※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

転載|実録|ブログ乗っ取りの手口⑧2013年、2015年、

Sponsored Link

※続きです。

真島「夫は海外で仕事をすることが多く、外務省その他、各省庁の事情もよく知っていました」⇒夫の勤務先はJICA(国際協力機構)?

2013年8月8日 remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802113952/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4512845.html

2013年8月8日の記事

タイトル  雅子さんの学歴ロンダリング

コメント欄

ららら♪

2013年08月10日 10:21

おはようございます。

実は雅丼ご成婚の時に夫が、

「東大入学も外務省入省も、おやじのコネだろう」と言っていました。

夫は海外で仕事をすることが多く、外務省その他、各省庁の事情もよく知っています。

★真島の夫の勤務先はJICA(国際協力機構)ではないか?

真島の過疎ブログを読んでも、夫は1年の大半を海外で仕事をしている。

それも、中東やアフリカ、中南米などのテロなどのリスクの高い地域です。

「外務省の事情をよく知っている」発言から、そう推測したのです。

 

≪真島久美子の二枚舌≫

2013年10月4日 真島「古代から出来の悪い兄を廃嫡して、弟が立つことは、普通にあります」

Remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802141100/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4547043.html

2013年10月4日の記事

タイトル    式年遷宮前の皇太子夫妻の行動

コメント欄

ららら♪

2013年10月05日 16:10

東宮擁護派は、秋篠宮が皇位継承することを、「壬申の乱」に例えて、

血なまぐさいだの、国民の了解が得られないだのと屁理屈言っていますが、

古代から出来の悪い兄を廃嫡して、弟が立つことは、普通にありました。

古事記読んだだけでも、そのような天皇は4~5名いらっしゃいます。

★「東宮擁護派の批判」をやっています(怒)

真島!お前一体どの口で言うんだ(怒)

息を吐くように「嘘」を言う、まさに「ウリナラマインド」ではないか(怒)

 

2013年8月1日|真島、手相見姐さん(アネザイチカ)のブログへ誘導

Remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802114755/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4508991.html

2013年8月1日の記事   タイトル    週刊文春  秋篠宮紀子様「氷の微笑み」の裏側とは

コメント欄

ららら♪

2013年10月23日 11:13

手相見姐さんのブログからです。

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-144.html

被災地でも、東宮負債を見る目が、ずいぶんと変わったようで。

その分、秋家への期待が大きいそうです。

★同じ「統一教会系朝鮮工作員」のアネザイチカ(当時手相見姐さん)のブログ「あんたたちもっと驚きなさいよ」へ誘導しています。

理由は、この当時アネザイチカ=手相見姐さんは「羽生結弦選手の誹謗」で自爆して、正体がばれ、ブログのアクセス数も激減した後も、「インチキ講演会」の集客にも困っていたため、ネット界の「鬼女」の歓心を引くために、「東宮批判ビジネス」を始めていたからです。

このコメ欄でのアネザイチカ=手相見姐さんブログへの勧誘は執拗に続けられます(怒)

 

2013年11月2日   真島「三笠宮信子妃マンセー」

remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802145706/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4564727.html

2013年11月2日の記事

タイトル    三笠宮信子妃殿下   福島県伊達市を訪問

コメント欄

ららら♪

2013年11月04日 09:16

信子さまのご本、入手しました。

うれしい!

ほんとに「家庭料理」で庶民的なレシピです。

丁寧に、質素にお暮しのご様子が垣間見えて、

思わず我が身を反省・・・。

お言葉も、とても丁寧で美しい。

ほれぼれします。

オススメです!!

★「三笠宮信子妃マンセー」(爆)

これは、前の記事でも書きましたが、昨年、アネザイチカがツィッターで麻生太郎を「タロサ」と呼んで媚びていました(怒)

要するに「統一教会系朝鮮工作員」であることがばれて、セミナーや講演会で食っていけなくなったので、麻生から金を貰いたいわけです。

昨年の「自民党総裁選」の前は、麻生太郎は安倍総理に対して「微妙な立ち位置」に有りましたから

真島久美子(通名細野久美子)とアネザイチカ=夢の宮は「反安倍」の筆頭でしょう(怒)

 

2013年9月15日 真島「小和田家の墓を非難」

remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802124943/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4535643.html

