※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

転載|実録|ブログ乗っ取りの手口⑥

Sponsored Link

続きです。

時計の針を「逆回転」させ、2015年に戻します。

2015年|Remikkiのブログ「不安なことがあって・・・でも何事もなく」

Remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190805134839/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4943017.html

2015年9月25日の記事

不安なことがあって・・・でも何事もなく

(前半略)

長男は普段の週末に帰る時は車で来て家からいろいろと持って帰るのだが、連休は高速が渋滞するので電車で帰ってくる。月曜夜、地元の駅近くの夫がよく利用するおいしい鶏肉屋さんで食事をした。食後コーヒー店に移動していつになく政治の話などたくさんして電車で帰っていった。政治問題も私たち夫婦と同じ考えなので安心する。

帰宅するとこれ忘れ物では?と思うものがあったので翌朝ラインで連絡した。返事がない。ま、まだ連休だから、遊びに出かけているのかも。

夜になって電話したが、呼び出し音はするが出ない。メールアドレスに送信してもいつもはすぐに返信あるのにない。ラインにも何回も送ったが、すべて「既読」にならない。あれ~、なんかおかしい。
Facebookもみたが、最近は更新されてない。
きのう一日裁判所でこのことが気がかりだった。ラーメン店の男性たちが強盗にあって殺傷されたり、子供たちが変質者に殺されたり、若い女性の遺体が発見されたり、嫌な事件が頭によぎった。
というのも嫌な脅迫メールを受けていたから。いつもなら数日間連絡ない子供のことなどあまり気にしないで済んでいたのだが。

私がブログで皇室問題、特に東宮夫妻のことや最近は両陛下のことについて批判を書くことに「不敬だ」という批判をもらい、「国賊ブログだ」と書いてきて、「このまま書き続ければ、あなた自身でなく、あなたの一番大事な人に
災いがある」と脅迫してきた。」

文言は、

「罰はあなたにあたるとは限らない、あなたが一番大事に思う人にあたるかもしれない、両陛下を貶めるなら、それを覚悟でなさるべきです。」

この言葉が常に頭にあり、今回長男と3日間連絡不能となって不安が頂点に達してしまったのだ。

昨夜ようやく本人から連絡あり、昼間家の固定に電話し続けたが留守でいなかった、実はスマホがあるアプリをダウンロードしたら、突然壊れてしまい、3日間使えなかった。スマホに全連絡先があるので携帯に連絡も取れなかった、と聞いてやっとほっとしたところだった。きのうまで連絡なければ、きょう会社に連絡しようと思っていたところだ。やれやれ、よかった。

しかし、こんな脅迫受けるとは、自分は平気と思っていたが、そうではなかった、と気づいた。

他の皇室ブログでも荒らしや嫌がらせコメントもけっこう入っているようだが、皆さん、屈せず頑張っていらっしゃる。自分もこんなことでは屈してはいられない。皇室が嫌いでなくなればいいと思っているのではなく、2700年続く皇統は守らねばならない。皇室を敬愛しているからこそ、おかしなことはおかしいと書いているだけなのだけど。

こんなこと書くのはよそうかと考えたが、やはりちょっと触れておこうと思った。

国賊ブログと指名してきた人、皆さんもよくご存じの以前当ブログによくコメントしていた人だ。なぜ突然豹変したのかよくわからない。元々そういう人だったのかもしれない。自分はお人よしで「工作員」と後から指定されて気づく始末だから、よく騙されてしまう。ま、騙すより、騙された方がいいのかも。

ご報告以上です。

remmikki さんは、ブログではっきりと脅迫されたと書いている。

 

「実は見えない相手でないのですよ。知っている人。だから余計怖いと思いました。」

コメ欄では

remmikki

2015年09月26日 08:40

ベッラさん、

あんなメールをもらって返事もしなかったけど、普通の人がこんなこと書くか?と疑問でした。

今回はこのメールのせいで悪い方、悪い方へと考えてしまいました。

そういう意味では悪質だと思います。

 

ありすさん、

圧力あるのでしょうかねえ。

昨夜書いたもうひとつの記事は何度やってもブログアップできなかった。

でもメレリオ時計の方は恐る恐るあげたらアップできて安堵しました。

もうひとつの記事保存して、別の機会にあげてみます。

「援護射撃」とは頼もしい!ありがとうございます。

 

小苺さん、

実は見えない相手でないのですよ。知っている人。

だから余計怖いと思いました。

それに知っている相手にそこまでやるか?と。

証拠は大事ですね。

励ましありがとうございます。

以上

remmikki さんは

「実は見えない相手でないのですよ。知っている人。だから余計怖いと思いました。それに知っている相手にそこまでやるか?と。」

と言っている。

知っている人間、真島久美子しかないではないか(怒)

 

コメント「警察に行って相談できないんですか?」

コメ欄

ななし。

2015年09月26日 11:40

脅迫っぽいですね。警察に行って相談できないんですか。

と有るが、真島久美子(通名細野久美子)は凶悪朝鮮人のアネザイチカ=手相見姐さんと常に一緒に行動している。

アネザイチカ=夢の宮の特徴は「ゲスイ男言葉」だが、あの口調で「警察に行ったらどうなるかわかってるんだろうな」とメールが来たら、「純粋日本人」の女性は怖くて警察に行けないだろう。

増してや、真島は、彼女のお子さんやご主人をターゲットにしていると明言しているのだから(怒)

この「脅迫の文言」を照合すると

「このまま書き続ければ、あなた自身でなく、あなたの一番大事な人に災いがある」

「罰はあなたにあたるとは限らない、あなたが一番大事に思う人にあたるかもしれない、両陛下を貶めるなら、それを覚悟でなさるべきです。」

無限拡散|ネット犯罪①|真島久美子の女性ブロガー恐喝

 

上記の記事に掲載した、差出人、細野久美子の「脅迫メール」の文言と照合すると

「罰はあなたにあたるとは限らない、あなたが一番大事に思う人にあたるかもしれない、両陛下を貶めるなら、それを覚悟でなさるべきです。」

★2か所目が「完全に一致」しますね。

これで、真島久美子こと細野久美子は「逃げ道」は無くなりましたね(笑)

※続きです。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=41751

 

Sponsored Link
Sponsored Link