※人気ブログランキングに参加しています

秋篠宮家|再検証|白髪の宮様と栗色くせ毛・垂れ目の悠仁様

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

前回の更新から、日が開いてしまいました。電子本の編集作業もあり、秋篠宮家の再検証がまとまるのに時間がかかっております。

皇族が複数体制で運営されているのではという仮説については、なんども記事に書かせていただきました。

当初、愛子さんの偽物の発見と検証からはじまり、美智子、ナル、、、と続いて末端宮家や、その配偶者として現れた人たち(正田美智子、小和田雅子、小室圭、守谷慧)もまた、お妃候補になる前から、マスコミに報道される前から、複数体制である可能性があること、旧華族を除き、皇族の配偶者として現れる人たちのなかには、最初からコードネーム化されているチームであったことなども検証させていただきました。

この流れから、当然、文仁親王や悠仁親王も、例外ではなく、最初から、予備というか、複数体制で運営されている可能性の方が高そうです。

佳子さまも、おそらくは、予備というか補欠というか、予備の方がおり、2人おられて、上段の「下がり眉」下段の「くの字眉」の佳子さまが、いたかな、、と。

おそらくは、上段の「下がり眉」の赤ちゃんは、左目が内側に寄り気味です。学習院時代や赤ちゃんのころの、秋篠宮様が内斜視なのは、おおくの画像や映像で確認できます。

本物と思われる眞子さまの御一人にも、この傾向がありました。おそらくは、斜視の宮様の姫ではないかと思います。

「眞子さま 本物」の画像検索結果

明治以後の皇族制度は、良し悪し別にして、国民の承認や同意とは関係なく、見えないところで、こういう制度で運営されてきたようです。

前世紀は、戦争がありましたし、天皇や皇族にダブルがいてもおかしくはなかったのですが、良し悪し別にして、ダブル制度が制度化されて伝統となり、21世紀になったのかもしれません。

 

悠仁様の場合

当然、悠仁様も「予備」が用意されていた可能性があります。

というか、悠仁さまの場合は、天皇家が存続するかどうか、悠仁さまにかかっています。万が一のときのために、例えば、宮様の精子を受精させた紀子様の卵子を保存してたり、同じ時期に受精させた卵子を別の女性がご懐妊して出産し、万が一のときのために備えていてもおかしくはないとおもいます。

というか、むしろ、男系維持のためには、そうあってほしいと思っております。

 

 

Sponsored Link



 

左の「礼宮」と右の白髪の宮様は同一人物だと思うんですが、こちらの白髪の宮様は、礼宮時代から「文仁親王」の御一人だったみたいですね。

ナマズの研究をされていた方だと思います。

「ナマズ 秋篠宮 白髪」の画像検索結果

顎が平たく、2つに割れているのでおなじひとだとおもいます。

佳子様ご懐妊後から311前まで、「白髪の宮様」時代にメインだったと思われる「顎の割れた宮様」、と「垂れ目で栗毛でくせ毛」の悠仁様。311の後、どうなったのか、このお二人を探している最中です。

「秋篠宮家 悠仁様」の画像検索結果

 

そして、最近の宮様。

左目だけが二重のかたですね。

2018年

 

2011年11月 311の年のお誕生日会見

左目だけが二重

「ずっと揺れが続いて、、、」

 

311の東北の慰問

左目だけが二重

この方が、「311前から」秋篠宮様の御一人なのか、礼宮時代からいるかたなのか、今、ざざーーーと見ているところです

それによっては、今の「秋篠宮さま」の背景が、わかるかもしれません。

しばらくお待ちください。

 

なにか、恐ろしいことがおこったようだ

weird cat GIF

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

2 件のコメント

  • でれでれ草さま

    コメント欄が随分静かなので、不思議に思っておりました。

    皇族の複数体制はなんとなく理解できるのですが。
    複数が可であるならば、それはそれで疑問が浮かびます。
    全員が父親を同じくするという風でもないですよね。

    何故跡継ぎの無い宮家があるのでしょうか。
    常陸宮家はお子さんがいらっしゃいません。
    秩父宮家、高松宮家なども跡継ぎなく断絶になりました。
    また、東宮家も男子がいません。複数体制を認め、実行するぐらいならば
    徳仁さんが雅子さん意外の誰かと男児を作った方が(勿論雅子さんが生んだことにして)
    余程皇室は安泰であったはずです。

    本物との間に生まれたお子様に、ダブルを用意するという制度なのかも知れませんが、
    それでも降嫁する内親王には必要ないと思えます。
    女性天皇を将来可能にするつもりでいるのかも知れませんが。
    天皇家のルールは下々の物の想像をはるかに超えているようです。

    • >天皇家のルールは下々の物の想像をはるかに超えているようです

      ナルちゃんも、ダブルを何人もつくるより、複数の男児を年齢をそこそこあけて誕生させて親王にしたほうが、いいとおもうんですけどね。
      某大作家先生の「大ヒットドラマ」「同窓会」誕生のエピソード(電通から、題名は同窓会にしてくれ、必ず話題になるから、主演はだれだれ、、、など指示があった)や、ダヤンさんの書かれた記事(アメリカに女性大統領がでる、だから次はヒラリーが当選確実、)を読むと、もしかしたら、あらゆる分野で、霊能者などの霊言や予言をもとに脚本を書いている人たちがいて、その上書きしてるのかな、、と思うことがありますね。
      おそらくは、ヒラリー落選と同様、悠仁さんは、脚本外の御誕生だったのかもしれないと思うことがあります。
      あくまで仮説ですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です