※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



皇室|続・本物と偽物のお召し物の格差

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

週刊誌の、秋篠宮家バッシングがひどいですね。それだけ、オリジナルのナルちゃんのご容態が悪いのだと思います。

 

本物か、公認のダブルか、職員か

皇室|本物と偽物のお召し物の格差(後)で、来日したトランプさんや、駐日大使が、ジャケットのボタンを全開している場合は、皇族が偽物なんじゃないのか、という仮説を書かせていただきました。

以前、晩餐会で、王族のサッシュをみることで、オリジナルなのか、ダブルなのかが、わかるんじゃないのか、という記事を書かせていただきました。

相手国のサッシュをしている場合は、オリジナルで本物

相手国からもらってない場合は、自分とこの国のものをつけるのですが。

※皇室の写真様より

昭和天皇、英国女王は、本物でしょう。

 

相手国から勲章をもらっているのに、自分とこのサッシュをしている場合は、公認のダブル

この場合は、オランダ王。

オランダ王妃と天皇夫妻は本物。

マキシマさんのニタニタ、オランダ王の決め顔

 

サッシュなしは、職員あつかい

この場合はナルちゃんは、職員。

美智子も職員。

フィリピンを訪問した時は、レイをかけてもらえず、前に出ようとすると止められる。まるっきり、随行員あつかいでしたしね。どこの国も、美智子が、偽物なのは、わかっているようです。

 

訂正あり*スペイン王来日、宮中晩さん会の場合は、

・スペイン王妃は本物。

・スペイン王、天皇は公式のダブル。

・職員扱いされているのが、美智子。

ただの推測ですが。

 

Sponsored Link



 

トランプさん、訪英しましたね。こちらも、国賓待遇だそうで。

2019年6月|トランプ大統領訪英

英国到着|ボタンをしめている

 

歓迎式典|ボタンをしめている

女王様、お年を召されたなあ。

 

日本の宮中晩さん会の差がひどい

晩餐会|ホワイトタイ&王族はティアラとサッシュ

https://www.cnn.co.jp/world/35137934.html

来賓が王族ではなく共和制でも、迎える側が王族なら、ティアラにサッシュにドレス。普通はこうなんじゃないのかな。女性のドレスの色はかぶっているのではなく、白に合わせているっぽい。

日本の天皇の権威の高さを語る例として、米国大統領ですら、天皇をむかえるときは、ホワイトタイでなければならない、というものがあったと記憶しています。

たしか、ホワイトタイ>ブラックタイ、ではなかったでしょうか。

装飾品は西洋と日本では、感性がちがうので、比較はできませんが、お花が豪華。。

しかし、やはり、女王様の「老い」は隠せませんね

イバンカさん、ウイリアム王子、メイ首相、でしょうか。

主賓のテーブルも、気合の入っています。日本のほうが国力は一応は高いのに、、、。

 

同年5月|日本の宮中晩さん会では、ブラックタイ&ティアラなし

花はしょぼいし、服装もしょぼい。洗練しつくして簡素になるという日本文化とは違う。知性もセンスもないので、単に、貧乏くさくて惨めな感じ。

※Remikkiさまより

ナルマサが、貧相なので、部屋も、みすぼらしく見えてしまいますね。一般人の結婚披露宴会場のように見えます。

通訳なしで話をした、と盛んに宣伝してますが、後ろに控えている女性2人は、通訳だと思うんですけどね。

王族らしい装いだと、かえって違和感がでるような部屋ですね。背後の絵画は、「獅子と牡丹」がテーマだと思うんですが、中途半端な大きさですね。人物を引き立たせるわけでもなく、なんか、中途半端な感じ。

「相手は、共和制の大統領だからティアラなし」は、無理やり納得できるけど、宮中晩さん会に、ドレスを着ない、ジャケット姿の皇后ってのは、前代未聞でしたね。

掲示板でも、「叔母様が、姪っ子の結婚式に出席するのにちょうどいい服装」だと評判でした。

 

訪英したトランプさんとエリザベス2世

2018年07月|ボタンをはずしているトランプさん

以前、訪英していますが、ボタンをはずしていますね。

就任後初めて英国を訪問しているトランプ米大統領は13日夕、ロンドン近郊のウィンザー城でエリザベス女王に面会した。女王はトランプ氏と妻のメラニアさんを笑顔で出迎え、近衛軍楽隊が米国歌を演奏して歓迎した。その後、女王とトランプ夫妻は城内に移動してお茶をともにした。

この時の、女王様、お元気そう。

 

2019年|エリザベス女王と、ボタンをしめているトランプさん

1年間で、ずいぶん、お年を召されたなあ。

晩餐会の女王様。

エリザベス2世陛下も、ご高齢なので、比較はしにくいのですが、一年たつと、ずいぶん変わるものです。

左右の女王が、同じ人の可能性もありますが、そうでない可能性もありますね。

 

ボタンをはずしているトランプさん

このとき、トランプさんがあった天皇夫妻は、でかいし若いしで、見るからに美智子は偽物ですが、明仁さんも、本物扱いされているエビスさんや、モアイさんではなく、最近、ダブルになったとおもわれる、受け口のナスビさんではないでしょうか。

 

公認のダブル制度

日本の皇族だけではなく、ローマ法王や、海外の女王や王、皇位継承者には、普通にダブルはいると思います。

前世紀は戦争がありましたし、21世紀になってからも、テロやメルトダウン、天災などから、王族を逃がす必要があるケースもでてくるでしょうし、その間、身代わりになる人も用意されているのは、まあ、理解できます。ただ、様々な理由により、公認のダブルが対応する場合は、事前に「事情があって、ダブルが対応する」という、断りは入ると思うんですね。

何度も申し上げていますが、日本の皇室の問題は、正田美智子のように、オリジナルの皇族が死去したのに、ダブルが皇族に成りすまして皇室や国家を私物化し、さらには、高円宮家や安芸市に宮家に、子供を作るなという、産児制限を強制し、皇統を断絶の危機に追いやったことです。

さらに、眞子様に成りすました偽物と、マスコミ、宮内庁、創価などが結託して、正体不明の小室と婚約内定まで持っていたことも問題です。

話をトランプ訪英に戻しますが、エリザベス女王は、過去に一度、崩御されたという誤報が流れたことがありますが、御年93歳。女王の様子を見るに、英国の大喪の礼の暗号「ロンドン橋が落ちた」は、近いかもしれませんね。

英国の場合は、日本の大正天皇のときのように、オリジナルが崩御されれば、大喪の礼に値する葬儀を行い、けじめはつけて、ダブルは引退させると思いますね。

以上

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

2 件のコメント

  • 気になって調べてみたら、ブラックタイ(タキシード)は略装とのことでした。
    特にイギリスアッパー層の正装が、ホワイトタイ(と燕尾服)らしいです。
    昼ならまだしも、夜の晩餐会に略装というのは、どうなんでしょうね。平民には分かりかねますが、よろしくないのではとも思います。
    皇后さまがあのご格好ですし、無茶苦茶ですね。

    • そうでしたか。ありがとうございます。

      国賓待遇とはいえ、英国より日本のほうが、格が下だったということですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です