※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



でれでれ草|皇室|(後)美智子さま、心臓検査へ 息切れ目立ち、週明け結果

Sponsored Link

続きです。

明仁さん夫妻は「退位後はじめて」雅子は「〇〇年ぶり」が枕詞になってますね。

上皇ご夫妻 退位後初めて京都へ

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20190531/2010003647.html

上皇ご夫妻は、上皇さまの退位に関する儀式として、孝明天皇陵と明治天皇陵に参拝するため、6月11日から3日間の日程で京都市を訪問されることになりました。
上皇ご夫妻が地方を訪ねられるのは、上皇さまの退位後、初めてになります。

ここまで

 

退位に伴う儀式として、孝明天皇陵、明治天皇陵、も退位を報告するための参拝するそうな。近代後、天皇が退位した前例がないので、こういうのは、省いてもよかったと思うのだけど、京都に行きたかったのかな。

 

05月24日 ご鑑賞 「退位後初めて」アルゲリッチさんのピアノを鑑賞

https://www.youtube.com/watch?v=OiiE_nNq6Qc

上皇さまと上皇后さまは、東京都内のホールで世界的なピアニストのコンサートを鑑賞された。24日午後8時ごろ、ご夫妻は新宿区内の会場に到着された。

退位後、ご夫妻が公の場に姿を見せられるのは初めてで、大きな拍手と歓声に、上皇さまは笑顔で手を振って応えられた。

https://www.fnn.jp/posts/00418184CX

この明仁さん、受け口がすごい人ですね。鼻もとがってないし、耳が下にありますね。どこから連れてきたんだろう。

今更ですが、立太子した人と、即位した人と、退位した人は、ちがうんじゃないのかな。

正田美智子とご成婚した人に似せて修正してる感じ。顔もぼけてます。しかし、同じにはできない。

でも、油断すると、耳の位置とか、額のカーブとか、頭の形とか鼻とか顎とか全然違って見えるし。

どの人でもなさそう。最近参加した人かな。美智子は真ん中の人かも。

孝明天皇陵参拝は、「皇統簒奪してごめんね、暗殺してごめんね、たたらないでね」という、慰霊も兼ねていると思うんですが、宮中晩さん会や、会談などの公務はともかく、祭祀とか、天皇陵参拝になると、本物の皇族がやらないと意味がないんじゃないのかな。参拝や祭祀は、代理の職員として、行ってるんでしょうかね。

歴代の天皇の霊は、どう思っているんだろう。その辺が、気になります。

 

消費税を公約に|安部ちゃんってさ墓穴を掘ったのかな

美智子の宿敵の安部ちゃん、墓穴を掘ったのかな。公約に消費税の増税の実施を入れたとか。

最低時給を1000円にするとか、それに消費税をあげたら、個人商店や中小企業は、困るんじゃないの。

70歳まで働けるようにする、輝く女性をサポートするために、お手伝いさんとして外人労働者を入れる、っていっても、死ぬほど働くためのサポートされてもうれしくないのよ。生活は楽にならないのよ。限界まで搾り取って「国民のために」使うんじゃなくて、税金減らしてよ。どうせ、税収が増えても、天下り役人のための営利団体なんかが、食いつぶすんでしょ。意味ないのよね。

軽減税率の対象になるから新聞の価格は今まで通り、みたいなことをいっているけど、新聞読む人減ってるし、意味ないのよね。なんか、ずれがあるのよね。

安部ちゃん、苦労知らずの田布施の王子様だから、庶民の暮らしとか経済とはわからないんだろうな。周りにいるのは、竹中みたいな売国奴が多いし。

といって、まともな野党がないし、そのくせ、自民一強をいいことに、麻生や小泉進次郎なんかの、筋金入りの北朝鮮系工作員の家系の王子様たちは、容赦なく、「高プロ」「水道民営化」「種子法廃止」など、国民泣かせの法案ばかり通すし。あいつらは、血統的にも、日本人ではないから、なんでもできるんでしょうね。

アメリカから嫌われるほど交渉上手だった甘利さん、ガセネタを発表させられたり、100万がどうのとか、バッシングされてますが、ピンポイントで潰しにかかってますね。管理人としては、総理になってほしい人なんですが、安部一強にするための、何か、のような気がするのは気のせいでしょうか。

 

humpbacks GIF

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です