んで、
    何故か頭に浮かんだのが
    「曾我兄弟」
    芝居が進んで行く中で、観客が頭に浮かんだ展開を、
    “その通り!”みたいに気分を乗せて実はこう言う因縁で、、と劇を進めていく。

    とりあえず何かしらエピソードを、、
    と依頼された方が、 
    無難な路線を選んで書いてみたら、
    その方の好みや思考の素がみえた。
    て言うのが私の印象です。

  • うちにはテレビがないので、高橋一生をググって写真を見て見ました。が!
    無理すぎる。本当にこの男が売れているんですか。
    これがイケメン?
    イケメンという言葉も神なんとかという言葉も、軽すぎて嫌いですが。
    皇族関連で登場する方々と同じように、写真を見ていて気持ち悪くなりました。
    日本人は感覚がおかしくなっていないですか。
    テレビをつけたら、こんなヘアスタイルをした、かの国の奴らのような含みのある張りつけたような笑顔の俳優が次々に出てくるなんて。
    あの画面を占領する大顔の小室が映らなくなったら次はこれですか。
    テレビを一日中見ているようなお年寄りは、拷問と洗脳の毎日を過ごされているのですね。
    動物の世界では、左右差が大きい個体はモテません。
    左右対称の発達は、優秀な遺伝子の証だそうです。
    こんなに見た目が左右非対称な俳優は、ともさかりえくらいしか思い当たりません。
    ともさかりえさんでも気持ち悪くならなかったのに。
    内田家の集合写真も気持ち悪かったので、左右非対称以外の気持ち悪くなる要因があるのでしょう。
    色使いか画面の構成か、雰囲気か。作り手が三○人だから?
    なにか学芸会のようなチャラチャラした披露宴で、思わず心のうちがわかるような反応をしてしまう安倍さんにホッとします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。