2013年9月15日の記事

タイトル    小和田家の墓

コメント欄

ららら♪

2013年09月15日 12:56

母の実家は、岩手の下級武士の出ですけど、

お墓は普通に、きちんとしてます。

私は遅まきのオランダ公務覚醒組で、

ニワカもいいとこなんですが、

小和田家の墓をネットで見た時には、仰天しました。

たぶん、この時だけのでっちあげ墓参り、あの後一度も行っていませんね。

日本民族は、お墓を大事にします。

お墓=ご先祖を大切にしないと、ばちが当たる・・・って、

この人たちが身をもって示してくれているような気がします。

★小和田家の墓を批判していますね。

この発言から「皇室に対する「不敬発言」の厳禁」の一条の会ができるわけが有りません。

★「プロ朝鮮女工作員」ですから、端から「確信犯」だったのです(怒)

そして、自分の実母の出自も怪しい。

「下級武士」を名乗るのは嘘が多いです。

 

そして2年後、2015年3月27日「正体」を現して「反旗」を翻す時が来た(怒)

remikkiのブログ

https://web.archive.org/web/20190802165549/http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4847658.html

2015年3月27日の記事

タイトル    デンマーク皇太子夫妻来日

コメント欄

ららら♪

2015年03月28日 15:07

こういうことを書きこむと、またコメント欄が荒れて管理人さんにご迷惑がかかることは重々承知の上ですが、

何かにつけての皇后バッシング、

今回もなんの根拠があってのことかと、そちらが不思議です。

根拠をはっきり示してくだされば納得しますが、

皇后がいちいち皇族の公務に関して口を挟めるものかどうか、

そんな権限があるのでしょうか。

皇后バッシング派の、感情と憶測だけの書き込みは、説得力に欠けます。

エリー様に全面的に同意します。

★出ましたね、真島久美子(通名細野久美子)の十八番「根拠をはっきり示してくだされば納得しますが、」

「根拠」(笑)「ソースは、ソースは」の馬鹿の一つ覚えの連呼です。

真島!お前なんか、ブルドックソースでも喰らえ(怒)

そして、長いこと「潜伏」していた別の「工作員」も正体を現します。

エリー

2015年03月28日 12:54

美智子さまに、そんな権限はありませんよ。

今、owd一味がこぞって皇后sageをあちらこちらに展開しています。

一説によれぱ、次代のハードルを下げるためとか。

Owdやおせんべい学会の戦略にひっかからないようにしましょうね。

★「美智子さまに、そんな権限はありませんよ。」・・・・セオリー通りですね(怒)

それに対してremmikkiさんは

ららら♪さん、

あの部分は皇室掲示板から転載したもので自分が書いたものでなく、ソースはわかりません。

でもそう疑われても仕方のない数々があるからではないでしょうか。

皇太子夫妻のやりたい放題に目をつぶっている両親、と国民は見始めているのではないでしょうか。

皇后さまに権限はなくても”配慮”はできるものではないか、とつい期待してしまうのですが。

皇太子夫妻の行動ばかりバッシングしていればいいのでしょうか?

私が書いたものなら責任感じますが、多くの方が感じていることが表現されているために貼ったものです。

★毅然として抑え込んでいますね。

そして、真島久美子(通名細野久美子)は、翌日3月29日に「意味不明」のコメントを残して、永遠に去っていきました。

 

2015年5月15日 憲法一条の会 発起人会

https://archive.is/J8j1u

活動報告

平成27年 5月15日 発起人会

 

2015年6月29日|真島久美子がRemikkiさんへ送った脅迫文

真島久美子(細野)から、Remikkiさんへ

—– 転送メッセージ —–

差出人: hoso※※※※@yahoo.co.jp送信済み: Wed, 29 Jul 2015 09:05:02 +0900 (JST)

http://blog.goo.ne.jp/kumakohumanwatch/c/62687171c7eb01fb680d997ea905058a

件名: 目を覚ましてください・細野

○○さま

お久しぶりです。

まあ、目を覚ましてくださいと言っても、もう無理だと思いますが。

両陛下バッシングが始まってから、その手の保守ブログからは完全に手を引きました。

「おかしい」と思ったからです。

最近、関西の保守が中心になり、

「憲法一条の会」が結成され、HPも作成中です。

この方たちが半年かけて、今の批判の内容を精査されました。

・皇太子がブラジルで出席したのは、州知事の昼食会で創価学会の集まりではないこと。

・ヤフオク事件は、なかったこと。

・雅子さんの衣装かぶりについて、時系列をずらして、あたかもかぶっているように見せかけていること。

などが検証で明らかになりました。

実はこれ、2009年にもネットで検証され、はっきりと否定されています。

皇族のコラ画像も数々作られたものが、あたかも本物であるかのように語られています。

皇后さまが陛下の後ろに鎌を持って立っているまがまがしい写真は、

私が見ても明らかなコラです。

ちなみに、あなたが良く上げていた、役所に韓国の国旗が掲げられているものも、

有名なコラです。最近は中国の国旗にすり替えられています。

最近は次世代の等の和田正宗議員が顧問になっている勉強会に入っています。

ここの代表はおじい様が国務大臣をなさった人で、三代にわたり平沼家と親しくお付き合いのある方で、李登輝さんの日本での側近でもあります。

両陛下がご臨席の音楽界ではご両親が隣に座ったとかで、その時の体験を話してくれましたが、

両陛下は白い光に包まれていた、と。

皇族の写真を撮るカメラマンも、「特に皇后陛下の光は一段と強い」、

そして「皇太子にも光がある」、と。

秋篠宮には、それがないそうです。

この話と、一条の会の検証で、私の考えがはっきりと変わりました。

「ドス子」「BB」、「雅子様大好き」は、中韓が仕込んだ工作員ブログであると、

私たちは考えています。

長い時間かけて、嫌韓を道具に使って保守を信用させ、雅子さんをネタに皇太子の評価を下げ、

読者の感情をあおりに煽って、頃合を見計らって両陛下へのバッシングを始めた。

一条の会に原稿を提供する際に、これらのブログのコメント欄を検証しましたが、

明らかに工作員の手によると思われるものが、多数ありました。

コメント数を増やし、力のあるブログを思わせて、情報操作する。

いかにも中韓のやりそうなことです。

あなたのブログにも、工作員と思しき人のコメントが多く見受けられます。

特に「ありす」は工作員認定で間違いありません。

先日、銀座の泰三さんで話を聞きましたが、

皇后さまは、

・日本では招くお客様を引き立てるために地味な装い、

・海外では日本の技術を見せるために豪華になさる。

・着物は、多く紀子様にお渡しになっている。

紀子様のところには、着物がわかる女官はいない。

とのことで、あなたがブログで書いている批判は、全くの見当違いです。

私は華道の師範を持っていますが、お花に関するあなたの批判は、これも全くの見当違い。

立派なお花でしたし、第一、お家元の目を通さなければ、表には出さない、これは常識です。

雅子さんのお花に関しては、あれは洋式の生け方です。

和光にも、あのようにいけたお花がデイスプレイされています。

現在、批判されている他の事柄についても、完全に論破できるレベルの問題でしかありません。

これらについては、随時、一条の会に原稿、もしくは資料を渡す予定になっています。

皇族の外遊に関しては、ありすが根拠のないことをあたかも真実であるかのように書き込んでいますが、

これらについては、来月の勉強会で和田顧問に、確認をする予定です。

中国の情報戦は、したたかです。

タイの王室にされたことがいま、日本でも行われている、

その手先になっているのが、あなたたちなのです。

関西の保守も、力のある保守とつながりのある人がいます。

この人たちから、あなたたちのブログは批判されているということ、

一番大きな罪は、中韓の手先に成り下がっているということ、

そのことだけはお伝えしておきます。

井沢満という人も、怪しげですね。

高橋とみよのブログの文章を書いている疑惑があります。

例の「日本に奴隷はいなかった」は、井沢が自分で書いたものでしょう。

自分で書いて、自分で持ち上げる・苦笑

高橋とみよとつながりがあるということは、BBとのつながりも否定できませんね。こういう連中が抜鉤している世界です。

あなたが太刀打ちできる相手ではない。

皇室を貶めれば、必ず「返し」が来ます。

くおんさん、顔面神経痛になったそうですね。

これが天のおしるしです。

これで気づけばいいのですが、きっと気づかずに暴走を続けるんでしょうね。

罰はあなたにあたるとは限らない、

あなたが一番大事に思う人にあたるかもしれない、

両陛下を貶めるなら、それを覚悟でなさるべきです。

以上

※全文はこちらから

2015年の真島久美子のRemikkiさんに対するストーキング

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=41755

 

2016年の真島久美子のRemikkiさんに対するストーキング

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=41738

Remmikkiさんが屈していれば、ブログを乗っ取り、背乗りして「東宮批判ビジネス」をアネザイチカ=手相見姐さんと連携して展開したでしょう。

そして、統一原理、統一教会の被害者の一人になり、資産も何もかも奪われたでしょう。

それがうまくいかなかったから、「本音」と「正体」を現して、一条の会を作り、バックに大きな組織があるように見せかけて、真っ当な女性皇室ブロガーに「圧力」と「脅迫」を繰り返して、今もそれを続けているのです。

如何でしたか?定住読者の皆さん、特に「ブログ持ち」の女性の方々。

真島久美子(通名細野久美子)、アネザイチカ=夢の宮が、社会に野放しになっている限りは、明日は貴女かもしれません。

他人事ではありませんよ。

※続きます

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=41758

 

Sponsored Link
Sponsored Link